Ron Miller

Ron Millerの最新記事

  • ZendeskはZendesk Sunshineの立ち上げでプラットフォームへと移行

    ZendeskはZendesk Sunshineの立ち上げでプラットフォームへと移行

    Zendeskはこれまでずっとクラウド内での顧客サービスに力を入れてきた。彼らは9月にBaseを買収することで、セールスオートメーションならびにCRMに幅広く参入することを始めた。そして本日(米国時間11月13日)同社はZendesk Sunshineを発表した。これはZendeskツールセット上に、カスタマー中心のソフトウェアを構築するための新しいプラットフォームだ。 続きを読む

  • M&A
    直近の取引だけでも500億ドル:企業の今年のショッピングシーズンは既にスタート

    直近の取引だけでも500億ドル:企業の今年のショッピングシーズンは既にスタート

    ブラックフライデーにはまだ10日ほど早いが、今年の企業のショッピングシーズンは既に始まっている。ここ数ヶ月だけでも私たちは合計500億ドルに及ぶ買収を目撃してきた。その最大のものは、2週間前に340億ドルで行われたIBMによるRed Hatの買収だ。一体何が起きているのだろうか? 全てがそこまで大規模の取引というわけではないが、見慣れない大きな規模の取引が今年は続いている。大きなテック企業たちが、昨年の納税の一部として、海外から送金することが可能になったことで、こうしたことが起きることを預言していた人たちもいた。 続きを読む

  • DropboxのExtensionsでストアしたコンテンツへの仕事がDropboxに居ながらにしてできる

    DropboxのExtensionsでストアしたコンテンツへの仕事がDropboxに居ながらにしてできる

    Dropboxには前から、そこに保存したファイルにプログラムからアクセスするためのAPIがある。また同社は、Adobe, Google, Autodesk, Microsoftなどの大企業とパートナーシップを結んできた。そして今日(米国時間11/5)は、サードパーティのパートナーとのワークフローの構築と統合を(Dropbox内で)していくための、Dropbox Extensionsと呼ばれるサービスをローンチした。 続きを読む

  • Abbyyがスキャンとワークフローに新たな命を吹き込むためにRPAに目を向けた

    Abbyyがスキャンとワークフローに新たな命を吹き込むためにRPAに目を向けた

    Abbyyは長い間スキャンやワークフローツールを使って企業を助けてきたが、古いベンダーたちと同様に、従来のビジネスモデルを拡張する方法を模索していた。そうするための1つの手段が、UIPathのようなRPA企業とチームを組むことだ。本日同社は、UiPath Go! App Store内で、Abbyy FlexiCapture Connectorを発売したことを発表した。 AbbyyのプロダクトマーケティングシニアバイスプレジデントであるBruce Orcuttによれば、このコネクタはコンテンツをUIPathに取り込んだり、Abbyyからコンテンツを取… 続きを読む

  • データサイエンティストたちのモデルの活用度を高めるGoogle CloudのKubeflowパイプラインとAI Hub

    データサイエンティストたちのモデルの活用度を高めるGoogle CloudのKubeflowパイプラインとAI Hub

    今日(米国時間11/8)Google Cloudが、KubeflowパイプラインとAI Hubを発表した。この二つのツールは、データサイエンティストが、自分の作ったモデルをいろんな組織や企業で共通的に利用できるようにすることが主な目的だ。 Google CloudでAIとML製品を担当しているプロダクトマネージメントのディレクターRajen Shethによると、同社は、データサイエンティストたちが、モデルを作るけどそれが一度も使われない、という経験をしょっちゅうしていることを知っている。 続きを読む

  • Googleが遂に、カスタマーサポートをGoogle Oneに追加

    Googleが遂に、カスタマーサポートをGoogle Oneに追加

    昨年私が、Googleアカウントから1ヶ月に渡ってロックアウトされた辛い話を、覚えている読者もいるかもしれない。それは本当に辛い時間だったが、コンタクトできるカスタマーサポートがないことが、フラストレーションに拍車をかけた。しかしその状況はGoogle Oneユーザーにとっては変わりつつある。もうそうなっても良い頃だったのだ。 続きを読む

  • Googleの開発プラットホームFirebaseのサミットがチェコのプラハで開催、エンタープライズ指向を強調

    Googleの開発プラットホームFirebaseのサミットがチェコのプラハで開催、エンタープライズ指向を強調

    今日(米国時間10/29)プラハで行われたFirebase SummitでGoogleは、そのアプリケーション*開発プラットホームFirebaseのさまざまなアップデートを発表した。それにより同社は、同プラットホームを、個人や小さなチームのための環境であるだけでなく、本格的なエンタープライズ開発ツールにも仕立てようとしている。〔*: 開発プラットホーム; 主にWebアプリケーションとモバイルアプリが対象。参考記事。〕 続きを読む

