Mike Arrington

Mike Arringtonの最新記事

  • Siriの天敵Eviが再び攻勢に: Wolfram AlphaからBerkowitzをCEOに迎えて合衆国に進出

    Siriの天敵Eviが再び攻勢に: Wolfram AlphaからBerkowitzをCEOに迎えて合衆国に進出

    昨日(米国時間6/11)のAppleの、Siriのアップグレードに関する発表は何を意味していたのか? 明らかにSiriは今や、同社の戦略の中核であり、iOSとのより深い統合により重要性を増している。しかし音声によるQ&Aやアクションの重要性を理解している企業はほかにも多いし、Android上にもVlingoなど類似の試みがある。でも今現在、Siriに対抗しうるアプリといえばEviだろう。Eviは、1月の終わりにロンチするやいなやたちまち、App Storeから下ろすとAppleから脅された。結局残ることにはなったが、Eviはそ… 続きを読む

  • 情報筋より: GoogleはTwitterの買収で交渉中(更新版)

    これは、内部の二人の人から聞いた超ビッグニュース(または噂)だ: GoogleはTwitterを買収するための最終段階の交渉に入っている。いくらで買うのか分からないが、最近の資金調達での評価額が$250M(2億5000万ドル)だったから、それよりずっと上になるだろう。 Twitterはわずか数か月前に、Facebookからの5億ドルという買収申し出を断った。ただしそれは部分的にはFacebookの株の過大評価に基づいていた。Googleは現金と/または時価の株…現金と同じ…で払うのだろう。だから最終的な買収価額がどれだけであっても、それを… 続きを読む

  • Twitterについてはそろそろ検索エンジンとして考えるべきだ

    Twitterについてはそろそろ検索エンジンとして考えるべきだ

    今晩(米国時間3/5)、ある友人と夕食をいっしょにしたが、話がTwitterのことになった。友人はTwitterといってもどうもピンとこないようだった。私のまわりでTwitterについてピンとこない人間は彼一人ではないが、特にTwitterが最近の資金調達で得た$250M(2億5千万ドル)以上という巨額の会社価値評価に納得がいかない様子だった。私はその評価は当然だと説明した。なぜならTwitterは、何にも増して、検索エンジンだからだ。 私はTwitterをマイクロ・ブログ・サービスだと考えていると説明した。膨大な感情―苦情などがそこに… 続きを読む

  • Sequoia Capital、56枚のスライドで運命の暗転を説く

    View this document on Scribd われわれは(VentureBeatもだが)、Sequoia Capitalが今週、投資先企業のCEOに送りつけたスライドを入手することに成功した。56枚にもおよぶ長いパワーポイントのプレゼンで、シリコンバレーの運命が暗転したことを述べている。昨日われわれが報じたRon Conwayが投資先130社に送った警告のメールとだいたい同趣旨のものだ。 スライドの最後は「目を覚ませ。でなけりゃ家へ帰れ」と結ばれている。 Benchmark Capitalもこれに見習って、投資先企業にメールを送った。どれもメ… 続きを読む

  • マイクロソフトの提案―ヤフーに決断の時

    マイクロソフトの提案―ヤフーに決断の時

    Microsoftが1株あたり$31でYahooを買収するという提案が発表された当初の衝撃は収まりつつある。そしてYahooに残された選択の幅も冷静に理解されるようになってきた。まず、救いに駆けつけるホワイトナイトその他、新たな買収の申し出はないということが確実になってきた。現在のアメリカの資金調達市場の緊縮がこのことをいっそう確実にしている。 Yahooは競合する買収の提案―どんな提案でもいいから喉から手が出るほど欲しい。その結果が単にMicrosoftの言い値を$40台吊り上げるだけの結果になってもだ。競合する申し出がひとつもなけれ… 続きを読む

