Android

 

  • GoogleがAndroidの銃の絵文字を水鉄砲に変えたようだ

    GoogleがAndroidの銃の絵文字を水鉄砲に変えたようだ

    2016年にAppleは、銃を表す絵文字を本物のような銃から明るいグリーン色の水鉄砲に変えた。 数日前にはTwitterが、それに倣った。 そして、どうやら今度はGoogleだ。Androidの銃の絵文字が近く、明るいオレンジと黄色の、人をびしょ濡れにして楽しむもの(別途水タンクがあって水量が多い水鉄砲)、になるらしい。 続きを読む

  • アメリカ製品の使用を禁じられたZTE、AndroidのライセンスでGoogleと相談中か

    アメリカ製品の使用を禁じられたZTE、AndroidのライセンスでGoogleと相談中か

    昨日(米国時間4/16)はZTEにとって厳しい一日だった。1年前、イランと北朝鮮に対する制裁を守らなかったことで有罪を認めた同社は、アメリカ商務省からさらなる鉄槌を喰らい、アメリカ企業は向こう7年間、同社に製品を売ることができなくなった〔虚偽報告で〕。 続きを読む

  • SRLが多くのAndroid機のセキュリティパッチの怠慢を暴露、Googleはこれに反論

    SRLが多くのAndroid機のセキュリティパッチの怠慢を暴露、Googleはこれに反論

    Androidがオープンソースであることに良い点はたくさんあっても、ソフトウェアのアップデートをハードウェアのメーカーがやらなければならないことは、明らかにその慢性的な欠陥だ。それは機能の最新アップデートを期待するユーザーにとってはフラストレーションになりうるし、重要なセキュリティアップデートが為されないと危険を招くこともある。 ドイツのセキュリティ企業Security Research Labs(SRL)の二人の研究者が最近Wired誌で共有した研究によると、すべての大手メーカーのAndroidハンドセット1200台について2年間、セキュ… 続きを読む

  • ウェアラブルオペレーティングシステムAndroid Wearが‘Wear OS by Google’に改名

    ウェアラブルオペレーティングシステムAndroid Wearが‘Wear OS by Google’に改名

    Android Wearは、Googleが4年前の今週ローンチしたときに期待したような大成功には至らなかった。 この遅いスタートをきったウェアラブルオペレーティングシステムは、2017年の初めに2.0がリリースされた。しかしそれはかなり小さなアップデートで、目立つ変化を何も生まなかった。そのニューバージョンの発表から数か月後には、グローバルなマーケットシェアでTizenがWearを上回り、オープンなオペレーティングシステムを採用したSamsungの影響力を見せつけた。 続きを読む

  • Ryloのクールな小型360度カメラがAndroidからも使える、気楽に撮って自由に編集がモットー

    Ryloのクールな小型360度カメラがAndroidからも使える、気楽に撮って自由に編集がモットー

    Ryloは強力な小型360度カメラだが、360度機能をなるべくバックグラウンドに置こうとする。つまり同社の本当の目標は360度カメラそのものではなく、カメラというものの考え方を変えて、写真やビデオの完璧な構図云々といったことを後回しにし、とにかく撮ることに専念させる。 このカメラは昨年ローンチして以降、iOSのみだったが、今日(米国時間3/2)同社のアプリがPlay Storeに登場し、Androidユーザーも、この革新的な球体カメラで遊べるようになった。 続きを読む

  • Android PayはGoogle Payに生まれ変わる――利用も開発も非常にシンプル

    Android PayはGoogle Payに生まれ変わる――利用も開発も非常にシンプル

    先月TechCrunchが報じたとおり、Googleは各種の支払ツールをGoogle Payという単一のブランドに統合した。しかしAndroidでは、アプリとしてAndroid Payが残っていた。この状態は今日(米国時間2/20)から変わる。GoogleはGoogle Pay for Androidを発表した。これによりAndroid PayはGoogle Payにアップデートされた。旧Android Payになかった機能も追加されており、Googleでは新しいGoogle Payが現実店舗でもインターネットでも広く利用されることを期待している。… 続きを読む

