ゲストライター

ゲストライターの最新記事

  • インターネット権利法案は私たちの道義的義務の一部に過ぎない

    インターネット権利法案は私たちの道義的義務の一部に過ぎない

    米連邦下院議員Ro Khannaが提案しているインターネットの権利法案(Internet Bill of Rights)は、インターネットの個人の権利擁護を積極的に推進する。これは、アメリカならびに世界の現在の法律に欠けている決定的な要素を示すガイドラインであり、すべての党派に伝わるよう一括化されている。悪魔は細部に潜んでいるというのが夜の常だ。Khanna議員のインターネット権利法案には、まだかなり主観的な部分が残っている。 続きを読む

  • 今、ブラジルのヘルステック分野が熱い

    今、ブラジルのヘルステック分野が熱い

    大勢の人が絡む大きな問題に取り組むことは、起業家と投資家の両方にとって絶好のチャンスとなる。たとえば近年のブラジルでは、フィンテックによる金融改革や、新しいオンデマンドのビジネスモデルに投資が集中しているが、ヘルステック関連のスタートアップも、ブラジルで爆発的な増加を見せている。 続きを読む

  • イーロン・マスクがSECに目をつけられるのは仕方がない

    イーロン・マスクがSECに目をつけられるのは仕方がない

    イーロン・マスクの4つのツイート。1つは、米証券取引委員会(SEC)による提訴。そして2つの和解案。さらにはSECを揶揄するツイート。Teslaの車とエネルギーの事業に疑いの眼差しを向けた人たちは間違いだったとTeslaは証明し続けている一方で、現在展開されているソーシャルメディア劇場では財務面での動きを伴っている。マスクが先週末にSECと和解したことを受け、株価は月曜日に一株あたり310.70ドルに上昇した。しかし結局は金曜日に1週間前とほぼ同じ261.95ドルとなった。これはおそらく投資家がイーロン・マスクの現在進行形のツイッター… 続きを読む

  • 自動化によって仕事が失われても人は技術を学べる

    自動化によって仕事が失われても人は技術を学べる

    これは、ごく一般的な光景だ。あるトラック運転手がハイウエイを降りて、給油と食事のためにトラックを停める。彼女はカウンターの脇に立っているウェイターにハンバーバーとポテトを注文し、隣の店で持ち帰り用のコーヒーを買う。 しかしあと数年で、この日常的な、なんでもないやり取りは過去のものになる。トラック運転手も、ウェイターも、店員も、次第に機械に置き換えられるからだ。 続きを読む

  • IPO
    流動性が中国のスタートアップの利点だ

    流動性が中国のスタートアップの利点だ

    【編集部注】著者のArman TabatabaiはTechCrunchのリサーチコンサルタント 今年になって中国のハイテク企業のIPOラッシュが見出しを賑わしているが、何より興味深いのは、彼らがそこに辿り着く速さだ。 従来は「公開する」という行為は、沢山の眠らない夜たちと会社の立ち上げの犠牲となった誕生日祝いたちの喜ばしい集大成だった。長い登山の頂点に、創業者とベンチャーキャピタルたちはようやく労働の成果を見ることになるのだ。 しかし、米国の企業たちに比べると中国企業たちは、遥かに速くその頂点に辿り着いているように見える。初期のベンチャー資金… 続きを読む

  • Polestar、打倒Teslaの初EV公開

    Polestar、打倒Teslaの初EV公開

    Polestarは同社初の電気自動車(EV)を発表した。正面切ってTeslaに狙いをつけていて、ニューヨークでCEOが披露した。 続きを読む

  • スタートアップは国際投資をいかに確保できるか

    スタートアップは国際投資をいかに確保できるか

    中南米でスタートアップが資金を調達するのは、砂漠のど真ん中で水飲み場を探すようなものだ。どこかにあるはずだ、というのは分かっていても、タイミングよく見つけ出すには生死を伴う。 続きを読む