  • アリーナの男

    Yossi VardiはTechCrunchを始めてこのかた知り合った中でも、本当に知り合えて良かったと心から喜べる一人だ。世界中のテクノロジー関連のイベントを飛び回っている人なので、会場で人垣に囲まれてニコニコしているモシャモシャ頭の男を見かけたら、それがヨシだ。 彼の業績を知りたい人は、wikipediaのエントリが参考になる。ICQの最初の投資家として有名だが、それ以外にも60社を超える企業に出資している。 先月もわざわざ専門家パネルとしてTechCrunch40参加のために時間を割いてくれた。 スタートアップ各社と討論中、ヨシはセオド… 続きを読む

  • Apple、iPhone発表を受けて株価急騰

    Apple CEOのSteve Jobsがまたまた誰にもマネできないやり方で聴衆をうならしてくれた。 サンフランシスコで開催中のMacWorld基調講演。この壇上でJobsが発表したiPhoneは、こうして説明を聞いてみるとこれまでの業界の流れを変えるものになるのではと思われる。市場もそれに同意しているようで、本稿執筆時点でApple株は7%以上跳ね上がり、その一方でライバルのResearch in Motion(Blackberry)は6%以上も下がり、時価総額$2B(20億ドル)分が泡と消えた。TreoメーカーのPalmも6%近くダウン。 i… 続きを読む

  • Facebook、たった今「自由登録制」としてスタート

    Facebook、たった今「自由登録制」としてスタート

    Techcrunchではこうなるだろうと2週間前に書いていたわけだが、たった今、Facebookは登録にあたって(ユーザーのドメインに関する)制限を撤廃、誰でも地域のネットワークから登録することができるようになった。 Facebookはこの改革で排他的なクラブの雰囲気を好ましく思っている既存ユーザーからの反発を覚悟していた。新しいプライバシーの管理機能が先週追加され、ユーザーは自分に関するデータを誰が見ることができるか、よりきめ細かくコントロールできるようになった。今回特に追加された新たな機能は 指定するネットワークに属する相手からの氏名… 続きを読む

  • OK、今日のAppleの記者発表を総括しておこう

    OK、今日のAppleの記者発表を総括しておこう

    Steve Jobsが本日(米国時間9/12)サンフランシスコのステージで山ほど発表した内容。新型ハードウェア。新型ソフト。全スペクトラム。私もこの日は会場にいたのでリアルタイムの原稿はこちらで読める。私の写真はココ。要は既存iPodのラインのすべてに改善が施されたわけだが、(噂のタッチスクリーンiPodのような)重大な変更は特に発表されなかった。 これからは動画ダウンロードができて、新型ハードウェア端末「iTV」(仮称)が出る、これでiTunesがリビングで楽しめる、まあ、そういうことだ。 発表の詳細は以下の通り。 動画対応のiTunes 7… 続きを読む

  • Facebook、学生の反抗から辛うじて避難

    Facebook、学生の反抗から辛うじて避難

    Facebookでサービス改訂が大問題になっている。と聞いても分からない人はここ(日本語記事)とここ(日本語記事)に関連記事がある。 Facebookが新たに導入した関連サービスのNews FeedとMini Feed。この2つが登場したことによりFacebookユーザーは自分と友だちの近況(交友関係の変化、写真、追加のコメントなど)を素早く閲覧可能に なったはいいが、新サービス導入がプライバシーの問題ぶくみであることに気付いた何十万ユーザーが反発。アンチFacebookグループを結成(日本語記事)し、新サービスの撤回を求めていた。 これを受け… 続きを読む

  • FacebookとiTunes、学生たちを子供扱い

    FacebookとiTunes、学生たちを子供扱い

    今日(米国時間7/25)、学生をターゲットにしたソーシャルネットワークのFacebook はiTunesとBack to Schoolというプロモーションの提携契約を発表した。これは合法的な手段でオンラインで音楽を購入することを教えるよい機会であると思ったのだが・・・。ところが、この契約はジャンルごとにあらかじめ選定された25曲のプレイリスト、何百もの”samplers(試聴サンプル)”を無料で提供するものだという。学生たちがここから学ぶレッスンとは何なのだろうか? iTunesの ミュージックストアは窮屈に管理された… 続きを読む