Eric Eldon

Eric Eldonの最新記事

  • ファンド組成に必要な文書のための無料テンプレートをVC Labが提供

    ファンド組成に必要な文書のための無料テンプレートをVC Labが提供

    昨今、資金豊富なスタートアップが少なくないのかもしれない。しかし、多くの企業はそうではないというだろう。ベンチャーキャピタルのためのアクセラレーターであるVC Labは、世界中に投資する投資家を生み出したいと考えている。 続きを読む

  • リモートワークが当然のものになる中、一等地のプレミアムな長期賃貸物件を提供するUkioが約9.9億円調達

    リモートワークが当然のものになる中、一等地のプレミアムな長期賃貸物件を提供するUkioが約9.9億円調達

    多くのスタートアップ企業がこの10年間、Airbnbに似た、思いつく限りあらゆるバリエーションのサービスを提供しようとしてきた。しかし「Ukio」は、リモートワークが一般的になってきた今、増え続ける賃貸住宅の競合他社と規制当局の間をすり抜ける方法を見つけたと考えている。 続きを読む

  • 近隣小売り店舗への回帰など、意外な2021年の米不動産業界のトレンド

    近隣小売り店舗への回帰など、意外な2021年の米不動産業界のトレンド

    現代社会は、超高層のオフィスビルや高級マンションが立ち並ぶ洗練された大都市を生み出した。そして今、これらの都市の中心で活躍していた人々は、ポストパンデミックの世界での都市のあり方を考えている。ここでは取材を元に、不動産のプロパティテクノロジーに注目する10人のトップ投資家がどのように未来を見据えているかを探る。 続きを読む

  • メールニュースレターのShopifyを目指すLetterhead

    メールニュースレターのShopifyを目指すLetterhead

    最近、国際ブランド、非営利団体、ローカルニュースパブリッシャーなどで、メールニュースレターを導入する組織が増えている。 あなたの組織がメールに注目しているのはおそらく、この10年で、Facebook(フェイスブック)、Google(グーグル)、その他の閉鎖されたプラットフォームによって痛い目に遭わされたからだろう。問題は、今使えるツールがあまりにも汎用的か、あるいはマーケター専用に構築されたものであるという点にある。ニュースレターコンテンツ自体から収益を上げたい場合はどうすればよいのだろうか。 続きを読む

  • 消費者向けテクノロジーの新時代

    消費者向けテクノロジーの新時代

    世間はパンデミック一色だが、TechCrunchはスタートアップ世界の明るい話題を探し回っている。特にいろいろな状況にも関わらず実際に資金が流れている事柄に着目している。 続きを読む

  • XPRIZEがカリフォルニアの火災問題に対するハイテクソリューションを募集中

    XPRIZEがカリフォルニアの火災問題に対するハイテクソリューションを募集中

    カリフォルニア州では今年も山火事の季節が数週間後に迫っている。しかも今年は今まで以上に悪化することが予想されているのだ。そこで、火災が手に負えない状態になる前に発見することを支援しようとする新しい計画が立ち上がった。 続きを読む

  • MicrosoftがNook Mediaを10億ドルで買収検討との内部資料を入手―Nookは来年Androidから他のプラットフォームへ移行か?

    われわれはMicrosoftがNook Media LLCのデジタル部門を10億ドルで買収することを検討しているとの内部文書を入手した。Nook Mediaは一般電子書籍と大学向け電子教科書を販売するためにアメリカの大手書店、Barnes & NobleがMicrosoft及び他の投資家とともに設立したジョイント・ベンチャーだ。Microsoftが買収を検討しているNook Mediaのデジタル事業部には大学向け電子教科書部門、一般電子書籍部門、Nook eリーダーとタブレット部門などが含まれる。またこの文書には、2014年末までにNook… 続きを読む

  • Disrupt NY 2013のファイナリスト7社が決定–企業ニーズに応えるもの多し

    Disrupt NY 2013のファイナリスト7社が決定–企業ニーズに応えるもの多し

    本誌の過去最大級のハッカソンとStartup Alleyと業界リーダーたちの辛口ディスカッションのために、2000名あまりがニューヨークの由緒あるManhattan Centerに集まった。そしてさっき(米国時間4/30)やっと、Battlefieldのファイナリスト7社が決まった。 でもその前に、明日の呼び物は、Ashton KutcherとJoe Lonsdaleと運輸交通に関する大きなパネルとハードウェアスタートアップのリーダー的存在であるLimor FriedへのインタビューとRap Geniusの連中と、そのほかいろいろ&いろい… 続きを読む

