イベント情報
コンペティション(用語)
AI / 人工知能(用語)
機械学習 / ML(用語)
特許庁(組織)

特許庁、商標審査のための技術を公募する機械学習コンペティションを11月26日から実施

次の記事

名古屋市立大学が紫外線を使わない光殺菌技術の開発に成功、人体に害のない可視光線を瞬間的に照射

特許庁は11月22日、初めての試みとなる機械学習コンペ「AI×商標:イメージサーチコンペティション」を実施すると発表した。図形商標の検索を行うためのAI技術を用いた、イメージサーチツールの開発を目的としている。採用された機械学習モデルは、特許庁の審査に試験導入される。賞金総額は50万円で、1位30万円、2位15万円、3位5万円となっている。

具体的には、類似する図形商標のデータを学習し、大量に存在する図形商標から類似画像を予測するモデルを開発するというもの。審査では、その精度が問われる。

参加資格は特になく、個人でも団体でも参加できる。参加希望者は、コンペの実施事業者であるNishikaでアカウント登録(無料)を行い、案内ページ(下記)から参加する。コンペのルールとしては、同一人物による複数アカウントからの参加は不可、オープンかつ無料で商用利用が可能なソフトウェアのみ利用可(Google Cloud Vision APIなど、有償のツールの利用は禁止)などがある。

https://www.nishika.com/competitions/22/summary

スケジュール

  • コンペティション開会式:2021年11月26日19時から20時
    開会式ライブ配信URLはこちら
  • コンペティション開始:2021年11月26日
  • コンペティション終了:2022年1月31日
  • 入賞者決定:2022年2月中予定