モビリティ

 

交通、運輸、自動車など、モビリティ(Mobility)に関するテクノロジーの最新ニュース

  • Lyftが20の都市でスクーターの営業を取りやめ、社員20名をレイオフ

    Lyftが20の都市でスクーターの営業を取りやめ、社員20名をレイオフ

    ユニットエコノミクスとライダーの利用率が重要な事業では、赤字を長引かせるべきではないだろう。というわけでLyftは米国時間11月14日、社員に向けて6つの市場からスクーターを引き上げると通知した。 続きを読む

  • Lyftが長距離EV200台をドライバーにレンタル

    Lyftが長距離EV200台をドライバーにレンタル

    ライドシェアリングのLyftは、長距離走行が可能な電気自動車(EV)200台をコロラド州のドライバーにレンタルすると本日発表した。 続きを読む

  • フォードの電動SUVはMustang Mach-E、11月17日から予約開始

    フォードの電動SUVはMustang Mach-E、11月17日から予約開始

    Ford(フォード)はMustangに連なる次期電動SUVの正式名称を公表した。この車両は11月17日にロサンゼルスにて正式に発表される予定で、その名称はMustang Mach-Eとなり、公式発表(主催はIdris Elba:イドリス・エルバだ)の後にオンラインから500ドル(約5万4000円)のデポジットにて予約できる。 続きを読む

  • 「自動運転はタクシーから」Autowareが作り出す未来

    「自動運転はタクシーから」Autowareが作り出す未来

    11月14日(木)・15日(金)の両日、東京・渋谷ヒカリエで開催中のTechCrunch Tokyo 2019。14日午前のFireside Chatでは「自動運転OS『Autoware』が作り出す未来」と題して、ティアフォー取締役会長兼CTOの加藤真平氏が登壇。自動運転の最新テクノロジーと近い将来の姿について語った。またサプライズゲストとしてJapanTaxi代表の川鍋一朗氏も登場。当日発表されたばかりの自動運転タクシーの社会実装に関する協業について、2人に語ってもらった。モデレーターはTechCrunch Japan編集統括の吉田博英が務… 続きを読む

  • 空飛ぶバイク開発のJetPack Aviationがプロトタイプ製造へ約2億円調達

    空飛ぶバイク開発のJetPack Aviationがプロトタイプ製造へ約2億円調達

    空飛ぶ車は、それはそれでいい。しかしその代わりにバイクがあるというき、なぜ車を使うだろうか。YCが投資しているスタートアップJetPack Aviationは世界初の空飛ぶバイクでその疑問に答えたいと考えている。 続きを読む

  • Teslaの欧州ギガファクトリーはベルリンに建設とイーロン・マスク氏が明言

    Teslaの欧州ギガファクトリーはベルリンに建設とイーロン・マスク氏が明言

    Elon Musk(イーロン・マスク)氏は現地時間の11月12日、ドイツで開催された表彰式で「Tesla(テスラ)の欧州ギガファクトリーはベルリンエリアに建設される」と語った。 続きを読む

  • Uber CEOの「間違いは起きるもの」発言が「ボイコットUber」運動の火に油

    Uber CEOの「間違いは起きるもの」発言が「ボイコットUber」運動の火に油

    Uber(ウーバー)のCEOであるDara Khosrowshahi(ダラ・コスロシャヒ)氏のAxiosのインタビューでの発言(およびその後の謝罪)は、リニューアルされた「#boycottUber」(Uberをボイコットせよ)キャンペーンにおける同社への批判の炎にいっそう油を注ぐ結果になった。 続きを読む

  • Lyftが自動運転試験車にクライスラーのミニバンを追加、新試験施設も建設

    Lyftが自動運転試験車にクライスラーのミニバンを追加、新試験施設も建設

    ライドシェア事業を展開しているLyftは、今年も自動運転車の経験を積み重ねるべくテストの拡大を続けている。同社によると、6カ月前に比べて四半期単位のテスト走行距離は4倍に増え、全世界で約400人が自動運転技術を専門に開発している。 続きを読む

  • アフリカの物流スタートアップLori Systemsが、中国の投資家主導でシリーズA調達を実施

    アフリカの物流スタートアップLori Systemsが、中国の投資家主導でシリーズA調達を実施

    アフリカのオンデマンドトラック運送会社Lori Systems(ロリ・システムズ)は、中国の投資家Hillhouse CapitalとCrystal Stream Capitalが主導するシリーズA調達を行った。 続きを読む

  • Ghostの目標は今ある自家用車に自動運転機能を後付けして2020年に公道を走ること

    Ghostの目標は今ある自家用車に自動運転機能を後付けして2020年に公道を走ること

    新しい自動運転車の会社が路上に出現した。だが、実は2017年から誰にも知られずに存在はしていた。急成長するこの業界のマジョリティーとは異なり、この新参企業はロボットタクシーサービスを提供するわけでも、部品メーカーや自動車メーカーに自動運転システムを販売するわけでもない。 続きを読む