バイオテック
MycoWorks(企業)
代替レザー(用語)

菌類から革を生み出すMycoWorksが生産規模拡大のため約143億円を調達

次の記事

モバイルファーストのゲームコミュニティプラットフォーム印Turnipが約14.3億円を調達

MycoWorksの「Reishi」製品(画像クレジット:Jesse Green, Courtesy of MycoWorks)

革に代わる菌類ベースのバイオマテリアルを製造しているMycoWorks(マイコワークス)は、主力製品である「Reishi」の製造を拡大するための生産工場に資金を提供するため、シリーズCで1億2500万ドル(約143億円)という新たなラウンドの資金を調達した。

Matt Scullin(マット・スカリン)CEOは、同社の生地に関する取り組みは競合他社とは異なるとし、同社のFine Myceliumプロセスを「菌糸を工学的に加工し、オーダーメイドで仕様に合わせた唯一の高級素材を育てるバイオテクノロジープラットフォーム 」だとアピールしている。

「この分野では多くのことが起こっています。菌糸体は調整可能な素材であり、多くの人々がこの分野に参入しています。しかし、彼らの主なアプローチは、繊維をとってプラスチックに埋め込むというもので、その結果、『人造皮革』のような低品質の素材になってしまうのです」。と彼は付け加えた。

確かに、Philip Ross(フィリップ・ロス)氏とSophia Wang(ソフィア・ワン)氏が2013年に設立したカリフォルニアの会社は、菌類や他の植物由来の素材を使ってファッション用の生地を作るホットなトレンド企業の1つだ。以前、2020年に4500万ドル(約51億5300万円)の資金調達を行ったMycoWorksを紹介した際、Bolt Threads(ボルトスレッズ)(キノコ)、Ananas Anam(アナナス・アナム)(パイナップル繊維)、Desserto(デセルト)(サボテン革)といった企業が同様のことを行っていることに触れた。

植物由来の素材をファッションに利用することに加え、菌類を利用した技術で成功を収めている企業もある。2021年にシリーズCラウンドで3億5000万ドル(約400億円)を調達したNature’s Fynd(ネイチャーズ・フィンド)は、肉やチーズなどのサステナブルな食品を作るために、固体、液体、粉末として使用できるビーガンタンパク質「Fy」を作った。Atlast Food(アトラスト・フード)も似たようなことを行っており、グルメなキノコの菌糸体から肉の代用品を作っている。一方、発酵プロセスを利用して、とりわけ、他の食品の好ましくない風味を防ぐキノコのエキスを作っているMycoTechnologyは、2020年に1億2000万ドル(約137億円)を超えるシリーズDラウンドを終了した。

一方、シリーズCはPrime Movers Lab(プライム・ムーバーズ・ラボ)が主導し、SK Capital Partners(SKキャピタル・パートナーズ)、Mirabaud Lifestyle Impact and Innovation Fund(ミラボー・ライフスタイル・インパクト・アンド・イノベーションファンド)を筆頭に、他の新規および既存の投資家たちが参加した。現在までに、同社は総額1億8700万ドル(約214億円)を調達している。

MycoWorksは、2021年初頭にHermès(エルメス)との最初の提携を開始し、現在では世界の主要な高級ブランドと契約を結んでいる。Scullin(スカリン)氏は、聞いたことのある高級ブランドであれば、同社はおそらく提携しているはずだと話してくれた。

MycoWorksは、当初は高級品分野で活動していたものの、さまざまな価格帯の製品を可能にする大量生産への移行も目指している。今回の資金調達でそれが可能になると、スカリン氏はいう。

MycoWorksの菌類の青いラックトレイ(画像クレジット:Lindsey Filowitz)

MycoWorksの新しい生産工場は、カリフォルニア州エメリービルのパイロット工場で成功を収めた現在、サウスカロライナ州ユニオンに建設される予定だ。そのパイロット工場でMycoWorksは、トレイベースの生産プロセスを検証し、1万トレイという生産マイルストーンを達成した際には、Fine Myceliumプロセスのスケーラビリティを実証することができたのだ。スカリン氏は、今後12カ月で工場が稼働し、当初は年間数百万平方フィートのFine Myceliumを生産できるようになると予想している。

消費者が求める持続可能な商品の需要に応えるため、スカリン氏は今回の資金をチームの拡大、研究開発、技術開発に投資する予定だ。同社には、Fine Myceliumを最初に使用するブランドとして選ばれるために、何千ものインバウンドの要望が寄せられている。

同氏は、毎年1500億ドル(約17兆1700億円)の革製品が販売されていると推定しており、特にその消費者の追い風が「今、経済における強力な力の1つ」であり続けているため、これは機会が大きいことを意味する、と付け加えた。

スカリン氏は、Prime Movers Labやその他の投資先を選ぶ際に、どれもバイオテクノロジーと製造のスケールアップに関する共通の専門知識を持っていて、それが今まさに同社に必要なことだったと述べた。

Prime Movers LabのジェネラルパートナーであるDavid Siminoff(デビッド・シミノフ)氏は「MycoWorksがFine Myceliumプラットフォームで成し遂げたことは、単なるブレークスルーではなく、変化の時期にある産業にとっての革命です」と文書で述べている。「このチャンスは巨大であり、私たちは、比類のない製品品質と独自の拡張可能な製造プロセスの組み合わせにより、MycoWorksが新素材革命のバックボーンとして機能する態勢を整えていると確信しています」と同氏は語った。

原文へ

(文:Christine Hall、翻訳:Akihito Mizukoshi)