VR / AR / MR

 

VR(Virtual Reality / バーチャルリアリティ:仮装現実)、AR(Augmented Reality / オーグメンテッド・リアリティ:拡張現実)、MR(Mixed Reality / ミクスド・リアリティ:複合現実)に関する最新ニュース

  • VR利用のスペーシャル会話がZoomのビデオ通話に取って代わるとSpacialChatは強気

    VR利用のスペーシャル会話がZoomのビデオ通話に取って代わるとSpacialChatは強気

    現在、我々のビデオ通話はZoomのよう長方形のウィンドウの中に閉じ込められている。一方で「こうした束縛から抜け出したい、仮想空間を自由に歩き回りたい」という欲求も強まっている。そこで通話相手を表示する新しい方法がいくつも試されている 。 続きを読む

  • バンク・オブ・アメリカがVR教育を4000の銀行に導入

    バンク・オブ・アメリカがVR教育を4000の銀行に導入

    米国時間3月3日、Bank of AmericaはベイエリアのVRスタートアップStrivrと協力して仮想現実を利用する行員教育の対象をさらに広げると発表した。同行はすでに、このスタートアップを利用して約400名の行員を対象にパイロット事業を展開していたが、この度の大規模展開で全行員4万5000名のさらに多くの人員に対してVRによる学習プラットフォームを適用し、各支店に数千台のVRヘッドセットを支給する。 続きを読む

  • マイクロソフトが離れていてもイベントを共有できる複合現実プラットフォーム「Microsoft Mesh」を発表

    マイクロソフトが離れていてもイベントを共有できる複合現実プラットフォーム「Microsoft Mesh」を発表

    Microsoftは米国時間3月2日、同社の仮想現実コミュニティプラットフォーム「Altspace」内で開催されたAR(拡張現実) / VR(仮想現実)に特化したイベントで「Windows Mixed Reality」プラットフォームと「HoloLens」ヘッドセットに、会議用の共有プラットフォームを提供することを目的とした新製品を発表した。 続きを読む

  • ウェブブラウザーだけでXR空間を構築できる「STYLY」を手がけるPsychic VR Labが9億円調達

    ウェブブラウザーだけでXR空間を構築できる「STYLY」を手がけるPsychic VR Labが9億円調達

    VR・AR・MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を提供するPsychic VR Labは2月26日、計9億円の資金調達を発表した。引受先は、KDDI Open Innovation Fund 3号(グローバル・ブレイン)、DGベンチャーズ、DG DaiwaVentures、DK Gateほか。累計調達額は約19億円となった。 続きを読む

  • Scope ARが企業向けブラウザベースAR作成プラットフォームを発表、Unityを使わず3Dコンテンツを作成可能に

    Scope ARが企業向けブラウザベースAR作成プラットフォームを発表、Unityを使わず3Dコンテンツを作成可能に

    企業の世界に拡張現実を導入することは、ARスペースの多くのスタートアップが予想していた以上に難しい課題であることは実証済みだ。しかし、この技術を支えるハードウェアとソフトウェアがますますコモディティ化していく中で、顧客はリモートワークフローの変化に合わせたユースケースを見つけ始めている。 続きを読む

  • ソニーが次世代「PlayStation VR」発表、2022年以降発売・PS5にケーブル1本で接続

    ソニーが次世代「PlayStation VR」発表、2022年以降発売・PS5にケーブル1本で接続

    ソニーが PlayStation VR の次世代モデルについて発表しました。次世代PS VRはプレイステーション5にケーブル1本で接続する全く新しいVRシステムになり、解像度・視野角・トラッキング・入力などあらゆる要素が前世代のPS4版 PS VR よりも進歩します。 続きを読む

  • XRコンソーシアムがVR・AR・MR手がける会員企業対象の「XRコンソーシアム会員企業カオスマップ」公開

    XRコンソーシアムがVR・AR・MR手がける会員企業対象の「XRコンソーシアム会員企業カオスマップ」公開

    一般社団法人XRコンソーシアム(XRC)は2月17日、XR(VR・AR・MR)技術に関する事業を展開するコンソーシアム会員企業を対象とした「XRコンソーシアム会員企業カオスマップ」を公開した。 続きを読む

  • リアルタイム空中ビデオARで状況認識をアシストするEdgybeesがシリーズAで10億円を調達

    リアルタイム空中ビデオARで状況認識をアシストするEdgybeesがシリーズAで10億円を調達

    企業、初期対応者、軍事ユーザーがリアルタイムで正確にジオタグをつけ、空中ビデオストリームを拡張するのを支援するスタートアップEdgybeesは米国時間2月17日、950万ドル(約10億円)のシリーズAラウンドを調達したと発表した。 続きを読む

  • 科学者が分子構造をVRで共有し研究におけるコラボを促進させるNanomeが3.1億円調達

    科学者が分子構造をVRで共有し研究におけるコラボを促進させるNanomeが3.1億円調達

    新しい分子化合物の発見と研究は大変な費用がかかるビジネスだ。その開発コストは、1物質あたり100億ドル(約1兆460億円)を超える場合もある。その理由の一部は、化学組成や相互作用だけでなく、原子レベルでの物理構造を研究し、関連するすべての分子を綿密に調べる必要性にある。 続きを読む

  • Oculus QuestでFacebook Messengerが利用可能に、承認前のコンテンツを提供するApp Labの導入も

    Oculus QuestでFacebook Messengerが利用可能に、承認前のコンテンツを提供するApp Labの導入も

    Facebookは、2020年第4四半期の決算報告で、VR事業の成功について話すことに通常よりも多くの時間を費やした。開発者の成功や、同社が発売した最新型VRヘッドセット「Oculus Quest 2」の好調な売れ行きにも時間を割いた。 続きを読む