ニュース

ACSL、政府調達に適合するセキュアな産業用空撮小型ドローン「SOTEN」(蒼天)を受注開始

次の記事

SynspectiveとRocket Labが小型SAR衛星2号機「StriX-β」の打ち上げで契約締結、2022年初旬に打ち上げ予定

産業用ドローンの開発・販売を行うACSL(エーシーエスエル)は12月7日、高いセキュリティー機能を備えた産業用空撮小型ドローン「SOTEN(蒼天)」とそのオプション品の受注を開始した。これは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「安全安心なドローンの基盤技術開発」事業の成果を受けてACSLが商品化したもの。

日本政府は2020年9月14日、「政府機関等における無人航空機の調達等に関する方針について」(小型無人機に関する関係府省庁連絡会議)を発表し、「調達はセキュリティが担保されたドローンに限定」し「既存導入されているドローンについても速やかな置き換え」を実施する方針を明らかにした。これを受けてNEDOでは、ドローンを制御するソフトウェアやデータ管理を行うクラウドシステムなど、ISO15408(コモンクライテリア。コンピューターセキュリティーのための国際規格)に基づき開発すべき標準機体とセキュリティーの仕様を定めた。それが「SOTEN(蒼天)」の開発につながった。

「SOTEN(蒼天)」の特徴は次の4つ。

  • セキュアな国産ドローン
    ISO15408に基づくセキュリティ対策を実施。データの漏洩や抜き取りを防止し、機体の乗っ取りへの耐性も備えている。主要部品は、国産品もしくは信頼性の高い海外からの調達品を採用。通信と撮影データの暗号化、国内クラウドでの取得データの保護など、セキュリティー強化を図っている
  • 簡単に切り替えられるカメラ
    小型空撮ドローンとしては初となるカメラの「ワンタッチ切り替え方式」を採用。標準カメラの他、赤外線カメラ+可視カメラ、マルチスペクトルカメラ、光学ズームカメラ(開発中)が交換できる。機体上部に上向きにカメラを装着できるマウントもある
  • 高い飛行性能
    最大対気速度毎秒15mと風に強く、災害現場などの厳しい状況でも安全に運用が可能。準天頂衛星システム「みちびき」(SLAS/SBAS)に対応し、正確な位置情報を把握できる
  • 閉域網LTE通信、オフライン対応地図などに対応
    LTE通信によりインターネットを介した操縦ができ、山間地やプラント内などで自動飛行による補助者なし目視外飛行(Level3)が行える。インターネットが使えない場所でも、基地局アプリにオフライン地図を表示し、ドローンを自動飛行させることが可能

「SOTEN(蒼天)」概要

  • 寸法:アーム展開時637×560mm(プロペラ含む)
    アーム収納時162×363mm
  • 重量:1.7kg(標準カメラ・バッテリー含む)
  • 最大飛行時間
    標準バッテリーで22分(標準カメラ搭載時)
    標準バッテリーで25分(標準カメラ非搭載時)
    大容量バッテリーで25分(標準カメラ搭載時)
    大容量バッテリーで29分(標準カメラ非搭載時)
    (すべて風速8m/s条件下)
  • 最大伝送距離(障害物や電波干渉がない場合):4km
  • 防塵・防水性:IP43(カメラ、ジンバル、バッテリー搭載時)
  • 標準カメラ:動画4K対応、静止画時2000万画素
  • オプションカメラ:赤外線カメラ+可視カメラ、マルチスペクトルカメラ、光学ズームカメラ(開発中)
  • リモートID:Bluetooth
  • GNSS:GPS+QZSS(準天頂衛星みちびき)+GLONASS+SLAS/SBAS
  • クラウド:撮影画像・動画保管機能、フライトログ保管機能
  • セキュリティ対策:フライトログ・撮影データ漏洩防止、通信の暗号化、機体と送信機のペアリング
  • 機能:自動飛行、画像トラッキング、3方向センサーによる衝突回避
  • 機体制御プロトコル:MAVLink準拠
  • 付属品:標準送信機、バッテリー、標準充電器、セキュアフライトマネジメントクラウド(3年分、5GB)
  • オプション品:スマートコントローラー、送信機フード、予備プロペラ、教習送信機、プロペラガード、LTE通信モジュール、収納ケース(ハード)、大容量バッテリー(94Wh)、収納ケース(ソフト)、マルチマウント、3連充電器、上部カメラマウント(開発中)
  • 価格:オープン価格