Yuhei Iwamoto

Yuhei Iwamotoのピックアップ記事


Yuhei Iwamotoの最新記事

  • カスタマーサクセスを実現する管理ツール「HiCustomer」、クローズドベータ版の提供開始

    カスタマーサクセスを実現する管理ツール「HiCustomer」、クローズドベータ版の提供開始

    この2、3年ほどで、国内のマーケティング界隈でもよく耳にするようになり、また職種としても増えつつある「カスタマーサクセス」というキーワード。この領域にチャレンジするスタートアップが新たに1社現れたようだ。HiCustomerは4月23日、カスタマーサクセス管理ツール「HiCustomer」のクローズドベータ版を事前登録者向けに提供開始したことを明らかにした。 続きを読む

  • ゴールは“起業家を増やすこと”——スタートアップメディアの「THE BRIDGE」がPR TIMES傘下に

    ゴールは“起業家を増やすこと”——スタートアップメディアの「THE BRIDGE」がPR TIMES傘下に

    TechCrunchがシリコンバレーで産声を上げたのは2005年のこと。翌年にはその日本版であるTechCrunch Japan(当時のサイト名はTechCrunch Japanese)がスタートした。そこから12年、日本発でスタートアップの情報を伝えるメディアやブログが徐々に立ち上がっていった(そして、いくつかは消えていった)。そんなスタートアップ向けメディアの1つである「THE BRIDGE」のイグジットに関するニュースが飛び込んできた。 続きを読む

  • 現役弁護士が手がけるAI契約書レビューサービス「AI-CON」正式公開、ランサーズとも連携

    現役弁護士が手がけるAI契約書レビューサービス「AI-CON」正式公開、ランサーズとも連携

    法律関係の課題をテクノロジーで解決する“リーガルテック”。その中でも今日は、現役の弁護士が立ち上げたAI契約書レビューサービスを紹介したい。GVA TECHが提供するのは、AIとクラウドを活用して契約書のレビューを行う「AI-CON」だ。4月16日に正式サービスを開始。4月17日には約30社のコワーキングスペースおよびランサーズと連携することを発表した。 続きを読む

  • “コミュニティ特化”のスマホゲームライブ配信「Mirrativ」に賭ける元DeNA最年少役員、新会社を始動

    “コミュニティ特化”のスマホゲームライブ配信「Mirrativ」に賭ける元DeNA最年少役員、新会社を始動

    「成長に時間がかかっている中でも、事業をしっかり任せてくれていた。それは僕の大好きなディー・エヌ・エー(DeNA)の考え方。だからDeNAを離れても実はやることが劇的に変わる訳ではない。けれども新しい船に乗ってチャレンジしていくというのは、ワクワクした気持ちにあふれている」——スマホ画面共有型ライブ配信プラットフォーム「Mirrativ(ミラティブ)」を手がけるエモモ(現在社名をミラティブに変更すべく準備中)代表取締役社長の赤川隼一氏は、自身の心境をこう語る。 続きを読む

  • 地域コミュニティアプリの「メルカリ アッテ」が5月末でサービス終了

    地域コミュニティアプリの「メルカリ アッテ」が5月末でサービス終了

    以前、「Craigslistライクなサービス」としてお伝えした地域コミュニティアプリ「メルカリ アッテ」。メルカリグループのソウゾウが提供してきたこのプロダクトが、5月31日をもって終了する。メルカリが3月16日に発表した。 続きを読む

  • TechCrunch Schoolは3月22日開催——グロービス・高宮氏と技術者・及川氏に人材戦略やマネジメントを聞く

    TechCrunch Schoolは3月22日開催——グロービス・高宮氏と技術者・及川氏に人材戦略やマネジメントを聞く

    TechCrunch Japanでは、「TechCrunch School」の名称で、特定のテーマを設定したイベントを開催している。2017年3月から計4回、人材領域を軸に、国内外のHR Techトレンド、働き方、人材戦略といったテーマでイベントを繰り広げてきた。13回目となる今回のイベントは、「HR Tech最前線・大総括」だ。 続きを読む

  • 金融庁が仮想通貨交換業者7社に行政処分、FSHOとビットステーションには業務停止命令

    金融庁が仮想通貨交換業者7社に行政処分、FSHOとビットステーションには業務停止命令

    流出やシステム不具合などの騒動が続く仮想通貨取引所だが、金融庁が3月8日、仮想通貨交換業者7社に対しての行政処分を発表した。 今回行政処分を受けたのは、コインチェック、テックビューロ、GMOコイン、FSHO、ビットステーション、バイクリメンツ、ミスターエクスチェンジの7社(発表順)。FSHOとビットステーションの2社には業務停止命令が、2社を含む全社に業務改善命令がそれぞれ出されている。コインチェックについては、1月のNEM流出に続き、二度目の処分がなされたことになる。 続きを読む

