セキュリティ

 

情報セキュリティ、コンピュータセキュリティ、プライバシー保護などセキュリティ関連の最新ニュース

  • ロシアの監視技術スタートアップNtechLabが政府系ファンドから13億円超を調達

    ロシアの監視技術スタートアップNtechLabが政府系ファンドから13億円超を調達

    10万台の監視カメラで撮影された映像の分析事業を手がけるモスクワ拠点のスタートアップであるNtechLabは、さらなるグローバル展開のために10億ルーブル(約13億2100万円)以上の投資を終えたばかりだ。 続きを読む

  • 米国の医療最大手UHSがランサムウェア攻撃を受ける、治療への影響や拡散範囲など不明

    米国の医療最大手UHSがランサムウェア攻撃を受ける、治療への影響や拡散範囲など不明

    米国の病院・医療サービス最大手であるUniversal Health Services(UHS、ユニバーサル・ヘルス・サービス)がランサムウェア攻撃を受けた。同社のシステムを狙った攻撃は米国時間9月28日の朝に起こり、カリフォルニア州とフロリダ州をはじめとする全米のUHS施設でコンピューターと電話システムが停止した。 続きを読む

  • 人気の無料VPNではプライバシーは保護されていない

    人気の無料VPNではプライバシーは保護されていない

    VPNの需要が高まっている。政府による禁止が迫る中、米国人はTikTokとWeChatへのアクセスを確保しようと急いでいる。インターネット上で匿名性を維持し閲覧履歴を非表示にすることによりプライバシー保護を約束する無料のVPNが数多くある。 続きを読む

  • トランプ政権のTikTok禁止令が予想どおり遅れる

    トランプ政権のTikTok禁止令が予想どおり遅れる

    米国の連邦裁判所は、TikTokの禁止措置は米国時間9月28日の月曜日には予定どおり発効しないと発表した。禁止を遅らせる動きは予想されていたもので、裁判所が禁止の合法性とトランプ政権が主張するようにアプリが国家安全保障にリスクをもたらすかどうかを検討する間、米国居住者はアプリの使用を続けられる。 続きを読む

  • 米警察当局はアマゾンの顧客データを情報要求ポータルから入手している

    米警察当局はアマゾンの顧客データを情報要求ポータルから入手している

    アマゾンの警察向け情報要求ポータルでは、警察および連邦捜査員が、召喚状、捜査令状、裁判所命令などの法的命令書があれば、正式に顧客データを要求できる。このポータルはインターネット上で公開されているが、要求するためにはアカウントを登録して、アマゾンが警察担当者の身元を「認証」する必要がある。 続きを読む

  • Twitterが開発者の秘密鍵やアカウントトークンの漏洩を警告

    Twitterが開発者の秘密鍵やアカウントトークンの漏洩を警告

    Twitterが開発者に、バグに関する警告をメールで送った。そのバグにより、アプリケーションの秘密鍵やアカウントのトークンが漏洩していた可能性がある。 続きを読む

  • アマゾン傘下のRingが3つの新製品で自動車用セキュリティーに進出、その1つはテスラとのAPI連携

    アマゾン傘下のRingが3つの新製品で自動車用セキュリティーに進出、その1つはテスラとのAPI連携

    Amazonが所有するRingは、家庭やご近所用のセキュリティーから自動車の世界に手を広げようとしている。本日開催されたAmazonのデバイスとサービスの盛大な展示会で同社は、3つの新製品、Ring Car Alarm、Ring Car Cam、Ring Car Connectをデビューさせた。 続きを読む

  • 防犯カメラのRingがビデオのエンドツーエンド暗号化を今年中に導入

    防犯カメラのRingがビデオのエンドツーエンド暗号化を今年中に導入

    Ringは同社のセキュリティー製品をユーザーにとってより安全にする取組みの一環として、エンドツーエンド・ビデオ暗号化を今年中に実施する。アプリのコントロールセンターに将来この切り替えを行うためのページを新たに追加し、エンドツーエンド暗号化が公開されるまでの間、ユーザーのビデオを安全にするためのRingの暗号化対策の詳しい情報を提供する。 続きを読む

  • Shopifyが従業員によるデータの漏洩を発表

    Shopifyが従業員によるデータの漏洩を発表

    Shopifyがデータの漏洩を認めた。同社のサポートチームに所属する「ならず者のメンバー」2名が少なくとも100の店舗から顧客データを盗んだという。 続きを読む

  • スイス拠点の機械学習を用いたコードレビューのスタートアップDeepCodeをSnykが買収

    スイス拠点の機械学習を用いたコードレビューのスタートアップDeepCodeをSnykが買収

    スイスを拠点とする機械学習式コードレビュースタートアップのDeepCodeが、Snykによって買収された。DeepCodeは自身を「プログラマーのためのGrammarly」と自称している企業で、一方Synkは開発者がコードを安全なものにすることに焦点を当てた、サイバーセキュリティーのユニコーンスタートアップだ。 続きを読む