EnviroTech

 

環境不可の低減技術、リサイクル技術、再生可能エネルギー開発、省エネルギー、海洋汚染や土壌汚染の浄化技術など、環境問題を解決し、持続可能な(サスティナブル)未来のための環境技術(Environmental Technology)、グリーンテック(Green Tech)/クリーンテック(Clean Tech)に関する最新ニュース EnviroTech(エンバイロ・テック)

  • ロバート・ダウニーJrやグウィネス・パルトロウ、マーク・ベニオフはトイレットペーパーに投資している

    ロバート・ダウニーJrやグウィネス・パルトロウ、マーク・ベニオフはトイレットペーパーに投資している

    多くの著名な起業家や有名人の環境への投資が活発だ。Greycroft Partners(グレイクロフト・パートナーズ)がリードした、新しいトイレットペーパーブランド「Cloud Paper」に、多くのセレブが総額300万ドル(約31億円)を投資している。 続きを読む

  • マイクロソフトが2030年までに事業展開地域で利用する以上の水を生態系に戻すことを宣言

    マイクロソフトが2030年までに事業展開地域で利用する以上の水を生態系に戻すことを宣言

    2020年に見られる良い流れの1つは、大規模テック企業たちが先を争うように、それぞれが環境に与える影響に関して、これまで以上に大胆な取り組みを宣言していることだ。環境への影響を最小化するだけでなく、それを実際に復元する取り組みをする企業として、新たにMicrosoftが名乗りを上げた。 続きを読む

  • 既存のディーゼルエンジンを環境に優しくするClearFlame Engine、VCだけでなく政府省庁も支援

    既存のディーゼルエンジンを環境に優しくするClearFlame Engine、VCだけでなく政府省庁も支援

    ディーゼルエンジンは貨物輸送や農業の働き者であり、経済とそのサプライチェーンを支えている。しかし、環境に対しては汚れ役でもある。イリノイ州ジニーバで4年前に創業したClearFlame Engine Technologiesによると、同社はディーゼルエンジンをクリーンに利用する方法を発見した。 続きを読む

  • 米国西部が燃える中、森林炭素モニタリングサービス運営のPachamがアマゾンとビル・ゲイツ支援ファンドから資金調達

    米国西部が燃える中、森林炭素モニタリングサービス運営のPachamがアマゾンとビル・ゲイツ支援ファンドから資金調達

    森林オフセットプロジェクトで実際にどれだけの二酸化炭素が捕獲されたかを追跡する、森林炭素隔離モニタリングサービスを運営しているPachama(パチャマ)は、Amazon(アマゾン)やBreakthrough Energy Venturesなどの著名な投資家から500万ドル(約5億2300万円9)の新たな資金調達を実施した。 続きを読む

  • 持続可能性データベースのHowGoodが個々の材料の環境影響を調べるツールLatisを公開

    持続可能性データベースのHowGoodが個々の材料の環境影響を調べるツールLatisを公開

    消費者製品の原材料の持続可能性に関するデータベースを提供しているニューヨークを拠点とするスタートアップであるHowGoodが、Latisという製品を公開し、すでにDanone North Americaと初期顧客契約を結んでいるという。 続きを読む

  • グーグルが2030年までにカーボンフリーエネルギーのみを利用する目標を設定

    グーグルが2030年までにカーボンフリーエネルギーのみを利用する目標を設定

    Googleは大手テクノロジー企業の先端を切って、2007年に完全なカーボンニュートラルを宣言し、その後、全世界での消費電力を再生可能エネルギーで相殺してきた。このほど同社は新たな境地に踏み込み、実際に二酸化炭素排出を完全排除する世界初の主要企業になることを宣言した。 続きを読む

  • ⾻折予防床材「ころやわ」開発・販売のMagic Shieldsが約4000万円を調達、量産性向上と事業拡⼤を目指す

    ⾻折予防床材「ころやわ」開発・販売のMagic Shieldsが約4000万円を調達、量産性向上と事業拡⼤を目指す

    ⾻折予防床材「ころやわ」シリーズを開発・販売するMagic Shieldsは9月11日は、事業拡⼤を⽬的に約4000万円の資⾦調達を実施したと発表した。引受先はIDATEN Ventures、守屋実氏(守屋実事務所 代表)、⼤冨智弘氏(ティルス 代表取締役)。 続きを読む

  • 産業廃棄物を回収する収集車の配車最適化をAIで実現するファンファーレが「配車頭」を正式リリース

    産業廃棄物を回収する収集車の配車最適化をAIで実現するファンファーレが「配車頭」を正式リリース

    ファンファーレは8月24日、2020年9月より廃棄物回収に特化したAIによる配車計画の自動作成サービス「配車頭」(ハイシャガシラ)を正式リリースすることを発表した。併せて、Coral Capitalからの3000万円の資金調達を実施したことも発表した。今回調達した資金は、営業体制の強化、サービスリリースに伴うカスタマーサポートの拡充などに活用する予定だ。 続きを読む

  • 米海洋大気庁が成層圏中の微粒子の調査にWorld Viewの高高度気球を利用

    米海洋大気庁が成層圏中の微粒子の調査にWorld Viewの高高度気球を利用

    高高度の気球を上げるサービスを提供しているアリゾナ拠点のWorld Viewが、米国海洋大気庁とのパートナーシップで、地球の成層圏に関する研究データの収集を手伝うことになった 続きを読む

  • 財務の収支報告に加えて未来の企業は炭素収支をと訴えるPersefoniが4億円相当を調達

    財務の収支報告に加えて未来の企業は炭素収支をと訴えるPersefoniが4億円相当を調達

    大企業の炭素排出量報告(カーボンレポーティング)を簡易化するPersefoniの創業者であるケンタロウ・カワモリ氏とジェイソン・オファーマン氏は、炭素排出についていくつかのことを知っている。 続きを読む