コラム

 

  • Facebookよ、本気なのか?

    Facebookよ、本気なのか?

    Facebook はビデオカメラを作っている。同社はそれを家庭に設置して、きょろきょろと落ち着きがないながらも瞬きは一切しない目玉で周囲を見回し、いくつもの耳を持つパネルに向かってユーザーが、愛する家族や友人への個人的な見解を話して欲しいと考えている。 続きを読む

  • 今、ブラジルのヘルステック分野が熱い

    今、ブラジルのヘルステック分野が熱い

    大勢の人が絡む大きな問題に取り組むことは、起業家と投資家の両方にとって絶好のチャンスとなる。たとえば近年のブラジルでは、フィンテックによる金融改革や、新しいオンデマンドのビジネスモデルに投資が集中しているが、ヘルステック関連のスタートアップも、ブラジルで爆発的な増加を見せている。 続きを読む

  • 大変残念だが、心配することを止めてブロックチェーンを愛することを学ばなければならないだろう

    大変残念だが、心配することを止めてブロックチェーンを愛することを学ばなければならないだろう

    変なタイトルだ。皆さんには謝りたい。分かっている。「ブロックチェーン」と耳にすると、皆さんはすぐに「胡散臭い成金手法」だとか「魔法のイカサマインターネットマネーのバブル」だとか、「はた迷惑な自由至上主義者」だと思うことだろう。そしてブロックチェーン信奉者の1人が、なぜそれが重要なのか、なぜ新しい財閥を形成すること以上に世界を変えるのかを説明しようとしても、「いやいや、単にデータベースを使えば良いだけじゃ?」と考えることだろう。無理もない。 続きを読む

  • 自動化によって仕事が失われても人は技術を学べる

    自動化によって仕事が失われても人は技術を学べる

    これは、ごく一般的な光景だ。あるトラック運転手がハイウエイを降りて、給油と食事のためにトラックを停める。彼女はカウンターの脇に立っているウェイターにハンバーバーとポテトを注文し、隣の店で持ち帰り用のコーヒーを買う。 しかしあと数年で、この日常的な、なんでもないやり取りは過去のものになる。トラック運転手も、ウェイターも、店員も、次第に機械に置き換えられるからだ。 続きを読む

  • iPhone SEは後にも先にもアップルの最高傑作だった

    iPhone SEは後にも先にもアップルの最高傑作だった

    2018年のiPhoneの発表会で、私が唯一期待していたのは、新しいiPhone SEだった。それを提示しなかったアップルは、密かにSEを引退させてしまったようだ。それに関して、私は永遠にアップルを恨むこととなった。なぜなら、SEはアップルの最高傑作だったからだ。 続きを読む

  • 裕福な観光客を哀れむバーニングマンの本当の価値

    裕福な観光客を哀れむバーニングマンの本当の価値

    私が、バーニングマンでいちばん面白いと感じる点は、ポスト希少性社会の叩き台になっているところだ。ただ、膨大な費用と資源を必要とし、非常に過酷で不便な場所で行われる実験というのも皮肉な話だ。そこまで行かなければ、世界の金銭的または希少性の階級構造から抜け出すことはできないというわけだ。 続きを読む

  • バッテリーの命が難民の命、スマホに依存する難民の実情

    バッテリーの命が難民の命、スマホに依存する難民の実情

    人間の寿命とバッテリーの寿命を同じに考える人は少ないと思うが、戦争や飢餓から逃れてきた大勢の難民たちにとっては、わずか1パーセントのバッテリー残量が、適時に適切な情報を与えてくれる生命線となる。それがなければ、生き残ることはできない。 続きを読む

  • 医師が患者とグローバルな医療システムに求めるデジタル療法

    医師が患者とグローバルな医療システムに求めるデジタル療法

    デジタル製品が、最終的に私たちの健康によいインパクトを与えているかどうかは、難しい問題だ。ほとんどのものが、スロットマシンと同じようにドーパミンを放出させるよう作られている。夢中になるように設計されたゲームにはまって少年期を無駄に過ごしてしまった人の話は、みんなも聞いているとおりだ。そしてWHO(世界保健機構)は、ビデオゲーム中毒は精神疾患であると認定するに至った。 続きを読む

