ハードウェア
ウェブカメラ(用語)
Opal Camera(企業)
リモートワーク / テレワーク(用語)
レビュー(用語)

【レビュー】リモートワークの時代、Opalはウェブカメラの未来を垣間見せてくれる

次の記事

【コラム】Web3の根拠なき熱狂

2021年9月、Alexis Ohanian(アレクシス・オハニアン)氏はツイートに姿を変えた観測気球を送り出した。「私たちは密かにチーム(Apple、Beats、Uber出身)を支援し、消費者向けテクノロジーの忘れられた一角を復活させました」と776の創業者は書いている。「ベータ版は本日公開されましたが、その品質には目を見張るものがあります。ウェブカメラたち、2021年へようこそ」。

メッセージにはオープンボックスが付いていて、会社名を含むいくつかの識別情報にモザイクがかかっていた。その情報は、最終的にはそれほど難しくなく、レンズの縁の上の部分に会社名とプロダクト名であるOpal C1が白で印刷されていた。

反応は速かった。「shut up and take my money(いいから受け取ってくれ)のGIFアニメが流れた」。結局のところ、それは少なくとも1つの既知の量に裏打ちされたハンサムな装置だった。そして、さらに差し迫ったことに、それは事実上世界的に認められている技術的ペインポイントの頂点に達した。ウェブカメラたち、端的にいうと、吸引力があるね。

画像クレジット:Brian Heater

それは目新しいものではない。ウェブカメラがそれを吸い上げて解決しようというのも今に始まったことではない。それはつい最近まで、私たちが甘受してきたものに他ならない。しかし、CNN特派員のアパートをCrisco(クリスコ)のコートを通して480pで覗き見ることを50回も繰り返すうちに、世界の本質に疑問を抱くようになる。

もちろん、毎晩ケーブルニュースに出演してアップグレードを求める必要はない。Logitech(ロジクール)を買ったのかもしれないし、もしかしたらデジタル一眼レフの間に合わせとして何かにお金を使ったのかもしれない。どちらの場合も、最終的には巨大で未対応の市場が明らかになる。パンデミックが始まった当初は一瞬の出来事のように思われたかもしれないが、このすべてが終わったとしても、戻ってくるべき通常が実際にあるわけではないことは明白だ。

企業のオフィスがもたついている間に、私たちはリモートワークについての疑問のコーナーを曲がったようだ。すぐに例外というより規則的になり、多くの人が同じ質問をする。ウェブカメラが付いたiPhoneはあるか?とても単純なように思われる。スマートフォンの画像処理から得られたすべての知見を、停滞する市場に応用する。

左2020 iMac ウェブカメラ、右Opal C1(画像クレジット:Brian Heater)

Apple製はないようだ。少なくとも近い将来的には。Appleの功績は、まずM1チップのデジタル画像処理を行い、次に内蔵センサーをアップグレードしたことが挙げられる。しかし、多くの人にとって「良い」だけでは不十分である。それが事実上、Opalの創業者たちに彼らの道を歩ませた。

オハニアン氏のツイートが届いた時には、Opalは7カ月間C1に取り組んでいた。これは基本的にハードウェアのスタートアップ領域では一夜にして実現されるものだが、少なくとも、素敵なパッケージに収められた見栄えの良いハードウェアがあり、VCの神秘的な雰囲気が漂っていた。同社によると、現在1万6000人のウェイトリストを抱えているという。

「(反応は)圧倒的でした」と共同創業者兼プレジデントのStefan Sohlstrom(ステファン・ソールストロム)氏は語っている。「本当に喜ばしいことでした。私たちは自分たちが構築しているものについて最も強気な2人です。明らかに、市場が大きいだけではなく、それは明白なことですが、ニーズが非常に深いものであると感じていました。何百万人もの人々がこれを購入するということだけではありません。仕事のためにそうする人々にとって、重要な意味を持っています。これは人々が世界とコミュニケーションする方法なのです」。

