Takuya Kimura

Takuya Kimuraのピックアップ記事


Takuya Kimuraの最新記事

  • サッカーW杯がいよいよ開幕、試合をちょっと盛り上げてくれるサービスを紹介

    サッカーW杯がいよいよ開幕、試合をちょっと盛り上げてくれるサービスを紹介

    いよいよサッカーW杯が開催した。これから7月15日までの約1ヶ月間、サッカー好きの人もそうでない人も、ワールドカップ開催中のあの独特な雰囲気を楽しめることだろう。そのワールドカップをさらに盛り上げてくれるサービスが2つあるので紹介しておこう。 続きを読む

  • 日本の民泊が動き出すーーAirbnbが日本企業36社とともにグループ初のパートナーシップ開始

    日本の民泊が動き出すーーAirbnbが日本企業36社とともにグループ初のパートナーシップ開始

    いよいよ明日6月15日に住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行される。日本の観光産業にとって節目となる日だ。そんな中、民泊分野のメインプレイヤーとも言えるAirbnbが新たなパートナーシップ制度を発表した。 Airbnbは6月14日、日本企業36社と手を組み、パートナーシップ制度「Airbnb Partners」を立ち上げると発表した。このパートナーシップ制度は、グローバル組織であるAirbnbとしても初の取り組みとなる。同社はこの発表に合わせて記者会見を開催。Airbnb共同創業者のNathan Blecharczyk氏とAirbnb Japan… 続きを読む

  • Webサイト上で3Dキャラクターが動き回るーーVRizeがインタラクティブ3DCG広告を配信開始

    Webサイト上で3Dキャラクターが動き回るーーVRizeがインタラクティブ3DCG広告を配信開始

    TechCrunch Japanのサイトに恐竜が降ってきて、記事の上を歩き回る。恐竜もTCも大好きな僕にとって、この体験は非常にエキサイティングなものだった。 VRアプリの開発やVR特化のアドネットワークの運用を手がけるVRizeは6月14日、Web上でインタラクティブな3DCGを広告配信する「3D AD」をローンチした。3D ADでは、モバイル端末のタップやスクロール、傾きといった操作に合わせて3DCGキャラクターが反応する。PCのスクロール操作にも対応可能だ。読者のみなさんが3D ADを体験できるデモサイト(スマホ専用)を用意してもらったの… 続きを読む

  • 今年もやるぞ!スタートアップの祭典「TechCrunch Tokyo」開催は11月15〜16日

    今年もやるぞ!スタートアップの祭典「TechCrunch Tokyo」開催は11月15〜16日

    スタートアップの祭典「TechCrunch Tokyo」の開催日が決定したのでお知らせしたい(チケットはまだ発売していない)。日程は11月15日と16日の2日間。会場は昨年と同じく渋谷のヒカリエだ。TechCrunch Tokyoは今年で通算8回目の開催で、昨年は約2500人が参加した国内最大級のスタートアップイベントだ。 この記事を読んでいる人の中にはまだTechCrunch Tokyoに参加したことがない人もいるだろうから、簡単にイベントの内容を説明しておこう。 国内外から業界のキーパーソンを招待 TechCrunch Tokyoでは、国内外の… 続きを読む

  • 英語教師からリフォームまで、プロと依頼主をつなげる集客プラットフォームのZehitomoが4億円調達

    英語教師からリフォームまで、プロと依頼主をつなげる集客プラットフォームのZehitomoが4億円調達

    個人事業主やスモールビジネス向け集客プラットフォーム「Zehitomo」を提供するZehitomoは6月12日、500 Startups Japan、KLab Venture Partners、Draper Nexus Ventures、ベクトル、みずほキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、Social Starts、および複数の個人投資家から約4億円を調達したと発表した。 Zehitomoは、カメラマンや英語教師などの個人事業主を含むSMBと、仕事を依頼したいユーザーをつなげる集客プラットフォームだ。結婚式の写真を撮ってもらいたい、英語を教えて… 続きを読む

  • LINEが新サービスーー1分100円で恋愛やダイエットをチャットで相談できる「トークCARE」

    LINEが新サービスーー1分100円で恋愛やダイエットをチャットで相談できる「トークCARE」

    先日、TechCrunch Japanではチャットで旅行先を相談できるというサービスを紹介したばかりだけれど、恋愛やダイエットに関する相談も気軽にチャットできるようになったみたいだ。LINEは6月11日、女性が抱える悩みを専門家にチャットで相談できるサービス「トークCARE」をローンチした。 続きを読む

  • Airbnbが未認可物件に対する宿泊予約をキャンセル、そして「ズボラ旅」は“救済宣言”

    Airbnbが未認可物件に対する宿泊予約をキャンセル、そして「ズボラ旅」は“救済宣言”

