Ingrid Lunden

Ingrid Lundenの最新記事

  • AR
    WayRayのホログラフィックAR HUDにポルシェなど自動車メーカーが800万ドルを投資

    WayRayのホログラフィックAR HUDにポルシェなど自動車メーカーが800万ドルを投資

    巨大にして古い体質を引きずる自動車産業は、次世代の自動車技術を開発してもらおうと、革新的なスタートアップに望みと夢を託してきた。そのいちばん新しい物語のページが、先日、開かれた。チューリッヒに本社を置くホログラフィーを使った拡張現実技術(AR)とハードウエア(運転者の視界に映像を投影するヘッドアップ・ディスプレイ(HUD)に使われる)を開発する企業WayRayが、ポルシェが主導するシリーズC投資として800万ドル(約9億円)の資金を調達した。これには、現代自動車、以前から同社に投資を行っているアリババ・グループ、招商局集団、JVCケン… 続きを読む

  • PayPal、ローカライズ可能なワンタッチ支払いボタンを海外展開

    PayPal、ローカライズ可能なワンタッチ支払いボタンを海外展開

    アメリカでEコマースといえば、クレジットカードなどのカード支払いに決っているが、海外は大きく違う。実にさまざまな選択肢——着払い、銀行振り込み、携帯アカウント、等々——がさまざまな組み合わせで使われている。本日(米国時間9/17)PayPal——世界で2億5000万のアクティブユーザーアカウントを持つ支払い会社——がその問題を解決すべく、”Checkout with Smart Payment Button” を全世界に提供開… 続きを読む

  • Amazonは、Echo ShowやEcho Spot上での画像検索のために、Gettyに対して映像の提供を求めている

    Amazonは、Echo ShowやEcho Spot上での画像検索のために、Gettyに対して映像の提供を求めている

    Getty一族がGetty Imagesのコントロールを取り戻したこと(およそ30億ドルと報じられている)に続いて、同社はその画像がさらに多くの人に目に触れるようにするための、拡大の動きを発表した。同社は現在Amazonと協力して、2億枚のデジタルイメージのカタログから画像を提供し、スクリーンを持つEcho ShowとEcho Spotデバイスでの検索に投入しようとしている。 続きを読む

  • Google Street ViewのライバルMapilleryは、Amazonと協力して3億5000万枚の画像DBからテキストを読み込んでいる

    Google Street ViewのライバルMapilleryは、Amazonと協力して3億5000万枚の画像DBからテキストを読み込んでいる

    スウェーデンのスタートアップMapillaryは、クラウドソーシングによるストリート映像を使うことで、Googleやその他の企業たちに世界の地図化で対抗することを狙う企業だ。そのMapillaryがこのたび、そのプラットホームの開発の中で興味深い一歩を踏み出した。同社は現在、Amazonと協力し、特にそのRekognition APIを使って、Mapillaryの3億5000万枚の画像データの中から、テキストを検出し読み込もうとしている。 新機能の最初のアプリケーションは、米国の大都市(まだどの都市かは発表されていない)で使えるもので、路… 続きを読む

  • 人気瞑想アプリHeadspaceがAlpine.AIの買収でAIを装備へ

    人気瞑想アプリHeadspaceがAlpine.AIの買収でAIを装備へ

    3100万人のユーザーを擁し、評価額3億2000万ドル(約356億円)の瞑想アプリHeadspace(ヘッドスペース)は、他の健康関連商品と差をつけようと、音声認識とAIの技術を倍掛けしようと考えている。同社は本日(米国時間9月4日)、デジタル・アシスタント市場の黎明期から活躍していた企業Alpine.AI(元VoiceLabs)を買収したと発表した。それには、Headspaceの主要アプリの音声による操作を高度化する狙いがある。 続きを読む

  • アレックス・ジョーンズのTwitterアカウント、永久禁止にーコンテンツで新たに違反

    アレックス・ジョーンズのTwitterアカウント、永久禁止にーコンテンツで新たに違反

    Twitterは、なぜAlex Jonesのアカウントと彼のオンラインメディアウェブサイトInfowarsを完全に閉鎖しなかったのか、というこれまでの議論に終止符を打った。彼のアカウントとサイトには攻撃的な言葉がみられるとして多くの人が苦情を寄せていたが、最終的にTwitterとTwitterのビデオプラットフォームPeriscopeはJonesのアカウントとサイトを禁止処分にした。 続きを読む

  • メッセージアプリだけで成功した高級品専門店Threadsが22億円の投資金を獲得

    メッセージアプリだけで成功した高級品専門店Threadsが22億円の投資金を獲得

    eコマースの市場と聞いてまず思い浮かべるのが、ウェブサイト上に作られた店舗やアプリだろう。しかし今、そのどちらも持たずに、また今後持つ予定もなく、多額の現金を集めて、商品の販売活動を行なっているスタートアップがある。彼らが使っているのは、その成長の原動力でもあるプラットフォーム、「メッセージアプリ」だ。 続きを読む

  • Amazonが映画館チェーンを買収か?

