セキュリティ

 

情報セキュリティ、コンピュータセキュリティ、プライバシー保護などセキュリティ関連の最新ニュース

  • もっと前から欲しかったiOS 13の新セキュリティ機能

    もっと前から欲しかったiOS 13の新セキュリティ機能

    あとほんの数週間後には、iOS 13が正式に登場する。ここでは、セキュリティとプライバシーに関する機能に絞って、何が新しいのか、それはどのように動くのか、というあたりを見ていこう。 続きを読む

  • Chromeセキュリティバグを見つけたらGoogleから報奨金もらえる

    Chromeセキュリティバグを見つけたらGoogleから報奨金もらえる

    GoogleはChromeのバグ報奨金プログラムを実施している。その報奨金の最高額が、これまでの2~3倍に引き上げられた。 続きを読む

  • Slackが2015年のデータ侵害に遭ったユーザーのパスワードをリセットする

    Slackが2015年のデータ侵害に遭ったユーザーのパスワードをリセットする

    Slackが、4年前のデータ侵害で被害したと思われるユーザーのパスワードをリセットする。 続きを読む

  • エンドポイントセキュリティのCrowdStrikeがIPO後初の決算報告を発表

    エンドポイントセキュリティのCrowdStrikeがIPO後初の決算報告を発表

    エンドポイントの保護に特化したサイバーセキュリティ企業であるCrowdStrike(日本代理店はマクニカネットワークス)が、2020会計年度の第1四半期に、GAAPで売上9610万ドル(約103億円)を記録し、純損失2600万ドル(約28億円)を計上した。 続きを読む

  • 米上院議員が写真加工アプリ「FaceApp」のデータ利用に対して警告

    米上院議員が写真加工アプリ「FaceApp」のデータ利用に対して警告

    ここ数日FaceAppの話題を逃れるのは難しかった。アプリのさまざまなフィルターを用いた友人の変な写真だったり、iPhoneの許諾を明らかにすり抜ける(実際には違うが)やり方に対するちょっとした炎上騒ぎだったりとかがあふれていた。 続きを読む

  • 物質の検査にダイヤモンドダストを利用するDust Identityにエアバスやロッキードも投資

    物質の検査にダイヤモンドダストを利用するDust Identityにエアバスやロッキードも投資

    Dust Identityのアイデアは、同社の創業者たちがいたMITの研究室で生まれた。そこで彼らは、ダイヤモンドの塵、ダイヤモンドダストを使って物質を認識する技術を開発した。 続きを読む

  • FTCの取り締まり強化でデータ倫理は戦略的事業の武器に

    FTCの取り締まり強化でデータ倫理は戦略的事業の武器に

    50億ドル。データプライバシーに反したとしてFacebookに科される最新の罰金だ。 続きを読む

  • ステルス能力を獲得したTrickBotがメアド2.5億件を搾取してスパムを撒き散らす

    ステルス能力を獲得したTrickBotがメアド2.5億件を搾取してスパムを撒き散らす

    TrickBotは、もともと金銭的な搾取を狙ったマルウェア。電子メールのパスワードとアドレスブックの内容を盗んで、被害者のアカウントから有害な電子メールを撒き散らす能力も身につけた。 続きを読む

  • 米連邦取引委員会がフェイスブックに制裁金5400億円のゆるい罰

    米連邦取引委員会がフェイスブックに制裁金5400億円のゆるい罰

    米連邦取引委員会(FTC)が、Facebookのプライバシー問題に関して続けてきた調査で50億ドル(約5400億円)の制裁金を科す方針を固めた、と報道されている。 続きを読む

  • 世界初のBluetoothヘアアイロンはハッキング可能で火災やヤケドの恐れあり

    世界初のBluetoothヘアアイロンはハッキング可能で火災やヤケドの恐れあり

    Glamoriser社が「世界初」とうたうBluetoothヘアアイロンには、攻撃者がBluetoothで接続し、機器の最高温度に設定を変更できるなどの危険性がある。 続きを読む