    民泊予約サービスのAirbnbは6月7日、自治体への届け出が完了していない宿泊先びついて、6月15〜19日にチェックイン予定だった予約分をAirbnb側でキャンセル処理すると発表した。 続きを読む

  • クラウド契約サービス「Holmes」がMF KESSAIなどと連携ーー契約書に関わる“すべて”を楽に

    クラウド契約サービス「Holmes」がMF KESSAIなどと連携ーー契約書に関わる“すべて”を楽に

    契約書の作成から管理までを一括サポートするクラウドサービス「Holmes(ホームズ)」。同サービスを提供するリグシーは6月7日、電子署名サービスの「ドキュサイン」、およびマネーフォワードグループの「MF KESSAI」とのサービス連携を発表した。同サービスはこれにより、単なる契約書のクラウド作成サービスからの脱却を目指すという。 続きを読む

  • 日本語版:WWDC関連記事まとめ

    日本語版:WWDC関連記事まとめ

    米国時間6月4日から開催されているWWDC。Appleが手がける毎年恒例の注目イベントだ。TechCrunchでも同イベントを取り上げた記事を続々と公開している。日本語で書かれたWWDC関連記事を以下にまとめたので、ぜひ活用してもらいたい。 続きを読む

  • 駿台グループ、オンライン家庭教師サービス「manabo」を買収

    駿台グループ、オンライン家庭教師サービス「manabo」を買収

    駿台グループのSATTは6月6日、スマホとタブレットを使った家庭教師サービス「manabo」を提供するマナボの全株式を取得したと発表した。買収金額は非公開。manaboは今後、独立した経営体制のまま駿台グループの一員となる。 続きを読む

  • DMM.comがクルマの即時買い取りサービス開始、3枚の写真ですぐに現金化

    DMM.comがクルマの即時買い取りサービス開始、3枚の写真ですぐに現金化

    仮想通貨から競走馬のシェアまで、幅広い領域で事業を展開するDMM.comグループ。次に彼らが手がけるのは、クルマの即時買い取りサービスだ。DMM.comは6月5日、クルマの写真を撮るだけで簡単にクルマの査定と売却ができる「DMM AUTO」のサービス開始を発表した。 続きを読む

  • 元みんなのウェディング社長の飯尾氏、再び表舞台へーー辞任から新サービス立ち上げまでの空白の4年を語る

    元みんなのウェディング社長の飯尾氏、再び表舞台へーー辞任から新サービス立ち上げまでの空白の4年を語る

    先日オウチーノとの経営統合を発表したみんなのウェディング。同社では東証マザーズ上場直後の2014年9月期に実態を伴わない売上が計上されていたことが明らかになり、当時、代表取締役だった飯尾慶介氏は、同年12月に代表取締役を引責辞任している。 売上計上があったのはBridal事業本部。従業員の親族のウェディングを施行したとして1200万円が計上されていたものの、そのウェディングは実際には行われておらず、飯尾氏らの指示でBridal事業のプロモーション映像を撮影したものだった。売上の入金は飯尾氏の個人資金から行われていた。 ほぼ4年前の出来事を… 続きを読む

  • 田舎に移住したい人と、移住してほしい地域をつなげる「SMOUT」リリース、運営は鎌倉のカヤックLiving

    田舎に移住したい人と、移住してほしい地域をつなげる「SMOUT」リリース、運営は鎌倉のカヤックLiving

    Googleで「田舎 移住」と調べると、数えきれないほどの情報サイトやブログが表示される。それだけ、毎日の満員電車から解放されてのびのびと暮らしたいという人が多いのだろう。カヤックのグループ会社で、本社を神奈川県鎌倉におく“田舎のインターネット企業”であるカヤックLivingが本日発表したサービスは、そんな人たちの願いを実現する手助けをしてくれる。 カヤックLivingは6月4日、移住したい人と移住してほしい地域をつなげる「SMOUT」のリリースを発表した。SMOUT、移住したい人が自分の興味や得意分野といったプロ… 続きを読む

  • 「十分まわる組織になった」ーーAnyPayが新体制を発表、木村氏は取締役会長として投資事業に専念

    「十分まわる組織になった」ーーAnyPayが新体制を発表、木村氏は取締役会長として投資事業に専念

    わりかんアプリの「paymo」などを提供するAnyPayは6月1日、経営体制の変更を発表した。現代表取締役社長の木村新司氏は新たに取締役会長に就任し、現取締役COOの大野紗和子氏とペイメント事業責任者の井上貴文氏の2名がともに代表取締役へと就任する。 「既存事業は安定し、十分まわる組織になった」と話す木村氏は今後、シンガポールを拠点として投資事業に注力するという。一方で、大野氏はブロックチェーン領域と新規事業の創出を、井上氏は既存のペイメント事業をそれぞれ管轄するという。 続きを読む