  • Duo Securityが高度に組織化されたツイッターのボットネットを発見

    Duo Securityが高度に組織化されたツイッターのボットネットを発見

    このボットネットは、ツイッターのアカウントを自動的に識別する方法を開発し公開するための、さらにはボットやその活動について研究を掘り下げるための、大規模な研究プロジェクトの中で発見された。 研究チームは、Twitter APIと標準的なデータエンリッチ化技術を用いて、5億件以上のつぶやきを含む、一般のツイッター・アカウント8800万件分の大きなデータセットを作成した(ただし、研究のために焦点を当てたのは、アカウントごとの最後の200件のつぶやきだとのこと)。 続きを読む

  • フェイスブックを超える大きなデジタルドリーム「オープンブック」

    フェイスブックを超える大きなデジタルドリーム「オープンブック」

    大手ソーシャル系技術企業は、自身の強力なプラットフォームが持つ特性と、的確な舵取りと価値の創出に失敗したこと(自ら設定したと主張する規定にすら準拠できていないことが明らかになっている)の結果の両方によって生じたと反社会的な魔物と格闘を続けているが、それでも、よりよい方法があると夢見ている人たちがいる。人の怒りを食べて成長する広告技術の巨人、フェイスブックやツイッターを超えるソーシャルネットワークだ。 続きを読む

  • メッセージアプリだけで成功した高級品専門店Threadsが22億円の投資金を獲得

    メッセージアプリだけで成功した高級品専門店Threadsが22億円の投資金を獲得

    eコマースの市場と聞いてまず思い浮かべるのが、ウェブサイト上に作られた店舗やアプリだろう。しかし今、そのどちらも持たずに、また今後持つ予定もなく、多額の現金を集めて、商品の販売活動を行なっているスタートアップがある。彼らが使っているのは、その成長の原動力でもあるプラットフォーム、「メッセージアプリ」だ。 続きを読む

  • 「サービスとしてのロボット工学」で新ビジネスモデルを開拓するinVia Robotics

    「サービスとしてのロボット工学」で新ビジネスモデルを開拓するinVia Robotics

    inVia Poboticsの面々は、ロボットを大量に販売するための、新しいビジネスモデルを構築する目指して会社を立ち上げたつもりではなかったのだが、それはまさに、彼らが今、行っていることなのかも知れない。 サザンカリフォルニア大学のロボット工学プログラムを卒業したLior Elazary、Dan Parks、Randolph Voorhiesの三人は、即座に人の注目を集められるアイデアを模索していた。 続きを読む

  • VRを駆使した固定型カーニバルTwo Bit Circusがロサンゼルスにオープン

    VRを駆使した固定型カーニバルTwo Bit Circusがロサンゼルスにオープン

    焼け付くような7月のロサンゼルスで、いつも蝶ネクタイで気取っているTwo Bit Circus共同創設者のBrent Bushnellは、ある屋内遊園地の仮想現実に感染したお祭り騒ぎの中へ、招待客たちを案内していた。ただ、まだそこは建設途中の状態だ。 続きを読む

  • 分散チームがオフィス内駆引きのルールを書き換える

    分散チームがオフィス内駆引きのルールを書き換える

    私たちが理想的な自宅をデザインしようとしているときには、ドアも壁もない大部屋に何千人もの仲間がひしめいている状況を想定したりはしない。しかし、私たちが1日の大部分を過ごす現代の職場に対して、企業のオフィス設計者たちは、壁を取り除きより多くの人びとを同じ物理空間に集めることが、従来の階層的なオフィス政治の摩擦を取り除きつつ、より良い協業を育むのだと主張している。 しかしそもそも全くオフィスがない場合にどうなるのだろう? 続きを読む

