ドローン

 

ドローン関連のスタートアップや技術開発などの最新ニュース

  • 仲間を見つけて群れをなして泳ぐ自立式ロボフィッシュ

    仲間を見つけて群れをなして泳ぐ自立式ロボフィッシュ

    ハーバード大学ワイス応用生物学エンジニアリング研究所の研究チームは、互いに相手を見つけて移動する自立式魚型水中ロボットを開発した。協力して仕事をこなしたり、静かに群れをなしたりする。 続きを読む

  • ソニーがフルサイズミラーレス一眼αを搭載するドローン「AirPeak」発表

    ソニーがフルサイズミラーレス一眼αを搭載するドローン「AirPeak」発表

    2020年末にSonyがドローン「AirPeak」を発表したときは、かなり内容が乏しかった。コンシューマー向け電子機器の巨人がついにドローン事業に参入することはわかったが、得られた情報はそれだけだった。あとはUAVの暗い画像が数枚あっただけだ。 続きを読む

  • 米連邦航空局の新ルールでドローンにリモートIDを要求

    米連邦航空局の新ルールでドローンにリモートIDを要求

    FAA(連邦航空局)は米国時間12月28日、米国でドローンを操縦する者の新しい規則を2つ発表した。まず1つは、待望のリモートIDだ。システムは実質的に無人航空機のデジタルナンバープレートのようなものとして機能し、機の位置を含む認識情報をブロードキャストする。 続きを読む

  • 建設業向けドローン用ソフトウェアを展開するCLUEが20億円をシリーズBで調達

    建設業向けドローン用ソフトウェアを展開するCLUEが20億円をシリーズBで調達

    建設業向けにドローンを活用したソフトウェアを展開するCLUEは12月21日、シリーズBラウンドにおいて、第三者割当増資および融資により20億円の資金調達を実施したと発表した。 続きを読む

  • 米国の禁輸リスト入りしたDJIのプロダクトの米国内販売は継続の見込み

    米国の禁輸リスト入りしたDJIのプロダクトの米国内販売は継続の見込み

    米商務省は米国12月18日、DJIを含む77社を「エンティティリスト(禁輸リスト)」に加えた。正確には、DJIの米国事業の未来にとってこれが意味するところはまだ不明だ。しかし、同社はTechCrunchのコメントの求めに応じた。 続きを読む

  • ドローン最大手DJIが米商務省の禁輸リスト入り、ドローンによる監視は人権侵害

    ドローン最大手DJIが米商務省の禁輸リスト入り、ドローンによる監視は人権侵害

    最近、米国政府がDJIを取り締まろうとしているという報道が増えていたが、米国時間12月18日、商務省はDJIを「エンティティリスト」(禁輸リスト)に加えることになった 続きを読む

  • 産業用ドローンメーカーPerceptoが46億円超を調達、Boston DynamicsのSpotと連携

    産業用ドローンメーカーPerceptoが46億円超を調達、Boston DynamicsのSpotと連携

    消費者向けのドローンは何年もの間、高価で精密なおもちゃでしかないというイメージから脱することができずにいる。しかし、産業、軍事、エンタープライズの分野においては、無人航空機には確かな需要がある。こうした用途でドローンを製造しているスタートアップ企業が11月24日、大規模な資金調達とドローン産業の今後の展望を期待させるパートナーシップを発表した。 続きを読む

  • ドローンが視覚的に障害物を避ける技術でFAA規制の壁を乗り越えるIris Automationが約13.5億円調達

    ドローンが視覚的に障害物を避ける技術でFAA規制の壁を乗り越えるIris Automationが約13.5億円調達

    ドローンが日常の物流インフラの要になるのは今や時間の問題だが、現時点からそこまで行く間には、まだ大きな障壁が残されている。とくに、規制の壁だ。Iris Automationは、無人飛行の標準規格作りに関連する規制上の難題を解決に導くコンピュータービジョン製品を開発している。そこには、さまざまなカメラに幅広く対応できる、障害物を検知して回避する同社の技術が活かされている。 続きを読む

  • 米大統領選挙の夜、バイデン氏と同じくらい大きな勝利を勝ち取ったVerge Aeroのドローン

    米大統領選挙の夜、バイデン氏と同じくらい大きな勝利を勝ち取ったVerge Aeroのドローン

    2020年は非常に長く感じられたが、今回の大統領選挙もまさにそれを体現していた。第46代大統領を指名するための統計調査プロセスは5日間にもおよび、Joe Biden(ジョー・バイデン)氏が最終的にデラウェア州ウィルミントンで壇上に立ち受諾演説を行ったとき、多くの人々は疲労と高揚感に満たされていた。 続きを読む

  • 蛾のアンテナを移植したドローン「スメリコプター」は化学物質を嗅ぎ逃さない

    蛾のアンテナを移植したドローン「スメリコプター」は化学物質を嗅ぎ逃さない

    母なる自然を超えようとしても、そうするだけの価値がないこともある。そんな判断を下したのは、ワシントン大学の技術者達だ。彼らは蛾のアンテナのように繊細な化学センサーがないことを嘆き、新しい人間の技術を発明するよりも、蛾の生態を流用することを選んだ。 続きを読む