  • Microsoftは100億ドルのJEDIクラウド契約を引き受けることにためらいはない

    Microsoftは100億ドルのJEDIクラウド契約を引き受けることにためらいはない

    ペンタゴンの100億ドル規模のJEDIクラウド契約の入札プロセスは、多くの注目を集めている。今月初めに、倫理的配慮からGoogleは入札を撤回した。Amazonのジェフ・ベゾスはWired25のインタビューに答えて、大手企業が米軍に背を向けるのは間違いだと思うと語った。これにはMicrosoftの社長であるBrad Smithも同意している。 続きを読む

  • DropboxがコラボツールPaperにタイムラインを加えてプランニングツールとしても使えるように

    DropboxがコラボツールPaperにタイムラインを加えてプランニングツールとしても使えるように

    Dropboxはその、ドキュメント・コラボレーション・ツールPaperを、2015年の発表以来一貫して、多機能化してきた。今日(米国時間10/25)加わったのはタイムライン機能で、これにより単純なコラボレーションだけでなく、Paperを軽量級のプロジェクトプランニングツールとしても使えるようになる。 続きを読む

  • PwCは1億ドル規模の本気の社員教育でデジタル・ディスラプションを回避する

    PwCは1億ドル規模の本気の社員教育でデジタル・ディスラプションを回避する

    今、あらゆる業界が頭を抱えているが、大手会計事務所もデジタル・ディスラプションの圧力を受けている。しかし、PwCは、次世代の仕事に従業員を対応させるためのデジタル・アクセラレーター・プログラムを採り入れ、積極的に対処している。 続きを読む

  • Googleの作成アクションによりGmailの中でいろんなSaaSアプリケーションを利用できる

    Googleの作成アクションによりGmailの中でいろんなSaaSアプリケーションを利用できる

    最近Googleは、メールを送るときの省エネ省時間化に励んでいる。たとえばスマートレスポンス機能は、定型的な返事なら既製品で間に合わせようとする。先行入力(type ahead)機能は人間が文字をタイプする前にコンピューターが先回りしてその文字を入力する(意外と正確だ)。そして今日から一般公開で立ち上げたのが、作成アクション(compose actions)*と呼ばれる省時間機能だ。〔*: ‘作成’は、メールの‘作成’(compose)の意味。〕 続きを読む

  • サーバーレスのインフラをモニタするEpsagonがステルスを脱して正式ローンチ

    サーバーレスのインフラをモニタするEpsagonがステルスを脱して正式ローンチ

    イスラエルのEpsagonが今日(米国時間10/17)ローンチしたサーバーレス開発のための ツールは、そのインフラストラクチャのモニタリングを支援する。それが、どこにある何かをデベロッパーが知らなくても。 デベロッパーがインフラのことを知らないのは、サーバーレスの本質でもある。 続きを読む

  • AI
    AIアプリケーション開発プラットフォームのPaperspaceが1300万ドルを調達

    AIアプリケーション開発プラットフォームのPaperspaceが1300万ドルを調達

    Paperspaceは、GPUやその他の強力なチップに支えられた、ソフトウェア/ハードウェア開発プラットフォームを使って、人工知能ならびに機械学習アプリケーションの開発者たちを支援することを狙っている。本日(米国時間10月16日)、このY Combinatorの2015年冬クラス卒業生は、1300万ドルのシリーズAを発表した。 ラウンドを主導したのはBattery Venturesであり、参加したのはSineWave Ventures、Intel Capital、Sorenson Venturesである。これまでの投資家Initialized Ca… 続きを読む

  • Wikipedia上の壊れたリンク(ページが存在しないリンク)をInternet Archiveらの努力で大量に修復

    Wikipedia上の壊れたリンク(ページが存在しないリンク)をInternet Archiveらの努力で大量に修復

    【抄訳】 Webは、脆(もろ)い場所だということがわかってきた。企業や政府機関や教育機関や個人や団体が、しょっちゅう、サイトを立てたり下ろしたりしている。でも問題は、Webが記録のシステムになってることだ。だからページが存在せずリンクが切れていたら、その記録が得られない。そこで、多くのWebページを永久保存しているボランティアサイトInternet ArchiveとWikipediaが協力して、900万の壊れたリンクを生き返らせ、わずかひとつのナレッジベースではあるけれども、この問題を解決した。 続きを読む

