Semil Shah

Semil Shahの最新記事

  • モバイルプラットフォームとスマートウォッチと囲い込み

    モバイルプラットフォームとスマートウォッチと囲い込み

    知識ある賢いIT業界人3名に、スマートウォッチについて見解を尋ねれば、少なくとも4つ以上のもっともらしい意見が返ってくる。冗談はさておき、ここ数ヵ月のスマートウォッチに関するニュースに、私は益々興奮が高まっている。Google、そしておそらくAppleが人気のPebbleや、Jawbone、FitBit(両社は既に手首を支配しようとしている)、Runkeeper等に続こうとしている今、消費者にとって重要な問題は、プラットフォーム固有のアプリや機能だけではなく、モバイルプラットフォームおよびエコシステムの囲い込みの与える影響(あるいは縛… 続きを読む

  • WhatsAppの物語は、シリコンバレーの通説を覆す

    WhatsAppの物語は、シリコンバレーの通説を覆す

    シリコンバレーやIT業界全般には、さまざまな慣例的通念がある。それらはブログ投稿、ツイート、無数のメッセージボードなどで生まれ、取り込まれ、共有されていく。これらのメディアの利点は、豊富な知識の宝庫にアクセスできることだが、コストもある。われわれ全員が同じ脚本を見せられ、そこには同じ慣習が書かれており、特にそれがエコー室で増幅された時、注意していないとわれわれはその慣習を信じて、予測可能で面白味のない行動や生活になってしまう。 続きを読む

  • iPhoneの熱烈なファンが数週間Androidを使ってみた

    iPhoneの熱烈なファンが数週間Androidを使ってみた

    去年のちょうど今頃、“シリコンバレーが徐々にAndroidに目覚める”と題する記事を書いた。そしてやっと最近、SwellのAndroid版をテストするためにNexus 5を買った。そのおかげで、iPhoneとAndroidの両方を持ち歩く経験を書いたらおもしろいかな、という気持ちになった。この記事でとくに書いてみたいのは、Androidの楽しいところと、逆に、iOSの方が良いなぁと思える部分だ。“Androidの方が良い”とか“Androidはむかつく”といったタイ… 続きを読む

  • Facebookのモバイル戦略を読み解く:Paperは、印刷に値する記事はすべて載せるモバイル新聞

    Facebookのモバイル戦略を読み解く:Paperは、印刷に値する記事はすべて載せるモバイル新聞

    モバイルアプリの世界にとって先週最大のニュースは、Facebookからだった。ソーシャルネットワークが作ったニュースや投稿を読むための新アプリ、Paperだった。このビデオは必見だ。エレガントで感情に訴える非常にAppleチックな作りだ。Facebookがこの種のアプリを発表すると、以前のCamera、Poke、Messengerのように、メインアプリの機能を切り離した単独アプリが想起される。ITスタートアップコミュニティーの最初の反応は懐疑と期待が入り交り、その新デザインを待望する声がある一方(実際見映えはすばらしい)、単なるコピー… 続きを読む

  • モバイルのプッシュ通知の正しい使い方

    モバイルのプッシュ通知の正しい使い方

    編集者注記: Semil ShahはSwellで製品開発、TechCrunchではライター、そして投資家でもある。この記事に関する開示情報としては、彼は記事中で言及されているRefreshの アドバイザー だ。彼のブログはHaywireにあり、彼をTwitterでフォローするには@semilで。 ぼくはまるで、壊れたレコードのように、毎週同じ言葉を繰り返している: “モバイルは今のテクノロジの中で唯一過小評価されている技術だ”。つまり、今の携帯電話とそのアプリにできることのすべてが過小評価されている。たとえば、ここではプッ… 続きを読む

  • スタートアップの成長に関して議論が必要だ

    スタートアップの成長に関して議論が必要だ

    編集部注: Semil ShahはTechCrunchのゲストライター。Twitterアカウントは@semil。 2012年9月、Y CombinatorのPaul Grahamは、後に広く読まれることになる「Startups = Growth」と題したエッセイを書いた。メッセージは明白だった ― スタートアップは成長がすべて。ひとたびスタートアップが成長をやめたら、死が待っているだけ。Grahamの言葉はシリコンバレー人の多く(私を含む)が傾聴するため、このエッセイはAndrew Chenの同年4月の有名な記事、「Growth Hakcer[成長請負人]… 続きを読む

