バイオテック

 

バイオテック(BioTech)、アグリテック(AgriTech)、遺伝子工学などに関する最新ニュース

  • テクノロジーとしての生物学が100兆円規模の産業を再編する

    テクノロジーとしての生物学が100兆円規模の産業を再編する

    現在、私たちは、2つの大きな危機に直面している。ひとつは地球の健康、もうひとつは私たち自身の健康だ。国連によれば、2050年には世界人口は97億人に達し、人類史上もっとも多くの天然資源を消費するようになると言われている。だが幸いなことに、生物学とテクノロジーが、人の体だけでなく地球の治療法も確立しようとしている。同時に、テクノロジーとしての生物学の黄金時代と私が確信するものが到来し、その勢いに乗って無数の産業が刷新される。健康科学系のアクセラレーター IndieBioの創設者Arvind Gupta氏は、「地球と人類の双子の災難」は100… 続きを読む

  • バイオテック分野のアクセラレーターPetriが米ボストンで始動

    バイオテック分野のアクセラレーターPetriが米ボストンで始動

    バイオテクノロジーがヘルスケア、材料科学、製造業の分野で新しいイノベーションの柱になりつつある中、米国のリサーチハブの一つであるボストンで、新技術の商業化段階にある企業を支援するアクセラレーターのPetri(ペトリ)が活動を開始した。 続きを読む

  • 農業を根本から考え直すCooks Ventureが約13億円を調達

    農業を根本から考え直すCooks Ventureが約13億円を調達

    「あなたは、あなたが食べているものが食べている存在です」と、Blue Apronの元COOで、現Cooks Ventureの共同創設者およびCEOのMatthew Wadiak氏は言う。 続きを読む

  • タイソン・ベンチャーズが植物原料エビのニュー・ウェーブ・フーズに出資

    タイソン・ベンチャーズが植物原料エビのニュー・ウェーブ・フーズに出資

    Tyson Foodsがシーフードの事業に乗り出している。同社のベンチャーキャピタル部門を通じてTysonは植物ベースのエビ代替品を作っている米国サンフランシスコ拠点のNew Wave Foodsに出資した。 続きを読む

  • 伊藤忠が米国のリサイクル会社TerraCycleと提携、持続可能なリサイクルビジネス参入へ

    伊藤忠が米国のリサイクル会社TerraCycleと提携、持続可能なリサイクルビジネス参入へ

    伊藤忠商事は9月6日、米国のリサイクル業者であるTerraCycle(テラ・サイクル)との資本・業務提携を発表。伊藤忠がリサイクルビジネスに本格参入することを表明した。 続きを読む

  • 農作物への化学物質の影響を低減するバイオ農薬開発のTerrameraが48億円超を調達

    農作物への化学物質の影響を低減するバイオ農薬開発のTerrameraが48億円超を調達

    農業から化学物質の使用を減らすために生物的殺虫剤や種子処理剤を売っているカナダのTerrameraがこのほど、4500万ドルの資金を調達した。 続きを読む

  • さまざまな菌類に新種の機能性たんぱく質を作らせるスタートアップ

    さまざまな菌類に新種の機能性たんぱく質を作らせるスタートアップ

    遺伝子組み換えによる食品原料の開発を目指している。その対象となる生物と彼らが作り出す食品原料とは、イースト菌やまだ名前を公表できないバクテリア、そして菌類などが作り出す蛋白質だ。 続きを読む

  • バイオテック研究者はVCに縛られない大自然での起業を目指す

    バイオテック研究者はVCに縛られない大自然での起業を目指す

    新薬の開発は時間を要し、リスキーで費用もかかる。大きな臨床的失敗は当たり前のことだ。 続きを読む

  • 3Dプリント臓器の商用化まであと数歩

    3Dプリント臓器の商用化まであと数歩

    生きた細胞を使った血管組織のプリントに成功したことで、3Dプリント組織の開発が加速され、最終的には、わずかな細胞のサンプルから臓器が作れる可能性が見えてきた。 続きを読む

  • 土壌中のマイクロバイオームを分析して農家の生産性向上を目指すBiome Makersが4億円超を調達

    土壌中のマイクロバイオームを分析して農家の生産性向上を目指すBiome Makersが4億円超を調達

    農業は持続可能性の大きな問題に直面している。世界の人口は増え続けていて食糧の需要も増加しているが、それに伴い森林破壊や農薬、それに温室効果ガスの原因とされる一部の肥料の使用が増える危険性もある。 続きを読む