Wakako Mukohata

Wakako Mukohataのピックアップ記事


Wakako Mukohataの最新記事

  • 位置情報からライフスタイルを推測して広告を配信するジオロジックが1億円を資金調達

    位置情報からライフスタイルを推測して広告を配信するジオロジックが1億円を資金調達

    位置情報データをもとにした広告配信サービスなどを提供するジオロジックは6月22日、総額約1億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。引受先はGenesia Ventures、LINE子会社のLINE Venturesが運用するファンド、東急エージェンシーの各社・ファンド。ジオロジックにとって今回の資金調達はシリーズAラウンドに当たる。 ジオロジックが提供するアドネットワーク「GeoLogic Ad(ジオロジック・アド)」は、スマートフォンユーザーの行動を解析することで、ライフスタイルや興味などを推定して広告を配信するサービスだ。 「今近くに… 続きを読む

  • BtoBエンジニアプラットフォームを運営するメイプルシステムズが1.4億円調達、間接部門向け新サービスも

    BtoBエンジニアプラットフォームを運営するメイプルシステムズが1.4億円調達、間接部門向け新サービスも

    客先常駐型のシステムエンジニアリングサービス(SES)業界向けに、エンジニア管理のプラットフォーム「PRO-SESS」を提供するメイプルシステムズは6月20日、第三者割当増資と金融機関借り入れにより総額約1億4000万円の資金調達を実施したことを明らかにした。第三者割当増資の引受先はベクトル、エボラブルアジア、オークファン、Orchestra Investmentと個人投資家の高野秀敏氏。今回の資金調達は2017年8月に実施した総額1億円の調達に続くものとなる。 またメイプルシステムズでは同時に、PRO-SESSで提供してきた機能の一部を… 続きを読む

  • 自然に会話できるAI開発のSELFが東京理科大VCとエイベックスから2.5億円を調達

    自然に会話できるAI開発のSELFが東京理科大VCとエイベックスから2.5億円を調達

    対話型AI開発を行うスタートアップのSELFは6月18日、東京理科大学ベンチャーファンドとエイベックスを引受先とした第三者割当増資により、2億5000万円の資金調達を実施したことを明らかにした。 SELFが開発するのは、自動で理解と推測を行い、自然な会話を進めることができるAI会話エンジンだ。 続きを読む

  • スキャンで人間を判別、周囲を把握して動く自律移動型ロボット開発のSEQSENSEが10億円調達

    スキャンで人間を判別、周囲を把握して動く自律移動型ロボット開発のSEQSENSEが10億円調達

    自律移動型ロボットを開発するスタートアップのSEQSENSE(シークセンス)は6月15日、三菱地所、TIS、およびJAFCOが運営するファンドを引受先とする総額約10億円の第三者割当増資を実施したことを明らかにした。 続きを読む

  • 真っ暗闇でカラー撮影ができる暗視カメラ開発のナノルクスが約2億1600万円を資金調達

    真っ暗闇でカラー撮影ができる暗視カメラ開発のナノルクスが約2億1600万円を資金調達

    全く光が入らない暗闇でもカラー撮影ができる「赤外線カラー暗視技術」を持つナノルクスは6月13日、総額2億1592万円を資金調達したことを発表した。第三者割当増資の引受先は、Samsung Venture Investment、日本ベンチャーキャピタル、フリーバンクときらぼし銀行が組成したTokIめき応援1号ファンド、筑波銀行グループの筑波総研の各社およびファンド。 今回の調達は2017年5月に実施した、ASUSおよび筑波銀行グループからの約1.3億円の調達に続くもので、ナノルクスにとってシリーズAラウンドにあたる。 ナノルクスの暗視技術は産業… 続きを読む

  • 外国人が自国語で医師に相談できる「UrDoc」、7月公開を前に医師向けアプリのベータ版を公開

    外国人が自国語で医師に相談できる「UrDoc」、7月公開を前に医師向けアプリのベータ版を公開

    TechCrunch読者の中には、海外で体調が悪くなったり、けがをしたりして不安になった経験をお持ちの方も多いのではないだろうか。症状や自分の状態を外国語で伝えるのはなかなか難しいことだ。それは海外から日本に来た、日本語に通じていない人も同じこと。「UrDoc(ユアドク)」は日本に滞在する外国人が急な体調不良やけがに見舞われたとき、アプリを通じて自分が慣れ親しんだ言語で医師に相談できるサービスだ。 続きを読む