    Amazonが映画館チェーンを買収か?

    Amazonは、実際の映画館の世界で、より多くの進めるための準備をしているのかもしれない。ブルームバーグによれば、この電子商取引の巨人はLandmark Theatresの獲得の準備をしているらしい。Landmark Theatresは米国最大の芸術映画(インディーズならびに外国映画)チェーンを自称しており、27地域268スクリーンにまたがる52の映画館を結んでいる。 ブルームバーグの情報提供者によれば、AmazonはWagner/Cuban Cosからの事業買収の可能性と競い合うことになるという。だが最終的な決定はなされていない。 各社はこの… 続きを読む

  • ビジネスチャットのSlack、 さらに4億ドルを調達中――ポストマネーは70億ドル以上か

    ビジネスチャットのSlack、 さらに4億ドルを調達中――ポストマネーは70億ドル以上か

    Slackはビジネスパーソンが社内、社外で共同作業をすることを助けるプラットフォームだ。手軽にチャットし何百というフォーマットのデータを簡単に共同利用できる。こここ数年の急成長は目をみはらせるものがあった。最近ではアクティブ・ユーザー800万人、うち有料ユーザー300万人というマイルストーンを達成している。このSlackが現在さらなる大型資金調達に動いている。 続きを読む

  • 米国eコマースにおけるAmazonのシェアが49%にー小売全体では5%を占める

    米国eコマースにおけるAmazonのシェアが49%にー小売全体では5%を占める

    独占禁止調査の脅しに関して、Amazonはすでにホワイトハウスの標的になっている。これは特定のものを標的にするトランプ流の猛攻なのだと言う人もいるが、このほどeMarketerの研究員が発表した数字は、火に油を注ぐことになるかもしれない。 続きを読む

  • Amazon、オンライン薬局のPillPackを10億ドル以下で買収

    Amazon、オンライン薬局のPillPackを10億ドル以下で買収

    Berkshire Hathaway、JPMorganとのヘルスケア共同ベンチャーのCEOを指名して1週間。Amazonは今日、買収を発表した。今回の買収には、今後ヘルスケア業界で直接的かつ商業的な役割を担うという意味合いが込められている。Amazonが買収するのは、消費者が処方箋薬を購入できるオンライン薬局PillPackだ。 続きを読む

  • GoogleがフィーチャーフォンOSのKaiOSに2200万ドルを投資

    GoogleがフィーチャーフォンOSのKaiOSに2200万ドルを投資

    Googleは、検索、地図、音声アシスタントのようなGoogleサービスを、新興市場のさらなる10億人のインターネットユーザーに提供するという目標の実現に向けて、スタートアップ投資を強化しようとしている。今回Googleは、2200万ドルの投資をKaiOS社に対して行った。同社はフィーチャーフォン向けの同名のOSを開発している会社で、そのOSは多くのネイティブアプリやスマートフォンのようなサービスを搭載している。投資の一環として、今年の初めにKaiOS搭載のNokia携帯向けGoogleアプリを発表して以来、KaiOSは検索、地図、Y… 続きを読む

  • Googleがデスクトップの新しい画像検索をテスト中、検索結果がPinterestに似てるだけ?

    Googleがデスクトップの新しい画像検索をテスト中、検索結果がPinterestに似てるだけ?

    ビジュアル検索の結果として言葉ではなく絵が欲しい人向けの、検索結果の提示の仕方は、Pinterestがスタンダードになってる。今やGoogleも、デスクトップ上の検索でPinterestに見習いたいようだ。 今テスト中の新しい画像検索では、絵が横ではなく縦に並ぶ(上図)。で、Pinterestみたいになる。画像の一つ々々にキャプションがつき、説明のバッジがつくこともある(“プロダクト”(製品〜商品)、“ビデオ”など)。 続きを読む

