EdTech

 

ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)

  • 教育用ゲームプラットフォームのKahoot!が言語学習のDropsを約52億円で買収

    教育用ゲームプラットフォームのKahoot!が言語学習のDropsを約52億円で買収

    教育用ゲームを作って共有できる人気スタートアップのKahoot!は、ソフトバンクから2億1500万ドル(約223億8000万円)を調達してオンライン学習に対する関心を一気に集めた。その同社が、今度は対象とする教科を広げるために買収を実施する。 続きを読む

  • インドのEdTech「Unacademy」が新たに資金調達、企業価値2090億円に

    インドのEdTech「Unacademy」が新たに資金調達、企業価値2090億円に

    インドのオンライン学習プラットフォームUnacademyは資本政策表に新たな大手投資家2社を加えた。K-12オンライン教育を専門とするバンガロール拠点のUnacademyは米国時間11月25日、Tiger Global ManagementとDragoneer Investment Groupから資金を調達したと発表した。 続きを読む

  • 低年齢児童の英語学習はゲーム化が鍵、ウクライナのAllRightがシリーズAを調達

    低年齢児童の英語学習はゲーム化が鍵、ウクライナのAllRightがシリーズAを調達

    AllRightは4歳以上の子どもを対象とする英語学習プラットフォームで、リアルの先生がレッスンをしてAIが宿題を手伝ってくれる。同社はこの度、Genesis InvestmentsがリードするシリーズAのラウンドで500万ドル(約5億2000万円)を調達した。 続きを読む

  • コロナ需要に沸くEdTech、言語学習アプリDuolingoが約36億円調達

    コロナ需要に沸くEdTech、言語学習アプリDuolingoが約36億円調達

    TechCrunchは先週、これまでに5億回ダウンロードされた人気の言語学習アプリDuolingoが少なくとも22億1000万ドル(約2300億円)のバリュエーションで3500万ドル(約36億円)を調達中だと報じた。 続きを読む

  • ベネッセ出資のオンライン学習マーケットプレイスUdemyが最大105億円調達の見込み

    ベネッセ出資のオンライン学習マーケットプレイスUdemyが最大105億円調達の見込み

    オンライン教育は、2020年のテクノロジー業界におけるホットスポットの1つだ。その最新の動きとして、Udemy(ユーデミー)が最大1億ドル(約105億円)を調達しようとしている。 続きを読む

  • ユダシティがデットファイナンスで78億円を調達、技術系教育ビジネスが好調

    ユダシティがデットファイナンスで78億円を調達、技術系教育ビジネスが好調

    新型コロナウイルス感染症の世界的流行により仕事と学習のあり方が大きな変革を迫られている中、オンライン教育ツールに対する関心が高まり続けている。米国時間11月3日、オンライン教育ツールの老舗企業の1つであるUdacity(ユダシティ)が、法人向けサービスへと方向転換して黒字化を図るべく、資金調達を発表した。同社が展開するのは、社員や公務員のスキルアップを図って最新の需要に対応できる技術的専門知識を身につけてもらおうとする企業や政府機関向けのサービスだ。 続きを読む

  • 学校を辞めていく教師たちの次の行き先はスタートアップなのか

    学校を辞めていく教師たちの次の行き先はスタートアップなのか

    ニューヨークの公立学校の教師、Christine Huang(クリスティン・ファン)氏が教職を後にしたのは、疲労がたまったからではない。賃金が安いからでもない。仕事が多くて放課後に自分の子供と過ごす時間がほとんどないからでもない。 続きを読む

  • 約2.8億円の新規投資でSoraはバーチャルハイスクールの普通校化を目指す

    約2.8億円の新規投資でSoraはバーチャルハイスクールの普通校化を目指す

    新型コロナウイルスが流行するずっと以前から、アトランタの起業家団体が運営するSoraは、ライブ配信によるバーチャルハイスクールの構想を練っていた。生徒の自主性を重視し、例えば世界の気候変動による被害を減らす方法など、生徒が取り組みたい研究テーマを中心にカリキュラムを組むというプログラムだ。 続きを読む

  • 小・中学向け教育×エンタメ事業「SOZOW」のGo Visionsが総額1.1億円を調達

    小・中学向け教育×エンタメ事業「SOZOW」のGo Visionsが総額1.1億円を調達

    Go Visionsは10月30日、総額1.1億円の資金調達を実施したと発表した。引受先はSTRIVE、HIRAC FUND(マネ―フォワードベンチャーパートナーズ)、epiST Ventures、個人投資家および金融機関。また現在開発中の小・中学生対象オンラインサービス「SOZOW」(ソーゾウ)について、11月7日~29日に実施する無料体験(8000家族限定)の登録受付を開始した。 続きを読む

  • EdTechのCourse Heroが数学専門の解答エンジンSymbolabを買収、他科目の買収も目指す

    EdTechのCourse Heroが数学専門の解答エンジンSymbolabを買収、他科目の買収も目指す

    8000万ドル(約84億円)を調達したシリーズBラウンドから数カ月、Course HeroはSymbolabを買収した。Symbolabは、学生が難しい数学の問題の答えを出したり理解したりするのを手伝うAIで動く計算機だ。 続きを読む