Nozomi Okuma

Nozomi Okumaのピックアップ記事


Nozomi Okumaの最新記事

  • スマート乾電池「Mabeee」の開発元が1億円を調達、小型省電力デバイスでB2B事業に注力

    スマート乾電池「Mabeee」の開発元が1億円を調達、小型省電力デバイスでB2B事業に注力

    ノバルスは、乾電池をスマートにするIoT端末「Mabeee(マビー)」を開発している。本日、ノバルスはニッセイ・キャピタルを引受先として1億円を調達した。 Mabeeeは単3電池型の端末で、単4電池を中に入れ、スマホアプリと連携して使う。例えばプラレールにMabeeeを装着すると、アプリで電車のオンオフを切り替えたり、走行スピードを変えたりできるようになる。 続きを読む

  • 音楽メディア「block.fm」創業のm-flo☆Taku氏が考える分散型メディアの理想形

    音楽メディア「block.fm」創業のm-flo☆Taku氏が考える分散型メディアの理想形

    block.fmは、音楽グループm-floの☆Taku氏が手がけるダンスミュージックに特化したメディアだ。block.fmは2011年11月に設立し、アーティストやDJによるラジオ番組の他、記事や動画コンテンツを配信している。2017年8月24日にサービスの全面リニューアルと共に、個人投資家より5000万円の資金調達を行なったことを発表した。そして本日、block.fmはSpotifyと協力し、Spotifyでのオフィシャルコラボプレイリスト「Hangover Detox」を開設し、9月3日から配信を開始すると伝えた。 今回TechCru… 続きを読む

  • ホームセキュリティー提供のSecualがLIXILに続き、NHN CAPITALより資金調達

    ホームセキュリティー提供のSecualがLIXILに続き、NHN CAPITALより資金調達

    Secual(セキュアル)は工事なしで窓やドアに取り付けるIoT端末を使ったホームセキュリティーサービスを提供している。Secualは本日、NHN CAPITALより第三者割当増資を実施した。調達金額は非公開。 Secualを利用するには、窓やドアに専用の「センサー」を貼り付け、「ゲートウェイ」端末とスマホアプリとを連携する。セキュリティーをオンにしている時にセンサーが窓やドアの開閉や衝撃を検知するとゲートウェイからアラームが鳴り、アプリにも通知を届ける仕組みだ。 続きを読む

  • ぴったりの建築家やリノベ業者を探せるSUVACOが1億8000万円を調達

    ぴったりの建築家やリノベ業者を探せるSUVACOが1億8000万円を調達

    理想通りの家を作るためには、それを実現できる建築家やリノベーション会社を見つける必要があるだろう。SUVACOは注文住宅やリノーベションを依頼したい施工主と住宅のプロを結びつけるマッチングサイトを提供している。 本日、SUVACOは中部日本放送(CBC)、モバイル・インターネットキャピタルが運営するファンドから総額1億8000万円の第三者割当増資を実施した。 続きを読む

  • ファッションの着回し提案アプリ「クローゼット」運営元が1.8億円を調達

    ファッションの着回し提案アプリ「クローゼット」運営元が1.8億円を調達

    頻繁に会う同級生や同僚に毎日同じ服を着ていると思われたくないと思う女性は多いだろう。同じトップスを着るにとしても、合わせるボトムスや小物を変えて、様々なバリエーションを作る「着回し力」が大事になるが、毎朝新しい洋服のコーデを考えるのは負担だ。 STANDING OVATIONが提供するクローゼットアプリ「XZ(クローゼット)」は、ユーザーが互いに着回しアイデアを共有できるようにすることでこの悩みを解決しようとしている。 続きを読む

  • デジタル製造プラットフォーム運営のカブクが13億円超で双葉電子工業に買収

    デジタル製造プラットフォーム運営のカブクが13億円超で双葉電子工業に買収

    3Dプリントプロダクトマーケットプレイス「Rinkak」などを運営するカブクは本日、双葉電子工業の連結子会社となることを発表した。8月25日に、双葉電子工業がカブクの発行済株式を取得する株式譲渡契約を締結し、9月上旬を目処に連結子会社となる予定だ。取得価額は13億5500万円だ。 続きを読む

  • スタートアップのみなさま、「TechCrunch Tokyo 2017」にブースを出展しませんか?

