VC / エンジェル

 

VC(ベンチャー・キャピタル)やエンジェルなど、資金調達、投資関連の最新ニュース

  • レオナルド・ディカプリオ氏がStruck Capital出資を通じてLAテックの未来に投資

    レオナルド・ディカプリオ氏がStruck Capital出資を通じてLAテックの未来に投資

    Leonardo DiCaprio(レオナルド・ディカプリオ)氏が、LAをテック開発の原動地にしようという自身の取り組みの一環として、ロサンゼルス拠点の投資会社Struck Capital(ストラックキャピタル)に多額を出資する。 続きを読む

  • AllBirdsとBonobosを支援していたPeterson Venturesが約68億円ファンドをクローズ、ユタ州中心に投資を続ける

    AllBirdsとBonobosを支援していたPeterson Venturesが約68億円ファンドをクローズ、ユタ州中心に投資を続ける

    Peterson Venturesは、ユタ州ソルトレイクシティに拠点を置く12年の歴史を持つシードステージファンドで、長い間静かに運営されてきた。その投資先の多くは、消費者向けソフトウェアと企業向けソフトウェア投資のそれぞれの世界で有名なブランドになっている。 続きを読む

  • 欧州スタートアップが同じ収益を得るために米国ローンチに費やす費用が大幅減

    欧州スタートアップが同じ収益を得るために米国ローンチに費やす費用が大幅減

    かつては世界的な拡大をするためには、ヨーロッパの企業は希望する成長を成し遂げるために、米国での立ち上げに多額の資金を投じるものだった。 続きを読む

  • VCのコペルマン氏インタビュー:SPACについてはまだ結論を出せないが、いわゆるローリングファンドは威力を発揮すると考えている

    VCのコペルマン氏インタビュー:SPACについてはまだ結論を出せないが、いわゆるローリングファンドは威力を発揮すると考えている

    TechCrunchは、アーリーステージ投資を専門とする創業16年のベンチャー企業First Round(ファースト・ラウンド)の共同設立者ジョシュ・コペルマン氏に会い、さまざまな問題について話す機会を得た。当然ながらその際に、現在ベンチャー業界で起きている大きな変化、例えば、いたるところで立ち上げられているSpecial Purpose Acqusition Company(SPAC、特別目的買収会社)、勢いが増しているローリングファンド構想、さらに多様性に関するファースト・ラウンドの考えなどについて、同氏に意見を尋ねた(このインタビュー全… 続きを読む

  • ベンチャーキャピタリスト3人が大手ファーム卒業とコロナ禍で自身のファーム立ち上げについて語る

    ベンチャーキャピタリスト3人が大手ファーム卒業とコロナ禍で自身のファーム立ち上げについて語る

    おそらく業界を推進するエンジンでもあるが、テクノロジー業界における最も顕著な傾向の1つは、大手企業で才能を磨いた後にスタートアップを立ち上げ、自身のビジネスを始める人々が絶え間なく現れるということだ。マックス・レブチン氏のように意図的に起業家タイプの人材を雇って積極性の高いチームを作り上げ、そのサイクルを永続させる人もいる。 続きを読む

  • アーリーステージ投資を中心とする米VCのLightspeedがシンガポールを拠点に東南アジア事業の立ち上げを発表

    アーリーステージ投資を中心とする米VCのLightspeedがシンガポールを拠点に東南アジア事業の立ち上げを発表

    エンタープライズ技術と消費者分野の事業を進めるスタートアップ向けた初期投資に焦点を当てている米VCのLightspeed Venture Partnersは米国時間9月16日、東南アジア事業の立ち上げを発表した。シンガポールに新たに設立された地域本部を拠点とするLightspeed Venture Partnersのチームは、今年初めにクローズした総額約40億ドル(約4200億円)の3つのグローバルファンドから東南アジア全域のスタートアップ企業に投資を進める。 続きを読む

  • Alchemist AcceleratorデモデイXXV出場19社を紹介(その2)

    Alchemist AcceleratorデモデイXXV出場19社を紹介(その2)

    Alchemistは企業向けアクセラレーターとして、消費者に商品やサービスを販売する企業ではなく、主に他の企業から収益を得るシードステージの企業に焦点を当てている。25回目となる今回の最新のコホートでは、20社近くの企業がプログラムに参加した。内訳は、理学療法機器から営業担当者のためのAIコーチ、ソフトウェア開発者のための生産性向上ツールまでバラエティーに富んでいる。ここでは19社のうちの後半の9社を紹介する。 続きを読む

  • Alchemist AcceleratorデモデイXXV出場19社を紹介(その1)

    Alchemist AcceleratorデモデイXXV出場19社を紹介(その1)

    Alchemistは企業向けアクセラレーターとして、消費者に商品やサービスを販売する企業ではなく、主に他の企業から収益を得るシードステージの企業に焦点を当てている。25回目となる今回の最新のコホートでは、20社近くの企業がプログラムに参加した。内訳は、理学療法機器から営業担当者のためのAIコーチ、ソフトウェア開発者のための生産性向上ツールまでバラエティーに富んでいる。ここでは19社のうちの最初の10社を紹介する。 続きを読む

  • ベンチャーキャピタルにおける女性の役割、外国からの投資についてEast Venturesパートナーが語る

    ベンチャーキャピタルにおける女性の役割、外国からの投資についてEast Venturesパートナーが語る

    Melisa Irene(メリサ・アイリーン)氏が東南アジアで最も評価の高いベンチャーキャピタルのパー​​トナーになるまでの道のりは典型的なものではなかった。「私はいつも自分がとても幸運だったと思っている」と、2019年1月にEast Ventures(イースト・ベンチャーズ)のパートナーに昇進した同氏は語った。 続きを読む

  • 世界中を特別買収目的会社だらけにしたいVCがさらに3つの特別買収目的会社を創設  

    世界中を特別買収目的会社だらけにしたいVCがさらに3つの特別買収目的会社を創設  

    特別買収目的会社(SPAC)が世界を支配しようとしている。少なくともパリハピティヤ氏の未来のポートフォリオでは。Social Capitalの創業者であるチャマト・パリハピティヤ氏は、早くもSPACに3倍賭けしている 続きを読む