宇宙

 

宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース

  • NASA長官が人類は2035年までに火星に行けると発言、ただし予算が付けば

    NASA長官が人類は2035年までに火星に行けると発言、ただし予算が付けば

    NASAのジム・ブライデンスタイン長官は月曜日(米国時間10/21)の年次国際宇宙会議で、複数の国際宇宙機関の代表者と共同講演を行った。最後に講演者全員にある質問が投げかけられた。人類はいつ火星に行けるのか? 続きを読む

  • Rocket Labは月やその先への小型衛星打ち上を目標に

    Rocket Labは月やその先への小型衛星打ち上を目標に

    国際宇宙会議にてRocket Lab(ロケット・ラボ)は、現在の低軌道を越えた、月への貨物輸送を含む軌道への小型衛星打ち上げサービスを開始すると発表した。 続きを読む

  • 日本がアルテミスプログラムに向け、NASAのLunar Gateway計画に参加

    日本がアルテミスプログラムに向け、NASAのLunar Gateway計画に参加

    NHKによると、日本は月を周回する軌道上に宇宙基地を建設する、NASAのLunar Gatewayプロジェクトに参加することを正式に発表した。 続きを読む

  • Swarmの150個の衛星打ち上げ計画にFCCがGOサイン

    Swarmの150個の衛星打ち上げ計画にFCCがGOサイン

    Swarm Technologiesは、帯域幅は狭いながらも世界中のスマートデバイスを、衛星を使って常時接続することを目指している。そして、同社はやっとFCCから承認を得たところだ。どうやらFCCは、Swarmのサンドイッチサイズの衛星が、追跡するには小さすぎるということを、もはや心配していないようだ。 続きを読む

  • 初となる女性だけの宇宙遊泳、NASAがライブ配信

    初となる女性だけの宇宙遊泳、NASAがライブ配信

    NASAの宇宙飛行士のChristina H Koch(クリスティーナ・H・コーク)氏とJessica Meir(ジェシカ・メイア)氏は米国時間10月18日の朝、史上初の女性だけによる宇宙遊泳を実施する。2人は国際宇宙ステーション(ISS)の故障した電源制御装置の修理を予定しており、午前6時30分からライブ配信が始まり、7時50分にISSのエアロックを離れる。 続きを読む

  • 初めて直接観測された恒星間彗星「ボリソフ彗星」とは?

    初めて直接観測された恒星間彗星「ボリソフ彗星」とは?

    太陽系を新たな星間物体が訪れた。ただし宇宙人の乗り物でないことは間違いない。これは星間空間から来たこと確認できた初めての彗星であり、ハッブル宇宙望遠鏡はその驚くべき画像をキャッチした。これはすばらしいことだ。なぜならその彗星は二度と戻ってこないから。 続きを読む

  • ロケットラボが9機目のエレクトロン・ロケットを打ち上げ

    ロケットラボが9機目のエレクトロン・ロケットを打ち上げ

    Rocket Lab(ロケットラボ)は7台目のエレクトロンロケットを米国時間10月16日に打ち上げた。 続きを読む

  • SpaceXがStarlink衛星3万台追加打ち上げの申請書を提出

    SpaceXがStarlink衛星3万台追加打ち上げの申請書を提出

    SpaceXは、同社の衛星ブロードバンドプロジェクトであるStarlinkのために、3万台の衛星を追加打ち上げする申請書を国際電気連合(ITU)に提出とSpaceNews reportsが伝えた。 続きを読む

  • NASAアルテミス計画用の宇宙服は体格に関係なく月面歩行が楽になる

    NASAアルテミス計画用の宇宙服は体格に関係なく月面歩行が楽になる

    NASAは、Artemis(アルテミス)世代のミッションのための新しい宇宙服を公開した。アルテミス計画は、2024年までに最初の米国人女性と次の米国人男性を月面に送ることを目指している。 続きを読む

  • NASAが月面用新型宇宙服を開発、人体3Dスキャンでジャストフィット、HDカメラ搭載で高速通信も可能に

    NASAが月面用新型宇宙服を開発、人体3Dスキャンでジャストフィット、HDカメラ搭載で高速通信も可能に

    次に月面に足を下ろす米国人は、まったく新しい宇宙服を着て行くことになる。 続きを読む