VR / AR / MR

 

VR(Virtual Reality/バーチャルリアリティ ; 仮装現実)、AR(Augmented Reality/オーグメンテッド・リアリティ ; 拡張現実)、MR(Mixed Reality/ミクスト・リアリティ ; 複合現実)に関する最新ニュース

  • 高級ヘアサロン向けサイネージでインスタのSpark ARを活用した新サービスが登場

    高級ヘアサロン向けサイネージでインスタのSpark ARを活用した新サービスが登場

    動画マーケティングのニューステクノロジー(ベクトルグループ)は7月2日、ARコンテンツ企画・開発など行うport W.LLCと共同で、Facebook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム)提供のAR開発プラットフォーム「SparkAR」を活用した新サービス2種類の提供開始を発表した。 続きを読む

  • 資金調達した黒人起業家と支援した投資家のリストが入ったスプレッドシートが公開

    資金調達した黒人起業家と支援した投資家のリストが入ったスプレッドシートが公開

    何人の黒人ファウンダーがベンチャー資金の調達に成功したのか、どのベンチャーキャピタルがスタートアップに投資したのかを知ることは、歴史的にも容易な作業ではない。 続きを読む

  • 東大・松尾研発AIスタートアップACESがAI活用のプレスリリースデジタル管理を開始、テレ東とタッグ

    東大・松尾研発AIスタートアップACESがAI活用のプレスリリースデジタル管理を開始、テレ東とタッグ

    東大・松尾研発AIスタートアップのACES(エーシーズ)と、テレビ東京ホールディングスは6月24日、データ基盤をもとにしたAI活用に関する共同開発を行い、テレビ東京HD社内で運用を開始したと発表した。 続きを読む

  • 物体の裏側も撮影する46台のカメラを使うグーグルの新技術「ライトフィールドビデオ」

    物体の裏側も撮影する46台のカメラを使うグーグルの新技術「ライトフィールドビデオ」

    Googleは、従来の写真やビデオをより没入的にするとても感動的な方法を披露している。それは、見る人が遠近や視野角を変えることができ、フレームの中の物体の周りをぐるりと見ることもできる。 続きを読む

  • フェイスブックが最も安いVRヘッドセットOculus Goの販売を終了

    フェイスブックが最も安いVRヘッドセットOculus Goの販売を終了

    Facebook(フェイスブック)は、同社のバーチャルリアリティー・ヘッドセットで最小機能、最低価格のOculus Go(オキュラス・ゴー)の発売を中止すると発表した。発売からわずか2年しかたっていない。 続きを読む

  • フェイスブックがOculusで最も成功した「Lone Echo」を開発したVRスタジオReady at Dawnを買収

    フェイスブックがOculusで最も成功した「Lone Echo」を開発したVRスタジオReady at Dawnを買収

    Facebook(フェイスブック)は、この1年というものゲームスタジオの買い上げを続け、最も人気のあるVRタイトルを制作した開発者たちを買収してきた。 続きを読む

  • 仮想サイクリング環境「Zwift」を長野県こもろ観光局が採用、大規模仮想サイクリングイベント開催へ

    仮想サイクリング環境「Zwift」を長野県こもろ観光局が採用、大規模仮想サイクリングイベント開催へ

    長野県小諸市・こもろ観光局は6月22日、域観光振興のための大規模スポーツイベントとして、仮想世界でサイクリストたちが健脚を競える「GRANFOND KOMORO feat. LongRiderStories! Enjoy Ride」の開催を発表した。 続きを読む

  • Boseが音声ARプラットフォームから撤退

    Boseが音声ARプラットフォームから撤退

    ヘッドフォンメーカーのボーズは、ARプラットフォームから撤退する。来月プラットフォームに関わるサードパーティーの開発者へのサポートを終了する予定だ。 続きを読む

  • VRやAR内広告を扱うロンドン拠点のアドテックAdmixが約7.5億円を調達

    VRやAR内広告を扱うロンドン拠点のアドテックAdmixが約7.5億円を調達

    アドテックスタートアップのAdmix(アドミックス)が、シリーズAにて700万ドル(約7億5000万円)の資金調達を行ったと発表した。 続きを読む

  • アマゾンは倉庫で働く従業員の社会的距離確保にARを利用している

    アマゾンは倉庫で働く従業員の社会的距離確保にARを利用している

    米国時間6月15日朝、同社は倉庫の労働者たちがWHOの指定する6フィート(約182cm)のソーシャルディスタンスを維持するための「Distance Assistant」というシステムを披露した。 続きを読む