Wakako Mukohata

Wakako Mukohataのピックアップ記事


Wakako Mukohataの最新記事

  • シェフと企業をマッチング、Green Dining運営がシードラウンドで2000万円を調達

    シェフと企業をマッチング、Green Dining運営がシードラウンドで2000万円を調達

    企業向けに、会議やちょっとしたパーティーのためのお弁当やオードブルを届けてくれるケータリングサービス。古くは仕出し弁当として提供されてきたサービスだし、今では「ごちクル」のようにウェブでサービス展開するものもたくさんある。 そんな中で今日紹介する「Green Dining」は、料理を発注するというのではなく、料理人と企業やイベントをマッチングする、というプラットフォーム事業だ。 続きを読む

  • プロサッカー選手の本田圭佑氏が荷物預かりサービス「ecbo cloak」に出資

    プロサッカー選手の本田圭佑氏が荷物預かりサービス「ecbo cloak」に出資

    店舗の空きスペースを活用した荷物一時預かりサービス「ecbo cloak(エクボ クローク)」を運営するecboは8月8日、プロサッカー選手・本田圭佑氏の個人ファンドKSK Angel Fundから第三者割当増資による資金調達を実施したことを明らかにした。調達金額は非公開だが、関係者の話から千万円単位の規模のエンジェル投資とみられる。 続きを読む

  • オンライン商談ツールのベルフェイスが5億円調達、セールスビッグデータの活用目指す

    オンライン商談ツールのベルフェイスが5億円調達、セールスビッグデータの活用目指す

    ブラウザだけでオンライン商談ができるウェブ会議システム「bellFace」を提供するベルフェイスは8月7日、総額5億円の資金調達実施を発表した。引受先は、グロービス・キャピタル・パートナーズ、SMBCベンチャーキャピタル、YJキャピタル、キャナルベンチャーズが運用する各ファンド。 増資に伴い、既存株主のインキュベイトファンド代表パートナーの赤浦徹氏とグロービス・キャピタル・パートナーズ マネージング・パートナーの仮屋薗聡一氏が社外取締役に就任する。 続きを読む

  • AI
    人の声から感情を解析するAI開発のEmpathが総額3億2000万円を資金調達

    人の声から感情を解析するAI開発のEmpathが総額3億2000万円を資金調達

    音声から感情を解析する人工知能を開発するEmpath(エンパス)は、SXキャピタル、SBIインベストメントの2社が運営する各ファンドから7月31日、総額3億2000万円の資金調達を完了した。 Empathが開発するのは、音声のスピード、ピッチ、トーンなど物理的な特徴量から、気分の状態を独自アルゴリズムで判定するプログラム。数万人の音声データベースをもとに、喜怒哀楽や気分の浮き沈みを判定する。 続きを読む

  • CAMPFIRE、APAMANグループ会社と資本提携——fabbitとの業務提携に続きスタートアップ支援を推進

    CAMPFIRE、APAMANグループ会社と資本提携——fabbitとの業務提携に続きスタートアップ支援を推進

    クラウドファンディングプラットフォームの「CAMPFIRE」などを運営するCAMPFIREは8月1日、APAMANグループに属する子会社を通じて出資を受け、資本提携を結んだことを明らかにした。この提携は6月に行ったAPAMANのグループ会社fabbitとの業務提携に続くもの。 続きを読む

  • ITで21世紀を代表するビールをつくる——元Tech in Asia日本編集長が創業したBest Beer Japanが1500万円調達

    ITで21世紀を代表するビールをつくる——元Tech in Asia日本編集長が創業したBest Beer Japanが1500万円調達

    「ITで21世紀を代表するビールをつくる」。“ビール好き?”と書かれたTシャツを着たその男性は、創業したばかりの会社について、そう説明を始めた。彼の名はPeter Rothenberg。今年の初めまでTech in Asia日本編集長を務めていた人物だ。 Rothenberg氏が2018年5月に設立したBest Beer Japanは7月31日、エンジェルラウンドで1500万円の資金調達を実施した。 続きを読む

