パブリック / ダイバーシティ

 

パブリック(公共政策)、ダイバーシティ(多様性)に関するテクノロジーの最新ニュース

  • アップルとグーグルが上院の独禁法ヒアリングでサードパーティーアプリのデータ共有の詳細を問われる

    アップルとグーグルが上院の独禁法ヒアリングでサードパーティーアプリのデータ共有の詳細を問われる

    米国時間4月21日、米上院で行われた反トラスト法に関するヒアリングでAppleとGoogleの代表がそれぞれのアプリストアで収集されたデータを不当に利用していないかどうか質問された。プラットフォームにアプリを登録しているサードパーティーの企業のデータを自社の製品開発に流用し、不当に競争力を得ることを防ぐために「厳しいファイアウォール」その他の内部ポリシーを設けているかどうかが焦点となった。 続きを読む

  • 米国上院議員が個人情報の輸出を制限する法案を提出

    米国上院議員が個人情報の輸出を制限する法案を提出

    米国でロン・ワイデン上院議員(民主党)が、ハイテク企業が国外で売買できる情報の種類と、その情報を合法的に販売できる国を制限する法案を提出した。この法案は想像力に富んでおり、具体性に乏しいものの、国際的なデータ取引に対する連邦レベルでの懸念が高まっていることを示している。 続きを読む

  • 【コラム】米国の低所得者ブロードバンド支援はLifeline Programの再構築で改革せよ

    【コラム】米国の低所得者ブロードバンド支援はLifeline Programの再構築で改革せよ

    “If you build it, they will come”(それを作れば、彼らはやってくる)は、行動を勇気づけるために30年以上繰り返されているスローガンだ。映画『フィールド・オブ・ドリームス』に出てくるこの一文は、強力な格言だが、私はそこに一語加えてみたい。“If you build it well, they will come.”(それを〈上手に〉作れば、彼らはやってくる)。 続きを読む

  • デザイナーズカンナビスをより多くの州で展開、Connected Cannabisが約33億円調達

    デザイナーズカンナビスをより多くの州で展開、Connected Cannabisが約33億円調達

    Connected Cannabis Co.は米国時間4月14日に同社は、3000万ドル(約33億円)の負債および株式による資金調達を発表した。同社は現在、カリフォルニア州とアリゾナ州で栽培施設と小売施設を運営している。そして今回の追加の資金調達により、他の地域にも拡大していく予定だ。 続きを読む

  • スタートアップにはバイデン大統領のインフラ計画を支持する110兆円分の理由がある

    スタートアップにはバイデン大統領のインフラ計画を支持する110兆円分の理由がある

    テクノロジー企業は過去10年以上、農業、建設、エネルギー、教育、製造、運輸、流通といった昔からの業界に適用できるイノベーションの開発に取り組んできた。こうした業界は、非常に強力なモバイルデバイスの出現により、ようやく最近テクノロジー適応における構造的な障害が取り除かれた業界だ。これらの業界は現在、より強固な経済再建を目指す大統領の計画の核となっている。 続きを読む

  • アマゾンの労組結成賛否を問う従業員投票結果を受け米労組会長が「再選挙の可能性が高い」と語る

    アマゾンの労組結成賛否を問う従業員投票結果を受け米労組会長が「再選挙の可能性が高い」と語る

    Amazonのアラバマ州ベッセマー倉庫で行われた労働組合結成の賛否を問う従業員投票で、米国時間4月9日に明らかになった開票結果がどうであれ、AmazonとRWDSU(小売・卸売・百貨店労組)の戦いに終わりがないことだけは確かだった。圧倒的にAmazon有利となった開票結果を受け、組合はすぐにその結果に異議を唱えた。 続きを読む

  • アマゾンが労働組合結成をめぐる投票で勝利確定、RWDSUは結果に異議

    アマゾンが労働組合結成をめぐる投票で勝利確定、RWDSUは結果に異議

    Amazonのアラバマ州ベッセマー倉庫における労働組合結成に向けた取り組みは、開票2日目に大差で敗北したことがわかった。3215票のうち半数以上が会社を支持する結果となったのだ。この投票が可決された場合、労働組合の役割を果たすことになっていた小売・卸売・百貨店連合(RWDSU)は、この結果にいち早く異議を唱えた。 続きを読む

  • アマゾンの倉庫労働者による組合員投票は圧倒的に会社有利

    アマゾンの倉庫労働者による組合員投票は圧倒的に会社有利

    アラバマ州ベッセマーにあるAmazonの倉庫労働者のための組合投票が終わってから1週間あまりが経過した。その間は、台風の目のように何事も静かだった。しかし米国時間4月8日、本格的に開票が始まったことで状況は変わった。 続きを読む

  • バイデン政権が3Dプリンターなどで作られる「ゴーストガン」に対抗する銃規制改革を提案

    バイデン政権が3Dプリンターなどで作られる「ゴーストガン」に対抗する銃規制改革を提案

    ジョー・バイデン大統領は「疫病」や「国際的な恥」と表現した銃による暴力に歯止めをかけるため、新たな取り組みを発表した。ATF(アルコール・タバコ・火器および爆発物取締局)は、銃器の無秩序なオンライン販売や、シリアルナンバーも身元調査もなしに製造・3Dプリントできる、いわゆる「ゴーストガン」といった抜け道を塞ぐことなどを予定している。 続きを読む

  • スタンフォード大とデューク大が投資家と企業幹部の多様性教育を推進する認証プログラムに参加

    スタンフォード大とデューク大が投資家と企業幹部の多様性教育を推進する認証プログラムに参加

    テック業界の多様な企業創設者の育成と支援を目的に、ノースカロライナ大学のKenan Flagler Entrepreneurship Center,(ケアンフラグラー起業家精神センター)、Opportunity Hub(オポチュニティー・ハブ:OHUB)、100 Black Angels & Allies(ブラック・エンジェルズ・アンド・アライズ)ファンドによって結成されたパートナーシップに、デューク大学とスタンフォード大学という強力なパートナーが加わった。 続きを読む