• Gmailにメジャー・アップデートが来た――自動消滅、スヌーズ、カレンダー統合など新機能多数〔日本語対応済〕

    Gmailにメジャー・アップデートが来た――自動消滅、スヌーズ、カレンダー統合など新機能多数〔日本語対応済〕

    今日(米国時間4/25)、Googleはここ数年で最大となるGmailのアップデートを行った。Googleのフラグシップ・サービスの一つであるGmailに、テスト中だったものも含め多数の新機能が追加された。TechCrunchではその一部を今月上旬にいち早く紹介している。今回Gmailではデザインも一新されたが、既存のユーザーに違和感を与えることはないはずだ。新機能はここしばらく続いていたリークのとおりなので大きな驚きはない。 またテスト中の機能のいくつか(すべてではない)が正式にGmailに採用されたのも予想どおりだった。しかし派手な… 続きを読む

  • API
    リアルタイムデベロッパーにツールを提供するPusherがシリーズAで$8Mを調達

    リアルタイムデベロッパーにツールを提供するPusherがシリーズAで$8Mを調達

    Pusherはロンドンで、アプリケーションにプッシュ通知やメッセージなどのリアルタイム機能を持たせたいデベロッパーのためのツールやクラウドインフラストラクチャを提供している。同社はこのほど、シリーズAで800万ドルを調達した。ラウンドをリードしたのはロンドンのVC Balderton Capitalで、サンフランシスコのHeavybitが参加した。後者は、デベロッパー向けの製品を作っている企業に成長資金を提供している投資家だ。 続きを読む

  • 家庭用ルーターGoogle Wifi日本版が26日発売。複数台連携前提で小型化した高性能機

    家庭用ルーターGoogle Wifi日本版が26日発売。複数台連携前提で小型化した高性能機

    Googleが、家庭用Wi-Fiルーター『Google Wifi』日本版を発表しました。本体を複数連携して使う、いわゆる「メッシュWi-Fi技術」をコンセプトとした、手に乗るサイズの小型ルーターです。 発売は4月26日。価格は1台が1万5000円、3台パックが3万9000円。米国では2016年11月に登場し、そのユニークなコンセプトやちょっとかわいい本体デザインから注目されていたモデルの日本版がいよいよ発売となります(なお本日開催された発表会では、出席者より「どうしてここまで遅くなったのか」という質問が出ましたが、Google側の回答はノ… 続きを読む

  • C Channnelがエンタメ動画進出、オーディションアプリ「mysta」をパートナー7社と本格スタート

    C Channnelがエンタメ動画進出、オーディションアプリ「mysta」をパートナー7社と本格スタート

    スマートフォンに特化した女性向け動画を配信するC Channelは4月25日、ラジオ、テレビなどのメディア企業を含む7社のパートナー企業とともに、スターの卵を応援するオーディションアプリ「mysta」のサービスを本格的にスタートした。 参加するパートナー企業は、エフエム東京、産経デジタル、集英社、松竹、ソフトバンク、東京放送ホールディングス(TBS)、ポニーキャニオンの各社。2017年9月にC Channelが設立したmystaと協業し、サービスを本格展開していくという。 オーディションアプリmystaは、歌手やアイドル、お笑い芸人など、さま… 続きを読む

  • Trelloにニュースフィード機能が登場、通知機能も改善

    Trelloにニュースフィード機能が登場、通知機能も改善

    Atlassianが提供する、人気のあるカードベースのプロジェクト管理サービスであるTrelloに、今日(米国時間4月24日)少しだけ改良が加わった。 これまでは、Trelloとは、カードとそれらのカードを貼り付けるボードのことだった。しかし、そのことはまた、パワーユーザーたちが次に手がけるものを探すには、複数のボードの間を渡り歩かなければならないことを意味していた。今回Trelloが提供を始めたのは、ユーザーが自分のTrelloチームの中で起きているアクティビティを把握しやすくするための、パーソナライズされたニュースフィードである。… 続きを読む

  • メルカリが個人間でスキルをシェアする学びのフリマアプリ「teacha」をリリース

    メルカリが個人間でスキルをシェアする学びのフリマアプリ「teacha」をリリース

    メルカリの子会社であるソウゾウは4月25日、知識やスキルを教えたい人と学びたい人をつなぐ学びのフリマアプリ「teacha」をリリースした。teachaは2017年12月に発表されていたサービス。まずはiOS版とWeb版の提供を本日より始める。 続きを読む