  • TechCrunch Disrupt San Francisco 2012のファイナリスト7社決まる

    TechCrunch Disrupt San Francisco 2012のファイナリスト7社決まる

    [筆者: Eric Eldon and Alexia Tsotsis] TechCrunch Disrupt San Francisco 2012は、これまでで最大のDisruptだった。来場者は3000名近く、キーノートやステージインタビューに登場したのはJack Dorsey、Reid Hoffman、Ben Horowitzなどの大物揃い、本誌のファウンダMichael ArringtonがFacebookのMark ZuckerbergにIPO後初の歴史的なインタビューをした今日(米国時間9/11)なんかは、通路が立ち見客で埋まった。 そして明日は、いよいよ… 続きを読む

  • Hootsuiteが老舗TwitterクライアントのSeesmicを買収へ

    Hootsuiteが老舗TwitterクライアントのSeesmicを買収へ

    Seesmicは諦めずにピボットを続けてきたスタートアップの典型だ。その努力が報いられることになったという情報を入手した。HootsuiteがSeesmicを買収する。われわれは価格を取材中だが、現今のソーシャル・メディアの市場を考えるとさほど巨額ではないだろう。 Seesmicは2007年半ばにTwitterのビデオ版としてスタートした。シリコンバレーの多くの投資家(注)が支援した。その後ビデオ・コメント機能に方向を変え、最後にはTwitterを始めとするソーシャル・メディアの総合的なクライアントになった。 続きを読む

  • 急成長の高級旅行クラブInspirato、1550万ドルの増資をとりつける

    急成長の高級旅行クラブInspirato、1550万ドルの増資をとりつける

    コラボ消費とは、一般的に製品やサービスへのアクセス権を売買するためのマーケットプレースを指す。コラボ消費ときくとTaskRabbitとZaarlyのようなスタートアップや、短期のレンタルサービスであるAirbnbを思い出すかもしれない。 Inspiratoは、そのコンセプトをラグジュアリーなバケーション市場に定め、トスカーナ・ヴィラ、ナパ・コテージ、そして7月に完成する航海ヨットのレンタル料を引き下げている。DAG VenturesとMillenium Technology Value Partnersから追加で1550万ドルの調達を決めるほど… 続きを読む

  • シェリル・サンドバーグ、長年のCOOを経てFacebook初の女性取締役に就任

    シェリル・サンドバーグ、長年のCOOを経てFacebook初の女性取締役に就任

    Facebook在籍4年の最高執行責任者(COO)、Sheryl Sandbergが新たな地位を得た。多くの人々がもっと前から彼女が就くべきだと考えてきた役職だ。Sandbergは同社で最初の女性取締役になった。 彼女は同社のあらゆる決定事項に自身の票を投じることができるようになったとFacebookが本誌に伝えた。上場企業の取締役は既存の取締役または株主によって指名される(今回のケースでは他の取締役が選出した)。 続きを読む

  • プログラミング自習サイトCodecademyがグローバル化で$10Mを調達–すでに日本語版は提供開始

    プログラミング自習サイトCodecademyがグローバル化で$10Mを調達–すでに日本語版は提供開始

    人類にプログラミングを教えることを使命とするニューヨークのCodecademyが、最近ますます世間の関心を集め、そのついでに二度目のベンチャーラウンドで1000万ドルを集めた。殺到した投資家は一流揃いで、Kleiner Perkins、Index Ventures、Union Square Ventures、そしてYuri Milner、…それに、Virginレコードなどで有名なRichard Bransonも。 とても時宜を得た資金調達だ。インターネットの上で事業を興したい人は最近ますます増えていて、そのためのスキル修得の需要が爆発的に伸びてい… 続きを読む

  • Facebookのアプリセンター、今日正式スタート

    Facebookのアプリセンター、今日正式スタート

    今われわれはFacebookのプレスイベント会場にいる。もちろん今日リークした新しいモバイルアプリセンターについてだ。殆どの機能は5月の記者発表で明かされているが、おさらいしておこう。これは、ウェブ、iOS、Android、モバイルウェブ等あらゆるプラットフォームに渡ってアプリを探せる集中ストアだ。レーティングや友達が何をプレイしているかよってアプリが薦められる。Facebookが数年前から提供しているお薦め機能に似ている。有償アプリも対象だ。 詳細は続報にてお伝えする予定だが、公式発表は以下の通り。 続きを読む

