宇宙

 

宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース

  • Rocket Labの新しいRosie the Robotはロケット製造を大幅にスピードアップさせる

    Rocket Labの新しいRosie the Robotはロケット製造を大幅にスピードアップさせる

    宇宙開発スタートアップのRocket Lab(ロケット・ラボ)は、フレキシブルなロケット打ち上げ能力の構築を目的としており、創設者兼CEOのPeter Beck(ピーター・ベック)氏は、その目標に向けた最新の進歩を披露している。 続きを読む

  • NASAの有人商用宇宙飛行をiOSとウェブアプリで疑似体験

    NASAの有人商用宇宙飛行をiOSとウェブアプリで疑似体験

    商用の有人宇宙飛行を目指しているNASAが、モバイルアプリとWebアプリケーションでその簡単なシミュレーションを提供している。来年行われるその商用飛行にはSpaceX Crew DragonとBoeing Starlinerが使われるが、シミュレーションはその両方を疑似体験できる。 続きを読む

  • Techstarsが米国、オランダ、ノルウェーの軍や国防省と共同で商業宇宙産業向けアクセラレーターをローンチ

    Techstarsが米国、オランダ、ノルウェーの軍や国防省と共同で商業宇宙産業向けアクセラレーターをローンチ

    Techstarsは、宇宙開発に特化したStarburstプログラムの第一段階に続いて、アメリカ空軍、オランダ国防省、ノルウェー国防省、ノルウェー宇宙センターと共同で、新しいバーチャルアクセラレータープログラムを実施している。これはTechstars Allied Space Acceleratorと呼ばれ、商業宇宙産業におけるスタートアップに特化している。 続きを読む

  • 毒針を持つアカエイにヒントを得た航空機が金星の大気を調べる

    毒針を持つアカエイにヒントを得た航空機が金星の大気を調べる

    NASAの次の金星探査では、バッファロー大学(University of Buffalo、UB)が設計した、アカエイのように後尾に針のあるロボットが大気のサンプリングを行う。 続きを読む

  • SpaceXがFalcon 9ブースターの4回目の回収、フェアリングも再飛行と回収に成功

    SpaceXがFalcon 9ブースターの4回目の回収、フェアリングも再飛行と回収に成功

    SpaceXが今朝打ち上げたFalcon 9の第1段ロケットは単なる「再」利用どころか、すでに3回打ち上げに用いられており、今回無事に地上回収に成功したことで4回めの宇宙飛行となった。 続きを読む

  • SpaceX Falcon 9の打ち上げライブビデオ、ブースターは4度目の宇宙飛行へ

    SpaceX Falcon 9の打ち上げライブビデオ、ブースターは4度目の宇宙飛行へ

    米国時間11月11日の朝、SpaceXは米国フロリダ州ケープカナベラル宇宙基地からビッグな打ち上げを行う。 続きを読む

  • イーロン・マスクが火星での都市建設は20年かかるとの見方を語る

    イーロン・マスクが火星での都市建設は20年かかるとの見方を語る

    SpaceXのCEO、Elon Musk(イーロン・マスク)氏が、火星到達、そして都市として機能して人口を有することができる持続可能な基地の建設について、タイムラインや必要とするロケットなど詳細を語った。 続きを読む

  • 北極圏での100Mbps衛星ブロードバンド接続に世界初成功

    北極圏での100Mbps衛星ブロードバンド接続に世界初成功

    小型衛星のスタートアップ、Keplerは、北極圏での衛星によるブロードバンド接続に成功した。気候変動の影響について研究するMOSAiCの移動研究室となっているドイツの砕氷船に対して、100Mbps超のネットワーク接続速度を達成した。 続きを読む

  • 英宇宙局がVirgin Orbitの小型衛星打ち上げ施設に約10億円助成

    英宇宙局がVirgin Orbitの小型衛星打ち上げ施設に約10億円助成

    Richard Branson(リチャード・ブランソン)氏の小型衛星打ち上げ会社Virgin Orbitは11月6日、英宇宙局(UKSA)から助成金735万ポンド(約10億円)の最終承認を得たと発表した。 続きを読む

  • SpaceXの再使用可能ロケットは1回あたり約2億2000万円で打ち上げられる

    SpaceXの再使用可能ロケットは1回あたり約2億2000万円で打ち上げられる

    SpaceX(スペースX)の目標は、真に再使用可能なロケットの打ち上げを実現することで、それには妥当な理由がある。それは、Elon Musk(イーロン・マスク)氏が飛行機が乗客を移動させるのに例えて説明したように、使い捨てではない再使用ロケットによるコストの削減だ。 続きを読む