ハードウェア
電子書籍(用語)
電子書籍リーダー(用語)

米大型書店Barnes & Nobleが新型電子書籍リーダー「Nook GlowLight 4」を発表、約1万7000円

次の記事

IoTやコネクテッドカーのセキュリティを手がけるKaramba Securityにベトナム自動車会社VinFastなどが出資

正直にいおう。電子書籍リーダー市場はかつてのようなものではない。Amazon(アマゾン)は長らく市場を支配し、Kobo(コボ)は相変わらず。だが、それでも両者から新しいデバイスが登場すると、いつも予想外の驚きが感じられる。市場の力が画期的なイノベーションを引き起こしているわけではない。

関連記事:【レビュー】Kobo SageとLibra 2、デザインが犠牲になっているがディスプレイは向上

一方、Barnes & Noble(バーンズ&ノーブル)も、まだコツコツと頑張っている、らしい。実際、同社は先日、2021年2台目となる「Nook(ヌーク)」デバイスを発表したばかりだ。Lenovo(レノボ)がデザインした10インチのタブレット(NOOK 10″ HD Tablet Designed with Lenovo)に加わったのは、2017年に発売された「GlowLight 3(グローライト3)」の後継機種である。

Amazonが待望のUSB-Cポートを「Kindle Paperwhite(キンドル・ペーパーホワイト)」に加えてから1カ月あまり、Barnes & Nobleは「GlowLight 4(グローライト4)」で同じことをやり、さらに内蔵ストレージを8GBから32GBへと4倍に増やした。

関連記事:【レビュー】Kindle Paperwhiteシグニチャーエディション、充実した読書のためのすてきな機能を追加

ページめくりの物理的ボタンはそのままだが、ソフトタッチの筐体と同一平面に埋め込まれたことで、少しだけすっきりしたように見える。全体的には先代モデルよりも小さく軽くなっている。とはいえ、来週の発売を前に、同社はまだ、詳細な寸法や重量の数値は明らかにしていないけれど。画面は6インチ、300dpiと、先代モデルと変わらない。バッテリーも同様で、1回の充電で約1カ月間の使用が可能だ。

B&Nが継続的に事業を行っているという事実以外、特に興奮するようなことは何もない。当然ながら、Amazonの製品に代わるものを探している人にとっては、確かに1番の選択だろう。

同社のCEOも妙に元気づいたようで、リリースで次のように述べている。「Barnes & Nobleは現在、当社のNOOK製品群にかなりの投資を行っています。GlowLight 4は、2021年発売される2台目のNOOKデバイスです。私たちはお客様にデバイスの新しいファミリーをお届けすると同時に、今後数カ月から数年の間にNOOKを再活性化していきます。チームは新しいNOOK製品の開発にしっかりと取り組んでおり、私たちは2022年に向けたイノベーションの強力なパイプラインを目にすることができ、大変うれしく思っています」。

そうなのだ。2022年はNOOKの年だ。初めて聞いたかもしれないが。それはともかく、GlowLight 4は12月8日に発売される。価格は150ドル(約1万7000円)。レノボのタブレットより20ドル(約2260円)高い。20ドルのケースも用意されている。新型コロナウイルス流行中には、誰も彼もが「読書をしていた」と主張していたが、それで電子書籍リーダー市場は再び活性化するだろうか?まあ、おそらくそうはならないだろう。しかし、Barnes & Nobleは、今にもそうなりそうでウズウズしているというのであった。

画像クレジット:Barnes & Noble

原文へ

(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)