EdTech

 

ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)

  • ロボティクスキットとZoom授業による自宅学習で子どもたちにSTEMスキルを教えるThimble

    ロボティクスキットとZoom授業による自宅学習で子どもたちにSTEMスキルを教えるThimble

    パンデミックの間、自宅学習に縛りつけられている子ども持つ親たちは、バーチャル授業で失われた手を動かす実践学習を行う新たな活動を探さなければならなかった。ニューヨークを拠点とするEdTechのスタートアップであるThimbleは、STEM(科学、技術、工学、数学)学習が行えるキットをサブスクリプションで提供し、この問題に対処している。 続きを読む

  • YCの支援を受けるTikTokのような英語教材ショート動画のBlaBlaが1.6億円を調達

    YCの支援を受けるTikTokのような英語教材ショート動画のBlaBlaが1.6億円を調達

    短くて、さくっと見ることができる楽しい動画が、若者が情報を受け取るための当たり前の手段として、広がり続けている。ならば英語をTikTok的な動画で学んでもいいだろう。それがアンジェロ・ホアン氏がBlaBlaを立ち上げるきっかけとなった。 続きを読む

  • VCのSuperChargerがEdTechのバーチャルアクセラレーター開始

    VCのSuperChargerがEdTechのバーチャルアクセラレーター開始

    教育分野のスタートアップはあまりベンチャー資金を調達できない状態が数十年続いた。しかしパンデミック以後、この分野には才能ある人材が殺到し、スタートアップには急成長が視野に入るようになっている。 続きを読む

  • アマゾンがインドでコンピュータサイエンス教育プログラムの開始を計画

    アマゾンがインドでコンピュータサイエンス教育プログラムの開始を計画

    AmazonはコンピュータサイエンスプログラムのFuture Engineerを世界第2位のインターネット市場であるインドに拡大する計画で、インドの教育分野に対する同社の関心の高まりがうかがえる。 続きを読む

  • 子供向けのインタラクティブで教育的なビデオライブラリのTappityが1.4億円を調達

    子供向けのインタラクティブで教育的なビデオライブラリのTappityが1.4億円を調達

    現代の子どもたちが、興味を持っている新しいトピックについて学びたいと思ったときに目を向けるのは、YouTubeであることが多い。しかし、子供たちが出会うYouTube上の個別教育コンテンツの品質には、当たり外れがある。130万ドル(約1億4000万円)のシードファンディングを受けた、デジタル教育スタートアップのTappityは、そこに代替手段を提供することを目指している。 続きを読む

  • 中国のオンライン教育アプリ「Zuoyebang」が約1656億円を調達

    中国のオンライン教育アプリ「Zuoyebang」が約1656億円を調達

    2020年は新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、中国トップクラスのオンライン学習アプリの競争がさらに激化した。ここにきて大型の資金調達を果たした企業がZuoyebang(作业帮)だ。同社は米国時間12月28日、シリーズEでAlibaba Groupを含む投資家から16億ドル(約1656億円)を調達したと発表した。 続きを読む

  • 新型コロナで需要が高まる技能習得のコンテンツを提供するEdTechのAceableが52億円調達

    新型コロナで需要が高まる技能習得のコンテンツを提供するEdTechのAceableが52億円調達

    州公認クラスのためのモバイルエドテックサービスを展開しているオースティン拠点のAceableは、プライベートエクイティファームのHGGCから再び5000万ドル(約51億7000万円)を調達し、投資家から「お墨付き」を得た。 続きを読む

  • オンライン教育のPluralsightを投資会社Vistaが買収へ

    オンライン教育のPluralsightを投資会社Vistaが買収へ

    2020年全体を通じて見てきたM&Aのあわただしいサイクルが今月も続いている。今度はVista Equity Partnersが35億ドル (約3600億円)でPluralsightを買収すると発表した。 続きを読む

  • 児童向けオンライン読書教育の「ヨンデミーオンライン」が資金調達、正式サービス開始も発表

    児童向けオンライン読書教育の「ヨンデミーオンライン」が資金調達、正式サービス開始も発表

    Yondemyは12月23日、シードラウンドにおいて、第三者割当増資を実施したと発表した。引受先はW ventures、F Ventures。また、子ども向け完全オンライン読書教育の習い事サービス「ヨンデミーオンライン」の正式リリースを明らかにした。 続きを読む

  • クラウドソーシングによる宿題サポートプラットフォームで3.5億人を支援するBrainlyが約83億円調達

    クラウドソーシングによる宿題サポートプラットフォームで3.5億人を支援するBrainlyが約83億円調達

    新型コロナウイルスのパンデミックによりバーチャルラーニングが大幅に増えた。リモートに移行した(あるいは留まった)学校もあれば、地域社会がソーシャルディスタンスを保てるよう非常に強力なオンラインコンポーネントを組み込んだ学校もある。その結果、家での勉強を支援するツールが急増した。その1つが米国時間12月17日、この市場におけるチャンスをつかもうとグロースラウンドを発表した。 続きを読む