モビリティ

 

交通、運輸、自動車など、モビリティ(Mobility)に関するテクノロジーの最新ニュース

  • Hummerが1000馬力の電気自動車 「スーパートラック」 として復活

    Hummerが1000馬力の電気自動車 「スーパートラック」 として復活

    GM(ゼネラル・モーターズ)は、Hummer(ハマー)を新たに電気自動車の形で復活させようとしている。同社は米国時間1月30日に、1000馬力で時速0マイルから60マイル(0〜97km/h)まで3秒で加速できる、完全電動のHummerを生産する計画を認めた。 続きを読む

  • 徳島拠点の電脳交通がJapanTaxiやドコモ・JR西のCVCなどから2.2億円調達、タクシーを軸に交通空白地帯の解消目指す

    徳島拠点の電脳交通がJapanTaxiやドコモ・JR西のCVCなどから2.2億円調達、タクシーを軸に交通空白地帯の解消目指す

    徳島を拠点とする電脳交通は、第三者割当増資による2.2億円の資金調達を発表した。引受先は既存株主である、JapanTaxi、NTTドコモ・ベンチャーズ、JR西日本イノベーションズ、ブロードバンドタワー、個人投資家。 続きを読む

  • Birdがサンフランシスコに電動スクーター「Bird Two」 を展開

    Birdがサンフランシスコに電動スクーター「Bird Two」 を展開

    Bird(バード)は昨年8月に発表した電動スクーターのBird Twoを、サンフランシスコにてScootをつうじて展開する。Scootの計画では、このBird Twoは最大1000台が導入される。 続きを読む

  • テスラが全電動コンパクトクロスオーバー車のModel Yを第1四半期中に発売へ

    テスラが全電動コンパクトクロスオーバー車のModel Yを第1四半期中に発売へ

    Tesla (テスラ)は米国時間1月29日、全電動コンパクトクロスオーバー車であるModel Yの生産を今月開始し、同社の連続黒字期を伸ばすべく第1四半期末までに出荷を始める計画であると発表した。 続きを読む

  • テスラは黒字決算とModel Yの生産開始で株価が上昇

    テスラは黒字決算とModel Yの生産開始で株価が上昇

    Tesla(テスラ)は2019年第4四半期決算でも黒字を達成した。純利益は1億500万ドル(約115億円)、売上高は74億ドル(約8060億円)で市場予測を上回り、1月29日の株価は時間外取引で上昇した。 続きを読む

  • Rivianが作るリンカーンの電気自動車

    Rivianが作るリンカーンの電気自動車

    フォード傘下の高級ブランド、リンカーンは、Rivianと「まったく新しい」電気自動車の開発に協力して取り組むことを明らかにした。新たな電気自動車を開発する意図は、フォードが昨年4月に発表していたが、これまではどのブランドの車になるのか明らかにされていなかった。 続きを読む

  • テスラが新型コロナウイルス懸念で上海工場を一時的に閉鎖

    テスラが新型コロナウイルス懸念で上海工場を一時的に閉鎖

    Tesla(テスラ)は、コロナウイルスに関する懸念により同社の上海工場を閉鎖するよう中国政府から命令された。 続きを読む

  • 自動運転車のWaymoが小荷物配送でUPSと提携

    自動運転車のWaymoが小荷物配送でUPSと提携

    Waymo は、自動運転ミニバンのクライスラー・パシフィカを使用して、アリゾナ州フェニックスでUPSの小荷物配達を開始する。これは、配送流通会社のUPSと結んでいる幅広い提携の一環だ。 続きを読む

  • 自動運転技術開発のAuroraがカリフォルニアで客を輸送できるように

    自動運転技術開発のAuroraがカリフォルニアで客を輸送できるように

    TechCrunchは、Aurora(オーロラ)がカリフォルニア州当局から自動運転車両による乗客輸送の許可を得たことを確認した。 続きを読む

  • GMがハンズフリー運転支援システムのSuper Cruiseに車線変更機能を追加

    GMがハンズフリー運転支援システムのSuper Cruiseに車線変更機能を追加

    GMは同社のハンズフリー・ドライバーアシスタントシステムであるSuper Cruiseを改良して、自動的にレーンを変える機能を加えた。最初の実装は、2021年発売予定の高級SUVの一部モデルで行われる。この強化バージョンでは、ステアリングとスピードコントロールが改良され、市場で最も優れているといわれているTeslaのドライバーアシスタンスシステムと再び競合できるレベルになる。 続きを読む