ニュース

TC Tokyo 2021 スタートアップバトル、決勝に進出する6社を発表

次の記事

レシピ動画「クラシル」のdely、スーパーの店頭商品を最短30分でオンデマンド配送する「クラシルデリバリー」開始

12月2日、3日に開催中のスタートアップとテクノロジーの祭典「TechCrunch Tokyo 2021」。なかでも毎年多くの観客に楽しまれているのが、設立3年以下、正式ローンチが1年未満のプロダクト/サービスを持つスタートアップ企業が競うピッチコンテストの「スタートアップバトル」だ。12月2日、書類選考を勝ち抜いた20社がファーストラウンドを戦い、3日の決勝に進出する6社が決定したのでお知らせしよう。

「スタートアップバトル 2021」ファイナリスト6社(50音順)

AironWorks

イスラエル国防軍8200部隊出身エンジニア開発のサイバーセキュリティシミュレーションプラットフォーム。

APTO

AI開発でボトルネックになるデータ作成作業を素早く低コスト・高品質に実施できる「harBest」を提供。

エイターリンク

マイクロ波ワイヤレス給電(WPT)によりデジタル世界を実現。

Kiva

ECの為の延長保証サービス「proteger」を運営。

HAKKI AFRICA

信用スコアリングTechを活用したアフリカの中古車マイクロファイナンス。

リージョナルフィッシュ

ゲノム編集技術を用いて水産物の品種改良を進め、スマート養殖技術を開発。

上記6社は12月3日に行われるスタートアップバトル決勝に進出。そして決勝審査員による審査のもと、最優秀賞を獲得するスタートアップが決定する。決勝は、12月3日16時より生放送する予定だ。すでにイベントは開催中だが、チケットは当日も購入可能だ。以下の特設ページよりアクセスいただきたい。

イベント特設ページ