  • 株取引をゼロから変える——調達資金60億円をスマートプラスへ投資するFinatextの構想

    株取引をゼロから変える——調達資金60億円をスマートプラスへ投資するFinatextの構想

    FinTechスタートアップのFinatext(フィナテキスト)は7月30日、総額60億円の資金調達実施を発表した。第三者割当の引受先はKDDI、ジャフコ、未来創生ファンド。また、同時にFinatextでは、KDDIとの業務提携についても明らかにしている。 2013年12月設立、創業5年のFinatextは、金融サービス提供、ビッグデータ解析、証券サービス提供を3柱に、「金融を“サービス”として再発明する」というビジョンを掲げる。 続きを読む

  • ソフトバンク傘下のARMが米データ分析企業Treasure Dataを6億ドルで買収か

    ソフトバンク傘下のARMが米データ分析企業Treasure Dataを6億ドルで買収か

    7月30日、ソフトバンクグループ傘下のコンピュータチップ設計企業ARM Holdingsが米国のデータ分析企業Treasure Data(英語サイト。日本のサイトはこちら)を買収することに合意したとBloombergが報じた(英語)。記事によれば、買収金額は約6億ドル(約666億円)。関係者の情報によるもので、ARMおよびTreasure Dataは正式なコメントを発表していない。 続きを読む

  • 証券ビジネスをプラットフォーム化するFinatextがKDDIなどから60億円を調達

    証券ビジネスをプラットフォーム化するFinatextがKDDIなどから60億円を調達

    金融サービス開発やビッグデータ解析、証券サービス提供を行うFinTechスタートアップのFinatextが7月30日、KDDI、ジャフコ、未来創生ファンドを引受先とした総額60億円の資金調達を実施したことが明らかになった。 続きを読む

  • 「WOVN.io」がスマホアプリ対応版の多言語化ツール「WOVN.app」提供開始

    「WOVN.io」がスマホアプリ対応版の多言語化ツール「WOVN.app」提供開始

    ウェブサイトの多言語化をたった1行のコード追加で実現するツール、それが「WOVN.io(ウォーブンドットアイオー)」だ。サービスを運営するWovn Technologies(旧ミニマル・テクノロジーズ)は7月30日、スマホアプリに対応した多言語化ツール「WOVN.app(ウォーブンドットアップ)」のベータ版提供を開始した。 続きを読む

  • freee、マツリカなど五反田のスタートアップ6社が一般社団法人「五反田バレー」を設立

    freee、マツリカなど五反田のスタートアップ6社が一般社団法人「五反田バレー」を設立

    近年、賃料の安さや交通の便などを理由に、スタートアップが集まりつつある五反田。その五反田に本拠を置くスタートアップ6社が7月25日、共同で一般社団法人「五反田バレー」の設立を発表した。 設立時点で参画する企業はfreee、マツリカ、ココナラ、セーフィー、トレタ、よりそう(旧みんれぴ)の6社。代表理事はマツリカ代表取締役Co-CEOの黒佐英司氏、freeeユーザーカンパニー事業開発部統括マネージャーの定田充司氏が務める。 続きを読む

  • 訪日外国人観光客と飲食店をつなぐオンラインサービス「日本美食」が農林中金などから10.1億円調達

    訪日外国人観光客と飲食店をつなぐオンラインサービス「日本美食」が農林中金などから10.1億円調達

    訪日外国人観光客に特化した飲食・旅行のオンラインサービス「日本美食」を運営する日本美食は7月23日、農林中央金庫(以下農林中金)および複数の個人投資家らを引受先として、総額10億1000万円の資金調達を実施したことを明らかにした。 続きを読む

  • API
    人材採用のOpen API構想を掲げるHERPが「Find Job!」「SCOUTER」とAPI連携開始へ

    人材採用のOpen API構想を掲げるHERPが「Find Job!」「SCOUTER」とAPI連携開始へ

    AI採用プラットフォーム「HERP」は、複数の求人媒体からの応募を自動で登録・通知し、まとめて管理できる採用管理システム「HERP ATS」を軸とした、採用担当者向けのSaaSだ。 サービスを開発するHERPは人材採用業界版のOpen API構想、「Open Recruiting API構想」を掲げる。企業の採用業務に関連するあらゆる情報をオープン化する、というこの構想については以前の記事でも詳しく紹介したが、HERPが目指すのは、エージェントや媒体に偏りがちな求職者の情報、企業の情報のオープン化による、採用業務の合理化だ。 7月23日、同社は構… 続きを読む