  • Amazonプライムよりもっと早く。物理的配達の未来

    Amazonプライムよりもっと早く。物理的配達の未来

    編集部注:Semil ShahはTechCrunchのゲストライター。Twitterアカウントは@semil。 「メンバーシップ、それが特権」。アメリカンエキスプレスの有名なスローガンが、今や数多くの人々が喜んで所有しているオンライン・メンバーシップにも当てはまる。それはAmazon Prime。Primeに加入して以来 ― これは単なる逸話である ― わが家がTargetストアに足を運ぶ回数は減り続け、2013年、緊急時に故障部品を買いに行った1回を除き、私はどこのメガストアでも買ったことがない。Primeによって、Amazonは最もエレガントな… 続きを読む

  • 5人の本物の経済学者たちはBitcoinの未来をどう考えているか

    5人の本物の経済学者たちはBitcoinの未来をどう考えているか

    編集者注記: Semil Shahは本誌TechCrunchの寄稿者だ。彼をTwitterでフォローするには、@semilへ。 今はBitcoinにバブルがあるだけでなく、Bitcoinに関する記事にもバブルがある。ぼくのこの記事も、その屋上屋を重ねるようなものだが、今週事故があったにもかかわらず、性懲りもなく書いているのには、ちょっとしたねらいがあるからだ。数週間前にはBitcoinに関するぼく自身の考えを書いたけど、ずっと気になっていたのは、この通貨の将来について書くことはぼくの適任ではない、ということだ。そう思った理由の一つはたぶん… 続きを読む

  • OrchestraからMailboxへ。 奇跡の転換を可能にした7つの理由

    OrchestraからMailboxへ。 奇跡の転換を可能にした7つの理由

    編集部注:Semil ShahはTechCrunchの非常勤ライター。Twitterアカウントは@semil。 先週金曜日(米国時間3/15)のDropboxによるMailboxの買収は、2012年4月にFacebookがInstagramを買収して以来、テク業界にとって最大の驚きだった。実際それは注目に値する出来事だった。金額の大きさ以外のさまざまな理由によって、Mailbox買収の陰にはテクコミュニティーの心を把む興味深い物語がたくさんある。 続きを読む

  • シリコンバレーが徐々に(Samsungの)Androidを実感し始めている

    シリコンバレーが徐々に(Samsungの)Androidを実感し始めている

    編集部注:Semil ShahはTechCrunchのゲストライター。Twitterアカウントは@semil。 iPhoneが2007年に発売された時ジョブズは、電話機に関して言えばAppleはライバルより恐らく5年先を行っていると公言した。そう、その5年間は過ぎ、突如として、あたかも歩調を合わせたかのように、シリコンバレーの優れたテクノロジー頭脳と傍観者たちは、彼らの主要モバイルデバイス(iPhone)に加えて最新Samsung製Android機にも注意を払い始めた。このAndroidの成長は、デベロッパーがローンチするモバイルプラット… 続きを読む

  • グラフ検索、その理論と実際

    グラフ検索、その理論と実際

    編集部注:Semil ShahはTechCrunchのゲストライター。Twitterアカウントは@semil。 消費者向けテクノロジーで今週最大のニュースはFacebookだった。同ソーシャルネットワークの最新機能である「グラフ検索」は、国際的プレスイベントで発表された。当初アナリストらは全く新しいもの、例えばFacebookによるSpotify規模の提携か、独自の携帯電話機かもしれないと憶測していた。グラフ検索に関しては多くの記事が書かれている。Facebookは重要かつ強力な会社であり、このレベルの取り上げられ方は当然だ。ようやく私は… 続きを読む

  • 自己資金で行くべきかVC資金を導入すべきか: スタートアップの初走についてKISSmetricsのHitenが持論を述べる

    自己資金で行くべきかVC資金を導入すべきか: スタートアップの初走についてKISSmetricsのHitenが持論を述べる

    編集者注記: Semil Shah(@semil)はJavelin Venture Partnersの常勤役員で2011年1月以来、本誌TechCrunchの公認ゲストライターだ。 今週の“In the Studio”ビデオシリーズにお迎えしたのは、”ブートストラップ(bootstrapped, 自己資本のみ)とVC支援型の両方のタイプのスタートアップの立ち上げを経験した起業家だ。今の彼は精力的に、多数のファウンダや初期段階のチームに対し支援を提供している。支援の内容は資金調達、マーケティング、顧客創出など、さま… 続きを読む