画像クレジット:Brian Heater

Opalのジャーニーは2020年11月から正式に始まったが、それは素朴な疑問によるものだった。

「今日ウェブカメラを作るとするなら、iPhoneを可能な限りデジタル一眼レフに近づけるために利用できる技術にはどのようなものがあるでしょうか」と共同創業者でCEOのVeeraj Chugh(ヴィエラ・チュグ)氏は語る。「私たちは業界の人たちと話をしたり、ユーザーと話をしたり、以前競合他社で働いていた人たちと話をしたりして、多くの調査を行いました。圧倒的な反応は『それは存在すべきであり、その技術は以前のどのウェブカメラとも大きく異なって見える必要がある』というものでした」。

チームは2020年12月までに非公開のシードラウンドで資金を調達し、その1カ月後にはApple、Google(グーグル)、Magic Leap(マジック・リープ)などでの勤務経験を持つデザイナーとエンジニアからなるチームを立ち上げた。

その結果、7.8mm、4Kのソニーセンサーと、ビルトインのビームフォーミングマイクメッシュアレイを備えた、愛情を込めて作られた300ドル(約3万4000円)のハードウェアが完成した。これは間違いなく筆者がテストした中で最高の外観のウェブカメラだ。それ自体は大したことではないと認識しているが、筆者は毎日それをじっと見つめて何時間も過ごしてしまうほどであるから、注目してもいいかもしれない。

画像クレジット:Brian Heater

また、最終的には最も有能となる可能性もある。だがここでは、筆者のこのプロダクトの実地体験は、自身がこのベータ版テストを進める上で効果的な作用を及ぼしているということをお伝えしたい。Opalは、すぐに使えるプラグ&プレイ体験を目指している。そして、つい最近創立1周年を迎えたばかりの会社にとっては、その道のりは順調だ。

一般提供に向けて前進している中で、このプロダクトのレビューをより快適に感じられるようになるだろう。今のところ、他のプロダクトをレビューするよりもC1に長いリードを持たせることに満足している。エキサイティングな新会社のエキサイティングな新デバイスだ。問題を抱えていて、果たされていない約束もあるが、新しい会社の限定ベータ版に期待されるものが多かれ少なかれある。

M1 iMacのスクリーンの上部にあるデバイスが最終的なハードウェアとなる。一方、ソフトウェアはまだベータ版だ。筆者が受け取ったものは、本日から特定の顧客に展開され始めている。以下はOpalからのコメントである。

一般向けの出荷は2021年12月14日から開始されます。順番待ちのお客様は招待状を持ってカメラを購入することが可能です。私たちは、顧客満足度が期待を上回ることを確実にするために段階的にロールアウトを行っています。そこでポジティブな閾値を超え次第、数万単位で展開する予定です。

画像クレジット:Brian Heater

4Kはまだ運用されていない。「ほとんどのビデオ会議アプリと互換性がないため、4Kビデオを一時的に無効にしています」と同社は述べている。「まもなくより強力な警告を追加して再ローンチする予定で、サポートしているアプリケーションやビデオの録画などに利用できるようになります」。

デスクトップでベータ版のコントロールソフトウェアを開くとAudioタブがグレー表示される。前面のマイクアレイと背面のアンビエントマイクを使用することで、同社は将来的にいくつかの大きな計画を立てている。

私たちはノイズキャンセレーションをリードする市場の構築に注力しており、同じ学習を使ってスタジオサウンドと呼ばれるものを構築しています。スタジオサウンドを使用すると、500ドル(約5万7000円)のブームマイクなしで、プロのポッドキャストのようなサウンドを再生できます。ニューラルネットワークを介したMicMesh入力を使用することで、あなたのサウンドをプロ品質にすることができます。

このままだと音が良い。「良い」というのは仕事とミーティング的に良いという意味で、CNNに登場したりポッドキャストを録音したりするには良いとは言えない。これらのいずれかを行う場合は、専用のマイクが必要になるだろう。将来はどうなるかわからない。「スタジオサウンド」は標準的なものかもしれないし、プロが毎月のサービスパックの一部としてアンロックできるものかもしれない。ベータ版が好調な時期を迎えているが、まだ多くの疑問が残されている。

