人工知能・AI

 

人工知能(AI:Artificial Intelligence)に関する最新ニュース

  • 気象災害に備える企業にAI天気予報分析を提供するAtom

    気象災害に備える企業にAI天気予報分析を提供するAtom

    「地球上のほぼすべてのビジネスは天候の影響を受けています」と、投資家で連続起業家のアレクサンダー・レビー氏はいう。同氏の最新の会社は、新しい天気予報スタートアップのAtmoだ。 続きを読む

  • ディズニーの微妙な表情も表現する3D技術は「不気味の谷」を超えられるかも

    ディズニーの微妙な表情も表現する3D技術は「不気味の谷」を超えられるかも

    現在、人の表情の3Dアニメーションは映画やゲームの重要な部分を占めている。ディズニーが発表した「不気味の谷」に転落することなく自然な表情を見せる3Dの顔を生成する機械学習ツールは注目だ。 続きを読む

  • 医療請求事務向けコーディングをAIで効率化するDiagnoss

    医療請求事務向けコーディングをAIで効率化するDiagnoss

    カリフォルニア州バークリーのDiagnossは、機械学習にフォーカスしたスタートアップスタジオであるThe Houseに支援され、医療請求事務のためのコーディングアシスタントをローンチした。そのソフトウェアは、ドキュメンテーションとコーディングに対するリアルタイムのフィードバックを提供する。 続きを読む

  • 服を着たままAI身体推定採寸を行える「Bodygram」がカンコー学生服「スマート採寸」に採用

    服を着たままAI身体推定採寸を行える「Bodygram」がカンコー学生服「スマート採寸」に採用

    Bodygram Japanは11月25日、「カンコー学生服」を展開する菅公学生服の学校制服採寸サービス「スマート採寸」に、「Bodygram」のAI推定採寸技術を提供したと発表した。 続きを読む

  • AIでレストランの電話注文を受けるKeaが10.5億円調達

    AIでレストランの電話注文を受けるKeaが10.5億円調達

    Keaはレストランが注文を受ける昔ながらの方法を変えようとしている新しいスタートアップだ。その昔ながらの方法とは、電話だ。 続きを読む

  • LINEがOpenAI「GPT」・Google「T5」同様の超巨大汎用言語モデルをNAVERと共同開発、世界初の日本語特化

    LINEがOpenAI「GPT」・Google「T5」同様の超巨大汎用言語モデルをNAVERと共同開発、世界初の日本語特化

    LINEは11月25日、NAVERと共同で、日本語に特化した超巨大言語モデル開発と、その処理に必要なインフラ構築についての取り組みを発表した。超巨大言語モデル(膨大なデータから生成された汎用言語モデル)は、AIによる、より自然な言語処理・言語表現を可能にするもので、日本語に特化した超巨大言語モデル開発は、世界でも初めての試みとしている。 続きを読む

  • ​英国が過去30年で最大の国防費増額、人工知能とサイバー分野に積極投資

    ​英国が過去30年で最大の国防費増額、人工知能とサイバー分野に積極投資

    英国は国防費の大規模な増額を発表した。その額は4年間で165億ポンド(218億ドル、約2兆2770億円)であり、30年間で最大の増加となる。ボリス・ジョンソン首相は「一世代に一度の近代化」「後退の時代の終焉」と表現している。 続きを読む

  • 日本ディープラーニング協会がビジネス活用人材向けG検定で7250名受験・累計合格者数3万人突破と発表

    日本ディープラーニング協会がビジネス活用人材向けG検定で7250名受験・累計合格者数3万人突破と発表

    東京大学大学院工学系研究科 松尾豊教授が理事長を務める日本ディープラーニング協会(JDLA)は11月19日、「2020年 第3回G検定」(ジェネラリスト検定)を11月7日に実施したところ、7250名が受験し、4318名の合格者が誕生したと発表した。合格率は59.56%。ディープラーニングをビジネスへ活用する人材であるG検定の合格者は、累計3万1695名となった。 続きを読む

  • Mac向けに最適化されたTensorFlowでM1とGPUが力を競う

    Mac向けに最適化されたTensorFlowでM1とGPUが力を競う

    機械学習の環境TensorFlowのMacに最適化されたフォークは、大きな性能向上が報告された。この話の重要な部分は、少なくともこれまではモデルの訓練にGPUが使われていない(!)というものだが、M1ベースのデバイスにはそれ以上のメリットもあるので、このようなよく使われるワークフローの最適化が今後さらに増えると思われる。 続きを読む

  • Googleが機械学習を利用した悪夢のような「怪物ジェネレーター」を開発

    Googleが機械学習を利用した悪夢のような「怪物ジェネレーター」を開発

    Googleが、Chimera Painterを披露した。このウェブ上のツールを使うと誰でも、神秘動物学に出てくるような恐ろしい怪物を生み出すことができる。インターフェイスはまるで、MS Paintを使って「ディアブロ」の敵キャラを作るようだ。グーグルはなぜ、このようなものを作ったのだろうか?それはよくわからない。 続きを読む