バイオテック

 

バイオテック(BioTech)、アグリテック(AgriTech)、遺伝子工学などに関する最新ニュース

  • ガン診断に特化して医師を助けるGoogleのSMILY

    ガン診断に特化して医師を助けるGoogleのSMILY

    ガンの発見と診断は、それで生計を立てている医療専門家にとってさえ複雑で難しいプロセスである。 続きを読む

  • イーロン・マスクのNeuralinkは来年から人間の脳とのより高速な入出力を始める

    イーロン・マスクのNeuralinkは来年から人間の脳とのより高速な入出力を始める

    イーロン・マスク氏の主導によって2017年に創業されたスタートアップのNeuralinkは(ニューラリンク)は、「糸」に関わるテクノロジーを開発している。 続きを読む

  • 植物由来の代替豚肉をアジア市場向けに開発するPhuture Foods

    植物由来の代替豚肉をアジア市場向けに開発するPhuture Foods

    香港のアクセラレーター、Brinc出身のスタートアップ、Phuture Foodsは代替豚肉の開発で注目を集めている。 続きを読む

  • 代替タンパク質の次なる大きな波は植物由来や細胞培養のシーフード

    代替タンパク質の次なる大きな波は植物由来や細胞培養のシーフード

    Impossible BurgerやBeyond Burgerといった植物由来の牛肉の代替品、またはImposter Burgerのような鶏肉の代替品が増えてきているものの、魚肉は遅れをとっている。だが潮目は変わろうとしている。植物由来の魚肉の代替品が大きく注目され始めているのだ。 続きを読む

  • 世紀の詐欺スタートアップ・セラノスの裁判が2020年夏に開始、最高20年の懲役刑の可能性も

    世紀の詐欺スタートアップ・セラノスの裁判が2020年夏に開始、最高20年の懲役刑の可能性も

    すでに解散したバイオテックユニコーンTheranos(セラノス)の創業者Elizabeth Holmes(エリザベス・ホームズ)の裁判は来夏に連邦裁判所で始まり、最高20年の懲役刑と数百万ドルの罰金を受ける可能性がある。 続きを読む

  • 超抜ハエ技術のムスカが新生銀行と戦略的パートナーシップ、丸紅・伊藤忠に続き3社目

    超抜ハエ技術のムスカが新生銀行と戦略的パートナーシップ、丸紅・伊藤忠に続き3社目

    イエバエの幼虫を活用して畜糞を1週間程度で肥料化できる技術を擁するムスカは6月25日、新生銀行との戦略的パートナーシップを締結した。 続きを読む

  • 植物の生育に必要な栄養素を効率よく散布する研究結果

    植物の生育に必要な栄養素を効率よく散布する研究結果

    カーネギーメロン大学は植物の根に重要な栄養素を供給する新しい方法を発見した。植物を育てる土壌にあらかじめ必要な成分が含まれている必要はない。 続きを読む

  • Facebook創業者夫妻の慈善団体が人体細胞地図プロジェクトに約73億円寄付

    Facebook創業者夫妻の慈善団体が人体細胞地図プロジェクトに約73億円寄付

    人間の体の細胞の地図を作る、現在進行形のグローバルなプロジェクトが、Chan-Zuckerberg Initiative(CZI、チャン・ザッカーバーグ・イニシアティブ)から6800万ドル(約73億円)を寄贈された。 続きを読む

  • 伊藤忠が超抜ハエ技術のムスカと提携した理由、畜糞処理からプラント建設までの壮大な構想

    伊藤忠が超抜ハエ技術のムスカと提携した理由、畜糞処理からプラント建設までの壮大な構想

    設立間もないムスカとなぜ大手商社が組んだのか。TechCrunchでは、2回目となる今回は伊藤忠商事の岡野聡太氏を取材した。 続きを読む

  • 世界を飢えから救う農業技術コンペの初受賞者決まる

    世界を飢えから救う農業技術コンペの初受賞者決まる

    世界の食糧危機を解決するイノベーションを懸賞付きコンペで募集している財団FoodShot Globalが、そのコンペInnovating Soil 3.0の初回の受賞者を決定した。 続きを読む