Akihito Kobayashi

Akihito Kobayashiの最新記事

  • 1600万ドルを調達したCourseraなど有名大学もオンライン講義に本腰を入れる時代に

    1600万ドルを調達したCourseraなど有名大学もオンライン講義に本腰を入れる時代に

    このところ教育系スタートアップの動きが盛んだ。先日もTreehouseが475万ドルを調達というニュースがあったばかりだが、同じくオンライン教育サービスのCourseraが1600万ドルを調達したことを発表した。出資したのは著名VCのKleiner Perkins Caufield & Byers(KPCB)とNew Enterprise Associates(NEA)で、KPCBからはJohn Doerrが、NEAからはScott SandellがCourseraの取締役会に参加する。さらにプリンストン大学・スタンフォード大学・ミシガン大学… 続きを読む

  • Prismaticは「ソーシャル過ぎない」ソーシャルニュースサービス

    Prismaticは「ソーシャル過ぎない」ソーシャルニュースサービス

    元ライブドア社長の堀江貴文氏は、かつて週刊誌に掲載された対談で、「新聞を読まなくてもTwitterで世の中の動きが分かる」と語った。Twitter上で適切なユーザーをフォローしておけば、後は彼らがシェアしてくれるコンテンツを確認するだけで、大切な情報は向こうからやってくるというわけだ。こうしたソーシャルフィルタリングの発想は一般的なものとなり、現在ではFlipboardに代表されるような、シェアされたコンテンツをより確認しやすくするサービスが登場している。 この分野に新たに登場したサービスがPrismaticだ。Flipboardのよう… 続きを読む

  • Dream:ONは夢をコントロールするiPhoneアプリ

    Dream:ONは夢をコントロールするiPhoneアプリ

    一昨年ヒットした映画『インセプション』では、レオナルド・ディカプリオ演じる主人公が自由に夢の世界をコントロールする。彼らは1つの別世界をつくり出すほどの技術力を持っていたが、果たしてそんな技術が現実のものになるのか――いち早く知りたいのであれば、リリースされたばかりのiPhoneアプリDream:ONがそれを叶えてくれるかもしれない。 Dream:ONは基本的に、アラーム時計として使うことができるアプリである。起きる時間とアラーム音、そしてスヌーズ間隔をセットして、枕元に置いて寝ればOKだ。しかしこうした基本的な要素に加えて、「サウンド… 続きを読む

  • Next Issue Mediaは定額で雑誌が読み放題となるサービス。まずはAndroidタブレット用アプリから

    Next Issue Mediaは定額で雑誌が読み放題となるサービス。まずはAndroidタブレット用アプリから

    映像配信ではNetflix、音楽配信ではSpotifyなど、「定額で一定期間コンテンツを楽しみ放題」というサービスが浸透しつつあるが、いよいよ雑誌にもこのモデルが登場した。米大手出版社のCondé Nast、Hearst、Meredith、News Corp.、Time Inc.の5社が参加したジョイントベンチャーNext Issue Mediaが雑誌版Netflixとでも呼ぶべきサービスを立ち上げている。 同社が先日リリースしたのが、Android搭載タブレット向けのニューススタンドアプリ。月額の固定料金(月刊誌だけの場合は9.99ドル、週刊誌… 続きを読む