ロボティクス

 

ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース

  • AIを組み合わせてロボットのピック&プレースをこれまでになく高速化する研究

    AIを組み合わせてロボットのピック&プレースをこれまでになく高速化する研究

    ロボットが得意とする仕事に、倉庫などでよく見る退屈な繰り返しの「ピック&プレース」作業があるが、いまはまだ人間のほうがその作業には優れている。カリフォルニア大学バークレー校(UCB)の研究者たちは、2つの機械学習モデルを組み合わせることで、ロボットが掴んだものを運ぶ道筋の計算をわずかミリ秒単位に縮めようと考えた。 続きを読む

  • Sequoiaが支援するリサイクルロボットメーカーのAMP Roboticsが最大数を受注

    Sequoiaが支援するリサイクルロボットメーカーのAMP Roboticsが最大数を受注

    リサイクルロボットシステムのメーカーAMP Roboticsは、北米の廃棄物処理を行う上場企業Waste Connectionsから最大規模の発注を受けた。今回受注した機械学習に対応したロボットリサイクルシステム24基は、いくつもの資源回収施設で、容器、繊維、残留物の処理工程で使用されると同社は話している。 続きを読む

  • ヒュンダイがBoston Dynamics買収でソフトバンクと交渉中と報道

    ヒュンダイがBoston Dynamics買収でソフトバンクと交渉中と報道

    韓国の大手自動車メーカーであるヒュンダイは、現在、ソフトバンクグループの一員であるBoston Dynamicstheを買収するかもしれない。同社は4脚のBigDog、人間型のAtlasなどを含め、先進的なロボットを開発してきた。 続きを読む

  • ロボットと人との協働を効果的なものにするRobust.AIが15.7億円調達

    Robust.AIはまだとても新しいが、パンデミックが人間の労働力の大半を無力にしている中で、ロボティクスやオートメーションへの投資は急速に進んでいる。Robustの公式ミッションは、現在そういったマシンの多くを動かしているソフトウェアスタックをオーバホールして、複雑な環境でも良い仕事ができるようにすることだ。 続きを読む

  • ハンバーガー店「ホワイト・キャッスル」がフライ調理ロボットを新型コロナでスタッフが少ないキッチンに追加導入

    ハンバーガー店「ホワイト・キャッスル」がフライ調理ロボットを新型コロナでスタッフが少ないキッチンに追加導入

    カリフォルニア州パサデナを拠点とするMiso Roboticsとの提携を拡大し、White Castleの新規店舗約10店舗でフライ調理ロボットが導入されることになった。 続きを読む

  • 「ごほうび」でロボットに正しいタスクのやり方を訓練する研究論文が発表

    「ごほうび」でロボットに正しいタスクのやり方を訓練する研究論文が発表

    ロボット学習を積極的に追求しているロボット教師養成機関は、おそらく世界には存在しないだろう。しかしこの分野は、産業界に大きな可能性をもたらす鍵を握っている。 続きを読む

  • アウトレット店Sam’s Clubが導入した自律ロボットは床掃除だけでなく在庫管理も一緒に行う

    アウトレット店Sam’s Clubが導入した自律ロボットは床掃除だけでなく在庫管理も一緒に行う

    これまでの半年間で多くの企業が人間の労働者をサポートまたは代替する方法を求めるようになり、それにともなってロボットや自動化技術の選択肢も急増した。大規模なパンデミックでオフィスや店舗の閉鎖が増えたのだから、これは当然の傾向だ。 続きを読む

  • Boston Dynamicsの四足歩行ロボットSpot用アームとルンバのように自らを充電するドックが2021年初頭に発売

    Boston Dynamicsの四足歩行ロボットSpot用アームとルンバのように自らを充電するドックが2021年初頭に発売

    Boston Dynamicsの新CEOであるロブ・プレイター氏によると、同社の精巧な四足歩行ロボットSpotは、2020年9月のDisruptに登場した時点でほぼ260台売れていた。この7万5000ドル(約780万円)のロボットは、商業的な魅力について少々疑問に直面しているが、それぞれ自分たちなりに活用するする方法を見つけたいようだ。 続きを読む

  • 二足歩行ロボット開発のAgilityが約21億円を調達

    二足歩行ロボット開発のAgilityが約21億円を調達

    米国時間10月15日、オレゴン州立大学からスピンオフし二足歩行ロボットのDigitとCassieを開発するAgility Roboticsは、2000万ドル(約21億円)を調達したと発表した。 続きを読む

  • 分身ロボット「OriHime」開発のオリィ研究所がNTTと川田テクノロジーズから5億円を調達

    分身ロボット「OriHime」開発のオリィ研究所がNTTと川田テクノロジーズから5億円を調達

    遠隔操作可能な小型分身ロボット「OriHime」(オリヒメ)を開発するオリィ研究所は10月15日、第三者割当増資により総額5億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、日本電信電話(NTT)、川田テクノロジーズ。 続きを読む