  • ハーレー・ダビッドソン、シリコンバレーに研究開発センターを開設してEV生産を支援

    ハーレー・ダビッドソン、シリコンバレーに研究開発センターを開設してEV生産を支援

    Harley-Davidson、アメリカを象徴する内燃機関モーターサイクルメーカーが、2輪EVに本格参入する。 続きを読む

  • バッテリーの命が難民の命、スマホに依存する難民の実情

    バッテリーの命が難民の命、スマホに依存する難民の実情

    人間の寿命とバッテリーの寿命を同じに考える人は少ないと思うが、戦争や飢餓から逃れてきた大勢の難民たちにとっては、わずか1パーセントのバッテリー残量が、適時に適切な情報を与えてくれる生命線となる。それがなければ、生き残ることはできない。 続きを読む

  • 予算目的別、おすすめワイヤレスヘッドフォン(イヤフォン)

    予算目的別、おすすめワイヤレスヘッドフォン(イヤフォン)

    スマートフォンが普及して、ヘッドフォンさえあれば、いつでも好きな音楽、ポッドキャスト、あるいはオーディオブックを聴くことができるようになった。さらに、自分好みのものを聴きながらも電話を受け損なうこともない。 続きを読む

  • FacebookやTwitterはヘイトスピーチ対策で足並みを揃えるときだ

    FacebookやTwitterはヘイトスピーチ対策で足並みを揃えるときだ

    2016年のドナルド・トランプの選挙以来、Facebook やTwitterといったソーシャルメディアプラットフォーム上でのヘイトスピーチに注目が集まるようになった。活動家がこれらの企業にコンテンツの節度を改善するよう圧力をかける一方で、いくつかのグループは(ドイツ政府は関与せず)即座にプラットフォームを告訴した。 続きを読む

  • シリコンバレーはいかにレイバー・デーを祝うべきか

    シリコンバレーはいかにレイバー・デーを祝うべきか

    25歳のエンジニアに、「あなたにとってレイバー・デーとは何か」と聞くとしよう。すると彼もしくは彼女は、こう答えるかもしれない。夏の休暇のあとにくるおまけの3日間。あるいは、ドローレス公園でバーベキューをする日。はたまた、学生生活を再び体験するために毎年恒例のタホ旅行をするための日。いや、シンプルに、普段激務だからゆっくりする日、かもしれない。 続きを読む

  • AI
    事故や災害の損害査定にAIを活用するスタートアップTractable

    事故や災害の損害査定にAIを活用するスタートアップTractable

    「私たちの展望と活動の説明に10分間付き合っていただき、嬉しく思います。しかし、これから15分間で、私たちが今、何を得たか、何を達成したか、私たちのAIは何をするのかを解説します」と、Tractableの共同創設者でCEOのAlexandre Dalyacは、数週間前、私がかけたビデオ通話で言った。「もっと短くなりませんか」と私は冗談を返した。 続きを読む

  • 医師が患者とグローバルな医療システムに求めるデジタル療法

    医師が患者とグローバルな医療システムに求めるデジタル療法

    デジタル製品が、最終的に私たちの健康によいインパクトを与えているかどうかは、難しい問題だ。ほとんどのものが、スロットマシンと同じようにドーパミンを放出させるよう作られている。夢中になるように設計されたゲームにはまって少年期を無駄に過ごしてしまった人の話は、みんなも聞いているとおりだ。そしてWHO(世界保健機構)は、ビデオゲーム中毒は精神疾患であると認定するに至った。 続きを読む

  • 分散チームがオフィス内駆引きのルールを書き換える

    分散チームがオフィス内駆引きのルールを書き換える

    私たちが理想的な自宅をデザインしようとしているときには、ドアも壁もない大部屋に何千人もの仲間がひしめいている状況を想定したりはしない。しかし、私たちが1日の大部分を過ごす現代の職場に対して、企業のオフィス設計者たちは、壁を取り除きより多くの人びとを同じ物理空間に集めることが、従来の階層的なオフィス政治の摩擦を取り除きつつ、より良い協業を育むのだと主張している。 しかしそもそも全くオフィスがない場合にどうなるのだろう? 続きを読む

