ロボティクス

 

ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース

  • カーネギーメロン大学のヘビ型ロボが泳ぎをマスター

    カーネギーメロン大学のヘビ型ロボが泳ぎをマスター

    カーネギーメロン大学(CMU)のロボット工学研究室では、ヘビ型ロボットがすっかり名物のようになっている。筆者が同校を訪れる度に、この生体模倣ロボットは新しいスキルを習得しているようだ。そして今週、その技に水泳が加わったことが、同校から発表された。 続きを読む

  • 遠隔地でも仮想空間でも釣りができる小型ロボット「TeleAngler」、ロボティクスのRe-alが2021年内販売へ

    遠隔地でも仮想空間でも釣りができる小型ロボット「TeleAngler」、ロボティクスのRe-alが2021年内販売へ

    近い将来、自宅から遠く離れた海や川にいる魚を釣ることができるようになるかもしれない。ロボティクススタートアップのRe-alは2021年内に、小型の遠隔 / 仮想釣りロボット「TeleAngler(テレアングラー)」を販売する予定だ。現在も開発が進められているこのTeleAnglerには、リアルハプティクス(力触覚技術)を応用している。 続きを読む

  • 手術支援ロボットを手がけるMemicが約105億円の資金を調達

    手術支援ロボットを手がけるMemicが約105億円の資金を調達

    Memicは、ロボット支援手術プラットフォームの開発を手がけ、最近、米国食品医薬品局から販売承認を取得したスタートアップ企業だ。同社は米国時間4月12日、9600万ドル(約105億円)を調達してシリーズD投資ラウンドを完了したと発表した。 続きを読む

  • 全米ロボット週間の話題を振り返る、隠れたものを拾い上げる技術からSPACまで

    全米ロボット週間の話題を振り返る、隠れたものを拾い上げる技術からSPACまで

    ロボティクス週間おめでとう。とはいえ、2021年は愛する人と一緒に過ごせない人も多いはず。しかし、National Robotics Week(全米ロボット週間)組織は、4月3日から11日までの期間中、全米50州でたくさんのバーチャルイベントを開催した。 続きを読む

  • 新しいコンセプトのロボティクスに挑むRapid Roboticsが13.2億円調達

    新しいコンセプトのロボティクスに挑むRapid Roboticsが13.2億円調達

    パンデミックの突発により、「社会生活の維持に必須の要員」に認定されなかった多数の労働者の出社が不可能になったことで広汎な産業でオートメーションへの関心が大きく高まったことは間違いない。 続きを読む

  • 屋内農業のAppHarvestが農業ロボット企業Root AIを買収

    屋内農業のAppHarvestが農業ロボット企業Root AIを買収

    屋内農業企業のAppHarvestは今週、Root AIを買収したと発表した。Root AIはボストンを拠点とするロボット関連のスタートアップで、その使命は将来の親会社とほぼ一致している。 続きを読む

  • 「目についたら異常」などあいまいな官能検査も対応、ロビットが工業製品向け汎用型AI外観検査ロボを提供開始

    「目についたら異常」などあいまいな官能検査も対応、ロビットが工業製品向け汎用型AI外観検査ロボを提供開始

    AI技術をロボティクスに実装し社会課題の解決を進めるロビットは4月7日、自動車内装・外装部品をはじめ様々な工業製品における外観検査工程の自動化が可能な汎用型AI外観検査ロボット「TESRAY S」シリーズを開発し、提供を開始したと発表した。 続きを読む

  • 米海軍やデルタ航空の「着るロボット」を作る外骨格パワードスーツのSarcosがSPAC合併計画を発表

    米海軍やデルタ航空の「着るロボット」を作る外骨格パワードスーツのSarcosがSPAC合併計画を発表

    VCの世界がこのところSPACにとりつかれているのは周知の事実だが、Berkshire-Greyのような特筆すべき例外を除いて、ロボティクスにおいてはこの逆合併手法はこれまで大きな推進力にはなっていなかった。しかし米国時間4月6日朝、ユタ州に本拠を置くSarcos Roboticsは、Rotor Acquisition Corp.との合併によりSPACの時流に飛び乗る計画を発表した。 続きを読む

  • 倉庫から歩道まで、Amazonに対抗するロジスティックス実用ロボットの最新動向

    倉庫から歩道まで、Amazonに対抗するロジスティックス実用ロボットの最新動向

    現在、ロボティクス分野でホットなのは倉庫でのフルフィルメントをはじめとする物資移動業務だ。一歩先を行くAmazonに対し他のプレイヤーがどのようにして競争を挑んでいるか最新動向をまとめてみた。 続きを読む

  • 元Googleのエンジニアによる自動運転ロボットがマイアミで料理配達業務を開始

    元Googleのエンジニアによる自動運転ロボットがマイアミで料理配達業務を開始

    自動運転とロボット工学のスタートアップ企業Cartkenは、駐車場やコミュニティセンターを運営するスタートアップ企業のREEF Technologyと提携し、マイアミのダウンタウンの街路に自動運転の配達ロボットを導入すると発表した。今回の発表により、Cartkenは正式にステルスモードから脱却した。 続きを読む