  • 「リグレト」「Picsee」「TypeTrace」のディヴィデュアル、スマートニュース傘下へ

    「リグレト」「Picsee」「TypeTrace」のディヴィデュアル、スマートニュース傘下へ

    スマートニュースは2月26日、ディヴィデュアルの同社への参画を発表した。ディヴィデュアルは、2008年4月にメディアアーティストで代表取締役の遠藤拓己氏と、情報学研究者で取締役/共同創業者のドミニク・チェン氏によって設立された会社だ。創業時にはMITメディアラボ所長の伊藤穰一氏らからエンジェル投資を受け、メディアやコミュニケーションアプリ、ゲームなどさまざまなプロダクトを生み出してきた。 続きを読む

  • 日本円の出金は401億円、事業継続と業者登録を目指す——コインチェック大塚COOが説明

    日本円の出金は401億円、事業継続と業者登録を目指す——コインチェック大塚COOが説明

    仮想通貨「NEM」の不正流出事件が起こり、仮想通貨の売買や日本円の出金を停止していた仮想通貨取引所「Coincheck」。サービスを運営するコインチェックは2月13日、日本円の出金を再開した。コインチェックでは同日20時から本社が入居するビルのエントランスで会見を実施。同社取締役COOの大塚雄介氏が現状を説明した。 続きを読む

  • 「ミリ単位の精度求めた」ZOZOSUITの体型計測データが生み出すスタートトゥデイの新展開

    「ミリ単位の精度求めた」ZOZOSUITの体型計測データが生み出すスタートトゥデイの新展開

    2017年10月の決算説明会でプライベートブランドの立ち上げを発表し、同年11月にはそのブランド名「ZOZO」と、全身1万5000箇所のデータを取得できる採寸ボディースーツ「ZOZOSUIT」の無料配布を発表したスタートトゥデイ。ZOZOSUITは発表後10時間で23万着という大量のオーダーが入り、準備の問題から二度にわたってZOZOの展開自体が延期されることになったが、いよいよその詳細が明らかになった。 続きを読む

  • 世界中のクールなサーフィン動画を集めたアプリ「NobodySurf」、運営のreblueが2.3億円の調達

    世界中のクールなサーフィン動画を集めたアプリ「NobodySurf」、運営のreblueが2.3億円の調達

    アプリを立ち上げれば、すぐに心地よい音楽とサーフィンの動画が流れ出す。数分の動画が終われば、また新しい音楽とサーフィン動画が続く。まるでSpotifyに代表されるようなサブスクリプション型の音楽配信サービスのプレイリストのように、クリエーターやサーファー、エリアごとの動画や、新作動画などが次々に再生されていく。reblue(リブルー)の手がける「NobodySurf」はサーフィン好きにはもってこいの動画サービスだ。現在スマートフォンアプリ(iOS/Android)のほか、ウェブサイト、Instagramをはじめとするソーシャルメディア… 続きを読む

  • 決済のコイニーとネットショップのSTORES.jpが経営統合、持株会社「ヘイ」を設立へ

    決済のコイニーとネットショップのSTORES.jpが経営統合、持株会社「ヘイ」を設立へ

    決済サービスを手がけるコイニーと、ネットショップ開設サービス「STORES.jp」を手がけるブラケットが経営統合をすることが、関係者筋からの情報で明らかになった。2月1日付けで新たに事業持株会社のヘイ(hey)を設立。コイニーとブラケットがその傘下に入ることになる(厳密には2月1日付けで現在のコイニーをヘイに社名変更、新設分割で新会社としてコイニーを立ち上げ、旧コイニーの事業を継承。またヘイがブラケットを株式交換で100%子会社化、さらにブラケットがストアーズ・ドット・ジェイピーに社名変更するというスキームだ)。 続きを読む

  • LITALICO、障害者と就労支援事業所のマッチングサービス「LITALICO仕事ナビ」開設へ

    LITALICO、障害者と就労支援事業所のマッチングサービス「LITALICO仕事ナビ」開設へ

    日本でも“ダイバーシティ”の浸透や、障害者雇用促進法の改正により、障害を持ちながら働く人の数は年々増え、2016年度の時点で47万人以上が民間企業に雇用された。2018年4月からは、企業の障害者の法定雇用率が2.0%から2.2%に引き上げられることもあり、この増加傾向は今後も続く見通しだ。こうした時代を背景に、障害がある人の就労を、就労に必要な知識や能力の向上に必要な訓練などで支援する「就労系障害福祉サービス」の事業所も増加。各施設が特色のあるサービスを提供するようになってきている。 LITALICO(リタリコ)… 続きを読む

  • 独立系VCのSpiral Ventures Japanが総額70億円の1号ファンド組成を完了

    独立系VCのSpiral Ventures Japanが総額70億円の1号ファンド組成を完了

    ベンチャーキャピタル(VC)のSpiral Ventures Japanは1月29日、1号ファンドの最終募集を締め切り、総額70億円で組成を完了したことを発表した。日本企業のみを投資対象とする独立系VCが組成した1号ファンドとしては、過去最大規模の金額となる。 続きを読む

