STARTUP BATTLE

スタートアップバトルに参加を検討している方は、下記のスタートアップバトルの概要及び応募方法をご確認ください。

スタートアップバトルとは / Startup Battle

今年ローンチした、もしくはローンチ予定のプロダクトをプレゼンで競い合い、最も優秀なスタートアップを決めるコンテストです。書類審査に通過した約20社が参加する「ファーストラウンド」を1115日に、ファーストラウンドを勝ち抜いた猛者たちが優勝を競う「ファイナルラウンド」を11月16日に開催します。優勝チームには賞金100万円を贈呈します。

Startup Battle is a pitch contest for early stage startups. 20 companies will compete in the First Round of Startup Battle held on November 15. The Final Round will take place on November 16.

応募資格 / Entry requirements

応募資格は下記の2点です。
・未ローンチまたは201710月以降にローンチしたデモが可能なプロダクトを持つスタートアップ企業であること。Startups with pre launch products or products launched later than October 2017.

・創業年数3年未満(201510月以降に創業)で上場企業の子会社でないこと。Startups founded later than October 2015 and that are not subsidiary of public companies.

 応募方法 / Entry

バトル仮登録は2018年9月14日(金)23時59分までです。Preregistration will end on September 14 23:59  JST

※仮登録では、企業名と担当者名、メールアドレスを入力するだけ。「あとで登録すればいいか」と先延ばしにして締め切りが過ぎてしまった……とならないために。「仮登録」いただければ、リマインドメールをお送りさせていただきます。

バトル仮登録はこちらから

バトル本登録は2018年9月30日(日)23時59分までです。Official Registration will end on September 30 23:59 JST

※本登録は代表者のプロフィールやプロダクトの概要、プロダクトの優位性などを入力していただきます。仮登録なく、いきなり「本登録」いただいても構いません。

バトル本登録はこちらから

バトル本登録(添付ファイルあり)はこちらから

審査について

プロダクトの市場性やビジネスの成長性、またビジョンを実現していけるチームであるかを審査基準とします。
一次審査は書類審査とし、その後一部評価に必要な情報が足りない場合はインタビューやデモを見せていただく場合があります。

選考を通った応募企業には運営事務局から10月19日までに審査結果を通知します。

We’ll screen applications and contact accepted startups by October 19.

審査員のご紹介

<書類審査>
有安伸宏氏 起業家・エンジェル投資家
今野穣氏 グロービス・キャピタル・パートナーズ パートナー、Chief Operating Officer
澤山陽平氏 500 Startups Japan マネージングパートナー
西田隆一氏 B Dash Ventures ディレクター
田島聡一氏 ジェネシア・ベンチャーズ ジェネラル・パートナー
和田圭祐氏 インキュベイトファンド 代表パートナー
吉田博英 TechCrunch Japan 副編集長
木村拓哉 TechCrunch Japan 編集記者
菊池大介 TechCrunch Japan 編集記者