  • ClouderaとHortonworksが52億ドルの合併を発表

    ClouderaとHortonworksが52億ドルの合併を発表

    かつて高い評価を受けたオープンソースプラットフォームであるHadoopは、長年にわたり多くの企業とベンダーのエコシステムを生み出した。そうした集団から、いくつかの大企業が生まれるだろうと信じられていたが、予想通り2014年にはHortonworksが公開を果たした。その3年後にはClouderaが続いたが、やがて市場は鈍化し、2社は本日(米国時間10月3日)総額52億ドルに達する合併を発表した。なおこの数字は昨日の終了時点での価格に基いている。 続きを読む

  • Blissfullyが全てをサーバーレスで行うと決めた理由

    Blissfullyが全てをサーバーレスで行うと決めた理由

    サーバーレスは最近の大きな流行語だが、そうなったのには正当な理由がある。開発者がコ​​ードを書く方法を、完全に変えてしまう可能性があるのだ。その世界では、開発者たちは単に連続するイベントトリガーを書き、後はクラウドベンダーたちに、その仕事を終わらせるために必要な計算リソースの確保の心配を、任せてしまうことができるのだ。このことによって、プログラムが開発される方法は大きく変化するが、このやり方はまだ極めて新しいものであるために、完全にこの方法を採用する会社を見出すのは難しい。 顧客たちがそれぞれの企業内で使うSaaS利用の管理を助けるスタ… 続きを読む

  • 各クラウド企業がペンタゴンの100億ドルJEDIクラウド契約に持ち込もうとしているもの

    各クラウド企業がペンタゴンの100億ドルJEDIクラウド契約に持ち込もうとしているもの

    ペンタゴンは100億ドル規模のエンタープライズクラウドプロジェクトである JEDI(Joint Enterprise Defense Infrastructure:ジェダイ)の勝者を選ぶことで、該当クラウドベンダー1社だけを極めてハッピーにしようとしている。この契約は、Internet of Things(IoT)、人工知能およびビッグデータのような、現在の動向の利用を始めながら、今後10年の軍用クラウド技術戦略を確立するようにデザインされている。 続きを読む

  • SalesforceはCustomer 360で、顧客サービスの不満解消を狙う

    SalesforceはCustomer 360で、顧客サービスの不満解消を狙う

    これまである会社に問い合わせの電話をして、問い合わせに関する山のような予備的な質問に答えたのに、最終的につながった顧客サービス担当者(CSR)にはその回答が伝わっていなかった、という経験を何回繰り返したことがあるだろうか? こうしたことが起きるのは、通常システムAがシステムBと話し合うことができないからで、ただでさえ同じ情報を繰り返し答えさせられて腹が立っているのに、それは問い合わせをした側にとっては強く不満の募る出来事だ。Salesforceは、今週サンフランシスコで開催されているユーザー会議のDreamforceで発表したCusto… 続きを読む

  • Salesforceが音声アシスタントEinstein Voiceを発表

    Salesforceが音声アシスタントEinstein Voiceを発表

    営業マンたちは、日頃話すことに時間を費やしている。彼らは電話で喋り会議に出席しているが、Salesforceに入力をする段になると、キーボードの前に座ってノートや進捗をタイプしたり自分の営業成績に関する指標を検索したりする。本日(米国時間9月19日)Salesforceは、その状況を変えるためにEinstein Voiceを導入することを決定した。これは営業マンたちがタイピングする代わりにプログラムに対して話しかけることを可能にするちょっとしたAI魔法だ。 続きを読む

  • ペンタゴンの100億ドル規模のプロジェクトJEDI(ジェダイ)が、クラウド企業たちを悩ます理由

    ペンタゴンの100億ドル規模のプロジェクトJEDI(ジェダイ)が、クラウド企業たちを悩ます理由

    おそらくこれまでに、国防総省による「勝者総取り」の100億ドル規模の大規模なクラウド契約について耳にしたことがあるだろう。これは別名Joint Enterprise Defense Infrastructure(略称JEDI:ジェダイ)と呼ばれている。 スター・ウォーズを連想させる名前はともかく、この契約は政府の基準に照らしてみても巨大なものだ。ペンタゴンは、単一クラウドベンダーがその組織クラウドを構築することを望んでいる。事の是非はさておき、彼らはそれこそがクラウド戦略に集中しコントロールをするための最適なアプローチであると信じているからだ… 続きを読む