  • コインチェックが580億円のNEM不正流出について説明、補償や取引再開のめどは立たず

    コインチェックが580億円のNEM不正流出について説明、補償や取引再開のめどは立たず

    既報の通り、仮想通貨「NEM(ネム)」の不正流出が明らかとなり、NEMを初めとした仮想通貨の売買を中止している仮想通貨取引所「Coincheck」。サービスを運営するコインチェックは1月26日、その詳細を説明する会見を東京証券取引所で行った。23時30分にスタートした会見は(当初のアナウンスは23時開催)、27日1時過ぎまで続く異例のものとなった。 会見には、コインチェック代表取締役社長の和田晃一良氏、取締役COOの大塚雄介氏、同社の弁護士である堀天子氏が出席。冒頭、和田氏は「本件に関しまして、皆様をお騒がせしていますことを深くお詫び申… 続きを読む

  • 新世代プログラミング学習サービス「Progate」にiOSアプリ、専用キーボードでPC同様の学習が可能に

    新世代プログラミング学習サービス「Progate」にiOSアプリ、専用キーボードでPC同様の学習が可能に

    ウェブブラウザ1つで、スライド教材と実際のコーディング、さらに初心者にはハードルの高い、実行環境の構築までをワンストップで提供する新スタイルのプログラミング学習サービス「Progate(プロゲート)」。サービスを提供するProgateが1月25日、iOS版の学習アプリをリリースした。App Storeより無料でダウンロードできる。 Progateは2014年7月の設立。これまでにフリークアウトグループやディー・エヌ・エー、East Venturesのほか、エンジェル投資家として、ロンドンブーツの田村淳氏やメルカリ代表取締役会長兼CEOの山田… 続きを読む

  • レシピ動画サイトのdelyがソフトバンクなどから33.5億円の大型調達、新規事業やM&Aも視野に

    レシピ動画サイトのdelyがソフトバンクなどから33.5億円の大型調達、新規事業やM&Aも視野に

    この2年ほどで大きく市場を拡大させたレシピ動画サービスだが、その競争はさらに激化しているようだ。2017年末には「DELISH KITCHEN」を運営するエブリーが20億円超の資金調達を発表して業界を騒がせたが、今日1月22日には「kurashiru(クラシル)」を運営するdelyがその金額を上回る33億5000万円の資金調達を実施したことを明らかにした。今後は調達した資金をもとに、人材やマーケティングを強化。さらに新事業やM&Aなども視野に入れているという。 今回の資金調達はソフトバンク、YJキャピタルの運用するファンドであるY… 続きを読む

  • AI
    ネット広告のレポート作成を自動化、AIが運用を支援する「Roboma」ベータ版リリース——運営会社が4000万円を資金調達

    ネット広告のレポート作成を自動化、AIが運用を支援する「Roboma」ベータ版リリース——運営会社が4000万円を資金調達

    GoogleやFacebook、Twitterといったインターネット広告の出現で、小さな企業や事業部門、スタートアップなどでも比較的低価格で“それなりに”効果的な広告出稿が可能になった今。一方で、マーケティング担当者は広告レポートの作成や、GoogleやFacebook広告の運用の最適化などに追われ、特に小規模な組織では兼務でこうした作業に時間を費やさなければならないことから、本来やるべき分析やマーケティング戦略立案に手が回らない、といったケースも増えている。 こうしたネットマーケティング業務の負荷を、AIの活用… 続きを読む

  • 「メディアは今が変革期」ミレニアル世代向け分散動画のワンメディアが3.5億円調達で本始動

    「メディアは今が変革期」ミレニアル世代向け分散動画のワンメディアが3.5億円調達で本始動

    「学生時代から自主製作で映像を作るサークルをやっていて、ある日後輩から『ヤバいサイトがある』と紹介されたのがYouTube。自分が製作した動画をアップしてみたら世界中から反応があって、これはウェブ業界がすごいことになると思った」——ワンメディア代表取締役の明石ガクト氏は、オンライン動画との出会いについてこう語る。 続きを読む

  • 「MixChannel」生みの親の新たな挑戦は“車”のコミュニティ「CARTUNE」、1.1億円の調達も

    「MixChannel」生みの親の新たな挑戦は“車”のコミュニティ「CARTUNE」、1.1億円の調達も

    10代の女子中高生を中心にして人気を集めるライブ・動画コミュニティアプリの「MixChannel」。このサービスを手がけた元Donutsの福山誠氏。同氏が立ち上げた新会社のマイケルが1月10日、経営共創基盤(IGPI)を引受先とした1億1000万円の第三者割当増資を実施したことを明らかにした。 福山氏はグーグルを経て2011年にシンクランチを設立。ランチマッチングサービス(現在は就活生に特化している)の「ソーシャルランチ」を立ち上げ、1年4カ月後となる2012年12月にはソーシャルゲームなどを手がけるDonutsに会社を売却。その後Do… 続きを読む