FAQ

よくある質問をまとめました。別途ご質問がある場合は、事務局( info@tc-tokyo.jp )までご連絡ください。

 

TechCrunch Tokyo 2016 について

Q. TechCrunch Tokyo 2016 はどんなイベントですか?

TechCrunch Japanが11月17日(木)、18日(金)に渋谷ヒカリエで開催する日本最大級のスタートアップの祭典です。最新テクノロジー、新進気鋭のスタートアップが一堂に会し、例年2000名以上の参加者が来場します。

主な見どころは、国内・海外の著名ゲストスピーカーを迎えての「キーノート・セッション」、より小規模なトークセッションを中心とする「TC Lounge」、創業3年未満のスタートアップの展示が多数集う「スタートアップデモブース」、そして今年最も輝いているスタートアップを選ぶピッチコンテスト「スタートアップバトル」です。

チケットについて

 

Q. イベントに参加するにはどうすればよいですか?

一般参加者として参加するには「一般チケット」が必要です。

チケット価格は下記の通り。
超早割チケット:1万5000円(税込)8月31日まで販売
前売りチケット:2万5000円(税込)9月1日から10月31日まで販売
一般チケット:3万5000円(税込)11月1日から11月18日まで販売

チケットの申し込みはこちらから

※スタートアップデモブースへの出展、スタートアップバトルへの応募をご検討の方は「スタートアップデモブース」と「スタートアップバトル」の項目をご参照ください。

 

Q. 請求書は発行できますか?

発行可能です。請求書支払いご希望の方は別途事務局( info@tc-tokyo.jp )までお問い合わせください。

 

Q. 団体割引とは何ですか?
2日間通しの、お得な団体割引チケットです。5枚以上から申し込みできます。前売りチケット(2万5000円)よりお安くなっています。こちらのチケットは9月1日からの販売予定です。なお団体チケットをご購入頂いた場合、Jubliaを利用したマッチング機能は利用できません。

スタートアップデモブースについて

Q. スタートアップデモブースを出展するにはどうすればいいですか?

チケット購入画面から、スタートアップデモブースのチケットをお買い求めください。
ブース出展料は1日券が2万円、2日通し券が3万5000円です。チケットには2名分の入場チケットが含まれまるので、購入者は2日間、イベントに参加することが可能です。
創業3年以内の企業が出展条件となります。なお、上場企業の子会社や、外資系企業の出展は対象外とさせて頂いています。

チケットの申し込みはこちらから

※公序良俗に反する、イベント趣旨に沿わないなど、出展内容によってはお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。

Q. 1日券とは何ですか?

イベント初日(11月17日)もしくは2日目(11月18日)のどちらかに限り、会場内にブースを出展するためのチケットです。2名分の入場チケットが含まれます。ブース出展は1日のみですが、購入者は2日間、イベントに参加することが可能です。

Q. スタートアップデモブースのサイズはどのくらいですか?

スタートアップデモブースのサイズは下記の通りです。

demobooth

Q. スタートアップでなくともデモブースの出展は可能ですか?

スタートアップデモブースに関しては、スタートアップの出展に限ります。上場企業の出展は別途スポンサーメニューとなりますので「sales@aol.jp」までお問い合わせください。

スタートアップバトルについて

Q. スタートアップバトルとは何ですか?
今年ローンチした、もしくはローンチ予定のプロダクトをプレゼンで競い合い、最も優秀なスタートアップを決めるコンテストです。書類審査に通過した約20社が参加する「ファーストラウンド」を11月17日に、ファーストラウンドを勝ち抜いた5社が優勝を競う「ファイナルラウンド」を11月18日に開催します。優勝チームには賞金100万円を贈呈します。

Q. どのように応募できますか?
本登録フォームから必要事項を入力の上、お申し込みください。
また、企業名と担当者名、メールアドレスを入力するだけの仮登録フォームも用意しています。仮登録に入力いただいたスタートアップには、こちらからリマインドを送付いたします。

Q. 応募条件はありますか?
応募条件は下記の2点です。
・未ローンチまたは2016年1月以降にローンチしたデモが可能なプロダクトを持つスタートアップ企業であること(2015年12月以前にベータ版をローンチした企業でも、正式版を2016年1月以降に公開したスタートアップ企業は応募可能)。

・創業年数3年未満(2013年11月以降に創業)で上場企業の子会社でないこと。

Q. 応募期間はいつまでですか?

 応募方法 / Entry

バトル仮登録は2018年9月14日(金)23時59分までです。Preregistration will end on September 14 23:59  JST

※仮登録では、企業名と担当者名、メールアドレスを入力するだけ。「あとで登録すればいいか」と先延ばしにして締め切りが過ぎてしまった……とならないために。「仮登録」いただければ、リマインドメールをお送りさせていただきます。

バトル仮登録はこちらから

バトル本登録は2018年9月30日(日)23時59分までです。Official Registration will end on September 30 23:59 JST

※本登録は代表者のプロフィールやプロダクトの概要、プロダクトの優位性などを入力していただきます。仮登録なく、いきなり「本登録」いただいても構いません。

バトル本登録はこちらから

バトル本登録(添付ファイルあり)はこちらから

Q. 審査はどのように行われますか?
プロダクトの市場性やビジネスの成長性、またビジョンを実現していけるチームであるかを審査基準とします。

一次審査は書類審査とし、その後一部評価に必要な情報が足りない場合はインタビューやデモを見せていただく場合があります。

Q. 一次審査の結果はいつ分かりますか?
選考を通った応募企業には運営事務局から10月7日までに審査結果を通知します。

CTO Nightについて

 

Q. CTO Nightとは何ですか?
「CTO Night」は、CTOたちが集まって「CTO・オブ・ザ・イヤー2016」を選出するピッチコンテストです。自薦・他薦によって選ばれたCTOたち約10人がステージに登壇します。TechCrunch Tokyo 2016初日、11月17日木曜日の夜19時30分からスタート予定です。

 

Q. CTO Nightに参加するにはどうしたらいいですか?

CTO、もしくはそれに準じる方のみお申し込み可能です。前売りチケットなどを含む一般有料参加チケットをお求めの場合は、CTO Nightへの参加も可能です。

チケットの申し込みはこちらから

 

Q. CTO Nightのピッチコンテストに登壇したいのですが、どうすればよいですか?

すでに登壇企業の応募は終了しています。来年のご応募を検討くださいませ。