  • Airbnb、緊急時に備えた宿泊提供ボランティア登録を受付へ

    Airbnb、緊急時に備えた宿泊提供ボランティア登録を受付へ

    宿泊先を探している人に個人が自分の家や部屋を貸し出すことができる旅行スタートアップAirbnbには、オープンハウスプログラムというものがあり、これまで1万7000日分もの宿泊を提供してきた。これはAirbnbホストのボランティアプログラムで、ハリケーンや洪水、その他の自然災害などで避難を余儀なくされた人や、災害に遭った家族をサポートするために他の都市から来た人に、家や部屋を無料で提供するというものだ。 続きを読む

  • Airbnbが日本の旅館業法の改正で予約をキャンセルされたユーザーのため$10Mのファンドを設立

    Airbnbが日本の旅館業法の改正で予約をキャンセルされたユーザーのため$10Mのファンドを設立

    Airbnbは、シリコンバレーで生まれた共有経済ブームの口火を切った企業のひとつで、その旅行者向けサービスプラットホームは現在の評価額が300億ドルに達する。それは、人びとがプライベートな家を宿泊などのために予約できるサービスだが、国によっては厳しい規制にぶつかることもある。 Airbnbは日本で、法律の改正でホストに免許を義務付けることになったため、大量の予約をキャンセルしなければならなくなった。 続きを読む

  • Apple App Store登録デベロッパーは2000万名、累積売上1000億ドル、毎週のビジター数5億

    Apple App Store登録デベロッパーは2000万名、累積売上1000億ドル、毎週のビジター数5億

    Microsoftがデベロッパーに大人気のコードリポジトリGitHubを買収したばかりだが、現時点で多くのデベロッパーがお金を稼いでいる場所はAppleだ。今日のWWDCでAppleのCEO Tim Cookは、iOSの登録デベロッパーが2000万名、そしてApp Storeにおける彼らのこれまでの累積売上が約1000億ドル、App Storeの1週間のビジターは5億名、と発表した。 続きを読む

  • iOS版Telegramのアップデートが再開――Appleが凍結を解除

    iOS版Telegramのアップデートが再開――Appleが凍結を解除

    一日のあいだに物事は良い方向にも悪い方向にも変わるものだ。6月1日、TelegramのCEO Pavel Durovは、6週間におよぶ凍結期間を経てiOS版Telegramのアップデートを再開すると発表した。凍結期間のあいだ、Appleは世界中のApp Storeに登録されたTelegramには手をつけず、すでに同アプリをインストールしたユーザーに対するプッシュ通知も許可していたが、Telegramのアップデートを受け付けていなかったのだ。弊誌が確認したところ、現在ではTelegramのアップデートを許可していることをAppleも認めた。… 続きを読む

  • PayPal、決済プラットフォームのiZettleを22億ドルで現金買収へ

    PayPal、決済プラットフォームのiZettleを22億ドルで現金買収へ

    PayPalが、米国外でのスモールビジネスやマーケット向けの店頭決済分野でこれまでになく大きな賭けに出る。それは、SquareやStripe、そのほかの決済サービスへの攻勢ととれる。というのも、PayPalはiZettleを買収すると発表したからだ。iZettleはストックホルム拠点の決済プロバイダーで、よく“欧州のSquare”と称される。そのiZettleを22億ドル全額現金で買収する。 続きを読む

  • GoogleがLytroを4000万ドル前後で買収との情報――ライトフィールド技術でVR世界構築強化

    GoogleがLytroを4000万ドル前後で買収との情報――ライトフィールド技術でVR世界構築強化

    先週、Googleは仮想現実中で没入的写真を表示する新しいアプリを発表した。また多数のカメラを利用してこうした全周写真を撮影するテクノロジーも紹介している。これは16台のGoProカメラを円周上に配置したデバイスだったが、Googleではエンドユーザーが手軽に利用できるサードパーティーのテクノロジーの採用を準備しているという観測が広がっていた。 続きを読む

  • Blue Visionから複数ユーザーが共有するARプラットフォームのSDK――Google他から1450万ドルを調達

    Blue Visionから複数ユーザーが共有するARプラットフォームのSDK――Google他から1450万ドルを調達

    今日(米国時間3/15)、ロンドンを本拠とするAR(拡張現実)のスタートアップ、Blue Vision Labsはステルス状態を抜け出し 世界で初となるコラボレーションAIを実現する新しいプラットフォームを発表した。共同ファウンダーはオックスフォードとインペリアル・カレッジのコンピュータービジョンの専門家だ。今回発表されたAPIとSDKを通じてBlue Visionのテクノロジーを用いると、複数のユーザーが同一のバーチャル空間にオブジェクトを表示させ、対話的に操作できるようになる。特にバーチャル・オブジェクトを表示するための空間認識の精度は… 続きを読む