  • Google、ソーシャルツールバーのMeeboを買収

    Google、ソーシャルツールバーのMeeboを買収

    Meeboはシリコンバレーの古株だ。創立以来すでに7年になる。当初は複数のプラットフォーム相互でチャットを可能にするサービスだったが、やがてソーシャルツールバーを始めとする多彩なサービスを提供するようになった。そのMeeboがマウンテンビューの隣人、Googleに買収されることが決まった。 われわれがこの情報をMeeboに問い合わせたところ、同社は公式ブログで確認した。 続きを読む

  • 今年のTechCrunch Disrupt NYC, 6社のファイナリストが決まる

    今年のTechCrunch Disrupt NYC, 6社のファイナリストが決まる

    今年のTechCrunch Disrupt New York City、ここまでは激しい一週間だった。暴風雨と交通渋滞にもめげず、週末のハッカソンや最後の二日間のインタビュー集、パネル、そしてスタートアップたちのプレゼンテーションには、会場のHell’s Kitchen 94埠頭に、合わせて2000名近くが集まった。 そして明日が、グランドフィナーレだ。 ホワイトハウスの上級技官たちからの発表、ブルックリンのハードウェアメーカーへのインタビュー、起業家でもある映画スターの登場、などなど数々の新機軸に続いて、いよいよ今日(米国時間5/22)… 続きを読む

  • アンドリーセン・ホロウィッツ:パートナー6名が収入の半分を慈善事業に寄付する理由を語る

    アンドリーセン・ホロウィッツ:パートナー6名が収入の半分を慈善事業に寄付する理由を語る

    業界有力者の美しき伝統 ― しかしベンチャーキャピタルは必ずしもそうではない ― として、Andreessen Horowitzのゼネラル・パートナー6名は、彼らの投資による収入の半分以上を慈善事業に寄付することにした。同社はこれまでにもサンドヒルロードのVCたちの注目を集めてきたが、今回の行動はなかなかの波紋を呼びそうだ。 もちろん、米国の資本家たちは19世紀以来、富の大部分を寄付してきた。そしてもちろん、テク業界の最新の巨人たち、Bill GatesやMark Zuckerbergらも先人の足跡をたどっている。しかし、VCは伝統的にそうではない、… 続きを読む

  • 音声メッセージングサービスを提供するVoxerが大躍進中。IVPおよびIntelなどから3000万ドルの資金を調達

    音声メッセージングサービスを提供するVoxerが大躍進中。IVPおよびIntelなどから3000万ドルの資金を調達

    ウォーキー・トーキー風インタフェースで、友だちに簡単にメッセージを残せるVoxerというアプリケーションはもうお使いだろうか。iPhone版とAndroid版がリリースされている。このVoxerは昨年11月、一夜にしてに人気を集めて、アプリケーションストアにてソーシャルネットワーキング部門のトップになったと思っている人も多いかもしれない。しかし実は創業5年目を迎えており、大成功をおさめるまでには設計開発にずっと努力を重ねていた。 そのVoxerが資金調達ラウンドを完了し、3000万ドル以上の資金を調達したという話が複数情報筋から入ってき… 続きを読む

  • U2のボノとジ・エッジがDropboxに投資していた!

    U2のボノとジ・エッジがDropboxに投資していた!

    最近ではセレブがテクノロジー企業に投資するのはそう珍しいことではなくなっているが、この投資はかなり玄人だ。アイルランドの人気ロックバンド、U2のボーカル、ボノとリード・ギターのジ・エッジの2人が昨年Dropboxが実施した2億5000万ドルの投資ラウンドに参加していたことが今日(米国時間4/2)のDropboxの公式ツイートで判明した。 ボノが個人として公けにスタートアップに投資したのはおそらくこれが最初だろう。それもFacebookなど世界的に認められた巨大企業やある程度成熟段階にあるスタートアップではなく、Dropboxのような初期… 続きを読む

  • Y Combinatorのデモ・デーは過去最大の66社が参加―内容はモバイル系が急増

    Y Combinatorのデモ・デーは過去最大の66社が参加―内容はモバイル系が急増

    Y Combinatorのデモ・デーにはついては報告すべきことがたくさんある。今回Y/Cの「冬のクラス」を卒業するスタートアップは過去最大の66社に上った。今までのクラスと比べて数が多いだけでなく、内容もはるかにバラエティーに富んでいた。また女性やマイノリティーの起業家の数も増えた。会場のコンピュータ歴史博物館に詰めかけた聴衆もこの種の催しで考えられる最高のレベルだった。シリコンバレーのエリートが揃って顔を見せたのに加えて、アメリカ中、世界中から有力投資家が来た。 しかしいちばん印象に残ったのはここでローンチされた各種プロダクトの内容だ。… 続きを読む