VC / エンジェル

 

VC(ベンチャー・キャピタル)やエンジェルなど、資金調達、投資関連の最新ニュース

  • SPAC(特別買収目的会社)がブームだが、女性投資家はほとんどいない

    SPAC(特別買収目的会社)がブームだが、女性投資家はほとんどいない

    SPAC(特別買収目的会社)ブームを追いかけている人なら、株式公開された非公開企業を買収するためのブランクチェックカンパニーが続々と現れていることにお気付きかもしれない。こうした企業は主に男性によって組織されている。 続きを読む

  • ジェネシア・ベンチャーズがシード・アーリーステージに特化した2号ファンドを設立、ファンド規模は約80億円

    ジェネシア・ベンチャーズがシード・アーリーステージに特化した2号ファンドを設立、ファンド規模は約80億円

    ジェネシア・ベンチャーズは10月26日、シード・アーリステージのスタートアップへの投資に特化した2号ファンド「Genesia Venture Fund 2号投資事業有限責任組合」の最終募集を締め切り、総額約80億円規模で設立したと発表した。 続きを読む

  • ソフトバンクのダイバーシティ&インクルージョンファンドによる最初の投資は健康分野

    ソフトバンクのダイバーシティ&インクルージョンファンドによる最初の投資は健康分野

    SoftBankのOpportunity Growth Fundは、健康保険のスタートアップであるVitable Healthに投資する。同ファンドは有色人種の起業家が創業したスタートアップへの投資に特化する1億ドル(約105億円)のファンドで、今回の投資は同ファンドからの最初のコミットメントとなる。 続きを読む

  • 急成長オープンソース・スタートアップは殆どがベイエリア以外出身でベンチャー資金を拒否(調査結果)

    急成長オープンソース・スタートアップは殆どがベイエリア以外出身でベンチャー資金を拒否(調査結果)

    2020年の急成長するオープンソース企業の90%以上がサンフランシスコ・ベイエリア「以外で」設立され、トップ20のうち12社はヨーロッパ出身であることが、最新の調査でわかった。ROSS Index”は、Runa Capitalが発行しているレポートで、GitHubに公開リポジトリをもつ急成長のオープンソース・スタートアップを掲載している。 続きを読む

  • 東大IPCインキュベーションプログラム「東大IPC 1st Round」が第3回支援先を発表

    東大IPCインキュベーションプログラム「東大IPC 1st Round」が第3回支援先を発表

    東京大学協創プラットフォーム開発(東大IPC)は10月15日、国内リーディングカンパニーとのコンソーシアム型インキュベーションプログラム「東大IPC 1st Round」の第3回支援先を発表した。また新たな陸運業界のパートナー企業として、ヤマトホールディングスが参画することを明らかにした。なお、同プログラムは1年に2回実施しており、現在第4回の公募(11月25日まで)も実施している。 続きを読む

  • 2020年のPearオンラインデモデーに登壇した18組の前途有望なスタートアップ

    2020年のPearオンラインデモデーに登壇した18組の前途有望なスタートアップ

    創業8年となるカリフォルニア州パロアルトに拠点を置くシードステージベンチャー企業のPearは、設立当初から、前途有望な才能を見抜く力をもっていると一部のVCたちからの注目を集めていた。そのPearが先週初めに7回目の年次デモデーを開催した。 続きを読む

  • Bullpen Capitalが遠隔地の過小評価を受けているスタートアップへの資金提供に向け1億3000万ドルを調達

    Bullpen Capitalが遠隔地の過小評価を受けているスタートアップへの資金提供に向け1億3000万ドルを調達

    今年創立10周年を迎えるBullpen Capitalは、サンフランシスコに拠点を起く、ポストシード投資と呼ばれる投資に力を入れているベンチャーファンドである。 続きを読む

  • エースタートが宇宙特化型「スペーステック2号ファンド」を運用開始、ファンド規模は38億円

    エースタートが宇宙特化型「スペーステック2号ファンド」を運用開始、ファンド規模は38億円

    独立系VCのエースタートは10月14日、宇宙特化型「スペーステック2号ファンド」(ASエースタート1号投資事業有限責任組合)の設立・運用開始を発表した。ファンド規模は38億円。同社の累計運用総額は115億円規模となった。 続きを読む

  • DRONE FUNDが目標調達額100億円とする3号ファンドからの新規投資活動を順次開始

    DRONE FUNDが目標調達額100億円とする3号ファンドからの新規投資活動を順次開始

    「ドローン・エアモビリティ前提社会」の実現を目指すベンチャーキャピタル「DRONE FUND」(ドローンファンド)は10月14日、目標調達額を100億円とする「DRONE FUND 3号投資事業有限責任組合」(3号ファンド)を2020年5月に設立し、2020年9月にファーストクローズを迎えたと発表した。SMBC日興証券、NTTドコモ、ソフトバンク、小橋工業、国際航業、リバネスなどが投資家として参加している。 続きを読む

  • London Business SchoolとLocalGlobeが女性、黒人、アジア人に力を入れる新しいVCコースを発表

    London Business SchoolとLocalGlobeが女性、黒人、アジア人に力を入れる新しいVCコースを発表

    今週英国で開催されているBlack Tech Festに足並みを揃えるように、VC業界に入りたい人たちを教育するための新しいエグゼクティブ教育コースが英国で発足した。 続きを読む