モビリティ

 

交通、運輸、自動車などモビリティ(Mobility)に関するテクノロジーの最新ニュース

  • ポルシェが2台の電動アシスト自転車を発表、価格は約92万〜115万円

    ポルシェが2台の電動アシスト自転車を発表、価格は約92万〜115万円

    Porscheは、電動化の野望を2輪にまで広げようとしている。同社は現地時間3月4日、電気自動車の新しい派生モデル「Taycan Cross Turismo」の世界デビューと合わせて、2台の電動アシスト自転車を発表した。 続きを読む

  • ゴルフ場整備車輌のToroが芝刈り機や雪かき機を自動運転化したLeft Hand Roboticsを買収

    ゴルフ場整備車輌のToroが芝刈り機や雪かき機を自動運転化したLeft Hand Roboticsを買収

    ゴルフ場などのスポーツ施設の管理機器や管理車輌を主に作っているToroが2021年3月第1週、大型芝刈り機や雪かき機のLeft Hand Roboticsを買収する意図を明らかにした。同社が作っているRT-1000は、広大な芝生を刈ったり歩道の雪かきができる自動運転車であり、Toroのラインナップと近いものがある。 続きを読む

  • ラグジュアリーな空の旅を提供するAeroが需要回復を見越して22億円調達

    ラグジュアリーな空の旅を提供するAeroが需要回復を見越して22億円調達

    ギャレット・キャンプ氏のスタートアップスタジオExpaの支援を受けているAeroはシリーズAラウンドで2000万ドル(約22億円)を調達した。CEOのウマ・スブラマニアン氏は空の旅の需要が「すさまじい勢いで」戻りつつある、と述べた。 続きを読む

  • GMとLG化学が米国で2番目となるバッテリーセル工場建設を検討

    GMとLG化学が米国で2番目となるバッテリーセル工場建設を検討

    General Motorsは、合弁パートナーである韓国ソウルのLG化学と共同で米国で2番目のバッテリーセル製造工場の建設を検討している。工場の建設が実現すれば、GMの電気自動車ポートフォリオの構築を目的とした一連の投資の最新の計画となる。 続きを読む

  • Volvoが2030年までにEVへ全面移行、販売もオンラインに

    Volvoが2030年までにEVへ全面移行、販売もオンラインに

    Volvo Carsは、販売のオンライン移行を含む同社の広範なトランスフォーメーションの一環として、2030年までに生産・販売する車両をすべて電気タイプとすると明らかにした。「持続可能性への鍵は電動化です」と同社のCEOであるHåkan Samuelsson(ホーカン・サミュエルソン)氏は現地時間3月2日のプレゼンテーションで述べている。 続きを読む

  • Hyzon Motorsは水素燃料電池車への意欲に米国の2つの工場を追加

    Hyzon Motorsは水素燃料電池車への意欲に米国の2つの工場を追加

    水素自動車の動力源として極めて重要な部品とともに燃料電池の生産を予定しているHyzon Motorsは、米国の2つの工場で商用規模の国内生産を開始する。水素を動力源とするトラックとバスのメーカーであるHyzon Motorsは、すでにシカゴのボーリングブルック郊外に2万8000平方フィート(約2600平方メートル)の施設を借り受けており、さらに8万平方フィート(約7400平方メートル)を追加して拡張する予定だ。 続きを読む

  • グーグル共同創業者セルゲイ・ブリン氏の災害救助用大型飛行船は水素燃料電池が動力

    グーグル共同創業者セルゲイ・ブリン氏の災害救助用大型飛行船は水素燃料電池が動力

    Googleの共同ファウンダーであるSergey Brin(セルゲイ・ブリン)氏が開発している飛行船は世界最大の移動体用水素燃料電池を動力とする計画だ。渡洋飛行が可能で、各地に援助物資を運ぶことができるという。 続きを読む

  • Limeがスクーターとバッテリー互換可能な新型eバイクを発表、53.4億円を投資して新市場25都市に拡大

    Limeがスクーターとバッテリー互換可能な新型eバイクを発表、53.4億円を投資して新市場25都市に拡大

    共有モビリティスタートアップのLime(ライム)は米国時間3月1日、同社のバイクシェア事業に5000万ドル(約53億4000万円)を割り当てたと発表した。この投資は新しいeバイク(電動自転車)の開発に使われ、2021年中に北米、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドの25都市に新たに拡大するための資金となるという。 続きを読む

  • スタートアップがLiDARの先に見ている自動運転車両の知覚システム

    スタートアップがLiDARの先に見ている自動運転車両の知覚システム

    2020年のCESはLiDAR企業の評価の場でもあった。その多くが(未だ)存在しない自動運転車産業からの需要がないために瀕死の状態である。専門性を高めて他社を引き離している企業はほんのわずかだ。さらに2021年はLiDARの先に目を向けなければならない状況だ。新たな方法のセンシングとイメージングを使ってレーザーベース技術に対抗するとともに補完することを目指さなければならない。 続きを読む

  • 自動運転のAuroraがLiDARスタートアップを買収、自動運転トラックの普及へ向け開発加速

    自動運転のAuroraがLiDARスタートアップを買収、自動運転トラックの普及へ向け開発加速

    Uberの自動運転の子会社を最近買収した自動運転車両開発のAuroraは、別のスタートアップも獲得した。Auroraは同社にとってこの2年弱で2つの目のLiDARスタートアップとなるOURS Technologyを買収する。 続きを読む