ニュース

競技プログラミングコンテストHACK TO THE FUTURE 2022 for Youth本選が12月18日にオンライン開催

次の記事

Oppo、折り目が目立たない折りたたみスマートフォン「Find N」を発表

テクノロジーで多方面に創造的事業を展開するフューチャーは、社会貢献団体フューチャー イノベーション フォーラム主催による18歳以下を対象としたオンライン競技プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE 2022 for Youth」の本選を12月18日10時〜20時30分に開催すると発表した。問題が1問出題され、その解を目指したプログラムを製作しスコアを競うという、ヒューリスティック形式の競技となる。

11月3日から13日にかけて行われた240時間の長期予選には96名が参加し、成績上位者10名が選出された。そこに、全国6ブロック(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国四国、九州沖縄)から1名ずつ選ばれた6名を加え、合計16名が本選に挑む。大会終了後にはバーチャル空間oViceで表彰式と懇談会が開かれる。上位3名には奨励金が贈られることになっている。

なお同コンテストは、AtCoderのオンラインシステムを利用しており、本選出場権がない方もオープンコンテストでの参加が可能。オープン参加を希望する方のうち、アカウント登録を行っていない場合は、AtCoderでアカウントを作成し、コンテストページから「参加登録」を行う必要がある。詳細は、「」を参照してほしい。