    スタートアップのみなさま、「TechCrunch Tokyo 2017」にブースを出展しませんか?

    11月16日と17日に渋谷ヒカリエでスタートアップイベント「TechCrunch Tokyo 2017」を開催する。ヒカリエのメインホールでは、今年注目のスタートアップによるピッチコンテスト「スタートアップバトル」や海外や国内の起業家を迎えたセッションを予定している。 続きを読む

  • クラウド会計のマネーフォワードが9月29日にマザーズ上場へ

    クラウド会計のマネーフォワードが9月29日にマザーズ上場へ

    家計簿アプリなどを提供するマネーフォワードは本日、マザーズへの上場が承認されたことを発表した。上場日は9月29日だ。 マネーフォワードは個人と企業向けにいくつかのサービスを展開している。個人向けには銀行、クレジットカード、証券会社、ポイントなどの口座のデータをまとめる自動家計簿サービス「マネーフォワード」を提供している。法人向けには「MFクラウドシリーズ」としてバックオフィス業務の自動化、効率化するMFクラウド会計、MFクラウド確定申告といったSaaSサービスを提供している。 続きを読む

  • マニュアル作成サービス「Teachme Biz」運営が9000万円を調達、シリーズB調達額は3.3億円に

    マニュアル作成サービス「Teachme Biz」運営が9000万円を調達、シリーズB調達額は3.3億円に

    スタディストは、写真や説明文を追加するだけで簡単に業務マニュアルが作成できるクラウド型マニュアル作成・共有プラットフォーム「Teachme Biz」を提供している。本日スタディストは記者会見を実施し、ちばぎんキャピタル、横浜キャピタル、三井住友海上キャピタルを引受先とし、総額約9000万円の資金調達を発表した。同時に千葉銀行と四国銀行との業務提携も発表している。 続きを読む

  • 楽天が米スタートアップと組んで、ドローン空域管制プラットフォーム「楽天AirMap」をローンチ

    楽天が米スタートアップと組んで、ドローン空域管制プラットフォーム「楽天AirMap」をローンチ

    空港の管制官は、航空機が他の機体などに接近、衝突しないようパイロットに指示を出し、空の安全を守っている。楽天AirMapでは、ドローンの飛行においても空港の管制官と同じように空の安全を守るシステムを提供したい考えだ。本日楽天AirMapは、ドローンが安全に飛行するためのUTM(無人航空機管制)プラットフォームの提供を開始した。 続きを読む

  • 全ゲノムのサービスプラットフォーム「GENOMIC EXPLORER」が正式ローンチ、運営元は5000万円を調達

    全ゲノムのサービスプラットフォーム「GENOMIC EXPLORER」が正式ローンチ、運営元は5000万円を調達

    ゲノムスタートアップのAWAKENSは8月21日、総額約5000万円の資金調達を実施した。今回のエンジェルラウンドに参加したのは500 Startups Japan、エムスリー、日本医療機器開発機構、エンジェル投資家の鎌田富久氏、西野恒五郎氏(マーソ代表取締役)、北野 宏明氏(ソニーコンピュータサイエンス研究所代表取締役社長兼所長)、その他複数の個人投資家だ。 続きを読む

  • Kickstarter Japan、正式ローンチは9月13日と発表

    Kickstarter Japan、正式ローンチは9月13日と発表

    2017年5月、TechCrunch Japanでクラウドファンディングサービスの先駆けであるKickstarterが年内にも日本でローンチを予定していると伝えたが、ついにローンチ日が決まったようだ。本日Kickstarterは、9月13日にKickstarter Japanを正式ローンチすると発表した。 続きを読む

  • 北京発のシェアリング自転車「Mobike」――日本での初ローンチ都市は札幌

    北京発のシェアリング自転車「Mobike」――日本での初ローンチ都市は札幌

    2017年6月、北京発の自転車シェアリングサービス「Mobike(モバイク)」は福岡県福岡市に日本法人となるモバイク・ジャパン株式会社を設立した。ただ、モバイクが日本で最初にサービスローンチする場所に選んだのは福岡ではなく、札幌だ。 続きを読む