  • 古い家電もスマート化するIoTリモコン「Nature Remo」に低価格モデルが登場

    古い家電もスマート化するIoTリモコン「Nature Remo」に低価格モデルが登場

    家電をインターネットに接続してスマホアプリ経由で操作できる、Natureのスマートリモコン「Nature Remo(ネイチャー リモ)」。その機能を絞って価格を抑えた「Nature Remo mini(ネイチャー リモ ミニ)」が発表された。6月11日より予約受付を開始、正式発売は6月下旬〜7月上旬を予定している。 続きを読む

  • 介護施設探しを時短&最適化、介護・福祉の専門家が作った「KURASERU」運営が5000万円を資金調達

    介護施設探しを時短&最適化、介護・福祉の専門家が作った「KURASERU」運営が5000万円を資金調達

    医療ソーシャルワーカーという職業をご存じだろうか。病院や診療所などの医療機関で、患者や家族の抱える経済的・身体的・社会的な問題に対し、社会福祉の立場から解決や調整をサポートする専門職だ。 医療ソーシャルワーカーの仕事は、療養中の心理的・社会的問題の解決、調整援助や患者の社会復帰の援助など、厚生労働省により6つの業務範囲が指針として示されている。そのうちの1つが「退院援助」である。 続きを読む

  • 日本のよいものを定期購入でアジアへ——越境EC支援のアジアンブリッジが3億円を資金調達

    日本のよいものを定期購入でアジアへ——越境EC支援のアジアンブリッジが3億円を資金調達

    日本の商品を台湾・ASEAN諸国に販売したい企業へ越境EC支援を行うアジアンブリッジは6月5日、ニッセイ・キャピタルと事業会社1社から総額3億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。今回の資金調達は同社にとって外部からの初めての調達で、シリーズAラウンドにあたる。 続きを読む

  • 不眠症治療用アプリ開発のサスメドが7.2億円を資金調達——医療機器としての承認目指し、治験開始へ

    不眠症治療用アプリ開発のサスメドが7.2億円を資金調達——医療機器としての承認目指し、治験開始へ

    医療機器として不眠症治療用アプリの研究開発を行うヘルステックスタートアップのサスメドは6月4日、総額7.2億円の第三者割当増資を実施したと発表した。引受先は既存株主のBeyond Next Venturesに加え、SBIインベストメント、第一生命保険、エムスリー、Sony Innovation Fund、東京センチュリーの各社。 続きを読む

  • 古着ファンメディア「古着女子」運営のyutoriが元エウレカ赤坂氏らからエンジェルラウンドで資金調達

    古着ファンメディア「古着女子」運営のyutoriが元エウレカ赤坂氏らからエンジェルラウンドで資金調達

    古着情報メディア「古着女子」を運営するyutoriは5月30日、エウレカ創業者の赤坂優氏、クラウドワークス元CFOの佐々木翔平氏、フリークアウト・ホールディングス代表取締役社長の佐藤裕介氏から、エンジェルラウンドで資金調達を実施することを明らかにした。調達金額は公開されていない。 続きを読む

  • 副業ヘッドハンティングのSCOUTERが人材紹介会社向けサービス「SARDINE」を提供開始

    副業ヘッドハンティングのSCOUTERが人材紹介会社向けサービス「SARDINE」を提供開始

    個人が副業で、知人や友人などの身近な転職希望者を企業に紹介して報酬を得られる——ソーシャルヘッドハンティングサービス「SCOUTER」はユーザーが人材エージェントとして登録する、というちょっと変わった切り口の人材紹介サービスだ。このサービスを運営するSCOUTERが5月29日、個人ではなく人材紹介会社が求人情報を利用できる、月額制の法人向けサービス「SARDINE(サーディン)」を正式リリースした。 続きを読む

  • ミスマッチをなくし成果が上がる、エンジニアの採用・評価テクニック——TC School #13

    ミスマッチをなくし成果が上がる、エンジニアの採用・評価テクニック——TC School #13

    TechCrunch Japanが主催するテーマ特化型のイベント「TechCrunch School」で、2017年3月から5回にわたって人材領域をテーマに開催してきた「HR Tech最前線」。その第5弾となるイベント「TechCrunch School #13 HR Tech最前線(5) presented by エン・ジャパン」が3月22日に行われた。 続きを読む

  • IoT
    より安価にIoTを実現する「BLEルーター」開発のBraveridge、5億円を資金調達

    より安価にIoTを実現する「BLEルーター」開発のBraveridge、5億円を資金調達

    無線技術を軸にIoTデバイスなどの開発・製造を行うBraveridgeは5月23日、BLE(Bluetooth Low Energy)端末をLPWAやLTEなどの広域通信網に中継できる「BLEルーター」シリーズを発表した。インターネット環境のない場所でも安価なBLE端末を設置して、BLEルーター経由でIoTサービスを使うことができるようになる 続きを読む

