IoT

 

IoT(Internet of Things ; モノのインターネット)に関する最新ユース

  • IoT
    デバイス側で学習・予測が完結できるエッジAI開発のエイシングが3億円を調達

    デバイス側で学習・予測が完結できるエッジAI開発のエイシングが3億円を調達

    エッジデバイス組み込み型のAIアルゴリズム「ディープ・バイナリー・ツリー(以下DBT)」を提供するエイシングは11月20日、約3億円の資金調達を実施したことを明らかにした。 続きを読む

  • ハッキングコンテスト優勝者はAmazon Echo Showを攻撃して650万円超の褒賞金を獲得

    ハッキングコンテスト優勝者はAmazon Echo Showを攻撃して650万円超の褒賞金を獲得

    今年のPwn2Ownハッキングコンテストでは、これまですでに高度なハッキングテクニックをいくつも開拓してきた二人のセキュリティ研究家が優勝した。それらの中には、Amazon Echoに対する攻撃もある。 続きを読む

  • テクノロジーと科学でトイレの悩みを洗い流すShine Bathroom

    テクノロジーと科学でトイレの悩みを洗い流すShine Bathroom

    Shine Bathroom(シャイン・バスルーム)というサンタバーバラのスマートホーム系スタートアップが、シード投資として75万ドル(約8100万円)を調達した。 続きを読む

  • AWS Nitroの競合技術を有するPensandoが脱ステルス

    AWS Nitroの競合技術を有するPensandoが脱ステルス

    元Cisco(シスコ)の技術者たちが創業したエッジコンピューティングのスタートアップであるPensando(ペンサンド)がシリーズCで1億4500万ドル(約157億7000万円)を調達し、ステルス状態を終えた。 続きを読む

  • ARMv8-M向けにカスタムインストラクション機能を導入

    ARMv8-M向けにカスタムインストラクション機能を導入

    Armは今日(米国時間10/8)、Custom Instructions(カスタムインストラクション、カスタム命令)を発表した。それはArmv8-Mアーキテクチャの組み込みCPU用の新機能で、顧客は組み込みシステムやIoTのアプリケーションなどで、特定のユースケースを加速するために独自のカスタムインストラクションを書けるという機能だ。 続きを読む

  • IoT
    マイクロソフトのナデラCEOが「コンピューティングの未来はエッジにある」と講演

    マイクロソフトのナデラCEOが「コンピューティングの未来はエッジにある」と講演

    ナデラ氏は「コンピューティングはまずローカルで実行され、抽出されたデータがAIや機械学習のような強力な能力を必要とする処理のためにクラウドに送られる」からだとその意味を説明した。 続きを読む

  • IoT
    サブスクのIoT家庭用浄水器を提供するスタートアップ

    サブスクのIoT家庭用浄水器を提供するスタートアップ

    oolleeは、低額な月額料金で濾過した飲料水を無制限に利用できる製品だ。メンテナンスとカートリッジ交換の費用が月額料金に含まれる。毎月の利用料金は29ドル(約3100円)で、1日100円程度だ。 続きを読む

  • IoT
    屋内外のあらゆる物を低帯域長距離無線で結ぶAmazon Sidewalkプロトコル

    屋内外のあらゆる物を低帯域長距離無線で結ぶAmazon Sidewalkプロトコル

    シアトルで行われた例年のハードウェアイベントでAmazon(アマゾン)は米国時間9月25日、低帯域で長距離の新しいワイヤレスプロトコルとしてSidewalkを発表した。家の中や外のすべてのIoTデバイスを接続することが、その狙いだ。 続きを読む

  • IoT
    データストレージのCloudianがエッジデータ分析特化の新事業を日本で立ち上げ

    データストレージのCloudianがエッジデータ分析特化の新事業を日本で立ち上げ

    企業の大量のデータを保存して管理するサービスCloudian(クラウディアン)は米国時間9月17日、大きなデータセットのエッジ分析にフォーカスする新たな事業部門Edgematrix(エッジマトリックス)のローンチを発表した。 続きを読む

  • IoT
    エッジコンピューティングによる家庭用防犯カメラのSimShineが約8億6000万円の資金を調達

    エッジコンピューティングによる家庭用防犯カメラのSimShineが約8億6000万円の資金を調達

    深圳に拠点を置くコンピュータビジョン・スタートアップのSimShineは、エッジコンピューティングを使ってデータをデバイス上に保持するホームセキュリティカメラのSimCamに向け、プレシリーズAの資金調達で800万ドル(約8億6000万円)を調達した。資金調達はCheetah Mobileが主導し、SkycheeやSkyview Fund、Oak Pacific Investmentが参加した。 続きを読む