宇宙

 

宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース

  • NASAアルテミス計画用の宇宙服は体格に関係なく月面歩行が楽になる

    NASAアルテミス計画用の宇宙服は体格に関係なく月面歩行が楽になる

    NASAは、Artemis(アルテミス)世代のミッションのための新しい宇宙服を公開した。アルテミス計画は、2024年までに最初の米国人女性と次の米国人男性を月面に送ることを目指している。 続きを読む

  • NASAが月面用新型宇宙服を開発、人体3Dスキャンでジャストフィット、HDカメラ搭載で高速通信も可能に

    NASAが月面用新型宇宙服を開発、人体3Dスキャンでジャストフィット、HDカメラ搭載で高速通信も可能に

    次に月面に足を下ろす米国人は、まったく新しい宇宙服を着て行くことになる。 続きを読む

  • ロケット・ラボの5年間の新FAAライセンス、打ち上げプロセスを合理化へ

    ロケット・ラボの5年間の新FAAライセンス、打ち上げプロセスを合理化へ

    Rocket Lab(ロケット・ラボ)は、ニュージーランドにある同社のLC-1発射場からのElectronロケットの打ち上げのたびに許可を得る必要がなくなる、新たな5年間のローンチ・オペレーター・ライセンスを米国連邦航空局(FAA)からから取得した。制限はこれだけではないが、このライセンスはRocket LabがLC-1からの打ち上げ頻度を増やし、より多くの商用小型衛星の顧客にサービスを提供するのに役立つだろう。 続きを読む

  • イーロン・マスクが「NASAはSpaceXの知財権を自由に配布OK」と発言

    イーロン・マスクが「NASAはSpaceXの知財権を自由に配布OK」と発言

    SpaceXのCEO Elon Musk氏は、今日(米国時間10/10)カリフォルニア州ホーソンの本社でNASAのジム・ブライデンスタイン長官と共同会見を行い、同局と提携している商業有人宇宙飛行プログラムの最新状況を報告した。 続きを読む

  • Virgin Orbitが火星への初の商業小型衛星の打ち上げを計画

    Virgin Orbitが火星への初の商業小型衛星の打ち上げを計画

    Richard Bransons(リチャード・ブランソン)氏が率いる小型人工衛星打ち上げ企業のVirgin Orbit(ヴァージン・オービット)は米国時間10月9日、商業用のキューブサット(小型人工衛星)を火星に投入するミッションを、初めて遂行すると発表した。 続きを読む

  • 商業衛星の寿命を伸ばす初の宇宙船の打ち上げに成功

    商業衛星の寿命を伸ばす初の宇宙船の打ち上げに成功

    これまで商業衛星は事実上使い捨てだった。数トンもある10年以上稼働する巨大衛星でさえ、いずれは燃料が切れて大きな宇宙ゴミになるか、何らかの機会的故障によって終末迎えることになる。 続きを読む

  • ボーイングがヴァージン・ギャラクティックに約21億円を戦略的投資

    ボーイングがヴァージン・ギャラクティックに約21億円を戦略的投資

    宇宙旅行の実現を追求しているVirgin Galactic(ヴァージン・ギャラクティック)にBoeing(ボーイング)が2000万ドル(約21億円)を出資する。 続きを読む

  • 探査車キュリオシティが火星にオアシスがあった証拠を発見

    探査車キュリオシティが火星にオアシスがあった証拠を発見

    科学者たちによると、火星のGale Crater(ゲイルクレーター)への旅で探査車キュリオシティが見つけたものは、その直径150kmのクレーターの底にオアシスがあった証拠だという。 続きを読む

  • NASAが月面の3DデータをCGアーティストとクリエイター向けに公開

    NASAが月面の3DデータをCGアーティストとクリエイター向けに公開

    NASAは、単に美しいだけでなく、さまざまな用途に使える月面のデータをクリエーター向けにリリースした。画像だけでなくデプスデータを含んでいるので、非常に詳細な月面の3Dマップも簡単に作成できる。 続きを読む

  • NASAは月面用の宇宙服を将来的には民間企業にアウトソーシングへ

    NASAは月面用の宇宙服を将来的には民間企業にアウトソーシングへ

    NASAは、宇宙服に関して業界からの情報を求めるという正式なリクエスト、RFIを発行した。宇宙服の生産と付随するサービスを、外部の業者に委託するための将来の道筋を探ろうと考えている。NASAは、Artemis計画だけでなく、将来の火星探査、現在のISSに関しても、業界との提携に強い関心を示しているようだ。 続きを読む