人工知能・AI
データグリッド(企業)
日本(国・地域)
資金調達(用語)

デジタルヒューマンやAIトレーニングデータなど合成データを生み出すシンセティックAIのデータグリッドが3億円調達

次の記事

宝くじをユーザーの代わりにゲットしてくれるアプリ「Jackpocket」、購入者層も変化

デジタルヒューマンやAIトレーニングデータなどの合成データを生み出すシンセティックAIの社会実装に取り組むデータグリッドは11月29日、第三者割当増資および融資による3億円の資金調達を実施したことを発表。引受先は、先端技術共創機構、アエリア、Deep30、京信ソーシャルキャピタル、フューチャーベンチャーキャピタル、池田泉州キャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタル、京銀リース・キャピタル、中信ベンチャーキャピタル、京都エンジェルファンド。累計資金調達額は約6億円となった。

データグリッドは「すべてのデータに、命を与える」をミッションに掲げ、2017年の創業以来、シンセティックAIの技術開発によって製造・通信・教育・アパレル・エンターテインメントなど多岐に渡る分野でプロジェクトを実施。同社開発のバーチャル試着技術を活かしたAIプロダクト「kitemiru」の提供や、シンセティックAIで自動生成したバーチャルアンバサダーの動画も公開している。

シンセティックデータ領域の技術成熟や、技術開発フェーズから実用化フェーズへの移行を背景に、今後も需要の拡大が見込まれるデジタルデータやコンテンツを生み出すAIソリューションを提供することで、データグリッドは人々がよりクリエイティビティを発揮できる社会を目指す。今回調達した資金は技術開発と新規事業開発の強化に充当し、シンセティックAIの社会実装をより加速させたいという。