  • TwilioがLINEのサポートを追加

    TwilioがLINEのサポートを追加

    開発者向けコミュニケーションプラットフォームTwilioは、本日(米国時間4月24日)LINEからTwilio Channelsへのサポートを追加したことを発表した。これによって、Twilio開発者たちは、現在毎月1億6800万人のアクティブユーザー(そのほとんどは日本、タイ、台湾、インドネシアに居住している)を持つ、このサービスのユーザーにアクセスできるようになる。Twilio ChannelsにおけるLINEサポートは、現在ベータ版だが、試してみたいすべての開発者が利用できる。 続きを読む

  • Facebookは人事異動でアメリカのポリシー担当とプライバシー担当トップを刷新

    Facebookは人事異動でアメリカのポリシー担当とプライバシー担当トップを刷新

    メンローパークでは、試練の時が続いているようだ。プライバシーに関してあらゆる方向から非難を浴びたFacebookは、防御を固めるために上級役員の入れ替えを行っている。アメリカのポリシー担当トップErin EganがCPO(chief privacy officer)の役割に戻り、元FCC(連邦通信委員会)の委員長だったVPが彼女の後釜に座る。 続きを読む

  • Facebook、アプリのシェア許諾カスタムダイアログなど12のAPIを廃止

    Facebook、アプリのシェア許諾カスタムダイアログなど12のAPIを廃止

    Facebookは、ユーザーの安全とデータのプライバシーをデベロッパーの利便性より優先させる、というMark Zuckerbergの約束を果たそうとしている。本日(米国時間3/24)FacebookとInstagramは、デベロッパーがユーザーの許可なく個人データや友達のデータを取得したり、ユーザーをだましてコンテンツをシェアさせることを防ぐために、数多くのAPIを廃止することを発表した。一部の変更は直ちに有効となるが、それ以外は8月1日に実施されるのでデベロッパーが修正するための猶予期間は90日以上ある。これらは先日発表された大規模変… 続きを読む

  • GoogleがAndroidの銃の絵文字を水鉄砲に変えたようだ

    GoogleがAndroidの銃の絵文字を水鉄砲に変えたようだ

    2016年にAppleは、銃を表す絵文字を本物のような銃から明るいグリーン色の水鉄砲に変えた。 数日前にはTwitterが、それに倣った。 そして、どうやら今度はGoogleだ。Androidの銃の絵文字が近く、明るいオレンジと黄色の、人をびしょ濡れにして楽しむもの(別途水タンクがあって水量が多い水鉄砲)、になるらしい。 続きを読む

  • Spotifyの無料版はApple Musicと戦う主要兵器だ

    Spotifyの無料版はApple Musicと戦う主要兵器だ

    マンハッタンで行われるSpotifyのビッグイベントの噂は何週間も続いた。しかし招待状が発送されたときから、この大イベントの目的がただひとつであることはわかっていた。それは、無料だ。 続きを読む

  • 任天堂の教育おもちゃNintendo Laboを実機レビュー――専属テスターの評価は最高〔ビデオ〕

    任天堂の教育おもちゃNintendo Laboを実機レビュー――専属テスターの評価は最高〔ビデオ〕

    Nintendo Laboは任天堂が最近発売した子供向け教育おもちゃだ。子どもたちはSwitchとダンボールを組み合わせてロボット、ピアノ、釣り竿などさまざまな機能を持つガジェットを作ることができる。 続きを読む

  • Amazonの隠れページに‘Fire TV Cube’(Echo+Fire TV)の予告が

    Amazonの隠れページに‘Fire TV Cube’(Echo+Fire TV)の予告が

    数か月前から浮遊している噂によると、AmazonはFire TVのメディアストリーミングとEchoの音声アシスタントを合体した新しいデバイスを発売するらしい。最近現れたそれらしきデバイスのリーク画像(下図)にはキューブ状の製品が写っているので、その未発表のデバイスは勝手に“Fire TV Cube”と呼ばれるようになった。 続きを読む

  • 月額料金を払ってまで参加するコアファンが盛り上げるコミュニティ、「fanicon」が3億円調達

    月額料金を払ってまで参加するコアファンが盛り上げるコミュニティ、「fanicon」が3億円調達

    会員制ファンコミュニティアプリ「fanicon(ファニコン)」を運営するTHECOO(ザクー)は4月25日、YJキャピタル、日本ベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、吉田正樹事務所、日本政策金融公庫を引受先とする第三者割当増資を実施した。調達金額は約3億円だ。 2017年12月のサービスリリース時にも紹介したfaniconは、YouTuberや声優などのインフルエンサーたちが自身のファンと交流するためのサービスだ。THECOOが「アイコン」と呼ぶインフルエンサーは同サービスを利用して、自身の近況を投稿したり、ライブ配信やファンとの直接… 続きを読む

