ヘルステック

 

ヘルステック(HealthTech)。医療、健康、ヘルスケア、介護の分野におけるテクノロジーに関する最新ニュース

  • 【コラム】今こそ米国兵士は帰還後の外傷性脳障害との戦いから解放されるべきだ

    【コラム】今こそ米国兵士は帰還後の外傷性脳障害との戦いから解放されるべきだ

    戦争は終わった。米国軍は、多くの兵士が複数回の軍務を経て帰還した。帰還すると、次の段階の職務が始まる。子どもの世話や親の介護などの家族に対する奉仕や、学校に戻ったり新しい仕事を始めたりする地域社会への奉仕だ。しかし、多くの戦士にとって戦いは続く。 続きを読む

  • 脊椎の成長を促すスマートインプラントを開発するIntelligent Implantsが約10億円を調達

    脊椎の成長を促すスマートインプラントを開発するIntelligent Implantsが約10億円を調達

    気弱な人は、脊椎の手術など受けられたものではない。しかし、Intelligent Implantsが750万ユーロ(約9億9000万円)を調達し、脊椎手術の苦痛を軽減する。同社のスマートインプラントの最初の用途は、脊椎固定術だ。これは、2つ以上の椎骨を永久的に結合し、安定性向上、変形の矯正、痛みの軽減を図る。 続きを読む

  • ナノテクを用いた針不要の血糖値モニターのためにGraphWearが約23億円調達

    ナノテクを用いた針不要の血糖値モニターのためにGraphWearが約23億円調達

    血糖値のモニタリングに対し、針不要のアプローチを追求するGraphWearは、シリーズBラウンドで2050万ドル(約23億円)を調達した。このシリーズBラウンドは、GraphWearのアプローチ、つまり「皮膚をまったく傷付けずにブドウ糖のような体内の重要な指標を監視する手法」に対する投資家の信任投票のようなものだといえる。 GraphWear Technologiesは2015年、Rajatesh Gudibande(ラジャテシュ・グディバンデ)氏とSaurabh Radhakrishnan(サウラブ・ラダクリシュナン)氏によって創設された。… 続きを読む

  • 従業員コンディション分析のラフールが医療従事者向け特化サーベイ「LAFOOL SURVEY for Medical Workers」提供開始

    従業員コンディション分析のラフールが医療従事者向け特化サーベイ「LAFOOL SURVEY for Medical Workers」提供開始

    組織や従業員の状態を可視化するツール「ラフールサーベイ」(Android版・iOS版)を提供するラフールは10月21日、医療従事者向けに特化したサーベイ「LAFOOL SURVEY for Medical Workers」の提供を開始した。 続きを読む

  • 新型コロナウイルスを検出するバイオセンサーを東海大学・豊橋技術科学大学・中部大学・デンソーが共同開発

    新型コロナウイルスを検出するバイオセンサーを東海大学・豊橋技術科学大学・中部大学・デンソーが共同開発

    東海大学・豊橋技術科学大学・中部大学・デンソーは10月21日、日本医療研究開発機構(AMED)の支援のもと、新型コロナウイルス検査機器の開発に取り組んでおり、新しい仕組みのバイオセンサーを開発し、新型コロナウイルスの検出に成功したと発表した。今後は、感染症の早期診断に貢献することを目指し、実用化に向けた開発を加速する。 続きを読む

  • 米食品医薬品局が補聴器を医師の診断書なしでも購入可能にする提案発表、軽~中程度患者対象

    米食品医薬品局が補聴器を医師の診断書なしでも購入可能にする提案発表、軽~中程度患者対象

    米食品医薬品局(FDA) が、米国内の軽~中程度の聴覚障害者が、医師の診断や業者によるフィッティング作業なしに手軽に補聴器を購入できるようにするOTC(over the counter)化の提案を出しています。 続きを読む

  • 運動習慣を形成する音声フィットネスアプリのBeatFitが2億円調達、健康経営領域での成長を加速

    運動習慣を形成する音声フィットネスアプリのBeatFitが2億円調達、健康経営領域での成長を加速

    音声フィットネスアプリ「BeatFit」(Android版・iOS版)を開発・運営するBeatFitは10月19日、第三者割当増資を実施しシリーズBラウンドとして約2億円の資金調達を2021年9月に完了したと発表した。調達した資金は、エンジニアや法人向け人材の獲得費用にあて、プロダクト開発を促進させる。同時に、リード投資家であるインフォコムとの業務提携を締結し、健康経営領域での成長速度を加速させる。健康増進領域にとどまらず新規事業の開発も開始し、さらなる企業価値の向上を目指す予定。 続きを読む

  • 東北大学がスマートチェアとAIで「腰痛悪化予報」を可能に

    東北大学がスマートチェアとAIで「腰痛悪化予報」を可能に

    東北大学大学院医工学研究科、健康維持増進医工学分野の永富良一教授らの研究グループは、荷重センサーを装着したオフィスチェア(スマートチェア)と人工知能解析技術で、日々の腰痛悪化を高い精度で予測することを可能にした。 続きを読む

  • 家庭用治療器で脳卒中患者のリハビリに変革をもたらすBrainQが44億円調達

    家庭用治療器で脳卒中患者のリハビリに変革をもたらすBrainQが44億円調達

    肘を痛めた場合は手術が効果的で、脚を失った場合は義足という手段がある。しかし脳に問題があった場合の治療は非常に難しく、脳卒中の場合リハビリは身体の修復メカニズムに委ねられることが多い。そんな中、脳の損傷部分に刺激を与えて自己修復を促進する装置でこの状況を変えようとしているのがBrainQだ。 続きを読む

  • AIを使った超音波分析の拡大に注力するイスラエルのヘルステックDiAが約15億円調達

    AIを使った超音波分析の拡大に注力するイスラエルのヘルステックDiAが約15億円調達

    DiA Imaging Analysisは、AIを利用したサポートソフトウェアを臨床医や医療従事者に販売し、超音波画像のキャプチャと分析を支援している。このプロセスを手動で行うには、人間の専門家がスキャンデータを視覚的に解釈する必要がある。DiAは、同社のAI技術を「今日行われている手動および視覚による推定プロセスから主観性を取り除く」ものだと強調している。 続きを読む