基彦 徳力

基彦 徳力の最新記事

  • [jp] もはや、日本でタイムマシン経営を成立させるのは無理か

    [jp] もはや、日本でタイムマシン経営を成立させるのは無理か

    先日ジオメディアサミットに、急遽パネリストとして参加する機会があった。当日の詳細は、下記のTechWaveのレポートに掲載されていたUstream配信のアーカイブをご覧頂ければと思うが、そのパネルセッションで出たgumiの国光さんの発言で興味深かったのが、「もう日本でタイムマシン経営は無理」という発言だ。 タイムマシン経営というのは、ソフトバンクの孫さんがネットバブルの頃に唱えていたキーワード。アメリカの最先端事例をコピーして日本にすぐに持ってくれば、アメリカと日本には数年の時差があるのでそれによってあたかもタイムマシンで未来からサービ… 続きを読む

  • [jp] 日本でFacebookがブレイクするために必須と思われる5つのポイント

    [jp] 日本でFacebookがブレイクするために必須と思われる5つのポイント

    先月、日本でFacebookの地位を獲得するのは、mixiかGREEかという記事を書いたが、その記事への反応として想像以上に多かったのは、日本でもFacebookがmixiやGREEを抜いてトップの地位を獲得するのでは?という反応だった。 現在のグローバルでのFacebookの勢いを考えれば、当然そういうシナリオも考えられるが、個人的にはmixiやGREE等の既存の国内SNSがよっぽど展開を失敗しなければ、そのシナリオは難しいのではないかと考えている。 グローバルで圧倒的首位を占めるサービスが、日本において意外に苦戦すると言うのは今に始ま… 続きを読む

  • [jp] 日本でFacebookの地位を獲得するのは、やっぱりmixiか、それともGREEか。

    [jp] 日本でFacebookの地位を獲得するのは、やっぱりmixiか、それともGREEか。

    先日、mixiがFacebookのようなタイムラインを導入するべきではないかという記事を書いたが、この視点で日本のSNS市場を見た上で、当然もう一つ忘れてはいけないプレイヤーがいる。それがGREEだ。 mixiとGREEというのは、そのサービスの開始時期や生い立ちが非常に似ていることもあり、サービス開始から6年がたとうしている今でも、直接的なライバルとして比較されることが多い。SNSというサービスのくくりからも、それはある意味当然と言えるだろう。 ただ、現時点においては、mixiとGREEは本質的には全く違うサービスと考えた方が良い。その… 続きを読む

  • [jp] mixiは、mixi日記成功の呪縛から解き放たれることはできるか。

    [jp] mixiは、mixi日記成功の呪縛から解き放たれることはできるか。

    最近は、すっかりネット界の話題がTwitterに独占されている印象もあるが、個人的に日本のネットの今後を占う上で、特に注目しているのがmixiの動向だ。昨今のTwitterの盛り上がりもあり、あまりネットのイノベーター層の会話で取り上げられることが少なくなった印象もあるSNSだが、世界的にはとにかくFacebookの伸びが凄い。 あれだけTwitterが盛り上がっていると言われる米国の動向をGoogleトレンドで見てみると、実はTwitterの伸びは頭打ちになっていると言われる一方、Facebookは着実な伸びを示しているのだ。(もちろ… 続きを読む

  • [jp] 「Amebaなう」の真のライバルは、Twitterではなくアメブロだ

    [jp] 「Amebaなう」の真のライバルは、Twitterではなくアメブロだ

    10月にサービス開始を明言して話題になったサイバーエージェントのTwitterクローンである「Amebaなう」が、10月8日に携帯版、10月10日にPC版と続いてリリースされた。 私自身、過去に個人ブログで「AmebaなうはTwitterにとって、かなりの強敵になり得るんではなかろうか」という記事を書いた経緯もあるし、この2社の今後の戦いはグローバルのデファクトスタンダードになっているサービスと、日本のネット事業者のサービスの戦いという意味でも興味深いので、実際にサービスを使っての感想をまとめてみたい。 続きを読む

  • [jp] 2009年の究極のウェブは「モバツイッター」。忘年会議2009で究極のウェブトップ10が発表に。

    [jp] 2009年の究極のウェブは「モバツイッター」。忘年会議2009で究極のウェブトップ10が発表に。

    先週末の12月12日に、日本のネットコミュニティの恒例行事とも言える忘年会議2009が開催された。 忘年会議では毎年「究極のウェブ」を読者投稿から選んでいる。過去の究極のウェブランキングでは、2004年の段階でmixiが1位に選ばれるなど、一般的な投票企画とは異なった一足先の未来を感じさせるツールがピックアップされるので有名だ。 残念ながら、忘年会議の開催は今年で最後になるため、究極のウェブランキングの発表も今年が最後になるようだが、最後にふさわしい独特のトップ10が発表されたので、ここで紹介しておこう。 続きを読む

  • [jp] Google日本語入力は、日本におけるGoogleの存在感上昇のきっかけになるか

    [jp] Google日本語入力は、日本におけるGoogleの存在感上昇のきっかけになるか

    すでに先週木曜日に発表され、話題が一巡した感もあるGoogle日本語入力。 本日、記者向けの説明会が行われ、詳細の説明が実施されたのでレポートしておこう。 記者発表会の様子は下記の動画にまとめてみたが、20%プロジェクトからスタートしたことやベータ版であることを強く強調しているのが特に印象的で、現在のところはGoogle Chrome OSとの連携や、Google Adsense等の広告ツールとの連携の話は全くなし。 続きを読む

  • [jp] Android採用のデジタルフォトフレーム「光iフレーム」は、第三のネット接続端末となれるか

    [jp] Android採用のデジタルフォトフレーム「光iフレーム」は、第三のネット接続端末となれるか

    本日、NTT東日本が新たに「待受情報配信サービス」と「光iフレーム(仮称)」という名称の、ネット対応デジタルフォトフレームを公開しました。 ネット対応のデジタルフォトフレームというと、ソニーが2008年5月に発表したVGF-CP1や、類似のカテゴリーとして米国のChumbyが有名で、NTTグループ自身も既に光フォトフレームなる商品を発売しています。 続きを読む