  • ZMPと日の丸交通、都心部で自動運転タクシーの実証実験へ

    ZMPと日の丸交通、都心部で自動運転タクシーの実証実験へ

    自動運転技術やロボット開発のZMPは7月18日、タクシー事業の日の丸交通とともに、自動運転車両を使ったタクシーサービスの公道営業実証実験を都心部で実施すると発表した。乗客のいる自動運転車両のタクシーが、公道で営業走行を行うのは世界初だという。 続きを読む

  • CG業界に特化したマッチングプラットフォーム目指す「CGクラウド」

    CG業界に特化したマッチングプラットフォーム目指す「CGクラウド」

    CGクリエイター向けに3DCG作品投稿サイト「CGクラウド」を提供するTANOsim(タノシム)は7月17日、同サイトをギャラリーサイトとしてフルリニューアルしたと発表。CG業界に特化したマッチングプラットフォームを目指し、さらに機能追加を図っていく。 続きを読む

  • ホテルの市場分析・料金設定を支援する「ホテル番付」の空が1.7億円を調達

    ホテルの市場分析・料金設定を支援する「ホテル番付」の空が1.7億円を調達

    ホテル・旅館向けに、AIを使った市場分析と料金設定支援サービスを提供する空(そら)は7月12日、約1.7億円の資金調達を実施したことを明らかにした。第三者割当増資の引受先はベンチャーユナイテッド、ふくおかフィナンシャルグループのVCであるFFGベンチャービジネスパートナーズ、エースタート、マネックスベンチャーズ、ほか数名のエンジェル投資家。 続きを読む

  • “持たない自由”実現するレンタルプラットフォーム「Alice.style」開発が3.5億円を資金調達

    “持たない自由”実現するレンタルプラットフォーム「Alice.style」開発が3.5億円を資金調達

    高額家電など、機能は気になるけれども「買って失敗したらどうしよう」と手が出せなかった経験、誰でも一度はあるのではないだろうか。また、ママ、パパの皆さんなら、子どものためにできる限りハイスペックなベビーバギーを手に入れたい、と思えども「どうせすぐに使わなくなるからなあ」と諦めた経験を持つ人もいるかもしれない。 続きを読む

  • LINEと「Travel.jp」運営のベンチャーリパブリックが資本業務提携

    LINEと「Travel.jp」運営のベンチャーリパブリックが資本業務提携

    LINEと旅行比較サイト「Travel.jp」を運営するベンチャーリパブリックは7月11日、旅行事業分野で資本業務提携契約の締結を発表した。8月1日付けでLINEはベンチャーリパブリックに34%の出資を行い、関連会社とする。また、LINEからベンチャーリパブリックへ取締役3名と監査役1名が派遣される。ベンチャーリパブリック代表取締役社長の柴田啓氏、代表取締役副社長の柴田健一氏は引き続き、ベンチャーリパブリックの経営を受け持つ。 続きを読む

  • ウェブ接客ツールのエフ・コードが1.4億円を資金調達、新ツール「CODE」をリリース

    ウェブ接客ツールのエフ・コードが1.4億円を資金調達、新ツール「CODE」をリリース

    ウェブマーケティングツール提供とコンサルティング事業を展開するエフ・コードは7月4日、複数の個人投資家を引受先とする第三者割当増資により、総額約1.4億円の資金調達を実施したことを明らかにした。今回の調達はシリーズAラウンドに当たり、同社にとって外部からの初の調達となる。 また、エフ・コードは同日、新プロダクトとしてウェブ接客ツール「CODE Marketing Cloud(以下CODE)」を7月中旬よりリリースすることを発表した。 続きを読む

  • ユーザベースが米経済メディアQuartzを買収——NewsPicks事業の海外展開を加速

    ユーザベースが米経済メディアQuartzを買収——NewsPicks事業の海外展開を加速

    経済情報の検索プラットフォーム「SPEEDA」と経済情報メディア「NewsPicks」を運営するユーザベースは7月2日、米国のオンライン経済メディアQuartzの全株式を取得し、子会社化することを取締役会で決議した。買収実行日は7月31日を予定している。 買収の対価は合計7500万ドル(約82.5億円)相当のユーザベース株および現金。また加えてQuartzの業績達成割合に応じた条件付対価(アーンアウト対価)がQuartzの出資者であるAtlantic Mediaに支払われる。Quartzの記事(英語)によれば、最終的に総額7500万〜1億… 続きを読む