ドローン

 

ドローン関連のスタートアップや技術開発などの最新ニュース

  • ドローンの交通警官を目指すAirspace Linkが4.4億円調達

    ドローンの交通警官を目指すAirspace Linkが4.4億円調達

    アメリカ中の都市にドローンが増殖する中、行政当局はいずれ空中に巻き起こるであろう交通渋滞に対応すべく方法を探っている。 続きを読む

  • 日本のFPV Roboticsが水陸空のインフラ検査用ドローン「Waver」を発表

    日本のFPV Roboticsが水陸空のインフラ検査用ドローン「Waver」を発表

    日本のロボット開発のスタートアップであるFPV Robotics は、ドローンテクノロジーを活用して世界中で増大するインフラ検査ニーズに対応する。 続きを読む

  • 米国連邦航空局がドローン向け遠隔識別テクノロジーを提案

    米国連邦航空局がドローン向け遠隔識別テクノロジーを提案

    米国連邦航空局(FAA)は今週、米国内におけるドローンの遠隔識別に関する規則案を発表した。 続きを読む

  • 最大荷重約200kg、小型航空機のようなPykanoドローンで大農場の農薬散布を自動化する

    最大荷重約200kg、小型航空機のようなPykanoドローンで大農場の農薬散布を自動化する

    積載量が小さい小型ドローンに代わり、3枚のプロペラを持ち、最大荷重約200kgである小型航空機のようなドローンで大農場への農薬散布を自動化するPyka。同社のEgretは、試験農場で何千マイルもフライトを行い、規制当局からの認可も取得している。 続きを読む

  • DJIが地上でもトップを狙う、カメラ搭載オフロード車の特許を出願

    DJIが地上でもトップを狙う、カメラ搭載オフロード車の特許を出願

    空を飛ぶカメラドローン業界においてトップを走るDJIが地上にも本格的に進出!? カメラとスタビライザーを搭載した小型のオフロード車に関する特許を出願している。 続きを読む

  • 食品を航空宇宙グレードのドローンで配達するMannaがシードラウンドで累計約5.7億円調達

    食品を航空宇宙グレードのドローンで配達するMannaがシードラウンドで累計約5.7億円調達

    先日ラジオを聴いていたら、インタビューを受けていた「未来派」の人が「いつかドローンが食品を配達するようになるが、そんなすぐには実現しない」と予測していた。予測とはそんなものだ。 続きを読む

  • 超精細な画像を高頻度で撮れるNear Space Labsの成層圏気象観測気球

    超精細な画像を高頻度で撮れるNear Space Labsの成層圏気象観測気球

    航空宇宙工学におけるこの盲点を利用したい、と考えた。盲点とは成層圏、航空機が飛ぶ高度の倍ぐらいの高さのことだ。誰もまだ手を付けていないという創業者有利の見地から言えば、そこではとても広大な領域を一望にでき、しかも得られる画像の解像度は航空機やドローン並にきわめて精細だ。 続きを読む

  • ディズニーの新SWアトラクションのこけら落としでリアルなXウイングがデモ飛行

    ディズニーの新SWアトラクションのこけら落としでリアルなXウイングがデモ飛行

    フロリダのディズニーワールドに新設された「ライズ・オブ・レジスタンス」アトラクションのオープニング記念イベントで、小型のワゴン車ほどの大きさがあるリアルなXウィングのモデルがデモ飛行した。ボーイングが開発した貨物用ドローンを改造したものと考えられている。 続きを読む

  • DJI Mavic Miniの日本向け特別仕様は199gで気軽に飛ばせる

    DJI Mavic Miniの日本向け特別仕様は199gで気軽に飛ばせる

    Mavic Miniは4万6200円という低価格ながら、優れたカメラ、長い飛行距離、よくできたコントローラーなど、高品質のドローンとしての重要な条件をすべて満たしている。風にも強く、飛行速度も速くて楽しめる。改正航空法適用外となるよう、日本向けは重量も199gに抑えられている。 続きを読む

  • VolocopterとJohn Deereが農業用自動散布ドローンを開発

    VolocopterとJohn Deereが農業用自動散布ドローンを開発

    自律飛行が可能なドローンを開発するスタートアップのVolocopter(ベロコプター)は、産業用および商業用の新しいドローンことVoloDroneの最初のパートナーとして、John Deere(ジョン・ディア)との提携を発表した。 続きを読む