  • AndroidのMotion StillsアプリにAR StickersのようなAR機能を実装アップグレード

    AndroidのMotion StillsアプリにAR StickersのようなAR機能を実装アップグレード

    GoogleのビデオやGIFを編集するアプリMotion Stillsのアップグレードで拡張現実の機能が加わり、Pixel 2のAR Stickersのような楽しさが、そのほかのAndroidデバイスにも実現した。 このアプリにはかなり本格的な拡張現実のサーフェストラッキング(surface tracking, 表面追跡)機能があり、Google Polyのいろいろな3Dモデル(鶏、ロボット、恐竜など)を、本物の環境の中にある面に載せることができる(下図)。 続きを読む

  • Android 8.1は接続前のWi-Fiネットワークのスピードの推測を表示できる

    Android 8.1は接続前のWi-Fiネットワークのスピードの推測を表示できる

    Oreo(Android 8)は最初、ぱっとしないアップデートだったけど、8.1ではおもしろい仕掛けがいくつかある。とくに目立つのが、Speed Labelsと呼ばれる新しい機能で、ログオンする前にネットワークの信号を予測する。 続きを読む

  • Googleが途上国市場のユーザー向けにデータフレンドリーな検索アプリを提供開始

    Googleが途上国市場のユーザー向けにデータフレンドリーな検索アプリを提供開始

    Googleはこのたび、データフレンドリーな検索アプリGoogle Goを導入するなど、引き続きローエンドのモバイルデバイスや遅いインターネット接続でも十分使えるサービスの展開に努めている。 続きを読む

  • Android 8の軽量バージョンAndroid GoがAndroid Oreo(Go Edition)と改名して公式リリース

    Android 8の軽量バージョンAndroid GoがAndroid Oreo(Go Edition)と改名して公式リリース

    Googleは、5月のI/Oカンファレンスで発表したAndroid Goに、これまでいろいろ手を加えてきた。そしてこの軽量OSはこのほど、やや名前を変えてローンチすることになった。ベースはAndroid 8.1だが、そのお名前は、前よりも印象の薄いAndroid Oreo(Go edition)となった。〔OreoはAndroid 8.xの愛称〕 続きを読む

  • Pixel 2の眠れるVisual CoreチップがAndroidの今度のデベロッパープレビューで可利用になる

    Pixel 2の眠れるVisual CoreチップがAndroidの今度のデベロッパープレビューで可利用になる

    残念なことにGoogleの旗艦機Pixel 2はそのローンチ以降、必ずしもすべてのサプライズが良いことではなかった。それでも、同社のカスタムSoC Visual Coreは良い方だと思われるが、でもそれはこれまで、同機の中でほとんど休眠状態だった。 同機が市場に出たとき、それはまだ十分に可利用ではなかったみたいだが、でも今度やっとそのチップは、自分の仕事ができるようになった。 続きを読む

  • GoogleのAndroid用ファイルマネージャー、Files Go,、ベータ版公開

    GoogleのAndroid用ファイルマネージャー、Files Go,、ベータ版公開

    今日(米国時間10/9)、GoogleはAndroid向けファイル管理アプリ、Files Goをベータ公開することを決めた。このアプリは少し前から公開のタイミングが注目されていた。GoogleはFiles Goを12月にリリースする予定だったが、われわれも報じたように実機でベータテストが行われていることが判明し、公開のタイミングが早められたもようだ。Files Goはファイルマネージャー以外にも不要ファイルを整理してメモリーに空き容量を確保したりBluetoothe接続でオフラインでファイルを転送するなど便利な機能を含むツールとなっている。… 続きを読む

  • GoogleがAndroid 8.1にNeural Networks APIを導入、今日からデベロッパーベータを提供

    GoogleがAndroid 8.1にNeural Networks APIを導入、今日からデベロッパーベータを提供

    今日Googleは、Android Oreo(v8.1)のデベロッパー向けベータの配布を開始した。 今回の大きな目玉はNeural Networks APIで、これによりスマートフォン上でハードウェアアクセラレーション〔後述〕によるNNの推論を行い、訓練済みの機械学習モデルを高速に実行する。この種の計算をエッジに持ち込むことによって、ネットワークのレイテンシーと負荷が減り、機密データがデバイス上に留まることによって、エンドユーザーに多大な便宜をもたらす。 続きを読む