  • サイバーセキュリティ上の脅威に晒されている医療業界

    サイバーセキュリティ上の脅威に晒されている医療業界

    情け容赦のないサイバーアタックが、あらゆる産業の企業をひどく苦しめ、そのダメージの修復に巨額の支出を強いている。そして混乱の中で失われるものが、他の産業に比べて大きな ―― しばしばとりわけ大きな ―― ものになる産業もあるほとんど常に、この怪しげ勢力からの注目を集めている企業被害者が、米国第2位の産業である医療業界だ。ハッカーによる業務妨害が、時間や、お金、そして操業停止につながるだけでなく、人命をも危機に晒すのだ。 続きを読む

  • ボストンエリアのスタートアップが、ニューヨークのベンチャー企業の数を追い抜く勢いに

    ボストンエリアのスタートアップが、ニューヨークのベンチャー企業の数を追い抜く勢いに

    ボストンは、米国で2番目に大きいスタートアップ資金調達の中心地としての、旧来の地位を回復した。 ニューヨークの年間ベンチャー投資総額の後塵を、何年にも渡って拝し続けたマサチューセッツ州が、2018年に遂にリードを奪い返したのだ。ボストンのメトロエリアへの今年のベンチャー投資額は、これまでのところ52億ドルとなり、ここ数年のうちでも最も高い年間合計になる予想が出されている。 現時点でのマサチューセッツ州の年初来の数字は、ニューヨーク市全体の数字よりも約15%高いものだ。このことは、今年ボストンのバイオテック重視のベンチャーを、これまでのとこ… 続きを読む

  • 「未来の仕事」に備えて――終身雇用の終わりと教育、法制度のあり方

    「未来の仕事」に備えて――終身雇用の終わりと教育、法制度のあり方

    今年アメリカの大学を卒業する200万人もの若者の多くは、彼らの両親や祖父母が理解できないようなキャリアを進むことになるだろう。安定した職業やひとつの企業でキャリアをまっとうするような時代はもう終わったのだ。 ハーバード大学エクステンションスクールの学長を務めるHunt Lambertによれば、最近大学を卒業した人たちは、社会人生活の中で3つの異なるキャリアを渡り歩き、約30もの仕事に就く可能性があるのだという。さらに多くは個人事業主、もしくはフリーランスとして仕事に携わることになるため、健康保険や退職金、トレーニングといった重要な福利厚生… 続きを読む

  • 米国内で銃の3Dプリントデータの配布は合法になった…次はどうなる?

    米国内で銃の3Dプリントデータの配布は合法になった…次はどうなる?

    7月10日火曜日、アメリカ合衆国司法省は、オースチンに本拠地を置くDefense Distributed(DD)との間の画期的合意を発表した。DDは若きカリスマリーダーによって率いられた何かと物議をかもすスタートアップであり、そのリーダーはかつてWiredによって世界で最も危険な15人の1人として名指しされた人物だ。 極度に多弁でメディアにも精通しているCody Wilsonは、Defense Distributedの主力製品である銃製造装置Ghost Gunnerが、米国だけでなく世界中で、銃規制の最終局面につながるだろうという熱弁を、記者に… 続きを読む

  • 宇宙技術の進歩に追いつけない宇宙法が、イノベーションを殺そうとしている

    宇宙技術の進歩に追いつけない宇宙法が、イノベーションを殺そうとしている

    「ディスラプション」(Disruption)という言葉は、テクノロジーの世界で特に優れた開発や製品を表現するために(過剰に)使われている用語だ。とはいえ、この言葉の本来の意味は、そのカジュアルな意味とは正反対である:ディスラプションというのは「イベント、アクティビティ、あるいはプロセスを妨害する障害や問題」のことなのだ。現在宇宙技術が経験しているのは、この両者の意味のディスラプションである。 信頼できる見積もりによれば、今後5〜7年以内に、地球の住人たちは、これまでのこの惑星の歴史の中で打ち上げられてきたものよりも、さらに多数の衛星を宇… 続きを読む