  • 学生にこそスタートアップを知ってほしい――TechCrunch Tokyo 2017「学割チケット」販売中

    学生にこそスタートアップを知ってほしい――TechCrunch Tokyo 2017「学割チケット」販売中

    今年も11月16日、17日に渋谷ヒカリエでスタートアップイベント「TechCrunch Tokyo 2017」を開催する。TechCrunch Tokyoには起業家志望の学生やスタートアップに関心のある学生にもたくさん参加してほしいと考えている。 続きを読む

  • DeNAのファッションメディア「MERY」が年内復活へ――小学館と共同出資会社を設立

    DeNAのファッションメディア「MERY」が年内復活へ――小学館と共同出資会社を設立

    休眠していたDeNAの女性向けファッションキュレーションメディア「MERY」がついに復活するようだ。本日、DeNAは小学館との共同出資会社、株式会社MERYを2017年8月8日に設立することを発表した。株式会社MERYでは運営体制を刷新し、新しく女性向けファッション情報を提供するデジタルメディア「MERY」を提供するという。株式会社MERYの資本金は6億5万円、出資比率は小学館66.66%、DeNA33.34%だ。 続きを読む

  • 着るだけモーショントラッキング、東大発の「e-skin」がKickstarterキャンペーンを開始

    着るだけモーショントラッキング、東大発の「e-skin」がKickstarterキャンペーンを開始

    VRゲームというと手に持っているコントローラーでユーザーの動きを把握するイメージがあるが、Xenomaが開発するのはユーザーが着用して動きを取り込むスマートアパレル「e-skin」だ。本日Xenomaはe-skinを個人開発者向けにも提供するため、Kickstarterでのキャンペーンを開始した。 続きを読む

  • TechCrunch Tokyo 2017――お得な「超早割チケット」の販売を開始しました

    TechCrunch Tokyo 2017――お得な「超早割チケット」の販売を開始しました

    先日お伝えした通り、今年も11月16日(木)と17日(金)にテック・イベント「TechCrunch Tokyo 2017」を渋谷ヒカリエで開催する予定だ。イベント自体はまだ数ヶ月先なのだけれど、昨日よりチケット販売を開始した。少し気が早いが、その分お得になっているので、ぜひ検討してみてほしい。 続きを読む

  • 心拍や呼吸数を計るタンクトップ「hamon」を制作、ミツフジが総額30億円を調達

    心拍や呼吸数を計るタンクトップ「hamon」を制作、ミツフジが総額30億円を調達

    スマートウォッチなど腕に着けるタイプのウェアラブルデバイスは数多くあるが、京都に拠点を置くミツフジが手がけるのは衣服と同じように着用できるタイプのウェアラブルIoT製品だ。本日ミツフジは第三者割当増資と融資により、総額30億円の資金調達を実施した。引受先はカジナイロン、電通、前田建設工業、南都銀行、京銀輝く未来応援ファンド投資事業有限責任組合、三菱UFJキャピタルと他数社が含まれている。 続きを読む

  • ネットの人気動画が一気に見れるアプリ「ViMET」、運営元が総額7000万円を調達

    ネットの人気動画が一気に見れるアプリ「ViMET」、運営元が総額7000万円を調達

    「ViMET(ビメット)」はYouTubeとTwitteから収集した人気動画を視聴できるiOSアプリだ。ViMETを運営するEMET Creationは、本日総額7000万円の第三者割当増資を実施した。引受先はEast Ventures、傳田アソシエイツ代表取締役社長の傳田信行氏、SHIFT代表取締役社長の丹下大氏、その他個人投資家が参加している。 続きを読む

  • LINEで出前を注文できる「LINEデリマ」がローンチ——ピザーラや銀のさらなど全国1万4000店に対応

    LINEで出前を注文できる「LINEデリマ」がローンチ——ピザーラや銀のさらなど全国1万4000店に対応

    アプリから簡単に食事のデリバリーができるサービスにはUberEATSなどがあるが、LINEも料理のデリバリーサービスを強化する考えのようだ。LINEは本日記者会見を行い、LINEから料理が注文できるデリバリーサービス「LINEデリマ」を発表した。 LINEデリマは独立したアプリではなく、LINEのアプリ内から利用できるサービスだ。LINEアプリの「その他」から「LINEデリマ」を選択してアクセスできる。 続きを読む