  • AI特化型インキュベーターのディープコアが60億円ファンドを設立へ、LPには親会社のソフトバンクも

    AI特化型インキュベーターのディープコアが60億円ファンドを設立へ、LPには親会社のソフトバンクも

    AI特化型インキュベーターであるディープコアは5月31日、シード・アーリー期のスタートアップ投資を目的としたファンド「DEEPCORE TOKYO」を設立したと発表した。同社が目標とするファンド規模は総額60億円だ。 設立時にも紹介したディープコアは、主にディープラーニングを中心とするAI領域でビジネスを行うスタートアップを対象としたインキュベーターだ。同社は2018年夏に東京の本郷にコワーキングスペース「KERNEL HONGO」をオープンする予定となっている。 続きを読む

  • 「僕には必勝パターンがある」、gumiがブロックチェーン特化の30億円ファンド設立

    「僕には必勝パターンがある」、gumiがブロックチェーン特化の30億円ファンド設立

    スマホゲームの開発などを行うgumiは5月30日、仮想通貨およびブロックチェーン技術に特化した投資ファンド「gumi Cryptos」を設立すると発表した。ファンド規模は3000万ドル、日本円にして約30億円だ。 続きを読む

  • 誰でも3ステップでWebページが作れる「OnePage」がリリース、「Wovn.io」や「formrun」との連携も

    誰でも3ステップでWebページが作れる「OnePage」がリリース、「Wovn.io」や「formrun」との連携も

    イベントの開催、新サービスの発表、セミナーの参加者募集などのためにWebページを作成したいが、時間もないし予算も限られている。そんな時に利用できるのが、ベーシックが5月29日に発表した新サービスの「OnePage(ワンページ)」だ。 OnePageの利用に必要なのは3ステップだけ。ページの新規追加ボタンを押し、例えばセミナー募集など、Webページの利用シーンを選択する。あとは、その利用シーンごとに用意された全20種のデザインの中から好みのものを選択するだけでいい。ユーザーがHTMLやCSSを理解している必要はないし、サーバーも不要だ。… 続きを読む

  • マネーフォワード、2018年内に仮想通貨取引所を開設

    マネーフォワード、2018年内に仮想通貨取引所を開設

    家計簿アプリなどを開発するマネーフォワードは5月23日、金融機関とテクノロジーの融合をテーマにした「Fintech&マーケティングフォーラム2018」を開催。同社はそのクロージングセッションにおいて、ブロックチェーン領域のビジネスを行う新会社を設立したと発表した。 新会社名は「マネーフォワードフィナンシャル(以下、MFフィナンシャル)」。MFフィナンシャルでは、2018年よりブロックチェーン・関するメディアを開始するほか、2018年内に仮想通貨交換所の開設を目指す。また、時期は未定であるものの、将来的に仮想通貨の送金・決済プラッ… 続きを読む

  • 100通りの処方の中から1本ずつ手作り、“パーソナライズシャンプー”の「MEDULLA」登場

    100通りの処方の中から1本ずつ手作り、“パーソナライズシャンプー”の「MEDULLA」登場

    Spartyは5月22日、女性向けの定期通販ブランド「MEDULLA(メデュラ)」からユーザーの髪質に合せてカスタマイズしたパーソナライズシャンプーとコンディショナーの発売を開始すると発表した。 MEDULLAは、公式サイトで自分の髪質、なりたい髪、香りの好みなど7つの質問に答えるだけで、自分に合ったシャンプーを届けてくれるサービスだ。質問の答えによって100以上の処方の中から1つのブレンドを見つけ、専門のラボで1本づつ手作りでシャンプーを製造するという。シャンプーとコンディショナーは2本セット(約2ヶ月分)で6800円だ。 続きを読む

  • まるで“お菓子版Netflix”、サブスク型スナックBOXのsnaq.meが本格的なパーソナライズに舵取り

    まるで“お菓子版Netflix”、サブスク型スナックBOXのsnaq.meが本格的なパーソナライズに舵取り

    映画、クルマ、家具、オーディオブックなど、さまざまプロダクトを対象としたサブスクリプションビジネスがここ数年間で多く生まれている。大人から子どもまで、みんなが大好きなお菓子だって、その例外ではない。 スナックミーが提供するsnaq.meは、4週間または2週間に1回、8種類のお菓子を詰め込んだスナックBOXを自宅まで届けてくれるサービスだ。お菓子のバラエティは全170種類。組み合わせは1800億通り以上もあり、毎回少し違ったスナックBOXが届くので長期間サービスを利用し続けていても飽きることはないだろう。 続きを読む