モビリティ

 

交通、運輸、自動車などモビリティ(Mobility)に関するテクノロジーの最新ニュース

  • 「テスラはスタートアップの集合体だ」とイーロン・マスク氏は語る、まもなく保険事業も開始

    「テスラはスタートアップの集合体だ」とイーロン・マスク氏は語る、まもなく保険事業も開始

    米国時間10月22日、投資家やジャーナリストとの電話会議の中で、TeslaのCEOであるイーロン・マスク氏は、自身の21日のツイートを説明するに求められた。その中で、マスク氏は「テスラは、実際にはおよそ十数社の技術系スタートアップと考えるべきで、その多くは伝統的な自動車会社とはほとんど、あるいはまったく関係がありません」と述べている。 続きを読む

  • Here Technologiesの車載APIにwhat3wordsのシンプルなアドレスシステムが統合

    Here Technologiesの車載APIにwhat3wordsのシンプルなアドレスシステムが統合

    ジオコーディングのスタートアップであるwhat3wordsは、世界を一辺が3mの正方形に分割し、それぞれにユニークな3つの単語ラベルつけて、位置情報の共有を簡単にしている。同社はこのほど、歴史的に自動車業界と縁の深いマッピング企業であるHere Technologiesとの提携により、新たに車載用の統合機能を獲得した。 続きを読む

  • ZeroのSR/Sはスポーツバイクとツーリングバイクの一台二役をこなせる電動バイク

    ZeroのSR/Sはスポーツバイクとツーリングバイクの一台二役をこなせる電動バイク

    Zero(ゼロ)が今年初めに発表したSR/Sは、スポーツバイクとツーリングバイク両方の性能属性と特徴を備えたフル電動バイクだ。この記事では、SR/Sならではのメリットとデメリットをガソリンバイクと比較しながら紹介する。 続きを読む

  • ライドシェアサービスLyftでVenmoによる乗車料金支払いがまもなく可能に

    ライドシェアサービスLyftでVenmoによる乗車料金支払いがまもなく可能に

    Lyftはまもなく利用者がVenmoを利用して運賃を支払ったり、あるいは分割したりするオプションを利用できるようになると、米国時間10月22日の朝のブログで発表した。PayPal、クレジットカード、デビットカード、Lyft Cashなどの支払い方法にVenmoが加わることになる。 続きを読む

  • Teslaの第3四半期決算がウォール街の予測を大幅に超え9163億7000万円の売上を報告

    Teslaの第3四半期決算がウォール街の予測を大幅に超え9163億7000万円の売上を報告

    2020年10月始め、Teslaが出荷台数でウォール街予測を超えたという報告があって以来、本日、米国時間10月21日の決算会見の注目は、電気自動車とバッテリーのメーカーがその製造プロセスからどれほどの効率(つまりは利益)を引き出すことができたのかだった。 続きを読む

  • 約840万円のフルEV仕様Hummer EVのティーザー動画公開

    約840万円のフルEV仕様Hummer EVのティーザー動画公開

    GMはGMC Hummer EVを公開したが、それは素晴らしい出来に見える。車両は2022年にディーラーで販売され、2021年に予約注文が開始される。また同時にティーザー動画も公開された。 続きを読む

  • GMCがフルEVの新型「GMC Hummer EV」を公開

    GMCがフルEVの新型「GMC Hummer EV」を公開

    GMのSUVブランドであるGMCから、巨大SUVハマーの新しい完全EVバージョンが公開された。予測どおりのモンスタースペックで、350マイル(約560km)の航続距離と3秒で時速60マイル(時速約97km)に到達すると宣伝されている。 続きを読む

  • NearMeが成田・羽田空港と都内を結ぶ送迎シャトルサービス対象エリアを23区へ拡大

    NearMeが成田・羽田空港と都内を結ぶ送迎シャトルサービス対象エリアを23区へ拡大

    AI活用のオンデマンド型シャトルサービス「スマートシャトル」を提供する「NearMe」(ニアミー)は10月20日、「成田・羽田空港⇔都内間」を送迎する空港送迎シャトルサービスにおいて、対象エリア拡大を発表した。従来の15区に新たに8区(中野区、杉並区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区)を加え、都内23区を対象とする。 続きを読む

  • イーロン・マスク氏のラスベガスループの旅客輸送能力は想定より大幅に少ない可能性

    イーロン・マスク氏のラスベガスループの旅客輸送能力は想定より大幅に少ない可能性

    新型コロナウイルスの感染拡大前まで、米国最大の電子機器見本市CESには17万人を超える参加者が集い、そのため会場周辺の道路は日夜渋滞していた。そうした混雑を少しでも吸収しようと、ラスベガス・コンベンションセンター(LVCC)は昨年、会場を拡大するのに使う旅客輸送手段を計画した。展示会場と駐車場の間を毎時最大4400人の参加者の移動を可能にする輸送手段を求めていた。 続きを読む

  • トロント市がLocal Motors製8人乗り自動運転シャトルを試験運行へ

    トロント市がLocal Motors製8人乗り自動運転シャトルを試験運行へ

    トロント市はLocal Motors(ローカル・モータース)と契約し、2021年春からオール電化の自動運転シャトルフェリー「Olli 2.0」を乗客に開放し、試験的に自動運転シャトルバスの運行を開始する。 続きを読む