ロボティクス

 

ロボティクス(Robotics) ; ロボット工学に関する最新ニュース

  • 業界を混乱から救うため、リサイクルロボット企業が17億円を調達

    業界を混乱から救うため、リサイクルロボット企業が17億円を調達

    投資家たちがデンバーに拠点を置くAMP Roboticsによって開発されたリサイクルロボットに1600万ドル(約17億円)という資金を注ぎ込んだことで、ゴミの山から宝を掘り出す問題は、ハイテクなソリューションをみつけつつあるようだ。 続きを読む

  • Formlabsが歯科専用の3Dプリンターを発売

    Formlabsが歯科専用の3Dプリンターを発売

    今年のCESで3DプリンターのメーカーであるFormlabsに、同社のプリンターを使って、これまでよりも早く安価に義歯を作る初期の実験について話を聞いた。 続きを読む

  • アディダスはSpeedfactoryを閉鎖してロボットによるシューズ生産から後退

    アディダスはSpeedfactoryを閉鎖してロボットによるシューズ生産から後退

    アディダスは、米国アトランタと、ドイツのアンスバッハにあるロボットによる「Speedfactory」を、6ヶ月以内に閉鎖すると発表した。製造プロセスを分散化する戦略の一環として、それぞれ2016年と2017年に設立されたものだった。 続きを読む

  • MITの最新ロボ「ミニチーター」がはしゃいで転んでひっくり返ってサッカーで遊ぶ

    MITの最新ロボ「ミニチーター」がはしゃいで転んでひっくり返ってサッカーで遊ぶ

    MITのバイオミメティックス・ロボティクス部門は、9匹の「ミニチーター」ロボの群れに、いろいろな動作をさせるデモをMITのキャンパスで実施した。既製の部品によって組み立て可能なレゴのようなものを目指して設計されたもので、耐久性と低コストも重視されている。 続きを読む

  • Amazonがボストンに工費約43億円超のロボット研究・製造センター建設へ

    Amazonがボストンに工費約43億円超のロボット研究・製造センター建設へ

    Amazonはロボティクス・イノベーション・センターをボストン近郊に建設すると 発表した。2021年にオープンし、テクノロジーと製造業務に関する200以上の職を提供する計画だ。 続きを読む

  • ロボットアームの動きは適度に遅いほうが不気味の谷現象を防げる

    ロボットアームの動きは適度に遅いほうが不気味の谷現象を防げる

    ロボットの手の動きが速いと、人間はそれを「温かみがなくて不快」と感じた。遅い速度が、いちばん好評だった。ロボットの手の動きに初動時の遅延がないと、それも人間にとっては不安だった。ただし遅延が長すぎると、やはり不安が生じた。 続きを読む

  • デリバリーロボが地図なしで配達先のドアを自力で見つける方法

    デリバリーロボが地図なしで配達先のドアを自力で見つける方法

    MITの研究者たちが開発した新しい行路発見方法は、さまざまな業界で客先まで物を届けなければならないロボット、いわゆるデリバリーロボットにとても役に立つ。 続きを読む

  • MITのブロック型ロボットは相互通信によって集団行動

    MITのブロック型ロボットは相互通信によって集団行動

    MITのComputer Science and Artificial Intelligence Laboratory(コンピューターサイエンスと人工知能研究所、 SAIL)が考案したこのキューブ状のロボットは、自力で移動し、お互いとコミュニケーションして協調しながら自分たちを何らかの構造物へ組み立てる。 続きを読む

  • 人間の動きと連動してバランスを保つパシフィック・リム的ロボ

    人間の動きと連動してバランスを保つパシフィック・リム的ロボ

    人間が二足歩行である以上、その環境内で動き回るにはロボットも二足歩行が適しているが、四足歩行や車輪移動の場合よりも転倒や落下をしやすい。その防止のためには高度なアルゴリズムが必要だ。 続きを読む

  • 自動運転車からは見えない歩行者を影で予見するシステムをMITが開発

    自動運転車からは見えない歩行者を影で予見するシステムをMITが開発

    どの点を見ても自動運転車の能力はまだ人間ドライバーを超えてはいない。でも、最終的には自動運転車に搭載された技術が、コーナーの向こう側を見るなど人間には推測すらできないことをやってのけるかもしれない。 続きを読む