HRテック

 

HR(Human Resources)。人材育成や採用活動、人事評価などの人事業務関連のテクノロジーの最新ニュース

  • AIで「適材適所」人材活用を実現するEightfold AIがソフトバンク主導で約241億円調達、評価額約2298億円に

    AIで「適材適所」人材活用を実現するEightfold AIがソフトバンク主導で約241億円調達、評価額約2298億円に

    深層学習(DL)と人工知能(AI)を利用して、企業が人材を見つけ、採用し、維持することを支援するスタートアップのEightfold AIは、成長を加速させるために、新たなラウンドで2億2000万ドル(約240億8000万円)を調達したと米国時間6月10日に発表した。 続きを読む

  • 安定した大手を離れづらいシニアエンジニアとどうしても来て欲しいスタートアップをマッチングするCommit

    安定した大手を離れづらいシニアエンジニアとどうしても来て欲しいスタートアップをマッチングするCommit

    エンジニアを採用したいアーリーステージのスタートアップと、新しい仕事を探しているエンジニアをマッチングするのにユニークなアプローチを取っている、カナダ・バンクーバー拠点のスタートアップCommitは現地時間6月9日、600万ドル(約6億6000万円)のシード資金を調達したと発表した。 続きを読む

  • クラウド人事労務ソフトを提供する「SmartHR」が約156億円のシリーズD調達、累計調達額約238億円に

    クラウド人事労務ソフトを提供する「SmartHR」が約156億円のシリーズD調達、累計調達額約238億円に

    SmartHRは6月8日、第三者割当増資・新株予約権付社債による合計約156億円の資金調達を発表した。引受先は、リード投資家のLight Street Capital、既存株主・新規投資家。同社は、これまで約82億円の資金調達を実施しており、今回の調達により累計調達額は約238億円になった。 続きを読む

  • オンラインキャリアカウンセリング「ミートキャリア」を運営するfruorが4500万円のシード調達

    オンラインキャリアカウンセリング「ミートキャリア」を運営するfruorが4500万円のシード調達

    オンラインでプロのキャリアカウンセラーに気軽に相談できる「ミートキャリア」(meetcareer)を運営するfruor(フルオル)は6月2日、シードラウンドにおいて、第三者割当増資として4500万円の資金調達を実施した。引受先はW ventures、ベンチャーユナイテッドほか、複数の個人投資家。 続きを読む

  • グローバル学生特化型プラットフォーム「JPort」のSPeakが8000万円調達、就活のボーダーレス化目指す

    グローバル学生特化型プラットフォーム「JPort」のSPeakが8000万円調達、就活のボーダーレス化目指す

    グローバル学生の就活オンラインメディア「JPort Journal」やグローバル人材とのマッチングサイト「JPort Match」など、グローバル学生特化型プラットフォームを運営するSPeakが、約8000万円の資金調達を実施した。資金は、コア人材の獲得、コミュニティの強化、HRTech事業の拡大に用いられる。 続きを読む

  • 社員アンケート不要で従業員コンディションを把握可能なHRサービス「Well」が「wellday」へとブランド名変更

    社員アンケート不要で従業員コンディションを把握可能なHRサービス「Well」が「wellday」へとブランド名変更

    これまでwellday(ウェルデイ)は、同社HRサービスを「Well」としてβ版提供してきたが、5月11日にブランドリニューアルを実施。サービス名を社名と同じ「wellday」へと変更。同時に正式リリースの発表とSlack連携可能アプリとしてApp Directoryへの掲載も開始した。 続きを読む

  • 適性検査クラウド「ミキワメ」を展開するリーディングマークが約5.5億円を調達、採用や開発体制強化

    適性検査クラウド「ミキワメ」を展開するリーディングマークが約5.5億円を調達、採用や開発体制強化

    適性検査クラウド「ミキワメ」を展開するリーディングマークは5月10日、総額約5億5000万円の資金調達を発表した。引受先は、フェムトパートナーズおよび新生企業投資がそれぞれ運営・関与する各ファンド、DGベンチャーズ。 続きを読む

  • Arcがソフトウェア開発者向けにリモートキャリアプラットフォームを公開

    Arcがソフトウェア開発者向けにリモートキャリアプラットフォームを公開

    COVID-19の大流行により、リモートワークが注目されるようになったが、ハイテク企業は人材不足に対応するために、すでに何年も前から遠隔地での採用を行ってきた。 続きを読む

  • 新型コロナ後のリモート採用をサポートするDeelが約168億円調達、2020年に20倍成長しユニコーンへ

    新型コロナ後のリモート採用をサポートするDeelが約168億円調達、2020年に20倍成長しユニコーンへ

    世界の組織の多くが新型コロナウイルスパンデミックのためにリモートワークにシフトした。しかし人々がワクチンを接種し、オフィスが再開を計画していても、一部の組織ではリモートワークがしばらく続くのは明らかだ。 続きを読む

  • ビジョナル南壮一郎氏上場インタビュー、創業から12年の道のりと上場企業として目指すもの

    ビジョナル南壮一郎氏上場インタビュー、創業から12年の道のりと上場企業として目指すもの

    転職サイトの「ビズリーチ」や人材活用プラットフォームの「ハーモス」などを展開するビジョナルが4月22日、東証マザーズに上場する。公開価格をもとに算出した時価総額は1779億円。スタートアップ業界の内外から注目を集める「ユニコーン上場」となった。ビジョナル代表取締役社長の南壮一郎氏に上場までの道のりと、同社がこれから目指す場所を聞いた。 続きを読む