  • サイバーセキュリティ上の脅威に晒されている医療業界

    サイバーセキュリティ上の脅威に晒されている医療業界

    情け容赦のないサイバーアタックが、あらゆる産業の企業をひどく苦しめ、そのダメージの修復に巨額の支出を強いている。そして混乱の中で失われるものが、他の産業に比べて大きな ―― しばしばとりわけ大きな ―― ものになる産業もあるほとんど常に、この怪しげ勢力からの注目を集めている企業被害者が、米国第2位の産業である医療業界だ。ハッカーによる業務妨害が、時間や、お金、そして操業停止につながるだけでなく、人命をも危機に晒すのだ。 続きを読む

  • ブランドワールド:中央集権化するエンターテイメント

    ブランドワールド:中央集権化するエンターテイメント

    私はハリウッドの興行収入を眺めることが好きだ。なぜならそれらは文化的トレンドに関する確度の高い統計的ビューを提供してくれるからだ。たとえば読者は、今月初めて、週末に米国で上映されたトップ10のうち8本が続編だったことを知っているだろうか?あるいは、2018年の前半にリリースされた映画は400本を数えるものの、総売上の40%近くがそのうちのたったの4本からもたらされていて、しかもそれらは皆スーパーヒーローものの続編だったことは知っているだろうか? こんなことになるとは想定されていなかった。10年前には、ビジュアルストーリーテリングは一般化… 続きを読む

  • 「未来の仕事」に備えて――終身雇用の終わりと教育、法制度のあり方

    「未来の仕事」に備えて――終身雇用の終わりと教育、法制度のあり方

    今年アメリカの大学を卒業する200万人もの若者の多くは、彼らの両親や祖父母が理解できないようなキャリアを進むことになるだろう。安定した職業やひとつの企業でキャリアをまっとうするような時代はもう終わったのだ。 ハーバード大学エクステンションスクールの学長を務めるHunt Lambertによれば、最近大学を卒業した人たちは、社会人生活の中で3つの異なるキャリアを渡り歩き、約30もの仕事に就く可能性があるのだという。さらに多くは個人事業主、もしくはフリーランスとして仕事に携わることになるため、健康保険や退職金、トレーニングといった重要な福利厚生… 続きを読む

  • 宇宙技術の進歩に追いつけない宇宙法が、イノベーションを殺そうとしている

    宇宙技術の進歩に追いつけない宇宙法が、イノベーションを殺そうとしている

    「ディスラプション」(Disruption)という言葉は、テクノロジーの世界で特に優れた開発や製品を表現するために(過剰に)使われている用語だ。とはいえ、この言葉の本来の意味は、そのカジュアルな意味とは正反対である:ディスラプションというのは「イベント、アクティビティ、あるいはプロセスを妨害する障害や問題」のことなのだ。現在宇宙技術が経験しているのは、この両者の意味のディスラプションである。 信頼できる見積もりによれば、今後5〜7年以内に、地球の住人たちは、これまでのこの惑星の歴史の中で打ち上げられてきたものよりも、さらに多数の衛星を宇… 続きを読む

  • Boxが語るイノベーションへのアプローチ

    Boxが語るイノベーションへのアプローチ

    毎日使っているソフトウェアとサービスが、どのように作られているのかを真剣に考える人はとても少ない。ただアクセスしたいときにそこにあり、ほとんどの場合うまく働いてくれると思っているだけだ。しかし会社というものは、ただ闇雲に出現したり拡大しているわけではない。イノベーションを続けるためにはきちんとしたプロセスと方法が必要だ、もしそうでなければ長続きはしないだろう。 続きを読む

  • 公共向けアルゴリズムには慎重な配慮が必要だ

    公共向けアルゴリズムには慎重な配慮が必要だ

    最近MIT Technology Reviewに掲載された記事で、記事の著者Virginia Eubanksが自身の著書である”Automating Inequality”(不平等の自動化)について論じている。その中で彼女は、貧困層が不平等を増加させる新技術のテスト場にされていると主張している。なかでも、アルゴリズムがソーシャルサービスの受給資格を判断するアルゴリズムに使用されると、人びとがサービスを受けにくくなり、一方では侵害的な個人情報提供を強制される点が強調されている。 私は、法執行機関による顔認識の公的使用に関す… 続きを読む