ヘルステック

 

ヘルステック(HealthTech) 医療、健康、ヘルスケア、介護の分野におけるテクノロジーに関する最新ニュース

  • 糖尿病患者の足の切断を防ぐスマートソックス開発のSirenが約12.7億円を調達

    糖尿病患者の足の切断を防ぐスマートソックス開発のSirenが約12.7億円を調達

    糖尿病患者の足の健康をモニタして危険な状態を早期に発見するソックスを開発するSirenは、シリーズBで1180万ドル(約12億7000万円)を調達した。 続きを読む

  • ボーズのラボ出身開発者が作る雰囲気を変えるサングラス、カールツァイスの技術を応用

    ボーズのラボ出身開発者が作る雰囲気を変えるサングラス、カールツァイスの技術を応用

    レンズメーカーのCarl Zeiss(カールツァイス)が開発した技術を応用したFuturemoodの最初の製品には、リラックスできるグリーン、リフレッシュできるブルー、元気が出るレッド、集中力が出るイエローの4色がある。同社はこれを、四角い太めのフレームと、一般的な丸みを帯びたフレームの2つのスタイルで販売する。 続きを読む

  • ChatableAppsが聴覚支援アプリをリリース、ディープラーニングで話し言葉とノイズを区分

    ChatableAppsが聴覚支援アプリをリリース、ディープラーニングで話し言葉とノイズを区分

    ChatableAppsがリリースした聴覚支援アプリは、ユーザーにとって聞きたい声をAIが識別し背景雑音を除去して、新たに音声トラックを作る。 続きを読む

  • グーグルが一部の従業員をオフィスに戻す計画を発表

    グーグルが一部の従業員をオフィスに戻す計画を発表

    Googleは2020年7月6日から、さまざまな都市の同社オフィスビルを開放し、物理的な作業スペースが必要な従業員に「制限のある交代制」でオフィスに復帰できるようにする。従業員には数週間に1日の交代制になり、常に約10%が出勤していることになる。 続きを読む

  • 家庭での血液検査が重視されるWithコロナの時代を前にThrivaが5億円を調達

    家庭での血液検査が重視されるWithコロナの時代を前にThrivaが5億円を調達

    Thrivaは2016年に、家庭でコレステロールのレベルといった血液の検査ができるスタートアップとして登場した。パンデミックの時代である現在、家庭における血液検査は、自分の健康は自分で予防医学的にコントロールしたいというトレンドとともに大きな話題になっている。 続きを読む

  • 会員数14万人の「MEDULLA」運営がスキンケア領域に進出、パーソナライズ×スマホUXで化粧品業界の変革へ

    会員数14万人の「MEDULLA」運営がスキンケア領域に進出、パーソナライズ×スマホUXで化粧品業界の変革へ

    パーソナライズヘアケアブランド「MEDULLA」を手がけるSpartyは5月22日、スキンケア領域の新ブランド「HOTARU PERSONALIZED(ホタル パーソナライズド)」の発売を開始した。 続きを読む

  • PathSpotがしっかり手洗いできているか確認するスキャナーを販売、感染症防止を支援

    PathSpotがしっかり手洗いできているか確認するスキャナーを販売、感染症防止を支援

    新型コロナウイルスは、感染症の予防に手洗いが大変に有効であることを大勢の人々に思い出させてくれた。PathSpot(パススポット)のCEOで共同創設者のChristine Schindler氏は、この3カ月間のために、3年間を費やして準備してきた。 続きを読む

  • Fitbitが北米ユーザーを対象に新型コロナ早期検知の研究を開始

    Fitbitが北米ユーザーを対象に新型コロナ早期検知の研究を開始

    Fitbitの運動量を追跡するためのウェアラブルデバイスは、新型コロナウイルス(COVID-19)やインフルエンザの早期検知に使えるかどうかを確かめるために多くの研究機関にすでに活用されている。そして今度は、Fitbitが自前のFitbit COVID-19研究を立ち上げる。この研究ではユーザーが自身のFitbitモバイルアプリからサインアップできる。 続きを読む

  • グラクソ・スミスクラインとMammoth Biosciencesが携帯性の高い使い捨て新型コロナ検査キットを開発中

    グラクソ・スミスクラインとMammoth Biosciencesが携帯性の高い使い捨て新型コロナ検査キットを開発中

    米国カリフォルニアに拠点を置くMammoth Biosciences(マンモス・バイオサイエンス)は、新型コロナウイルス(COVID-19)に向けに、ゲノム編集技術の1つであるCRISPRベースの検査を開発するため、強力なパートナーと契約した。 続きを読む

  • 米食品医薬品局がColorの新型コロナウイルス高速検査技術を認可、LAMP法による検査工程を自動化

    米食品医薬品局がColorの新型コロナウイルス高速検査技術を認可、LAMP法による検査工程を自動化

    集団ゲノム検査サービスを提供するColorが、同社の新型コロナウイルス(COVID-19)検出技術に対し、米食品医薬品局(U.S. Food and Drug Administration、FDA)から「緊急時使用認可」を得た。 続きを読む