VR / AR / MR

 

VR(Virtual Reality/バーチャルリアリティ ; 仮装現実)、AR(Augmented Reality/オーグメンテッド・リアリティ ; 拡張現実)、MR(Mixed Reality/ミクスト・リアリティ ; 複合現実)に関する最新ニュース

  • Magic Leapの最初の製品は売れ行きがあまりにも不振

    Magic Leapの最初の製品は売れ行きがあまりにも不振

    Magic Leapが先ほど、シリーズEの資金調達ラウンドをもうすぐ完了すると発表した。しかし同社はその投資に、市場における同社の唯一のデバイスの売れ行き不振を組み合わせることになりそうだ。 続きを読む

  • ナイアンティックとクアルコムが共同で拡張現実グラスを開発

    ナイアンティックとクアルコムが共同で拡張現実グラスを開発

    CEOのJohn Hanke(ジョン・ハンケ)氏は、スマートフォンの次はARグラスの時代だ、と確信していた。だからナイアンティックがQualcomm(クアルコム)と組んで5G対応のARグラスを作っていることは、当然の成り行きだ。 続きを読む

  • クアルコムが5GサポートのAR/VRプラットフォーム「XR2」を発表

    クアルコムが5GサポートのAR/VRプラットフォーム「XR2」を発表

    Qualcommはハワイで開催中のSnapcdragonサミットでXR2プラットフォームを発表し、「5GをサポートするXR2はAR/VR体験を新しいレベルに引き上げる」ものだと紹介した。 続きを読む

  • Google AIのチームが開発した卵型LEDルームが人間の3Dモデルを見事に捉える

    Google AIのチームが開発した卵型LEDルームが人間の3Dモデルを見事に捉える

    Googleの研究者たちによるプロジェクトは、運動主体をプリズム状に配置したLED製の卵の中に置き、見事な結果を得ている。このやり方のとくに重要なのは、あとからライティングを変えられることだ。 続きを読む

  • 家具小売のWayfairのアプリに写真を利用したAR機能などが登場

    家具小売のWayfairのアプリに写真を利用したAR機能などが登場

    米国の家具オンラインストアのWayfairがアプリをアップデートし、写真の中に家具などを置いて視覚化できる機能などが搭載された。 続きを読む

  • ARエンタメ開発のENDROLLが施設向け集客ソリューション「CIRCUS KIT」提供開始

    ARエンタメ開発のENDROLLが施設向け集客ソリューション「CIRCUS KIT」提供開始

    東京・渋谷ヒカリエで開催中のTechCrunch Tokyo 2019で11月14日、スタートアップバトル グループCに出場したAR×エンタメ企業のENDROLLは、商業施設向けのAR集客ソリューション「CIRCUS KIT」の提供開始を発表した。 続きを読む

  • マイクロソフトが「HoloLens 2」を出荷開始、日本でも

    マイクロソフトが「HoloLens 2」を出荷開始、日本でも

    今年スペインのバルセロナで行われたMobile World Congressで、Microsoft(マイクロソフト)は拡張現実バイザー「HoloLens」(ホロレンズ)の第2世代を発表した。米国時間11月7日、HoloLens 2は3500ドル(参考価格38万円)で発売が開始される。 続きを読む

  • アドビからARオーサリングアプリ「Aero」が登場

    アドビからARオーサリングアプリ「Aero」が登場

    アドビは、昨年のMaxイベントで初めてデモしたAero ARというオーサリングアプリを、いよいよリリースした。iOS版は無料アプリ、デスクトップ版は、今のところプライベートベータとなっている 続きを読む

  • マーケティング向けARコンテンツを気軽に作れるクラウドエディター

    マーケティング向けARコンテンツを気軽に作れるクラウドエディター

    スマートフォンの拡張現実(Augmented Reality、AR)には大きな将来性があったが、しかしこれまでは段階的な進化が多くて、新しいプラットホームの登場は少なかった。しかしモバイルのARに注力していたスタートアップにとっては、ユーザーに負担をかけないもっと軽いAR体験を作り出すことが、長年の課題だった。 続きを読む

  • Facebook主催のアイトラッキングコンペで東京のクーガーが世界3位に入賞

    Facebook主催のアイトラッキングコンペで東京のクーガーが世界3位に入賞

    Facebookが主催するコンペティション「OpenEDS Challenge」の結果が9月30日に発表された。2つの課題のうち、2D画像の眼球位置を推定する「Semantic Segmentation Challenge」では、東京・渋谷に拠点を置くクーガーのチームが提出したAIモデルが世界3位を獲得している。 続きを読む