  • AI
    VR空間でAI講師が英会話を教える「Smart Tutor」開発元がDBJキャピタルとD4Vから150万ドルを資金調達

    VR空間でAI講師が英会話を教える「Smart Tutor」開発元がDBJキャピタルとD4Vから150万ドルを資金調達

    AI×VR技術を応用した英会話学習ツール「Smart Tutor」を開発するPlusOneは、5月16日にDBJキャピタルとD4Vを引受先とする総額150万ドルの第三者割当増資を実施していたことを明らかにした。 PlusOneは2016年8月、サンフランシスコを拠点に創業した。2017年3月にHTCのアクセラレータプログラム「Vive X」でエンジェルラウンドの資金調達を受けており、今回の調達は同社にとってシードラウンドにあたる。 続きを読む

  • 集団訴訟をプロジェクト化して支援する「enjin」公開、運営会社は6000万円を資金調達

    集団訴訟をプロジェクト化して支援する「enjin」公開、運営会社は6000万円を資金調達

    士業の中ではIT活用がなかなか進まないイメージのある弁護士、法務の世界でも、このところ新しいサービスが増えてきた。契約書の作成・締結が行えるクラウドサービス「Holmes」や、AIを使った契約書レビューサービスの「LegalForce」、「AI-CON」などがそれだ。 5月21日にベータ版がリリースされた「enjin(円陣)」もそうしたリーガルテックサービスのひとつ。集団訴訟を起こしたい被害者を集めて弁護士とつなぐ、集団訴訟プラットフォームだ。プロジェクトに賛同する人を集めるという点ではクラウドファンディングのようでもあるし、事件に適し… 続きを読む

  • 実名グルメサービスRettyにYJキャピタルが資本参加、ヤフーと戦略的提携へ

    実名グルメサービスRettyにYJキャピタルが資本参加、ヤフーと戦略的提携へ

    グルメ情報の実名投稿サービス「Retty」を運営するRettyは5月16日、ヤフー子会社のYJキャピタルによる資本参加と、ヤフーとの戦略的パートナーシップを構築すると発表した。 続きを読む

  • 飲食店向けSaaS運営のウェリコが5000万円を資金調達、ニッセイの「50M」プログラム第1期採択企業

    飲食店向けSaaS運営のウェリコが5000万円を資金調達、ニッセイの「50M」プログラム第1期採択企業

    飲食店向けSaaSを複数展開するウェリコは5月16日、ニッセイ・キャピタルおよび個人投資家を引受先とした第三者割当増資を4月に実施していたことを明らかにした。今回の調達はシードラウンドにあたり、調達金額は総額5000万円だ。 続きを読む

  • Movable Typeが約4年半ぶりのメジャーバージョンアップ、コンテンツ活用機能をより充実させる

    Movable Typeが約4年半ぶりのメジャーバージョンアップ、コンテンツ活用機能をより充実させる

    2001年秋、Ben Trottが妻のMenaのために開発した「Movable Type」は、ブログブームに乗って利用が広まり、またブームの牽引役も果たしたブログCMSの草分け的存在だ。今でこそ、ブログCMSとしてはオープンソースのWordPressにトップシェアを譲っているが、企業などの利用で日本では根強い人気を誇るCMSである。 そのMovable Typeに最新バージョンのMovable Type 7が登場し、5月16日に正式リリースされた。2013年10月のMovable Type 6リリースから約4年半ぶりのメジャーバージョンアップとなる。… 続きを読む

  • 遠隔診療アプリとAI医療サービス開発の情報医療が三菱商事などから11億円を資金調達

    遠隔診療アプリとAI医療サービス開発の情報医療が三菱商事などから11億円を資金調達

    このところ、ヘルステック分野のスタートアップによる資金調達が活発だ。5月7日にはAI問診システムと病名予測アプリ開発のUbieが3億円を調達を発表したばかり。そして今日5月14日、さらに3社の医療ベンチャーが資金調達の実施を明らかにしている。 1つは健康管理アプリ「カロミル」を運営するライフログテクノロジーによる6000万円の調達。もう1つは電子薬歴システム「Musubi」を提供するカケハシ。そして残る1社は、AIを活用した各種医療サービスと医療機関向けのオンライン診療サービス「curon(クロン)」を提供する情報医療だ。 続きを読む