広告掲載について

TechCrunch Japanでは広告主を募集しております。インターネット系新規事業の経営者・管理職・企画職、ベンチャーキャピタリスト、ソフトウェアエンジニア、大手IT系出版社のライター&編集者、ウェブデザイナーなど、最先端のネット社会の動向に大いに興味を持つ読者層をターゲットに、バナー広告スポンサードコンテンツ(TC Brand Studio Japan)をご用意しております。

お問い合わせ


TechCrunch Japan ユーザーの特徴

ユーザーセグメント

テック⼀般よりも、流⾏に敏感で好奇⼼が⾼い、つまりイノベーター度の⾼い⼈を多く擁している。

「Segment Guide Program」現代の一般消費者の価値感・志向性を捉えたマクロミル社独自の消費者セグメント。
「情報感度」「コミュニケーション」「購買・選択態度」の観点から消費者を7つのセグメントに分類。

流行に対する意識・行動

ニュース⼀般やテック⼀般と⽐べると、新商品や流⾏に対しての受容度が⾼く、⾃ら情報発信も⾏っている。

2020年3月実施 ユーザーインサイト調査 / 調査委託先:マクロミル

TC Brand Studio Japan

IT/Tech、スタートアップの情報に⾼い関⼼を持つTC読者に向けて、”Sponsored Content”を制作

IT関連最新動向満載の専⾨メディアならではのアプローチで読者に⽀持されやすい記事コンテンツを制作します。また、TechCrunchの編集誘導枠やTC Brand Studioの公式SNSを活⽤し、最適な⽅法でコンテンツを読者へと届けます。

TC Brand Studio Japanの詳細については下記資料もあわせてご覧ください。


バナー広告について

バナー広告・各種データの詳細については下記メディアガイドもあわせてご覧ください。

TechCrunch Japan メディアガイド

お問い合わせ