ニュース

Web3企業のURL末尾でみかける「.xyz」とは?

次の記事

Cloud Foundryの今後

最近、暗号資産会社のウェブサイトにアクセスしたことがあるならば、URLの末尾が、よりお馴染みの「.com」ではなく、「.xyz」になっていたことが多かったのではないだろうか。かつてSquare(スクエア)という名前で知られていたフィンテックのBlock(ブロック)をはじめとして、VCのParadigm(パラダイム)、そしてMirror(ミラー)のようなブロックチェーンのスタートアップに至るまで、.xyzは多くのWeb3企業のURL末尾として活躍している。しかし、それは何を意味しているのだろうか。また、なぜWeb3の世界で使われるようになったのだろうか?

2014年に公開された.xyzの人気が最初に急上昇したのは、その1年後にGoogle(グーグル)の親会社であるAlphabet(アルファベット)が、リブランディングしたウェブサイトに使用することを決定したときだった。そのときAlphabetは厄介な問題に直面していた。素直な.comのURLであるalphabet.comはBMWのフリートマネジメント部門によって押さえられていたし、abc.comも、American Broadcasting Corporationによって使われていたからだ。

そこでアルファベットは、abc.xyzとして店を構えることにした。.xyzの創業者でCEOの30歳のDaniel Negar(ダニエル・ネガリ)は、そのことが彼の「未来的な企業」にとっての「無限のブランディングの機会」を提供してくれたのだとTechCrunchへの電子メールで語った。現在.xyzは、同社のDNSデータによると、トラフィックで世界トップ5のトップレベルドメイン(TLD) の1つになっている可能性がある。

ネガリ氏によれば、.xyzは「世界中のユーザに、自分のドメイン名に関する競争と選択の機会を提供する」ために作られたもので「固有の意味を持たない、真に汎用的な初めてのドメイン拡張子」ということだ。「.com」は商業用(commercial)、「.net」はネットワーク用(networks)、「.org」は組織用(organizations)とされているが、ネガリ氏は、これらのカテゴリーにきちんと当てはまらないと感じているユーザーや、目立ちたいと思っているユーザーのために、.xyzを提供することを目論んでいた。

ネガリ氏は「『for every website everywhere(あらゆる場所のあらゆるウェブサイトのために)』という私たちのモットーが市場に受け入れられたのだと確信しています」と語る。「すべての人とすべてのものに対するオープン性と包括性という私たちのモットーは、xyzをドメインとして採用している創造的な思想家のコミュニティに浸透しています」。

.xyzとWeb3の出会い

ネガリ氏は積極的な暗号資産投資家で、Gemini(ジェミニ)、MoonPay(ムーンペイ)、BlockFi(ブロックファイ)など、この分野に「多数」の投資を行っているという。暗号資産に興味があった彼は、イーサリアムネームサービス(ENS)の生みの親であるNick Johnson(ニック・ジョンソン)氏に連絡を取り、協業を持ちかけた。

「この歴史的なコラボレーションにより、アーリーアダプターは.xyzドメインをウォレットアドレスとして使用することができるようになりました」とネガリ氏は述べている。

.xyzの創業者でCEOのダニエル・ネガリ氏(画像クレジット:XYZ)

ENSは、ユーザーが自分のすべての暗号アドレスに共通のニックネームを与えることを可能にし、検索可能なデータベースが提供されることで、さまざまなプラットフォームに存在する暗号ウォレットや取引に、より簡単にアクセスできるようにする。ユーザーは、ソーシャルメディアハンドルやその他の個人情報をENS中で共有するために、ネイティブな.ethドメインまたは.xyzドメインを使ってプロファイルを作成することができる。

.xyzは、ENSと協力し、暗号コミュニティと連携する方法を模索し続けている。今週同社は「eth.xyz」サービスのローンチを発表した。このサービスはネガリ氏によると、.ethの名前の最後に「.xyz」を付けるだけでENSデータベースを検索する代わりに個々のENSプロファイルを検索できるようになるというものだ。

ENSは、暗号資産保有者がイーサリアムを使って自分の好きな名前のドメインを購入できるようにすることで、インターネットをアイデンティティ構築のツールとして活用したいというユーザーの欲求を創造的に収益化したのだ。たとえばShopify(ショッピファイ)のCEOであるTobi Lütke(トビー・ラトカ)氏は2021年12月初めに、ENSのドメイン名であるtobi.ethを30 etherで買収したが、これは買収時点で12万ドル(約1380万円)以上に相当する。

.xyzドメインは現在、インターネット規制当局であるICANNによって管理されているDNS(ドメインネームサービス)システムの管轄下にあるが、いくつかの団体がWeb3を支えるために、DNSに代わる分散型の代替システムを開発しようとしていることを、TechCrunchのAmanda Silberling(アマンダ・シルバーリング)記者が報じている。.xyzがWeb3企業と積極的に連携する戦略は多くの新たな収益化の機会を提供する可能性がある。それは現代のインターネットユーザーがドメインの所有権を新たに主張しようとする際に、分散化されたウェブにおけるアイデンティティとオーナーシップから生じる収益化の機会だ。

関連記事:絵文字の列がネット上の「アイデンティティ」になると考えるYat、すでに約22億円の売上達成

.xyzはブログを運営して、.xyzで終わるドメイン名を選んだ企業を紹介している、その多くがWeb3ネイティブだが、なぜそうしたのかの理由も書かれている。

中には、単純な物流上の理由で使用を選んだものもある。たとえばDeFi(分散型金融)プラットフォームのMatchaは.xyzというウェブ拡張子を使うことでネーミングの選択肢が増えたと説明しているし、イーサリアムデータツールのDune(デューン)はより簡潔なウェブアドレスが可能になるからという理由で .xyzを選んだのだという。

そのドメインは、誰でも購入することができるが、他のドメインと比較しても比較的リーズナブルな価格で提供されている。そのために、.xyzは1.111Bと呼ばれるクラスのドメインを立ち上げた。ネガリ氏によれば、これは6桁から9桁の数字のドメインで、年間99セント(約114円)〜で利用できる。

利便性やアクセスのしやすさだけでなく、Web3を構築する人たちの中には、.xyzを新しいインターネットを構築するという野心の象徴として捉えている人もいる。

「私たちが.xyzを選んだのは、分散化とWeb3アプリケーションの新しい波を象徴しているからです」と書くのは分散型自治組織Agora DAO(アゴラDAO)の創立者であるRéka(レカ)氏だ。

ネガリ氏は、アフター.com時代の次世代のオンラインイノベーションを代表する.xyzの文化的な重要性が、おそらく同社の最も重要な属性の1つであることを認めている。

ネガリ氏は「このコミュニティは、現状を打破して未来に向けて積極的に行動する、数十万から数百万の個人や中小企業で構成されています」と語る。「非営利団体である必要も、営利法人である必要もありません。何であっても、誰であってもいいのです」。

画像クレジット:Bryce Durbin

原文へ

(文:Anita Ramaswamy、翻訳:sako)