人工知能・AI

 

人工知能(AI:Artificial Intelligence)に関する最新ニュース

  • ディープフェイク技術が衛星地図を模造

    ディープフェイク技術が衛星地図を模造

    ワシントン大学の助教授ボー・ジャオ氏が指導し論文も書いたその研究は、警告のためではなく、やや悪名高いディープフェイクの技術を地図の作成に応用した場合にありうるリスクとチャンスを示すために行われた。彼らのやり方は、一般的にディープフェイクとして知られているものよりもむしろ、画像を印象派風、クレヨン画風など任意のスタイルに変換する「画風変換」に似ている。 続きを読む

  • 組織や企業の教育コンテンツに特化したAIビデオ生成プラットフォームSynthesiaが13.5億円調達

    組織や企業の教育コンテンツに特化したAIビデオ生成プラットフォームSynthesiaが13.5億円調達

    Alが進歩し、テクノロジーを活用して私たちにできることは急激に増えている(良くも悪くも)。 続きを読む

  • 貨物船にコンピュータービジョンを後付けして衝突事故を防ぐOrca AIがシリーズAで約14億円調達

    貨物船にコンピュータービジョンを後付けして衝突事故を防ぐOrca AIがシリーズAで約14億円調達

    ほとんどの貨物船には防犯カメラが搭載されているが、コンピュータービジョンカメラは珍しい存在だ。Orca AIは同社のソリューションによって、すでに海上にいる船舶に自律的な誘導方法を導入できると期待している。 続きを読む

  • データ活用支援のDATAFLUCTが3億円調達、スタートアップスタジオモデルで2年後の上場目指す

    データ活用支援のDATAFLUCTが3億円調達、スタートアップスタジオモデルで2年後の上場目指す

    「多くの企業は、データを会社の中で腐らせてしまっています」。そう話すのは、データサイエンスビジネスを展開するDATAFLUCTCEOの久米村隼人氏だ。同社は2021年4月20日、東京大学エッジキャピタルパートナーズよりシリーズAで3億円の資金調達を行ったと発表した。 続きを読む

  • アインシュタインのチャットボットに「声」を与えるAflorithmicのAI音声クローン技術

    アインシュタインのチャットボットに「声」を与えるAflorithmicのAI音声クローン技術

    合成メディアの奇妙な世界から生まれたディープフェイクの一端に、耳を傾けてみてほしい。これはアルバート・アインシュタインのデジタル版。有名な科学者の実際の声を録音した音声記録をもとに、AIのボイスクローン技術を使って合成された声である。 続きを読む

  • データ品質の監視を自動化するBigeye(旧Toro)がシリーズAで約18.5億円調達

    データ品質の監視を自動化するBigeye(旧Toro)がシリーズAで約18.5億円調達

    企業が機械学習モデルを作る際、オペレーションチームはモデルの作成に使うデータの品質に問題がないことを確認しなくてはならない。このプロセスには往々にして時間がかかる。Bigeyeはデータ品質の監視を自動化するアーリーステージのスタートアップだ。 続きを読む

  • 機械学習のフィーチャーストアTectonがオープンソースの同サービスFeastを併合

    機械学習のフィーチャーストアTectonがオープンソースの同サービスFeastを併合

    機械学習のフィーチャーストアという概念を開拓したTectonが、Feastと呼ばれるオープンソースのフィーチャーストアプロジェクトの創業者とチームを組んだ。そして米国時間4月15日、同社は、オープンソースツールのバージョン0.10のリリースを発表している。 続きを読む

  • ディープフェイク動画のiOSアプリ「Avatarify」が電子透かし提供へ

    ディープフェイク動画のiOSアプリ「Avatarify」が電子透かし提供へ

    ディープフェイク動画に共通する問題点は、その動画がフェイクであることが簡単に判別できないことだ。Avatarifyは悪用を防ぐためにディープフェイク電子透かしの提供を開始するという。 続きを読む

  • 機械学習モデルの作成とメンテナンスを支援するCometがシリーズAで14.1億円調達

    機械学習モデルの作成とメンテナンスを支援するCometがシリーズAで14.1億円調達

    機械学習のスタートアップへの投資が最近とても多いのは、多様な企業が多様な事業にその応用を見出そうとしているからだ。そうした顧客企業におけるモデルの長期の継続的開発を、最後にはプロダクション(本番稼働)に行き着く実験的なプロセスで支援するCometが、米国時間4月8日にシリーズAで1300万ドル(約14億1000万円)を獲得したことを発表した。 続きを読む

  • 少ない計算機資源で機械学習モデルをエッジで展開するためにDeepliteが6.6億円のシード資金を調達

    少ない計算機資源で機械学習モデルをエッジで展開するためにDeepliteが6.6億円のシード資金を調達

    機械学習アプリケーションを展開する際の問題点の1つは、高い計算能力を必要とし、コストがかかる傾向があることだ。モントリオールに拠点を置くスタートアップのDeepliteは、この状況を変えたいと考えている。 続きを読む