ニュース

 

  • 小売を最適化するスタートアップTeikametricsは17億円を調達してAmazonと広告の次を目指す

    小売を最適化するスタートアップTeikametricsは17億円を調達してAmazonと広告の次を目指す

    AIでAmazonとWalmartでの広告を最適化するTeikametricsは、同じAIコンポーネントを広告以外のあらゆる小売業の要素を最適化する小売「オペレーティング・システム」を構築するという。 続きを読む

  • 大学における顔認識技術の導入をUCLAが中止

    大学における顔認識技術の導入をUCLAが中止

    大学構内の防犯カメラの映像を顔認識のソフトウェアで処理することに関心を示していたUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)が、その計画を撤回した。 続きを読む

  • メルカリがMAU1500万人の二次流通データを、マルイや@cosme、アパレルECの一次流通データと連携へ

    メルカリがMAU1500万人の二次流通データを、マルイや@cosme、アパレルECの一次流通データと連携へ

    メルカリは2月20日、事業戦略などを説明する同社初の事業戦略発表会「Mercari Conference 2020」で、同社が持つ数十億円規模の商品データ、月間1500万人を超える利用者の属性・行動データを活用する取り組みについて、同社執行役員VP of Business Operationsの野辺一也氏が登壇・発表した。 続きを読む

  • Zero Motorcyclesから最高速度200kmのフルフェアリング型スポーツEV「SR/S」が登場

    Zero Motorcyclesから最高速度200kmのフルフェアリング型スポーツEV「SR/S」が登場

    電動バイクのスタートアップZero Motorcyclesが新型バイクSR/Sを発表し、全世界のディーラー向けに出荷を開始した。昨年、前バージョンSR/Fの生産で大忙しだった同社は、過去に134億円の資金調達を行っているが、もう投資は必要ないと語っている。 続きを読む

  • メルカリがオープンロジと「あとよろメルカリ便」を開始、ヤマトと無人配送拠点「メルカリポスト」を設置

    メルカリがオープンロジと「あとよろメルカリ便」を開始、ヤマトと無人配送拠点「メルカリポスト」を設置

    メルカリは2月20日、事業戦略などを説明する同社初の事業戦略発表会「Mercari Conference 2020」を開催し、リアル店舗「メルカリステーション」のほか、「あとよろメルカリ便」と「メルカリポスト」を発表した。 続きを読む

  • メルカリがマルイと連携、リアル店舗「メルカリステーション」を新宿マルイ本館にオープン

    メルカリがマルイと連携、リアル店舗「メルカリステーション」を新宿マルイ本館にオープン

    メルカリは2月20日、事業戦略などを説明する同社初の事業戦略発表会「Mercari Conference 2020」を開催した。当初は虎ノ門ヒルズフォーラムで報道関係者を招待して開催される予定だったが、新型コロナウイルスの影響もありライブ配信のみでの開催となった。 続きを読む

  • TikTokが子供のアプリ使用を制限する新ペアレンタルコントロールを導入

    TikTokが子供のアプリ使用を制限する新ペアレンタルコントロールを導入

    TikTokは19日、「ファミリー・セーフティ・モード」という新ペアレンタルコントロールの導入を発表した。これは親がティーンエイジャーの子どものTikTokモバイルアプリの使用に制限を設けることができるようにするためのものだ。スクリーンタイム管理のコントロール、ダイレクトメッセージの制限、不適切なコンテンツの表示を制限するモードなどを備える。 続きを読む

  • GoogleがAndroid 11最初のデベロッパープレビューを公開

    GoogleがAndroid 11最初のデベロッパープレビューを公開

    米国時間2月19日にGoogleは、デザートをテーマにした公式リリースの日々を終え、Android 11のデベロッパープレビューを発表した。 続きを読む

  • 地球に向かう小惑星のコースを逸らす最良の方法をMITのシステムが提案

    地球に向かう小惑星のコースを逸らす最良の方法をMITのシステムが提案

    少なくとも一般に知られているかぎりは、今のところ小惑星が近く地球に衝突する恐れはない。でもそれは前になかったことではなく、また2029年にはニアミスが予想されている。 続きを読む

  • 事前に収入を予測できる“データドリブン農業”構築へ、食べチョクが農業IoTとの連携を開始

    事前に収入を予測できる“データドリブン農業”構築へ、食べチョクが農業IoTとの連携を開始

    生産者から直接食材を買うことができるオンラインマルシェ「食べチョク」を運営するビビッドガーデンは2月20日、データを活用して生産者を支援するデータマーケティングの取り組み第一弾として、農業向けIoTキット「Agri Palette(アグリパレット)」との連携をスタートした。 続きを読む