• ポラロイドカメラの復活

    ポラロイドカメラの復活

    The Impossible Projectが、ポラロイドの放棄されたインスタントフィルムを生かし続けることを宣言して10年以上経ったが、同プロジェクトはついにその困難な目標を成し遂げた。その生命を救おうとしたブランドを公式なものとして自身に取り込んだのだ。そしてその記念として、新しいカメラPolaroid Nowが登場した。 続きを読む

  • 市販の材料を使い1分で完成する医療用フェイスシールドの作り方をニューヨーク大学が無料公開

    市販の材料を使い1分で完成する医療用フェイスシールドの作り方をニューヨーク大学が無料公開

    ニューヨーク大学(NYU)は他の多くの学術、民間、公営機関と同様、世界中の医療従事者が必要としている個人防護具(PPE)の供給についてできることに取り組んでいる。同大学はいち早くオープンソースのフェイスシールドを開発し、量産してすこしでも需要に応えるべくその作り方を無料で公開している。 続きを読む

  • 5分間で陽性がわかる米食品医薬局が新たに認可したAbbottの新型コロナ検査

    5分間で陽性がわかる米食品医薬局が新たに認可したAbbottの新型コロナ検査

    ヘルスケアテクノロジーのAbbottが開発した新しいCOVID-19検査方法は、結果が出るまでの時間がこれまでで最速、しかもその場でできるので検査機関への往復が要らない。 続きを読む

  • ソフトバンクなどからの追加資金を確保できずOneWebが破産を申請

    ソフトバンクなどからの追加資金を確保できずOneWebが破産を申請

    衛星コンステレーションによるブロードバンド事業者のOneWebは、米国時間3月27日にも米国で破産保護の申請を行うことになる。既存の投資家であるソフトバンクからも含めて、新たな資金の確保に失敗した結果だ。同社は1つのチームだけを残して、すでに打ち上げて宇宙空間にある衛星の運用を続けるという。 続きを読む

  • AIとビッグデータが新型コロナとの戦いで奇跡を起こすことはない

    AIとビッグデータが新型コロナとの戦いで奇跡を起こすことはない

    かなづちを持っている人には、あらゆる問題が釘のように見える。予想通り、テクノロジーセクターは目に入るすべての釘を一生懸命かなづちで叩いている。だが、現代のデータエコシステムの分析力は、新型コロナウイルス治療への対応の点では非常に限られている。 続きを読む

  • 米Amazonの6つの施設で新型コロナ患者が相次いで発生

    米Amazonの6つの施設で新型コロナ患者が相次いで発生

    COVID-19のパンデミックで自発的または政府が強制した隔離生活送るようになると、Amazonのようなオンラインの小売りサービスが頼みの命綱だ。そんなAmazonの少なくとも6つの施設において、従業員のCOVID-19陽性が判明した。 続きを読む

  • Googleが新型コロナ対策で政府機関と中小企業に860億円を寄付

    Googleが新型コロナ対策で政府機関と中小企業に860億円を寄付

    GoogleのCEOであるサンダー・ピチャイ氏が米国時間3月27日に、政府機関や中小企業のCOVID-19対策のために広告クレジットとローンで8億ドル(約863億円)あまりを寄付する、と発表した。 続きを読む

  • アップルが新型コロナウイルスのスクリーニングサイトを開設

    アップルが新型コロナウイルスのスクリーニングサイトを開設

    米国時間3月27日、Appleは独自の新型コロナウイルス検診スクリーニングサイト(apple.com/covid19)とそのiOSアプリを、ホワイトハウスとCDCおよびFEMAと共に立ち上げた。 続きを読む

  • Wheelsがハンドルとブレーキレバーをセルフクリーニングする電動バイクを展開

    Wheelsがハンドルとブレーキレバーをセルフクリーニングする電動バイクを展開

    新型コロナウイルス(COVID-19)の拡散を抑制するために、シェアバイクサービスを最近に休止したWheelsは、ギグワーカーやレストラン、非営利団体、その他自分で配達をする人たちのために、ペダルのない電動バイクを提供している。 続きを読む

  • 米国環境保護庁は新型コロナの流行を受けて環境法の適用を緩和

    米国環境保護庁は新型コロナの流行を受けて環境法の適用を緩和

    米国環境保護庁(EPA)は、COVID-19の流行中には、環境規制と罰金の適用を一時的に緩和すると発表した。この「適用裁量政策」は、3月13日にまで遡って適用される。いつ終了するかは未定だ。批評家は、このような政策は、汚染を助長するだけでなく、環境への悪影響を完全に評価することも不可能にすると指摘している。 続きを読む