masumi ohsaki

masumi ohsakiのピックアップ記事


masumi ohsakiの最新記事

  • AIが1秒で契約書をレビューする「LegalForce」が5億円を調達、β版は約3ヶ月で70社が導入

    AIが1秒で契約書をレビューする「LegalForce」が5億円を調達、β版は約3ヶ月で70社が導入

    AIを搭載した契約書レビュー支援サービス「LegalForce」を提供するLegalForceは11月30日、第三者割当増資により約5億円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • “波動”を打ち合う対戦型ARスポーツ「HADO」運営が7.2億円を調達、プロリーグ立ち上げ目指す

    “波動”を打ち合う対戦型ARスポーツ「HADO」運営が7.2億円を調達、プロリーグ立ち上げ目指す

    ユーザーが“波動”を出し合って対戦するARスポーツ「HADO」の開発元であるmeleapは11月29日、複数の投資家を引受先とする第三者割当増資により、総額で7.2億円を調達したことを明らかにしている。 続きを読む

  • AIで求職者の人柄と社風の“相性診断”、「mitsucari」が1.5億円を調達

    AIで求職者の人柄と社風の“相性診断”、「mitsucari」が1.5億円を調達

    AIが企業の社風と応募者の相性を診断する「mitsucari適性検査」や、自分に合った社風の企業がレコメンドされる求人サービス「mitsucari」を運営するミライセルフが総額1.5億円を調達した。 続きを読む

  • 遠隔地のロボットを自分の“分身”にできるTelexistenceが十数億円を調達——エアバスやKDDI系のファンドから

    遠隔地のロボットを自分の“分身”にできるTelexistenceが十数億円を調達——エアバスやKDDI系のファンドから

    Telexistenceは11月28日、Airbus Venturesらを引受先とした第三者割当増資と三菱UFJ銀行からの融資による資金調達を実施したことを明らかにした。 続きを読む

  • 「ITの活用でダンス市場を変えたい」ダンサーが立ち上げたDanceNowが資金調達

    「ITの活用でダンス市場を変えたい」ダンサーが立ち上げたDanceNowが資金調達

    ダンス市場の課題に取り組むDanceNowは11月28日、複数のエンジェル投資家を引受先とする第三者割当増資と金融機関からの融資による資金調達を実施したことを明らかにした。 続きを読む

  • LINEがクレジットスコア領域に参入へ、個人向けローンサービス「LINEポケットマネー」も発表

    LINEがクレジットスコア領域に参入へ、個人向けローンサービス「LINEポケットマネー」も発表

    LINEは11月27日、同日開催のLINE Fintech Conferenceにて個人向けのスコアリングサービス「LINEスコア」と、個人向け無担保ローンサービス「LINEポケットマネー」を発表した。 続きを読む

  • オーディオブック配信のオトバンクが東ガスやニッポン放送ら5社と資本提携、音声コンテンツの浸透目指す

    オーディオブック配信のオトバンクが東ガスやニッポン放送ら5社と資本提携、音声コンテンツの浸透目指す

    オーディオブックの配信サービス「audiobook.jp」を展開するオトバンクは11月27日、5社と資本提携を結んだことを明らかにした。 続きを読む

  • 誰でも先生になれるスキルシェアサービス「ストアカ」が3.8億円を調達

    誰でも先生になれるスキルシェアサービス「ストアカ」が3.8億円を調達

    教えたい人と学びたい人をつなぐ、まなびのマーケットプレイス「ストアカ」。同サービスを展開するストリートアカデミーは11月22日、複数の投資家より総額3.8億円の資金調達を実施したことを明らかにした。 今回同社に出資したのはスパイラル・ベンチャーズ・ジャパン、TBSイノベーション・パートナーズ、モバイル・インターネットキャピタルの各社が運営するファンドとAPAMANグループのグループ会社だ。 続きを読む

  • ラズベリーパイより簡単にIoT電子工作ができる「obniz」が1億円を調達、コンセプトは“ハードウェアのAPI化”

    ラズベリーパイより簡単にIoT電子工作ができる「obniz」が1億円を調達、コンセプトは“ハードウェアのAPI化”

    クラウドサービスと専用の組み込みデバイスによってさまざまな電子部品をインターネット経由で、あらゆるプログラム言語で操作できる「obniz」。同プロダクトを開発するCambrianRoboticsは11月22日、UTECを引受先とする第三者割当増資により約1億円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • “ファンクラブの民主化”目指す「CHIP」が4600万円を調達、開設されたファンクラブ数は2600個に

    “ファンクラブの民主化”目指す「CHIP」が4600万円を調達、開設されたファンクラブ数は2600個に

    ファンクラブ作成アプリ「CHIP(チップ)」を運営するRINACITAは11月21日、East Venturesと複数の個人投資家を引受先とした第三者割当増資により、総額4600万円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • フリマアプリ「Fril」創業者がエンジェル投資の課題解決へ「ANGEL PORT」ローンチ

    フリマアプリ「Fril」創業者がエンジェル投資の課題解決へ「ANGEL PORT」ローンチ

    近年、国内スタートアップの資金調達ニュースに“エンジェル投資家(個人投資家)”の名前を見かけることがグッと増えてきたように、日本でもエンジェル投資が広がり始めている。今回紹介する「ANGEL PORT」はそんなエンジェル投資に関する課題を解決するサービス。立ち上げたのはフリマアプリ「Fril」を創業したメンバーだ。 続きを読む