もう1つの疑問は、ユーザーに事前にどれだけのコントロールを与えるかということだ。当たり前のことのように思えるかもしれないが、画像の世界では、コントロールが多すぎると平均的なユーザーにとって必要以上に負担が大きくなる可能性がある。大多数のユーザーにとって理想的な妥協案は、すぐに使える高品質なもので、掘り下げた場合にはユーザーが手動で調整するというものだ。オートホワイトバランスとスキントーンは、いずれも同社にとって今後の課題である。

画像クレジット:Brian Heater

しかし全体的には、箱から出したイメージに満足している。あちこち微調整してみた。リングライトと窓からの自然な照明があれば役に立つが、それでも筆者は、欲しいものを手に入れるために設定をいじくり回している。

このカメラは、最近のスマートフォンのポートレートモードに似た人工的なボケ効果を利用している(ただし同社は自社開発だとしている)。とはいえ、スライダーは今のところ8分の1しかない。強すぎると、デプスカメラが搭載されていないため、耳や顔の横がぼやけてしまう。Opalによると、奥行きを出すためにステレオカメラを試してみたが、デバイスをタイムリーに世に出すためにそれを選ばなかったそうだ。

「結局のところ、ユーザーと話すときには『とにかく何でもいい。もうLogitechは扱えない』と言われます」とチュグ氏。「私たちにとってスピードは最も重要なものでした。本当に良いものを出荷できると感じたからです。優先順位をつけることについては、少し断固とした姿勢が必要です」。

C1の場合、光学ズームがないことも意味する。ウェブカメラにしては妙な不満のように思えるが、筆者はデジタル一眼レフのデスクトップ設定を使っているときに気に入った。画質を劣化させることなく、しっかりと切り抜くことができるのは非常に大きい。

画像クレジット:Brian Heater

「初代カメラでは、機械部品を増やせば増やすほど、サプライチェーン側と製造側のリスクが高まります」とソールストロム氏は説明する。「基本的には壊れることの方が多いです。Canon[キャノン]のレンズが完成するまでには50年もかかっています。それは将来的には間違いなく私たちにも実現の可能性があります」。

今のところ、このシステムは4Kセンサーのおかげで、画像を劣化させることなく1080pで2倍ズームできる。同社によると、理論的には20倍から30倍程度の処理が可能だが、画質はそれに応じて低下するという。筆者は創業者たちとのコールの中で、少し建設的なフィードバックを提供した。1つは、ストレートアップのズーム設定が欲しい。現時点で最も近いのはFacelock(フェイスロック)だ。これはAppleのCenter Stage(日本では「センターフレーム」)やFacebook(フェイスブック)、Google、Amazon(アマゾン)などのスマートディスプレイに似た機能である。

しかし、正直に言ってあまりにも敏感すぎるので、多少船酔いしてしまうかもしれない。将来のバージョンでは、ユーザーが感度を調整したり、単にズームインしたりできるようになることを期待している。これらはどちらも非常に簡単な修正だ。さらに大きな問題もある。「Google Hangouts(ハングアウト)」や「Zoom(ズーム)」といったアプリを見つけたが、カメラの電源を数回切ったり、ソフトウェアを再起動したりしなければならなかった。カメラはアクティブでなくても非常に熱くなる。同社はこれを、システムのオンボード処理と4K画像のダウンスケーリングの両方の問題だとしている。同社は上記の修正に取り組んでいる。

画像クレジット:Brian Heater

新しい会社が1年足らず前に作り始めたプロダクトとしては、比較的小さな欠点のように感じられる。人々にデジタル一眼レフから乗り換えるようにいうのはやめておこうと思う。特に仕事でビデオの品質が重要な場合は。しかし、ここには多くの可能性がある。C1は、マイクロファイバーのクロスとコイル状のUSB-Cケーブルが付いた磁気レンズキャップのようなタッチから、より複雑な加工まで、非常に思慮深いプロダクトだ。

これは確かにウェブカメラの未来のように感じられる。そこに辿り着くために対処すべき方策がまだ残されているとしても。

画像クレジット:Brian Heater

原文へ

(文:Brian Heater、翻訳:Dragonfly)