バイオテック

 

バイオテック(BioTech)、アグリテック(AgriTech)、遺伝子工学などに関する最新ニュース

  • WHOがようやく乗り出すヒト遺伝子編集に関するルール作り

    WHOがようやく乗り出すヒト遺伝子編集に関するルール作り

    米国時間3月19日、WHO(世界保健機関)は新しい諮問委員会の最初の会議を閉会した。人間の遺伝子編集に対する世界的な統制と監督基準を作成するために設立されたものだ。 続きを読む

  • 培養肉による食品革命を甲殻類のエビに広げるShiok Meats

    培養肉による食品革命を甲殻類のエビに広げるShiok Meats

    二人が定めた目標は、食料品店の冷凍コーナーに収まっているエビの、代替品を作ることだ。ついでに、中華スープに入れるエビ団子も。 続きを読む

  • 蠅テックのムスカが新経営陣発表、元三井物産の安藤氏、元ゴールドマン・サックスの小高氏が加わる

    蠅テックのムスカが新経営陣発表、元三井物産の安藤氏、元ゴールドマン・サックスの小高氏が加わる

    ムスカは3月7日、新たに経営陣に加わった2名を発表した。取締役/暫定COOとして元三井物産の安藤正英氏が1月30日付けで就任、取締役就任候補者として元ゴールドマン・サックス証券のパートナーだった小高功嗣氏を招聘した。 続きを読む

  • 骨髄移植で2人目のHIV治療成功例、遺伝子療法に新たな期待

    骨髄移植で2人目のHIV治療成功例、遺伝子療法に新たな期待

    HIVの患者が完治したと最初に診断されてから12年経ち、最初の例と同様の骨髄移植により2人目の完治例が出たことが判明した。この治療の詳細はは明日、Natureで発表される。 続きを読む

  • ナノ粒子を注射することで赤外線を「見る」ことができるようになる

    ナノ粒子を注射することで赤外線を「見る」ことができるようになる

    だれもが、私たちの視覚システムに割り当てられている波長の外側の世界をみることを夢見ている。ということで、いつものことではあるが、実験用マウスたちが賢い科学者たちの助けを借りて、その世界への一番乗りを果たした。 続きを読む

  • 超抜イエバエで世界のタンパク質危機を解決するムスカ、創業者が秘める熱い想い

    超抜イエバエで世界のタンパク質危機を解決するムスカ、創業者が秘める熱い想い

    ムスカは、2018年11月にTechCrunch Japanが開催したTechCrunch Tokyo 2018の「スタートアップバトル」で最優秀賞に輝いたスタートアップだ。 続きを読む

  • 血液検査を数分に短縮するバイオテックAIスタートアップSight Diagnosticsが278万ドルを獲得

    血液検査を数分に短縮するバイオテックAIスタートアップSight Diagnosticsが278万ドルを獲得

    イスラエルの医療機器スタートアップSight Diagnosticsは、AI技術による高速な血液検査技術に278万ドル(約3億0870万円)のシリーズC投資ラウンドを獲得した。 続きを読む

  • 米DARPA、負傷戦士のためにスマート包帯を研究中

    米DARPA、負傷戦士のためにスマート包帯を研究中

    戦場ほど迅速で効果的な医療が重要な現場はない。DARPA(米国国防高等研究事業局)は、インテリジェント包帯を作って状況を改善しようと考えている。 続きを読む

  • 中国当局、世界初の遺伝子操作ベビーを違法と認定

    中国当局、世界初の遺伝子操作ベビーを違法と認定

    中国当局は、世界初の遺伝子操作ベビーの誕生に成功したと主張して科学界を震撼させたHe Jiankui(賀建奎)の研究を、「個人的名声と利益」を求めた違法行為であると宣言した。 続きを読む

  • 米粒よりも小さい体内センサーを開発するIota Biosciences、1500万ドルを調達

    米粒よりも小さい体内センサーを開発するIota Biosciences、1500万ドルを調達

    フィットネストラッカーや心拍モニターは素晴らしいものだ。しかし、もし体内の活動状況を知りたければ、その方法というのはたやすいものではない。 続きを読む