ニュース

 

  • あらゆるスペースを貸し借りできる「スペースマーケット」が新たにワークスペース特化シェア開始

    あらゆるスペースを貸し借りできる「スペースマーケット」が新たにワークスペース特化シェア開始

    あらゆるスペースを貸し借りできるプラットフォーム「スペースマーケット」運営のスペースマーケットは8月4日、オフィス・会議室など働くシーンに特化したスペースをマッチングする新サービス「スペースマーケットWORK」を開始した。年内めどに、全国3000件を超えるワークスペースの掲載を目指す。 続きを読む

  • インテルとボーイング、米国を支える2本の大黒柱は政府の延命処置を受けるも予後に暗雲

    インテルとボーイング、米国を支える2本の大黒柱は政府の延命処置を受けるも予後に暗雲

    インテルとボーイング。米国工業界を支える2本の大黒柱だ。いまや米国工業界の例外主義の象徴である絶対にして最強の二本柱は、根深い脅威にさらされている。とりわけインテルは、最悪の立場にある。 続きを読む

  • 2017年開業のモバイルバンクキングスタートアップのVaroが全米銀行免許を取得しリアル銀行に

    2017年開業のモバイルバンクキングスタートアップのVaroが全米銀行免許を取得しリアル銀行に

    モバイルバンキングのスタートアップであるVaroが通常の銀行になる。米国時間7月30日に同社は、通貨監督庁(OCC)から全米銀行免許を取得し、FDIC(連邦預金保険公社)および連邦準備制度から、Varo Bank, N.A.を開業するための規制に関わる承認を得たことを発表した。 続きを読む

  • マイクロソフトがTikTok買収に対する米政府への「支払い」と引き換えに要求すべきこと

    マイクロソフトがTikTok買収に対する米政府への「支払い」と引き換えに要求すべきこと

    これは狂気のニュースの1つである。米国時間8月3日、ドナルド・トランプ大統領はメディア向けのイベントで、米国政府がMicrosoft(マイクロソフト)とTikTokの水面下での取引を承認するには「その買収額のかなりの部分が米政府に入ってこなければならないだろう」と発言した。 続きを読む

  • 住宅診断と修理のマーケットプレイス運営のInspectifyとは

    住宅診断と修理のマーケットプレイス運営のInspectifyとは

    家を買って売るということ続けたジェンセン氏は、その経験を元にInspectifyを創業した。それは住宅診断、すなわち住宅診断と修理のマーケットプレイスで、家の売買の過程を合理化することが狙いだ。 続きを読む

  • IoT
    スマートロックAkerun開発のフォトシンスが35億円調達、アクセス認証基盤とビル管理入館システムも発表

    スマートロックAkerun開発のフォトシンスが35億円調達、アクセス認証基盤とビル管理入館システムも発表

    フォトシンスは8月4日、都内で記者発表会を開催した。同社はスマートロックの「Akerun」を軸に主にB to B向けにキーレスセキュリティシステムを展開しているスタートアップ企業。 続きを読む

  • 横浜DeNAベイスターズとKDDIが「バーチャルハマスタ」無料トライアル実施、スマホ・PC・VRデバイス対応

    横浜DeNAベイスターズとKDDIが「バーチャルハマスタ」無料トライアル実施、スマホ・PC・VRデバイス対応

    横浜DeNAベイスターズとKDDIは8月4日、先端テクノロジーを活用して、自宅にいながら球場の雰囲気を味わい、試合観戦を楽しみ、選手を応援できる野球場「バーチャルハマスタ」の無料トライアルを実施すると発表した。実施日は8月11日「横浜DeNAベイスターズ対阪神タイガース」(午後5時~試合終了まで)。 続きを読む

  • Snapchatが動画に音楽を付けられる新機能を今秋展開、TikTokユーザー取り込み狙う

    Snapchatが動画に音楽を付けられる新機能を今秋展開、TikTokユーザー取り込み狙う

    SnapchatがTikTokを狙っている。Snapchatは米国8月3日、ユーザーがスナップ(動画)に音楽を付けられるTikTok似の新機能のテストを開始すると発表した。トランプ政権がデータプライバシーの懸念から中国テック企業の禁止を検討しているためにTikTokユーザーは代わりのアプリを探していて、Snapchatは新機能でそうしたユーザーの一部を取り込めるかもしれない。 続きを読む

  • Virgin Orbitは二度目の軌道上打ち上げでNASAのために11基の衛星を運ぶ

    Virgin Orbitは二度目の軌道上打ち上げでNASAのために11基の衛星を運ぶ

    Virgin Orbitの軌道への打ち上げの最初の試みは、打ち上げ後の飛行の中断で終わってしまったが、早くも次の試みためのペイロードを契約している。それはNASAの科学衛星11基で米国の大学が設計、生産し、NASAが選択したものだ。Virginによると、この2度目となる打ち上げは、積荷を完備した状態で、2020年末までに行う予定だという。 続きを読む

  • 動物性ではない生マグロ代用品を開発中のKuleana、寿司職人に焦点

    動物性ではない生マグロ代用品を開発中のKuleana、寿司職人に焦点

    Impossible FoodsやBeyond Meatのように、植物性の肉の代替品を製造している企業は、消費者の想像力と財布を掴んでいるが、これまでのところシーフード業界にはそれに続く企業は見当たらなかった。 続きを読む