HondaJet Eliteの国内第一顧客となった千葉功太郎氏、堀江貴文氏、山岸広太郎氏のスマホの中身

0/7 Replay Gallery More Galleries
SEE SLIDESHOW

HondaJet Eliteの国内第一顧客となった千葉功太郎氏、堀江貴文氏、山岸広太郎氏のスマホの中身

TechCrunch Japanに登場する起業家のスマホの中身からアプリのトレンドなどを感じる「起業家のスマホの中身」シリーズ。第三段となる今回は、2018年にHondaJet Elite(ホンダジェットエリー)の国内第一顧客となった千葉功太郎氏、堀江貴文氏、山岸広太郎氏に協力いただいた。

国産ビジネスジェット機であるホンダジェットの国内第一オーナーが千葉氏、堀江氏、山岸氏の3人であることが発表されたのは2018年12月のことだ。当初、それを伝える会見には千葉氏だけが登場したが、その後、千葉氏はあえて堀江氏と山岸氏とともにホンダジェット エリートの「共同オーナー」として機体を所有することも併せて発表した。その理由は、千葉氏だけではなく、堀江氏や山岸氏といったインフルエンサーを巻き込みたかったからだ。彼らがSNSなどで個人が気軽にジェット機が利用する「General Aviation」という概念を発信することで、オープンな空を日本に根付かせることが目的だという。

では、ホンダジェットを通してオープンな空を目指す3人のスマホの中身はどうなっているのだろうか。早速覗いてみよう。

1/7

千葉功太郎氏(トップ画面)

2/7

千葉功太郎氏(第2画面)

3/7

千葉氏のお気に入りは、世界中の航空機の飛行情報をリアルタイムで見られる「Flightradar24」

4/7

山岸広太郎氏(トップ画面)

広告
5/7

山岸広太郎氏(第2画面)

6/7

堀江貴文氏(トップ画面)

7/7

堀江貴文氏(第2画面)

BACK TO
TOP