  • 最短1時間で届く買い物代行サービス「Twidy」が7000万円を調達

    最短1時間で届く買い物代行サービス「Twidy」が7000万円を調達

    地域密着型の買い物代行サービス「Twidy(ツイディ)」を展開するダブルフロンティアは11月20日、東京電力フロンティアパートナーズと澤田ホールディングスを引受先とした第三者割当増資により総額7000万円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • 京大発の“大気計測技術”でドローンの安全運航を支援、メトロウェザーが2.2億円を調達

    京大発の“大気計測技術”でドローンの安全運航を支援、メトロウェザーが2.2億円を調達

    日本郵便が11月7日から福島の一部地域で始めた“ドローンによる郵便局間輸送”が、国内初の目視外飛行ということもあり話題を呼んだ。 近年、物流を始めインフラ点検や測量、農業など人手不足が深刻化する業界においてドローンが注目を集めている。日本郵便のケースでは約9km離れた郵便局間を2kg以内の荷物を積んだドローンが行き来するというものだけれど、従来は人が担っていた役割をドローンと分担する事例が徐々に増えていきそうだ。 このように今後様々な領域でドローンが活躍していくことを見据えた際、大前提となるのが「ドローンが安全に運… 続きを読む

  • 千葉大発ドローンスタートアップのACSLがマザーズ上場へ

    千葉大発ドローンスタートアップのACSLがマザーズ上場へ

    千葉大学発のドローンスタートアップである自律制御システム研究所(ACSL)は11月16日、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場を申請し承認された。上場予定日は12月21日。 続きを読む

  • “トラクターのナビアプリ”で農家を支える農業情報設計社が2億円を調達、自動操舵システムも開発中

    “トラクターのナビアプリ”で農家を支える農業情報設計社が2億円を調達、自動操舵システムも開発中

    トラクターの運転支援アプリを始め、農業におけるICT技術の活用や農業機械の自動化・IT化に関する研究開発に取り組む農業情報設計。同社は11月16日、農林漁業成長産業化支援機構、ドローンファンド(1号・2号両ファンドから)、DGインキュベーション、D2 Garage、住友商事を引受先とした第三者割当増資により総額2億円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • 不動産の“時間貸し”当たり前にーースペースマーケットが東京建物とタッグ、VCらからの調達も

    不動産の“時間貸し”当たり前にーースペースマーケットが東京建物とタッグ、VCらからの調達も

    スペースマーケットは11月16日、東京建物と資本業務提携を締結したことを明らかにした。合わせてXTech Ventures、オプトベンチャーズ、みずほキャピタル、千葉功太郎氏を引受先とした第三者割当増資を実施したことも明かしている。 続きを読む

  • “営業リスト作り”を変革する企業情報DBのBaseconnectが4.3億円調達、半年で約5000社が導入

    “営業リスト作り”を変革する企業情報DBのBaseconnectが4.3億円調達、半年で約5000社が導入

    法人営業のリスト作りなどに活用できる企業情報データベース「Baseconnect LIST」を開発するBaseconnectは11月16日、複数の投資家を引受先とした第三者割当増資と金融機関からの融資により、総額4.3億円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • グノシーから“スポーツ特化”の情報アプリ登場、今後もバーティカル領域のサービス拡充へ

    グノシーから“スポーツ特化”の情報アプリ登場、今後もバーティカル領域のサービス拡充へ

    ニュースアプリ「グノシー」を軸に、KDDIと共同開発する「ニュースパス」や女性向け情報アプリの「LUCRA(ルクラ)」など複数の切り口の情報メディアを展開するGunosy。同社は今後、特定の領域に特化したバーティカルアプリを増やしていく計画だ。 Gunosyは11月15日、その第一弾としてスポーツ特化の情報アプリ「グノシースポーツ」のiOS版を今月末より提供すると明らかにした。 続きを読む

  • オウチーノ運営のくふうカンパニー、家計簿アプリZaimを子会社化へ

    オウチーノ運営のくふうカンパニー、家計簿アプリZaimを子会社化へ

    オウチーノとみんなのウェディングとの共同持株会社として10月に設立された、くふうカンパニー。同グループに今後、家計簿サービス「Zaim」運営元のZaimも加わることになるようだ。 くふうカンパニーは11月13日、Zaimの株式取得に関する基本合意書を締結する決議をしたことを明らかにした。Zaimの発行済株式920株のうち470株を既存株主から取得する計画で、これによってZaimはくふうカンパニーの子会社となる。取得金額に関しては非公開だ。 続きを読む

  • LINE上で収支管理ができる「LINE家計簿」がローンチ

    LINE上で収支管理ができる「LINE家計簿」がローンチ

    最近は保険や資産運用など“お金”に関するサービスに次々と着手しているLINE。その同社が次に取り組むのは家庭の資産管理、つまり“家計簿”だ。 LINE Payは11月13日、「LINE」アプリ上から利用できる家計簿・資産管理サービス「LINE家計簿」をローンチしたことを明らかにした(ローンチ日は12日)。 続きを読む