Fumihiko Shibata

Fumihiko Shibataのピックアップ記事


Fumihiko Shibataの最新記事

  • ARMアーキテクチャMac登場前に知っておきたい、Macと仮想環境との長〜い歴史

    ARMアーキテクチャMac登場前に知っておきたい、Macと仮想環境との長〜い歴史

    ここでは、多岐にわたるMacの仮想環境ソフトウェアの歴史をざっとたどってみる。それが、今後のMac上の仮想環境がどのようなものになっていくのか、考えるヒントになるかもしれない。ただその前に、仮想環境にも大きな影響を与える、これまでのMacのCPUの変遷と、それに対してアップルが提供した施策について確認しておこう。 続きを読む

  • Apple Siliconへの移行のキモとなるUniversal 2とRosetta 2とは何か?

    Apple Siliconへの移行のキモとなるUniversal 2とRosetta 2とは何か?

    MacのCPUをインテルからApple Siliconに乗り換えることは、アップル自身にとってはもちろんのこと、サードパーティのアプリのデベロッパーにとっても、そしてユーザーにとっても、それなりに大事業であり、大きな変化を余儀なくされることがあるのも確かだ。 続きを読む

  • MacにApple Siliconを搭載するアップルの本当の狙い

    MacにApple Siliconを搭載するアップルの本当の狙い

    2020年6月に開催されたアップルのWWDCでは、MacのメインCPUをIntel(インテル)からアップル製のいわゆるApple Siliconにスイッチすることが発表された。それ以来、その方針があたかも金科玉条のように語られ、ずっと以前から運命付けられていたかのような雰囲気さえ漂っている。それこそが実際の製品の発売にかなり先立って、こうした方針転換を発表したアップルの狙いだったことは間違いない。 続きを読む

  • iPhone/iPadアプリは本当にそのままApple Silicon Mac上で動くのか?

    iPhone/iPadアプリは本当にそのままApple Silicon Mac上で動くのか?

    先日のアップルのWWDCのキーノートでは、後半のかなり長い時間を使ってMacが採用することになったアップル独自のCPU「Apple Silicon」に関する発表があった。その中では、ちょっと意外なことも語られた。Apple Siliconを搭載したMac上では、iPhone用やiPad用のアプリが「まったく変更を加えることなくネイティブに」動作するというのだ。 続きを読む

  • 次期macOS Big SurでUI/UXはどう変わるのか?細かすぎて伝わりにくい部分も解説

    次期macOS Big SurでUI/UXはどう変わるのか?細かすぎて伝わりにくい部分も解説

    WWDC20の基調講演では、Mac OS Xの登場以来「デザイン」は最も大きく変化すると説明された。その発表では、アプリや通知センター、ウィジェットの話が中心で、細かいデザインの違いまでははっきりとはわからなかった。ここでは、その後にアップルが公開したHuman Interface Guidelinesの「What’s New in macOS」というページを参照しながら、必要に応じて新旧を比較しつつ、macOSのユーザーインターフェースの個々の要素についてルック&フィールを細かく見ていこう。 続きを読む

  • MacがARMになったら何が起こる?

    MacがARMになったら何が起こる?

    今回は、噂どおりにARMベースのCPUを採用したMacが登場したら、各方面にどのようなインパクトをもたらすのかを考えてみる。各方面というのは、アップル自身、サードパーティのデベロッパー、そして一般のユーザーのことだ。 続きを読む

  • CPUの変遷から見るアップルOSの歴史

    CPUの変遷から見るアップルOSの歴史

    まだまだ油断のならないコロナ禍の中、オンラインで開催される今年のWWDCで、アップルはインテル製ではなく、自社設計のARMプロセッサーを搭載したMacを発表するのではないかという噂が流布されている。 続きを読む

  • macOS mojave登場前にParallels 14をじっくり使ってみた

    macOS mojave登場前にParallels 14をじっくり使ってみた

    毎年、この時期にmacOSの新バージョン登場に先駆けて必ずアップデートを発表するParallelsが、最新版のParallels Desktop 14 for Macを発売中だ。Parallelsは、macOS上でWindowsなど、ほかのOSとそのアプリを実行可能にする、いわゆる仮想化ソフト。ほかにも同様のアプリは存在するが、Parallelsは動作の安定性、速度、UIの完成度などで群を抜いていて、このジャンルのトップランナーと言える。 続きを読む