  • 日本発の量子コンピュータ系スタートアップQunaSysが数千万円を調達、第一線の研究を実用化へ

    日本発の量子コンピュータ系スタートアップQunaSysが数千万円を調達、第一線の研究を実用化へ

    従来のコンピュータと比べて、圧倒的な速度で計算ができるようになるかもしれない——そんな期待から、日本でも新聞やニュースメディアで取り上げられることが増えた「量子コンピュータ」。最近はスーパーコンピュータと比較して紹介されることも多い。 海外ではGoogleやIBM、Microsoftなど大手企業がこぞって開発に力を入れているほか、Rigetti Computing(以下Rigetti)など関連するスタートアップも数十社存在。ここ数年で研究開発も一気に進み、化学や製薬、金融、物流、機械学習などさまざまな分野での応用が… 続きを読む

  • スタートアップと投資家のコミュニケーションを効率化する「FUND BOARD」のケップルが3000万円を調達

    スタートアップと投資家のコミュニケーションを効率化する「FUND BOARD」のケップルが3000万円を調達

    スタートアップと投資家のためのファイナンスプラットフォーム「FUND BOARD」を運営するケップルは4月25日、複数の個人投資家を引受先とした第三者割当増資を実施したことを明らかにした。 続きを読む

  • 消費者を取り戻すために、大ブランドは研究開発とイノベーションに投資すべきだ

    消費者を取り戻すために、大ブランドは研究開発とイノベーションに投資すべきだ

    消費財の世界は変化している。消費者の嗜好はますます細分化されており、既存の大企業たちは新興のブランドたちからシェアを奪われ続けている。こうした既存の企業たちは、対応策への苦慮を重ねている。CPG(消費者向けパッケージ商品:消費財)の世界には、賢い人間が溢れているが、最大規模のブランドの多くが、ここ数年その売上の停滞もしくは減少を経験している。 消費財企業たちは、売上の増加またはコスト削減のいずれかの手段によって、利益を増やし株主価値を提供することができるが、こうした企業たちが試みてきた潮目の切り替えは、いずれも上手く行っていない。革新を… 続きを読む

  • Spotifyの新モバイル・アプリは無料版を強化――数週間で世界に展開

    Spotifyの新モバイル・アプリは無料版を強化――数週間で世界に展開

    今日(米国時間4/24)、ニューヨークのグラマシーパークシアターで開催されたプレスイベントで、Spotifyの最高R&D責任者、 Gustav Söderströmは無料版音楽ストリーミングアプリの全く新しいバージョンを発表した。Spotifyでは機械学習アルゴリズムの開発に多大の投資をしてきたおかげで、これまでの無料版でもリアルタイムでユーザーの好みを判断して曲を薦めることができた。しかしユーザーはシャッフルでしか同じ曲を聞けないなど再生形式に制限があった。 続きを読む

  • iPhone Xは16%、過去モデルがiPhone売上の40%を占める?市場調査会社のレポートが発表

    iPhone Xは16%、過去モデルがiPhone売上の40%を占める?市場調査会社のレポートが発表

    2018年1月~3月におけるiPhone各モデルの売上比率につき、米市場調査会社Consumer Intelligence Research Partners(CIRP)のレポートが発表されました。 それによるとiPhone Xは全体の16%を占め、トップのiPhone 8(23%)、2位のiPhone 8 Plus(21%)に次ぐ「3番目に売れているiPhone」とされています。 さらに2017年以前に発売された旧モデルの販売は、iPhone全体の40%を占めているとのこと。この割合は前年同期から上がっており、最新機種の人気にブレーキがかかったことを… 続きを読む

  • Canaryのセキュリティカメラの人検出AIが改良、もう壁に映る影で警報はしない

    Canaryのセキュリティカメラの人検出AIが改良、もう壁に映る影で警報はしない

    今年の初めに、AIを利用して人を検出するアルゴリズムを加えたCanaryがそいつをアップデートし、重要な改良をいくつか加えた。中でも重要なのは、動きのある人だけを検出するようになったことだ。これにより、たとえば、車のライトで人の影が壁に映っただけで警報が鳴ることはなくなった。 続きを読む