ロボティクス

 

ロボティクス(Robotics) ; ロボット工学に関する最新ニュース

  • 1kg弱のポータブル腹部切開ロボ開発のVirtual Incisionが約22億円調達

    1kg弱のポータブル腹部切開ロボ開発のVirtual Incisionが約22億円調達

    これまでの数年間、外科手術はロボティクスのもっとも活発で投入される資金も多い分野だった。そのブームには、Intuitive(イントゥーイティブ)のような企業の大成功も少なからず貢献している。ここで取り上げるVirtual Incision(バーチャル・インスィジョン)も2006年の創業以来、着実に資金調達を重ねてきた。 続きを読む

  • サムスンのフレンドリーなロボットボール 「Ballie」

    サムスンのフレンドリーなロボットボール 「Ballie」

    Samsung(サムスン)は、ボール型ロボットのBallieを発表した。これは、人やペット、そしてスマート家電と共生するロボットだ。 続きを読む

  • サムスンのロボットシェフは2020年も一発芸、商品化されそうなものはない

    サムスンのロボットシェフは2020年も一発芸、商品化されそうなものはない

    2019年、私たちはサムスンがロボティクスに本気かどうかを問う記事を書いた。1年が過ぎ、今もその質問の答えに近づいていない。CES 2020での記者会見もロボティクスに関しては昨年とほぼ同じで、見せびらかすだけで商品化されそうなものはなかった。 続きを読む

  • Agilityが業務用二足歩行ロボットDigitを市場投入、最初の顧客はフォード

    Agilityが業務用二足歩行ロボットDigitを市場投入、最初の顧客はフォード

    Agility Roboticsは、約18kgの荷物を持ち運べる業務用二足歩行ロボットDigitを市場に投入。最初の顧客は自動運転車と組み合わせた宅配を目指すフォード・モーターだ。 続きを読む

  • 日本のGROOVE Xが開発した小型ロボ「LOVOT」の「永遠の愛」は約33万円で手に入る

    日本のGROOVE Xが開発した小型ロボ「LOVOT」の「永遠の愛」は約33万円で手に入る

    ロボットの友人からの永遠の愛はいくらだろうか?正直なところ、それは3000ドル(約33万円)が妥当なようだ。日本のロボットスタートアップであるGROOV X(グルーブX)はCESでLOVOTを展示するために戻ってきたが、この驚くほど高度なロボットは数年経っても数多くのテクノロジーファンを魅了している。 続きを読む

  • ユカイ工学の猫枕ロボ「Qoobo」に小型・低価格バージョンが登場

    ユカイ工学の猫枕ロボ「Qoobo」に小型・低価格バージョンが登場

    Yukai Engineering(ユカイ工学)は来週のCESでPetit Qoobo(プチ・クーボ)を披露する。このクーボの弟は機能的にはお兄さんと同じだが、サイズはほぼ半分、そして価格は未定だがやはり半額ぐらいだろう。 続きを読む

  • エラストマー素材で作られた自立動作する虫形ロボットはハエ叩きにも負けない

    エラストマー素材で作られた自立動作する虫形ロボットはハエ叩きにも負けない

    自然はロボティクスのインスピレーションの源となることが多い。しかし実際のプロダクトに結実する例は非常にまれだ。それでも我々は少しずつ自然に近づいている。ここで紹介する小さな虫形ロボットはソフト素材で作られており1gくらいしかない。 続きを読む

  • 深海調査のための自動運転深海艇を運用するTerradepthが約8.8億円を調達、創業者はNavy SEALs出身

    深海調査のための自動運転深海艇を運用するTerradepthが約8.8億円を調達、創業者はNavy SEALs出身

    深海の地図作成やデータ収集には膨大な費用がかかるためわずかな調査しか行われていない。元米海軍特殊部隊Navy SEALsにいた二人が立ち上げたTerradepthは自動運転の潜水艇でこの状況を変えようとしている。 続きを読む

  • 建築現場の3DデジタイズロボットがStartup Battlefieldベルリンの最優秀賞を獲得

    建築現場の3DデジタイズロボットがStartup Battlefieldベルリンの最優秀賞を獲得

    ベルリンで開催されたTechCrunch Disrupのスタートアップ・バトルフィールドの参加者は当初14チームあった。2日間にわたる激烈な競争を勝ち抜いた勝者はSacaled Roboticsに決定した。 続きを読む

  • インテルの最新RealSenseライダーカメラは倉庫の在庫管理という巨大市場を目指す

    インテルの最新RealSenseライダーカメラは倉庫の在庫管理という巨大市場を目指す

    Intel(インテル)は米国時間12月11日、同社のRealSenseシリーズに新製品を加えた。そのL515と呼ばれる製品はテニスボールぐらいの大きさで、もっぱら倉庫のロジスティクスで使われることを狙っている。 続きを読む