  • アメリカのスマートフォン市場6-8月期でiOSとSamsungがシェア同率で並ぶ

    アメリカのスマートフォン市場6-8月期でiOSとSamsungがシェア同率で並ぶ

    アメリカのスマートフォン市場におけるiOSとSamsungのシェアは、6-8月三ヶ月のiOSの成長によって今や横並びになった、とスマートフォン市場のシェアを売上ベースで追跡しているKantar Wordpanelの新しいデータが告げている。同社の分析によると、iOSは前年比で3.7%伸び、35%のマーケットシェアを達成したが、Samsungの成長はわずか0.8%で、シェアは35.2%になった。 続きを読む

  • Google、Pixel 2 XLを発表――カメラはベンチマークで最高評価

    Google、Pixel 2 XLを発表――カメラはベンチマークで最高評価

    先ほど(米国時間10/4)、Googleは新しいスマートフォン、Pixel 2 XLを発表した。 これまでわれわれが報じてきたリーク情報はきわめて正確だった。ディスプレイは大型でフロントベゼルの幅を最小限に抑えたボディーは新設計だ。裏側は上下に分かれ、上部はガラス製で下部はアルミ合金となっている。 現行モデルに比べてフロント側は大きく改良された。注目の的であるディスプレイは対角線が6.0インチ、pOLED(プラスチック有機発光ダイオード)、解像度は2880×1440(538ppi)、アスペクト比18:9で表示可能な色彩は豊富だ。表面… 続きを読む

  • 発表イベントを控えてGoogleのPixel 2 XLがリークか――849ドルで2色との情報

    発表イベントを控えてGoogleのPixel 2 XLがリークか――849ドルで2色との情報

    Googleのビッグ・イベント、Pixel 2のプレス発表は10月4日に予定されている。Droid LifeはPixel 2 Xのものとされるリーク写真を掲載した。カラーバリエーションは黒と白、黒とグレーのツートンで、プロダクト名もPixel 2 XLで公式決定らしい。 続きを読む

  • Essential Phoneが顧客への発送を開始

    Essential Phoneが顧客への発送を開始

    Essential Phoneがついに先週からメディアや批評家の手に到着しはじめ、そして今日(米国時間8/25)からは最初の顧客に発送している。EssentialはこのニュースをTwitterのアカウントから発表し、初期のお客にはメールで追跡情報を送るのでよろしく、と言っている。 続きを読む

  • GoogleのPixelスマートフォン次期バージョンは10月5日にデビューか

    GoogleのPixelスマートフォン次期バージョンは10月5日にデビューか

    GoogleのPixelデバイスの次世代機は1か月+α後に出るかもしれない、と情報多産でしかも正しいことの多いリーク筋、Evan Blassが言っている。そのPixel 2は、最終的な名前が何であれ、QualcommのモバイルSoC Snapdragon 836が載る、とBlassは主張する。そしてこれまでの噂では、外見はPixelスマートフォンの初代機とそっくりだそうだ。 続きを読む

  • Android Oreoのベータを互換機にインストールするのは超簡単、冒険派はシステムイメージからのインストールも

    Android Oreoのベータを互換機にインストールするのは超簡単、冒険派はシステムイメージからのインストールも

    もしもあなたがAndroid Oreoに“飢えていて”(でもそれはビスケットじゃないけどね、もちろん)、しかも、とっても少ない互換機のどれかをお持ちなら、今すぐにでもそれを動かせる。互換機はNexus 5X, Nexus 6P, Pixel, Pixel XL, Pixel C1, Nexus Playerのどれかだ。勇気もすこし要るけど、でも昔ほどのリスクはない。 やることといえば、GoogleのAndroid Beta Programへ行って、手持ちの互換機で使ってるのと同じGoogleアカウントでサインインし、そのデバイスの横の&#… 続きを読む

  • Essential Phoneが予約販売を開始、これまでの登録ユーザーには優先的に早期出荷を約束

    Essential Phoneが予約販売を開始、これまでの登録ユーザーには優先的に早期出荷を約束

    Essential Phoneが、最初の発表よりやや遅れて発売された。Androidの作者Andy Rubinが作った会社からの初めてのスマートフォンを、Essential自身のサイトやBest Buy、そしてSprintで注文できる。いずれの場所でも予約購入のみだが、出荷情報は後日知らされる。でもこれは今のところ、そのデバイスを実際に手にするための最短の方法なのだ。 続きを読む